2014年03月26日

溜池が稲作文明を発展させた原動力 (水の管理が稲作では一番大事だったあー鹿島町誌より考察)


溜池が稲作文明を発展させた原動力

(水の管理が稲作では一番大事だったあー鹿島町誌より考察)

toishita.jpg

ここは下が鉄道になっていて高い、ここの地名が樋下となったのは
そういう理由があったつまり地名にはそれなりの理由があって名付けられている。

これは唐神堤から引くための水路だった。


tameikeeeee1111.jpg


樋の水流れてうるおし実りかな二宮仕法に相馬藩栄ゆ


溜池には水利を通じての人と人との交わり、繋 がりがある。それは、親池、子池、孫池といった関係か ら、その輪を広げながら、広い範囲でのコミュニティーと して、重要な働きをしてくれている。


相馬領全部226ヶ村、この内明治4年までに実施した村は101ヶ村、更にその内で仕上成就した村は55ヶ村であって、これに用いた領主の分度外米248,220俵、開発2千余町歩、費用2万余両、溜池692ヶ所、水路等合計費用2万余両、新家作573戸、この費用2万余両、その他諸施設合計99,180余両であって、このために増加した戸数
1,135軒、人口21,715人である。
http://plaza.rakuten.co.jp/jifuku/22000/

樋町、樋口、樋上、樋下
樋口は文字どおり樋(用水管)の口(取水口、水門)のある場所から起った地名です

「筑前国続風土記」には「樋井川」の名の由来として「其の川、樫原、東油山より出、田島村の東、鳥飼村を西を経て海に入る。此の郷中、桧原村の東、長き樋有り。是は川上に樋を掛て川向に水を取り、田を浸す為なり。樋長さ七間半あり。昔より此の樋ある故に、此の邊を樋の郷という。」とある。
http://nagaoka.blog.jp/?p=18

樋がつく地名 樋越、樋口、樋田(といた):水路(管路)のことを「樋」と呼んでいる。地名以外に苗字に多く拡っている


鹿島町誌より


真野川は有効に利用するかいなかは農耕の死生にかかわる
まず真野川上流の栃窪堰の手入れをして嘉永五年以来廃止していた一の堰(大谷)を改修した。正月から五カ月間を要した。
高一丈五尺平均、堰口十六間余大石積み上げた技量をほめ・・・

荒専八の代官の事業である。荒は二宮門下唯一の洋式土木技法をも心得た技術家であった

また川子村の嘆願書の中に「小堤等数多く築きたてくだされ莫大の難儀これなく」とあり(安政二年)、牛河内村では(安政元年)にお願いして水不足故に中丸堤土手つぎたし」といっているし・・・

中でも一番の大工事は唐神堤の手入れであった。この堤は領内第一の大堤で安政四年五月の再度にわたる大崩壊、もし決壊となれば産米七千石の田から民家一円亡村の惨事となる・・

七千石掛入は真野川より取り入れるももとは唐神をへず直接通じたが御山堀を高め新江の延長として横手地内68間の岩を切り通しトンネルをうがち、水路を唐神に引水して冬の貯水に便をえしめるために溜池の水増加して上真野、八沢、鹿島の一町二ケ村にわたる
(鹿島町誌)

文政年間、鹿島村の西河原において真野川をせきとめ一里の間を穿ってその水を最も裾の南右田の地にひいて百余町の内を灌漑した。自ら毎夜提灯をたてて並べさせて堀の高低をためし、時に水上の村民の激怒をかって命をねらわれた。(和算学者-荒専八-奥州相馬-森鎮雄))



稲作というのは実際は大きな文明であり自然を改革する一大事業だった。稲作は水の管理が最大の問題となる。いかに水を利用するかが稲作を拡大することに通じていた。
米の生産量をあげるかに通じていた。だかち灌漑事業でありこれは大規模な土木事業であり文明だった。水を利用するということが文明のはじまりである。そこでメソポタミア文明などでもいかにエジプト文明でも農業はいかなに水を利用するかが文明を作る。
だから四大文明は大きな川の辺に生まれたのである。カンボジアのアンコールワットの巨大な貯水池もそうだった。そこに一大栄華を築いた都市文明が生まれたのである。
溜池を改修するのにその堤を集団で人力によって固める絵がでているが機械がないのなら人力になるからその労力は並大抵のものではなかったのである。

