2014年01月28日

全線復旧した三陸鉄道に乗りたいと案内してくれと頼まれた (その人も相馬で津浪の被害にあった)

 

全線復旧した三陸鉄道に乗りたいと案内してくれと頼まれた

(その人も相馬で津浪の被害にあった)

最近知り合った人に三陸に行きたいからインターネットで調べてくれと言われた。その人は友達と二人で行く、一人は75歳で車での旅はしたが電車の旅はほとんどしていない、だけど三陸を旅したいという、三陸は津浪被害で鉄道が破損して途絶えた区間ができた。
でも全線開通したという、それが4月でありだから行きたいとなった。
またNHKのドラマでも有名になったこともあり行きたいとなった。
一人も60代の女性だけどテレビの鉄道番組を見るのが好きだという、その女性は働きつめであり貧乏でもあり電車の旅をしていない、団塊の世代は会社勤めでも結構遊んでいるし旅行しているのだ。自分は例外にしてもだからどこどこに行ったとかいうとだいたい日本なら全国行っているのでわかる。

三陸の鉄道が全線開通したというとき、早く開通したと驚いた。常磐線は六年後とかいつになるかわからないからだ。なぜそんなに早く開通できたのたろうかとも思う。
映像を見た限りあんなひどい状態から良く全線開通できたものだと思う。
鉄道のトンネルを被災者が歩いているのを見たときは驚いた。その訳は鉄道は歩くのには便利だったのかもしれない、三陸はトンネルが多いし隣への道が途絶えれば鉄道の方が便利だとなって歩いていたのかもしれない。
テレビで見ただけでは被害状況はわからない。

ただ自分は三陸でも岩手県も宮城県の海岸線も全部電車に乗っている。全国ほとんど乗って私鉄の線くらいしか残っていないのだ。けれどもここ七年間は介護などでしていない。ただ一回岩手の釜石まで行った記憶がある。その時釜石駅まで津浪が来た報道されて驚いた。釜石の海を見ていないからだ。あんなところまで津浪が来たのかというのかどこでも驚きだった。


三陸に旅行したいという75歳の人も津浪の被害にあった。3キロとか離れていたけど津浪の被害にあった。床上浸水だった。自分が見た限りでは床下でたいしたことがないと思っていた。津浪は洪水とは違う、圧力をともなった波が押し寄せてくるから50センチでも怖いのである。遠くでも怖いものなのである。その人はその時近くの女性に助けられたのでその女性と三陸に行きたいというので自分に調べてくれと言われた。
それで調べたら津浪を語る旅行も盛岡からも三陸沿線からも出ている。
全線開通して旅しても津浪の被害状況を見るためのものものになる。
でもその二人は津浪の被害者でもあるから話しがあうということにもなる。


その75歳の男性は津浪の浸水で一時相馬市に避難して一年間くらいアパートで暮らして最近ようやく荷物を家に運んだという。それから仙台の方にまで避難したという。
縁故の人がおおくててきた。仙台では一時物が不足して物を買うために並んでいたという。仙台でどうしてなのか?津浪の直接の被害はないし東京からの道路も断たれたわけではなかった。ただ名取の仙台空港や仙台港には倉庫が一杯あり船が入ってきていた。
そうしたところて物流が途絶えたのだろうか?その辺の事情がわからないが仙台まで津浪の被害が影響していたことは意外だった。確かに長町辺りも仮設住宅が建っていた。


仙台に避難者が集中しているということはあるだろう。相馬辺りでも原発避難者でも仙台に避難してそこに住み着くという人も出ているという。仙台は東北では一番の都会だから住みたい人がいた。でも住居費でも何でも高くなるから苦しい面はある。
この辺は相馬まで仙台と常磐線でつながっていた。通勤していた人もいた。だから常磐線を通じて関係が深い。福島市より関係が深かった。現実に鉄道が途絶えたときバスは出ていてもなんか行きたくなくなったのである。介護で行きにくいこともあるがやはり電車は便利なのである。


ともかく自分は考えて見ればた旅ばかりしていたのだから旅の案内に向いているとは言える。インターネットでも案内しやすくなっている。旅行ガイドというのが自分に実際の職業としたら向いているかもしれないと思った。ただ自分で自由に旅行はしたいがガイドなとしたくないということはある。でもどういう見どころがあるかは教えられる。
盛岡だったら城跡と中津川と北上川と岩手山は見ていけとかなる。それは観光案内にでていてもそれより深く説明できる。文学的にもできる。でも文学的なことはあまり普通の人は関心がない、でも関心がなくても庶民的な案内もできる。旅行ガイドというのもまたプロフェシャナルにありえるそれでも旅は自分なりの発見をするのが旅だというとき人まかせでは自分なりの旅はできないのである。


