2014年03月11日

寒戻る(3・11震災の日)


寒戻る(3・11震災の日)


イヌフグリ可憐につぼむ寒もどる

夕光に白鳥美し飛翔かな

震災の日悲しみもどり寒戻る

遅々として復興住宅すすまずに建築現場や寒もどるかな



震災から3年過ぎた。これも一区切りだろう。
もうかわいそだ、かわいそうた、悲しい悲しいの時期は終わりになるだろう。
もちろん家族をなくした人に見ればそれは終わらないかもしれない
でもそうでな人たちにとっては3年目からは関心がうすれてゆく
ボランティアも半分以下にへったことでもわかる
そもそも人間は忘れやすいのである。
だから自分の身にふりかからないことは余計に忘れるのである


ただ今日は震災の日だからこれは記念日としていつまでも残り思い出す日になる。
ただこれからはますます外でも関心がなくなる
そしていつまでもかわいそうだ、悲しい、悲しいという時期は終わる
それよりそれぞれの生活を将来どうするかが関心の的になる
生活再建の方が当事者でも大事になる。

その再建がいかに困難なのか一向に復興がすすまないことでもわかる。
様々な問題が山積みにされていて未来が見えない
ただそれらの問題に一つ一つ取り組んでゆくほかない

近くの復興住宅の団地にしてもなかなか完成しないと毎日見ている
毎日そこを通るから実感するのである。

ただあそこが街の中心であり自分の墓の前に建つから違和感がある。
墓地は何か淋しいところがあっているからだ。
復興団地にしてもあそこは場所が悪いが土地がないので市の土地を利用するようになったのだ。
5つつくらい団地がたって人が入ればそこはかなりの人の出入りが生まれる。
だから何か墓地の前だったということか立地が悪かったのである。
それもこういう状態でどうにもならなかった。


今日も北風が吹いて寒かった。
だからイヌフグリが咲いていたけどつぼんでいた。
それから白鳥が四五羽は夕日がさして飛んでいった。
白鳥は何か夕べによく編隊で飛ぶのが見える。
白鳥の飛ぶ姿は本当に美しい


結局いろいろ失ったけど何か自然の美というのは失っていない
放射能汚染では水が汚くなるとか木や草が枯れるということもない
むしろスモッグとかの方が空気も汚れているように見えるから嫌である
放射能汚染されても空気も水も澄んでいて変わらないから不思議なのである
都会には白鳥でも飛ぶのが見えないだろう。
自然の美は大都会には消えている
だからもともとないのだから失うこともない
故郷と言ってももともと自然はないのだから東京が故郷とはならないだろう。


ただこの辺では実際はいろいろなものを失った。
それは避難者が痛切に感じていることである。
それは金ではあがなえないものでもあった。
だからそうした失ったものを金ではもはや買えない
それは老人とにている。
老人は金があっても時間は買えない
過ぎ去った時間は買えない、もとせない
百億積んでももどせないし買えない
そういう老人の感覚は老人になってみないとわからない
だから老人は故郷に帰りたいとなるのだ

 
 

原発作業関係ですでに8人が死んでいる (人柱伝説は事実から生まれた)


 原発作業関係ですでに8人が死んでいる

(人柱伝説は事実から生まれた)


●ニュースにならない原発作業員の死


2012/1/17 福島県広野町周辺で日本原子力研究開発機構が実施している除染モデル事業で働いていた男性(59)が作業中に死亡。

2012/1/9、福島第一原発の放射性廃棄物を貯蔵する施設で生コンクリートの流し込み作業をしていた60代の男性作業員が、急に体調不良を訴え、午後5時過ぎに亡くなった。死因は急性心筋梗塞。
2011/12/12 伊達市で日本原子力研究開発機構が実施中の除染モデル事業に従事していた建設会社の男性作業員(60)が 死亡。
2011/10/6 福島第一原発で働いていた50代の男性作業員が死亡。

2011/8/10 原発近接エリアから車の運び出し業務に従事していた本宮市内の1名が死亡。
2011/8/9 原発近接エリアから車の運び出し業務に従事していた田村市内の2名が死亡。
2011/8上旬 福島第一原発で復旧作業にあたっていた40代男性が8月上旬に急性白血病で死亡。