溜池の建設ー大地の刻印(ここには絵がでているから参考になる)
http://suido-ishizue.jp/daichi/part3/01/04.html

巨視的にもそうだがミクロ的にもみると小さな村でも稲作はいかに水を利用するかで水田を拡大して収穫量をあげるかが決まる。だから必ず溜池が必要であり無数に溜池がある。稲作は溜池なくして成り立たないものだった。大きな溜池もあり小さな溜池も無数にある。それほど水の管理が稲作には必要だったのである。
水田は水なくしてはありえない、絶えず水を流していなければならない、だから水路となる樋がいたるところに必要でありそれにまつわる地名も多い。
そして溜池は必ず順次広くされている。水がたりなくなりそうなった。
水争いがあり荒専八が真野川の下流に堰を作ったら上流の人が水が不足すると思い殺そうとするまでになった。これもいかに水が大事かを物語るものだった。
入会権でもそうだがここも大規模な戦争の初端になったし水争いもそうだった。
水資源の争いは文明国では常にあった。イスラエルでのデカン高原でのシリアとかの戦争もヨルダン川の水争いに起因しているのだ。

ともかく田んぼを拡大するには土地だけではできない、水を得る必要があった。だから南右田は海側であり開拓された所だが真野川の水を確保できるうよになり水田になった。
今は津波で壊滅した。

この水が大事な故に山から水が絶え間なく供給されるので山が神となり春には田植えの時は山から神がおりてくるという信仰にもなった。山には先祖が眠り見守ってくれるという信仰にまでなった。稲作は長い間に単なる米を作るというものではない信仰となり文化になっていたのである。
だから津波や原発事故で田んぼが荒地になり水が流れないということに違和感を覚えたのはそれはすでに単なる米を生産するというのではない心に深くその景色であれ農耕というのがアイディンティティ化していたからである。
別にこれは田舎に住んでいれば農家の人でなくてもそうなる。
都会だとまた違っていてそういうふうにはならない、回りに田んぼも畑もないからである。だから大都会には文化がないのである。ただ物質化した精神性のない人工的機械的空間になっている。古代都市なら自然との密接な関係から構築されたものだから今の都会とは違っている。自然村があるというとき自然から生成発展した文明であった。
エジプト文明でもマヤ文明でも農業文明なのである。

津波原発事故では水田がなくなり荒地となり水が流れていても水は活きていないのである。その時神となっていた山をも死んだようになる。
日本では葉山羽山信仰でありこれは低山であるが水を供給するものとして信仰になったのである。山は水と密接に関係してあったのが日本だったのである。

2014年03月28日

現代文明は奇形文明である (ペットプームは自然への回帰と同じ現象ーエジプト文明への回帰でもある)


現代文明は奇形文明である

(ペットプームは自然への回帰と同じ現象ーエジプト文明への回帰でもある)

世界の文明を考察するとかなると普通は大変な作業でとてもできないという感覚になる。世界はあまりにも広すぎるからだ。
でも世界とはこんな小さな田舎町からでも世界認識はできるということがあった。
小さな田舎町の歴史を考察してきたけどこの小さな田舎でも世界で起きていることが
実際に起きている。
こんな小さな田舎町に何があるんだというときここにも世界の歴史があり日本の歴史が集約してあるのだ。
むしろ東京などではまずかえって世界のことも日本のことも基本的にわからないということがある。
なぜならそもそも世界文明といっても自然から遊離してできたものはない、
四大文明は自然の恵みから発展したものだからである。

エジプト文明はナイルの賜物というときナイル川によって作られたのである。
ナイル川が氾濫した時、その泥が肥料となり小麦がとれる。それを基礎的食糧として一大文明になった。
その特徴は生物や動物と深く密接に結びついていた。だから無数の動物が神となり崇められた。
彼らの関心は生態系にあり動物にあり天文にあり自然にあった。
現代人の関心が車とかパソコンとか様々な機械にある。

エジプト人は動物に何か精神の象徴として見ていた。こういうことは古代文明にはあった。それは多神教であり偶像崇拝と化した。
ただこの多神教こそが人間的であり一神教が生まれたのはかえって人間にとっては異端的なものだったのである。

