2014年04月06日

南相馬市の・・湯は外部の人の利用者が多い (・・・関係のものも入ってきていて治安が心配なのもわかるが・・)


南相馬市の・・湯は外部の人の利用者が多い

(・・・関係のものも入ってきていて治安が心配なのもわかるが・・)

どこの湯とは言わないが最近温水器が壊れ入れなくなり外の湯を利用している
今日も入ったがちょっとした失敗で中に入っていた人にどつかれた。
こっちに非があったのだからやむえないがそういう関係の人も工事で入ってきている。
入れ墨した人も実際この前は入ってきたのである。
お断りの張り紙があっても入ってきている。

地元の人も入っていたが何か入りづらくなったかもしれない
その人は一見みてそういう人だとわかる。
顔つき自体が何か映画にでてくる悪役なのである。
そういう関係の人でも顔だけ見てもわからない人がいる
今回ははっきりとわかる顔つきだったのである
だから現実にどなられた時は殺気も感じた。

あういう人は建築現場には必ずいるしあっち関係の人も入ってきている。
13時間働かされて労働基準局なんだとか言っていた。
そういう人を見て嫌だとしても地元の人は働かずそういう人でも働くのだから
嫌な思いしても風呂にでもゆっくり入って休むをとがめることはできないだろう。
あういう人達の居場所も必要なのである。

殺人犯がまぎれこんでいてもわからないということがあった。
それはそれなたりに社会にとって役立っている
だからとやかく言うものではないともいえる。
あの人達は別に遊んでいるわけではないからである

ただ治安の悪化とか風紀が乱れるとか平和な田舎の感じか乱されるということは多少しるかもしれない、
普通地元でもかかわらなければわからないのである。
たまたま自分の失敗からそういう人なのか知ったのである。
自分としてはいい感じはしなかった
別にその人に非があるわけでもなんでもなかった

ともかく人は簡単に判断できない

それでも原発事故周辺とかはいろいろなことが前と違って起きている
まず荒地化してネズミが増えたことなのだ
カヤネズミという小さなネズミが増えた
それをとって食べるノスリも増えた
建築ラッシュは以前としてつづいている
治安が悪化するというとき、外部のものは悪化させやすい
それで南相馬市 レイプとかキーワードで探している
これは本当はどうかわからないし調べようがないだろう
ただ建築関係の外部の労務者には必ずそういう人がいるのは否定できない
だからといってそういう人達が犯罪を犯すとは限らない


考えてみるとすでに


死亡の作業員、偽装請負か 福島第一の4次下請け所属(8月25日 朝日新聞デジタル)
作業員の死亡や事故が続く福島第一原発の実情
http://newslogjp.tumblr.com/post/30527550273


東京電力福島第一原発で二十八日、掘削作業をしていた福島県広野町、下請け会社の安藤堅(かたし)さん(55)が土砂の下敷きになり、病院に運ばれたが間もなく死亡した。事故収束作業中の死亡事故は初めて。放射能汚染のため近隣には消防署も病院もないのに、東電が双葉消防本部に救急車を要請したのは事故発生から約五十分後だった。
http://blogos.com/article/83343/


実際は原発工事関係で8人はすでに死んでいる。そさも犠牲者なのである。
その犠牲者になった人がどういう人かはわからない。
そういう人にかかわり知ることはむずかしいからである。
何か事情がある人なのかどうかもわからない、そういう人はそういう場所で働かされる傾向がある
借金している人などもそういうことがあるかもしれない
そこが金になるというとそれぞれに仕事がうまくいかない人達なども入ってくる。
もともと原発はこの辺でも金になるからと働きに出ていた人かかなりいたのである。
危険だけど金になるから働き場所として行っていたのがこの辺なのである。


今日はただ正直、原町の桜を見に行ったこともあり興ざめした。
自分としてはあまりそういう人達とかかわりたくない、君子危うきに近寄らずである
ただ女性なのにそういう人に抗議しつづけているから驚く
その人はそういう人を怖がらないとか刑務所に入っていた人とつきあっていたとか
なんか普通のかよわい女性とは違う。
女性でも鉄火場で入れ墨見せてチョウだハンだなどと映画に出てくるが
そいなものが架空のことだと思っていたが今もそういう女性も現実にいる


普通に暮らしている人は底辺でギリギリで生活している人のことか実際に触れないのでわからないのである。
一時ホームレスのようになっていたことが若い時あった。
それで日払いで金がもらえないことがあった
その時は苦しくてもせっかく働いたのに金がもらえなかったので自分も憤った
賃金未払いは底辺層にはかなりあるのだ
もちろんブラック企業もこれとにているのである


いづれにしろあういう人達が湯でも入ってくると地元の人は入りにくいかもしれない
ただ今回は別に自分の失敗からそうなったのであり普通はそんなことはない
別にかかわることはないからである。自分としては一回そういうことを経験すると嫌だとなる。
入れ墨お断りというのはやはり地元の人にとってはそうしてもらいたいとなるのが普通だろう。
ただこの辺はそういう人でも仕事しているのだから風呂くらいは入って
ゆっくりして疲れをとって下さいとなるからきやかくは言えないだろう。
他にも湯はあるからそっちを探して入るほかないだろう。

こうした混乱状態は後何年つづくのだろうか?
やはり田舎の平穏な生活にもどりたいということはある
でも今度は外部から人か入らないと今度は衰退した市となってゆく
それを言う人は建築関係でいる
それもまた困ったものなのである。



刺青=その筋の人で、その筋の人が良く出入りしていると評判が立てば
銭湯に来るお客さんが減ってしまうからでしょう


これも問題になっているがこの原発事故周辺は事情が違っている
地元の人達が働かないでパチンコで遊んでいるだけだとか
東京まで行ってギャンブルざんまいとか・・・に行ったとか堂々と言っていた
その人こそヤクザじゃないかとも思った。


つまりその人は13時間働かされて労働基準局どうのこうのと言っているとき,
やはりブラックな人がブラックな所で働かせられているともなる
でもその人たちが働いているのだから復興のために努力しているとなる
地元の人達は補償金で遊んでいるとなるからこれまたどっちが責められるのかわからない
結局、外部の利用者が多いのだからそれは拒否できない
そこではゆっくり休んで疲れを癒して下さいともなる


地元の人は別に家にも風呂はありまた他にあるからそこで満足しろとなる
そこは外部の人の専用のような湯になってしまうかもしれないが
それもこの辺の特殊な事情でしょうがないとなる
ただ何か嫌な雰囲気だなとなるから自然とさせるようにはなるかもしれない・・・


posted by 老鶯 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連