2011/5/4 福島第一原発の現場で復旧作業に当たっていた60歳の男性が死亡。死因は心筋梗塞。


こうした死はニュースにもならならずに忘れられる。そしてメデアで報道されないそれなりに報道されるべき死は無数にある。ではなぜマスメデアではとりあげないのか?
それはこうした死は社会的にとりあげるべきものでも視聴者にとっては興味をひかないからである。

マスメデアは劇場社会では事件を本当のドラマとして報道したて視聴率を稼ぐのである。
]マスとは大勢の人の意味だから大勢の人が興味をひくのはドラマ性があるものと変わったものである。
だから犯罪は一番興味をひく、推理小説のようにいつも興味をひくから
必ず報道する。そしていろいろな死があってもそれは報道しても注目されない。
こうして原発作業で死んだ人も重要なものとして報道されない。
ただマスメデアに対して少人数を相手とする無数のミクロメデアがインターネットに生まれたので
その人たちか取り上げるニュースが生まれた。
それは地方からでも発信できるから様々なニュースがとりあげられるようになったのである。
これらの死の死因が心筋梗塞とか白血病なのか気にかかる。
これはセシウムとか放射能汚染と関係していると言われるからである。
そうしたことがあっても隠されるだろう。
報道することができるものは時の権力者である。
だから相馬藩でも400年前に津波で700溺死とは記録されたが他の記録は一切ない
権力者の都合でそれしか記録されなかったのだろう。


●人柱伝説は事実を基にして現在もある



僕の近所の溜池には人柱の伝説があって、
犠牲になった乙女をマツっている神社まであります。
これってほんとなんでしょうか?
人柱なんてほんとにあったのか疑問です。
溜池にはそういったなんらかの伝説がくっついてる場合が
よくあると聞いたこともありますが。


古天皇の時代(飛鳥時代)、古代の長柄橋の架橋は難工事で、人柱を捧げなければならないという状況になった

人柱の伝説、習俗は世界中にあるそうです。ボルネオのミラナウ族は柱穴を
堀り奴隷娘を落として殺しました。

常紋トンネルは、囚人労働が廃止された大正元年から三年がかりで建設
されたトンネルだから「人柱」の噂になっているのは、タコと呼ばれる
労務者のことだよ。
常紋トンネル付近には、苛酷な労働によって死亡したタコの死体が埋められている
らしく、その数は百数十人と言われている。
「常紋トンネル」という本の中に、トンネルの補修中、壁面から人骨が発見され

「日本の諸侯が城壁を築くとき、多少の臣民が礎として
壁下に敷かれんと願い出ることがある。
自ら志願して敷き殺された人の上に建てた壁は
壊れないと信じられているからである。
http://matome.naver.jp/odai/2135088492256507001

塩田平では、農業用水を確保するために中世から数多くのため池が作られてきた。

手塚地区にある舌食い池には
「堤を何度築いても崩れてしまうために人柱をたてるということになり、村はずれに住む一人住まいの娘に白羽の矢が立ったが、その娘は人柱になる前夜に舌を噛んで自死した。」という伝説が残っている。

すなわち「稲作は、はげしく自然と対立するものであったがために、自然(神)をどのように和め、どのようにして自然の力を人間の側に引き入れるかということが問題となり、神のもっとも喜ぶ捧げ物としてイケニエは準備されたのである。」@といわれている。
http://www3.karuizawa.ne.jp/~nishiiri/hitobasira.htm



伝説が起きるのは何もないところには起こらない、噂だって全くなにもないなら起こらない、火のないところに煙はたたない、
伝説はそれにまつわる何かがあって起きて伝えられる。その意味してるものが何なのか探る必要がある。
人柱伝説は現代にも実際に通じいるからわかりやすい、今でも大工事では事故は起こりやすいし人も事故で死ぬ。
何でも工事とか建築関係は危険な仕事だから3kの仕事、汚い、危険、きつい・・から誰もやりたくない、
でも誰かがやらざるをえない仕事がある。
工事とか建築関係では事故で死ぬ人が結構ある。それは現代でも同じである。

自分もアルバイトで建築関係の仕事をして死ぬところだった。
ビルの高いところで足場を組む仕事をさせられた。
それで落ちる寸前になったことがあった。
あそこでは確実に死ぬところだった。人間はやはり今は交通事故でも人は死ぬ危険性が高い。
別に運転しなくても突然暴走する車にもはねられる。
ただ建築関係は仕事自体が危険である。
そういうことをふりかえるとこんな平和な時代でも良く生き残ったなとかなる。
それは結局運が良かったともなる。