身近なところで偶然に猫を飼うようになって猫が意外と不思議な生き物だなとつくづく思う。猫をこんなふうに見ていたことはない、
猫はいくらでもいても実際自分で飼うと猫はまるで人間の子供のように思えた。
そのしぐさ一つ一つが面白いしかわいいしこれは人間より親近感を覚えるものがあった。
だからペットブームになりペットを介護して墓まで作っていることが理解できたのである。
それは牛でも猫でもエジプト人がミイラにして人間と同じく扱ったからこれも別に人間として特別のことではない
普通のことなのである。つまりエジプト文明は全く今の世界から理解できないものではなかったのである。

異星人が作ったものとは違っているから人間が作ったものだから理解できるのだ。
実際に動物には人間にない何か神秘的な力がもっていると感じるのもそのためである。
そういう動物から離れてしまった自然から離れてしまって機械に親近感を覚える現代文明こそ異様なものなのである。

現代の高度化した機械化した都会化した文明は決して人間の生活でも心でも豊かにするものではない、
そういうことは東京で暮らしてみて思うようになった。
東京というあれほどの大都会があることこそ異様なことであり非人間的な異空間と化している。
だから有名な作家は異星人が作ったものとしているのもわかる。
ミラーであり上野霄里氏であれニーチェであれ文明を否定することは人間としてむしろ正常な感覚であり
現代文明に適合している人々こそ異様なものと化しているのだ。

だから人間としてまともになろうするとき現代ではアウトサイダー化するのである。
強力な天才的な活力をもつ人間はこれが人間の住む世界なのか?これが人間なのかという
根本的な疑問をもつのである。
そういうアウトサイダーが全くかえって理解できないのはそれだけ現代社会が非人間化しているからである。

大都会から生まれ宗教もカルトでありそれも現代文明を象徴していたのである。
オウムはその現代文明の歪みを露骨なものとして事件化したのである。
それは現代の宗教団体はどんな宗教であり組織団体化しているから本来の宗教とは
全く違った政治団体であり利権団体にすぎないのである。
現代文明という途方もない迷路の文明から産み落とされたものであり奇怪なものとなっている。
エジプト文明が奇怪に見えるが極めて人間的なのである。

それは現代が異常なほどのペットブームになっていることでもわかる。
人間にとって動物はやはり人間と密接に精神的にも結びついたものなのである。
それはロボットで機械で代われるものではない、犬とか猫が癒しになるのはそのためである。
エジプト文明のようにそれは深く人間の心にかかわるものだからである。


創価などで運動していたから実際に自分はそういう異様な空間で青春を費やしたからわかる。
それは何も宗教団体だけではない、現代は会社であれどこであれ何か非人間的なものに生が浪費されるのである。
だから会社人間になった若者は会社に疑問をもちそこが極めて非人間的な組織であることに反発するようになった。
ニートが増える時そうした会社人間になりたくないということもある。
自分はそもそも団体生活できないから働かないとういだけだったが会社人間になることは非人間化の道でもあったのだ。
要するに会社とういだけではない社会そのものが現代は非人間的なのである。
そして会社社会化したとき会社が権力をもつようになったとき、原発事故も起きたのである。


原発事故というのもそうした現代文明の延長としてあるものでありそれが自然を破壊したのである。
原発は現代文明の必然的なものとして生み出されたのである。
だから文明は原発と心中するほかないとまで言った。
だから原発事故周辺はそうした現実に文明の崩壊現象のようなものが起きたのである。
「猿の惑星」が現実化したことの驚きがあった。
人間は最高に賢いものとして作られたが最高に愚かなものであることが原発事故でも証明された。
だから文明というのは別に現代文明が優れているとはならない。
他の古代文明の方が自然と調和していたから優れていたともなる。

2014年03月29日

荒地化して羚羊がでて猿が増えた原発避難地域 (橲原渓谷からバラ坂、大葦、大古林道を行くー春の短歌)


荒地化して羚羊がでて猿が増えた原発避難地域

(橲原渓谷からバラ坂、大葦、大古林道から大原へー春の短歌)

橲原渓谷へ

koubaiiii111.jpg

saruuu111.jpg

この岩を飛んで猿がわたっていた


sarucgiiii1.jpg

taregiiiiii.jpg

大雪で木が裂けて倒れた

バラ坂ー原町ー川俣線

arechiiiiii1.jpg

kamoshikaaaa1.jpg

田んぼだったところをカモシカが逃げる

大古林道へ

momiiii1.jpg

nokoruyukiii1.jpg

takifuta1.jpg

yukiiwaaaa1.jpg

roooots111.jpg


町空に交差し飛ぶや初燕

我が近く紅梅香る余韻かな
坂越えて隣の山も春の山
春の日や大原に来て双子山
一村や梅の香りに日がなかな


紅梅の燃ゆるがごとく咲きにけり匂いの満ちて朝に映えにき

雪解けの水の流れて岩伝い子猿も追いて猿渡り飛ぶ
春の日に人も通わぬ山路かな子猿のあまた群れて増えしも
樅の樹の二本のここに厳かに山陰残る雪なお厚しも
春の朝樹々のゆれにつ四十雀わたりとぶかな山風吹きぬ
山陰に残れる雪のなお厚く我が踏みにつつ苔むす岩見ゆ
二すじの滝の隠され知らじかも春の日さして樹々の間に見ゆ
この奥処雪に埋もれて大岩にまみえざるかもまた我が来なむ
森の奥我がたずねて根っこ一つ隠され残る春日さすかも
山の道春の日さして蝶の飛び我にまつわり小鳥も鳴きぬ
雪解けの水の流れのひびきつつ谷間の深く我が上り来ぬ
人住みし家の跡地は荒地化しキクザキイチゲのここに咲く見ゆ
雪解けの水の流れてひびくかな人し住まじも樹々の芽吹きぬ
樹々芽吹き羚羊いでて雪解けの水の流れのひびきけるかも
美しく椿の囲む大原の家こそ保て人そ住むべし


原町区大原へ
inufuuu1.jpg



tubakiooohara1.jpg
これはクリック拡大

kirikabuuu1.jpg

futagooo1.jpg

猿跳ね石(丸森)
http://zuiunzi.net/igu/bsrisuto14/70.html


橲原村から橲原渓谷に入った。ここで考えたことは村とある時、
実際は江戸時代から戦後十年くらいは村であった。村は自給自足しているとき村だった。
それが農業主体の生活から変わった時、村というのは名前だけにもなった。
だからすでに村というとき、昔の村の感覚はなくなっていたのである。
でも田畑があるとそこはまだ村といいう感覚があった
それが原発事故で田畑が荒地化したとき、そこは村という感じはなくなった
それでも家はある。橲原村はまだ人が住んでいる。
そしてもし田畑がなくなればどうなるのか?
都会型になり郊外の住宅地という感覚になるのではないか?
そこは昔の村というものでは実質的にはなくなる
それは自然村とか歴史的村の消失なのである。
そのことの精神的影響も大きい。
村があるとき、やはり昔ながらの田園風景としてなごむ
梅でもやはり香るとき昔の村があっていいなとなるがそれがなくなるのだ
確かに梅が香ってもそこには昔の村はないのである。
一村・・・という詩的感覚も鳴くなのである。

橲原渓谷には車は入れない、ここも原発事故以来だから三年目になり問題になっている。
そして三年も人が入らないとどうなったのか?
猿が大群をなしていた。そこには子猿も10匹くらいいた。
これまでも猿は群れてでてきていたが今回の猿は大群だった。
要するに猿が人が入らないことで増えたのである。

その猿が人が来たので驚いて写真の川を一切に渡り逃げた。
岩が川の中に飛び飛びにありそれを飛んで渡って行った。
子猿もその岩を渡って逃げた。
一匹は渡れず流れの岩の中に取り残された。
でもなんとかわたって逃げた。
だから「猿飛岩」という地名が各地にあるのが具体的にわかった。
猿とつく地名は猿が身近な動物だからついた名前である。
そういう名前がつくのは猿が頻繁に出てきて見ているからなのだ。
この辺ではあんなふうに大群化した猿は見たことがなかった。

それから原町ー川俣線の道路に出てきた所のバラ坂というバスの停留所のある所
その家には牧舎もあったが人は住んでいない、荒地と化していた。
大原でも140軒あって半分が避難した。
鹿島区の仮設にも大原の人が結構住んでいたのである。
あそこはもともと秘境だと書いた
車が頻繁に通るからそういうことを全く感じないけど
車が通らない時は細い一本道が通じているだけだったろう。
だから今の道路の崖の上に六地蔵が隠されるようにあるのもそのためだろう
あの辺に細い山道があったのだろう。
あんなところどうして人が住んだのかというのも不思議である。
大原から遠田という地名がありここはバラ坂とあり大葦となり
さらに上萱はかなり上らねばならないからどうしてあんな不便な所に住んだのかと思う
それだたけ土地を求めて人は奥地へ入って行った。