●人間が生きることも文明も犠牲によってあがなわれてきた


ここで指摘していると稲作が自然と対立するものだったということは普通は考えない、稲作は自然と調和するものだと思っている。
でも稲作は相当な人工的な一大文明だった。
巨大な土木事業だった。溜め池を造るにしてもそれも人力が主なときは容易ではない、
それで人柱伝説が生まれる。人柱伝説はそうした文明を作るための犠牲だったのである。
その後も建築家関係や道路でもトンネルでも橋でも作るのには必ず事故で死ぬ人がいる。
つまりいくら機械が発達しても人柱が必要になり死ぬ人がでてくる。


どのようにして自然の力を人間の側に引き入れるかということが問題となり、神のもっとも喜ぶ捧げ物としてイケニエは準備された


この考え方も人間が発祥してからあった古いものである。常に神へ対して犠牲がささげられてきた。
人間が犠牲にされてきたがあとは羊とか牛とかか実際に殺されて犠牲としてささげられた。
犠牲というときこの漢字自体が牛であり牛を犠牲にしたからこの漢字が生まれた。
そもそもこの世を生きることは常に犠牲が要求される。動物の命を奪うことは動物を犠牲にして人間が生きているということである。
たから今でもそのことは同じである。

そういうことから動物を殺して犠牲にしていることからそういうことをしなければならない
人間の業がありそのことを追求して生まれたのがヒンズー教であり仏教であったのだ。
だから今でもインドでは牛や猿を大事にする。牛を殺さないし街中も歩いている。
人間の命も他の生物の命によってありうる。牛でも豚でも殺される時は苦しいしそうして食べるものはありがたいともなる。
一方でそんなことが残酷だから動物は食べないという宗教が生まれたのである。

稲作文明にしても一見自然と調和しているようにみえても自然を壊すということもあったし
溜め池を作るにも大事業だから犠牲がでてくる。そういうことが伝説として残されたのである。

そういうことはマヤ文明でも絶えず残酷に人の命が犠牲にされた。
なぜそんな残酷なことをする必要があったのかというと現代ではわかりにくい。
太陽が衰えて死んでゆく、そしたら生きていけないと人間の命が犠牲にささげられた。
心臓までささげられたから異常なほど太陽が衰えることを恐れていたのだ。
太陽がエネルギーの基となっていたからだ。


このことが原発とも関係していた。
原子力のことは放射線でも実際は科学者でもわかっていなかった。
それは稲作文明も自然を変えることであり原子力も同じだったのである。
つまり原発でも生贄が必要になっていたのだ。
そんなことが非科学的だとなるが原子力にしても人間が全部わかっていないからそうなる。
自然を変えることは自然の力を人間の側に引き入れるということは危険なものがあったからである
。つまり科学であり技術というものは人間にとってすべていいものではなく常に危険があった。
だからこそ業、技(わざ)は災いに通じていたのである。

原発も同じでありそれは恐るべき災いをもたらすものだった。
その犠牲となる人が故郷まで奪われる多数の人が生まれたのも犠牲である。
原発の故に犠牲にされる。これは石油のためにも犠牲にされるということもある。
犠牲という時、戦争だって膨大な人間の血が国家のために犠牲にされたともなる。
だから靖国問題がある。

歴史も犠牲の上に築かれるているし文明もそうである。

人間の命が犠牲にされるからこそ文明はみんないいものではなく呪いが隠されている。
神に呪われてるのだ。だからその神をなだめるために人間の命の犠牲が必要だったのである。それは原発でも同じだった。
そういうことを科学者でも原発にかかわった人達は考えない、科学技術が信仰のようになっている時代である。
科学技術にも神の呪いがふりかかることをわきまえることがない。科学技術も偶像化して万能化して神をないがしろにして
神のごとく人間がなれると奢りになる。その一つがSTAPー万能細胞騒ぎだったのである。
科学技術が万能だというのはまさに信仰に近いものとなっているからそういうものを期待する。
万能に人間はなりえない、そして遺伝子操作した猿が逃げていたとか
そんなことから生態系が破壊されて人間に及び大きな災いをもたらす、
だから科学技術は万能ではなく常に危険をともなっていてそれが人類滅亡にもつながるものだということを知るべきなのである。

posted by 老鶯 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連