猿の物語で一反田という地名があるのは面白い
一反田があればそれでけ米がとれるので住み着くことにもなる
あそこはそういう場所だった。平地がわずかしかないからである。

そしてバラ坂というのは何なのだろうとわからなかった
そこが荒地と化して田んぼになったところを踏み入ったら
バラが多くノバラが茨(いばら)になっていて突き刺さった。
ここは茨(いばら)が多くてこの地名がついたのだろうか?
大葦は葦が繁っていたからわかりやすい、バラがつく地名はわかりにくい
ただ地名は原初の状態から名付けることが多いからそうかもしれない

そこに現れたのは羚羊(かもしか)だった。
車が頻繁に通る所に顔を出していた。
すぐ自分の目の前にのそっと顔を出していたからびっくりした。
かもしかをこの辺で見たのははじめてである。
かもしか高見山で見たという報告もあった。
でもこの辺では見ていないからもともと住んでいなかったのだろう。
人が住まない荒地と化して住むようになったのだろう。
浪江の高瀬川では牛が野生化して牛道ができていたというから驚く
カモシカは牛科なのである。

人家がないということは動物にとっては住み安いのである。
人が住まないとイノシシでも増えているし猿も増える
それらが放射能汚染の影響がどれだけでるのか?
放射能汚染された植物を食べるのだからどうなるのか
そんなに影響しないのかもしれない
奇形の猿でも発券されたら大騒ぎになるだろうがそんなこともないのかもしれない
ただあの辺は放射線量は実際は相当に高いのである。

バラ坂⇒大葦から御堂がある大古林道を上ってゆくとまさにあそこは秘境である。
雪が今年は厚く溶けない、川でも水の量が多いのは雪解けの水のためである。
これだけ雪の多い歳はこの辺では一生に一回とかしか経験しないかもしれない
そして樅の木が二本厳かに立っていた。
一本は写真では細くなっていた。飯館村の山の中には太い樅の木が隠されるようにあった。
樅の木は神殿の柱のようにも見える。
ドイツの森は寒い地帯で樅の木が多いからまさに森厳な雰囲気になる。
やはり樅の木は寒冷地帯にふさわしい木である。
だから雪が厚く残っていると樅の木も重みを増して立っているという感じになる

二筋の滝が隠されるように見えた。あの滝も気づかなかった。
今年は水量が多く見えたのかもしれない、丸森にも二筋の滝があった。
あれも隠されるようにあった。こういう滝は他でも多いのだろう。
今回は大岩群のあるところには行けなかった。
雪が厚く閉ざしていたのである。


橲原村から大原の方にまわった。
大原というときやはり橲原からするとずっと広い感覚になる。
それは地名とあった風景なのである。
ここも放射線量が高く半分が避難した。
そこに椿の垣根がある家があった
その垣根は大きく家を囲んでいた。
回りの樹を切ったの除染のためだろう。
何かもったいないと思った。


見ると二つの山が双子のように見えた。あんな山があったのかと初めて見た。
大原はやはり山と関係が深い、山の生活があったところでもある。
戦時中、あそこで猿を食ったという話を聞いた。
イノシシも出てくるというからもともと山が深くかかわっていたのである。
原発事故後の村をめぐって村が村でなくなるということは淋しい
確かに昔のらではなくなっていたにしろ田畑があればまだ村であったからだ
それがなくなると村でなくなる
ただ原町市外の住宅地と化してしまうだろう。



2014年03月30日

秘境の森、大古林道の春の森の詩(続編)


秘境の森、大古林道の春の森の詩(続編)

大雪に山の樹々の枝折れぬ冬を越えてそ花の咲くらむ


春の森の詩


春風に樹々しなりゆれ
梢に高く四十雀飛びわたるかな
雪解けの水は流れてひびき
苔むす磐に残れる雪のなお厚しも
我が踏みつ奥に入りゆく
かしこ大岩の雪に埋もれて久しかな
一本の古き根っこのここに残りぬ
ここに立ちにし年月の長く
この森に生まれこの森に還りぬ
春の日は苔むす磐にさし
山風は樹々にそよぎわたる
牛の背のごとき堅き磐よ
汝はここに歳月を刻む
二本の樅の樹は古き神殿の石の柱
ゴシック建築の大聖堂の石の柱
質実に誠実に信頼に満ちて立つ
厳かにそはここに立ちて久しも
ここに無益なるものに労するものなし
一つ一つの命が森に活き森を支える
原生の原質の組成の万古の神殿!
蝶は舞い小鳥は喜びさえづり飛び
ここに調和の春の楽は奏でられる
重々しき音、軽やかな音、清らかな音
それらはフーガのようにひびきわたる
森の奥処に鎮座する大岩
そはこの森の主にして神さびぬかも


昨日のつづきとして短歌を詩にするとこんなふうになる。あそこは意外と秘境的な場所だった。
ただ車が頻繁に通るからあそこの森が秘境であり神秘的な場所であることに気づかないのである。
この辺にはまだ実際は秘境的な場所があった。
飯館村にもあった。大倉に出る道が舗装されて神秘の場所は消えたことは残念だった。
何か公共事業で道を作りすぎたのである。
丸森も秘境があ樅の木の原生林が一部残っていた。この辺はまだまだそうした奥深い自然があった。


そして皮肉なことにバラ坂とか大葦とか八木沢峠の麓は原発事故で人がすまなくなった。
あそこはもう誰もすまなくなったから元の自然にもどるのだろう。
そして羚羊が住み着くことになった。羚羊(かもしか)の縄張りは一キロ範囲だという。
あの辺に住み着くとするとまた出会えるかもしれない。
羚羊は行動範囲が広いと思ったが狭い、一キロ範囲で食べるもものがあり生きていけることの不思議である。
人間でも一反田とか地名があり米が一反とれれば最低限生きていけるということがあったのかもしれない、
炭焼きなどがあったからできた。養蚕していた家もあった。


放射能汚染の不思議は皮肉はかえって原始の自然がもどってくるということであった。
チェルノブエリでも狼やへら鹿とかが住み着くようになった。
つまり人間がいなくなると野生の動物にとっては住みやすい場所になるのである。
人間を警戒していたのが警戒しなくなり野生化してくる。
放射能汚染したものを食べているからそれがどう影響するのかもわからない。
今のところは奇形化した野生の動物の報道はない。

浪江の小丸という牧場では野生化した牛に餌をやっている。
高瀬川渓谷に近いからその山道に牛の道ができているというのも驚きである。
最初の道は獣道だったというのも本当になる。

飯館には一年くらい行っていないけどあそこも原初の状態にもどっている。

だから猿の惑星は核戦争で巨大なニューヨークが滅びて元の自然に還っていたのである。
ここでは戦争ではないけど原発事故はそれはにていたのである。
津波によっても元の自然に一時的に還った時は驚いた。
自然が回復することは悪いことではない、美しい自然が目の当たりに現実に見た驚きだった
山の方でも原発事故で人がすまなくなればやはり元の自然の状態に還るのである
ただ破壊されて道ができたところは還らない
それにしても元の自然に還ることはこれも不思議なことだった


ともかく八木沢の麓の家はもう人が住まないとすると元の自然にもどる。
あそこでは農業など成り立たない、大原辺りは広いから集約的にやれば
放射能汚染も消えれば土地を活かすことかできるかもしれない
秘境は今やどこにもないようで実際は田舎だったら身近にまだある。
ただ発見されていないだけなのである。


今年は大雪でいたるところ木の枝が折れた。その衝撃が大きかった。
だから庭の蠟梅は今年は咲かなかった。

自然は津波でもそうだが大雪でも厳しいものである。
大雪では森に生きる動物も鹿でもかなり死ぬ
そうして生き残ったものが強い種を残してゆくのが自然である。
自然はそうして厳しいから美がある。
そういう場所に生きる人間も厳しいから自然の美に映える
人間が最も生きにくい場所は最も美しい場所だともなる
だから八木沢の麓の辺りは秘境だったのである。
すでに江戸時代から住んでいた。
今になるとどうして生活が成り立っていたのが不思議になるのだ。



迷える足のほか踏みしことなき
人住まぬ谷間や奥深き山中を
いと古き代より汚れを知らぬ地域を
思いのまま彷徨いうる自由こそは
定命もてるかよわき人間にとり
いかばかりか神聖なるぞ
(逍遙編 ワズワース)


こういう場所は意外と近くにまだある。
この辺はまた人が住まなくなるとそういう場所に還るということもある。
こういう場所が原発事故でなくても少子高齢化で増えてくることは言える。