大船渡辺りを電車が通ったとき朝日が昇っていたことを記憶する。それは冬でありきれいだった。でもあの大船渡の被害も大きかった。家族五人くらいか死んで一人残された人が自殺したという報道があったときその被害がどのくらいのものなのか何も解説しなくてもわかった。津浪とは一家全滅になるような恐ろしいものだったのである。
いづれにしろ三陸の旅は津浪の被害の跡をたずねることになるから今までの観光旅行とは違ったものになる。そういうことを事前に心得ていないと地元の人に拒絶されるかもしれない、まだそういう観光のらヴな浮かれたものにはなっていないのである。

世相を反映する事件 (高齢化社会による犯罪が増える)



世相を反映する事件

(高齢化社会による犯罪が増える)
●空家増える問題


東京都杉並区の住宅で頭蓋骨のない男性の白骨遺体が見つかったと、警視庁高井戸署が23日、発表した。
遺体はこの家に以前住んでいた男性とみられ、同署は、事件に巻き込まれた可能性もあるとみて調べている。

高井戸署によると、この家は数年前から空き家になっており、男性の妹の依頼で解体される予定だった。
1日午後3時半ごろ、建物内に入った作業員が2階のベランダで頭のない白骨遺体を見つけ、同署に通報した。

司法解剖の結果、遺体は60歳以上の男性とみられ、死後数年以上が経過していた。
死因は不明だが、遺体に意図的に切断された形跡はなかった。

男性は1997年1月から行方不明になっており、妹が捜索願を出していた。
男性は生きていれば80代だといい、同署はDNA鑑定を行うなどして身元の確認を急ぐ。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2305F_T20C14A1CC1000/


●高齢者が犯罪にあう


27日、東京・江東区の住宅で98歳の女性が首を絞められて殺害されているのが見つかった事件で、遺体の状況などから女性は今月25日の昼前後に殺害された可能性が高いことが分かり、警視庁はこの時間帯を中心に不審な人物が目撃されていないかどうかなど捜査を進めています。


 8日午前9時10分ごろ、南足柄市和田河原のたばこ店経営の女性(98)方から、「母親の首を絞めて殺した」と110番通報があった。駆け付けた松田署員が、女性が室内で死亡しているのを発見した。
 松田署は、通報した次女でたばこ店手伝いの容疑者(70)を殺人の疑いで逮捕。同署の調べに対し、同容疑者は「母の介護に疲れた。タオルで首を絞めた」などと供述、容疑を認めている。

 同署によると、死亡した女性は容疑者と2人暮らし。発見時、容疑者は自らの首や左手首を刃物で切っていた。室内からは容疑者が書いたとみられるメモが見つかり、「生きるのがつらかった」などと書かれていた。同署は9日に司法解剖し、死因などを調べる
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1303090003/


●家に入って来る人は一番危険


青森県八戸市小中野・江陽地区で不審火が相次ぎ、同市小中野、家政婦中田雪子容疑者(51)が現住建造物等放火の疑いで逮捕された事件に関連し、中田容疑者が家政婦として出入りしていた
住宅が昨年11月に全焼していたことが、捜査関係者への取材で分かった。
県警は慎重に関連を調べる方針。
(2014年1月26日11時30分読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140126-OYT1T00278.htm


これまでも書いてきたけどこれからは高齢化社会でありその関連の問題が起きやすい世相である。事件は明らかに時代を反映している。高齢者自体の65歳以上とかの犯罪率も10倍くらいになっている。高齢者に関連して犯罪が起きやすいということもある。
もう一つは格差社会になり貧富の差が大きくなると明らかに治安が悪くなる。
現在はそういう状態にある。

空家で死んだ人は80歳、98歳で殺害された女性、介護で疲れ98歳の親が70歳の子供に殺される。家政婦として勤めていた女性が勤め先の家に放火したというのも一見高齢化と関係ないように見えてあったようだ。家政婦を雇うということは今では介護関係が多いかもしれないからだ。
ただ事件というのは実際は複雑であり個々の事情がありわかりにくいのである。

突然事件が起きるのではない、その事件の起きる過程が必ずあり事件となって表沙汰になるのはその過程の解明が必要なのである。

なぜ自分がこれらの事件に興味を持ったかというと何かこうしたことが自分も当事者となっていたということである。他人事ではない現実に犯罪の被害にもあい衝撃を受けた。
自分が体験したことがやはり同じように社会に起きているということで身近なのである。
空家の数も膨大になるからそこは犯罪の温床になるというのもそうである。少子高齢化であり家の跡継ぐ人がいないくなってくるのだ。それは墓の跡継ぎでも田舎でも問題になっている。限界集落ではもう跡継ぎがいないので消滅してゆくから深刻である。
ただ津浪や原発事故周辺では南相馬市だけでも4600軒も全壊したというから空家を探し土地ももとめている人が多いから家の価値があがった。だから前は売れないと思っていたが売れるとなるので事情が違っている。


98才の一人暮らしの女性は不動産などをもっていてまだ元気で歩いていたというから驚く、ただそういう人がこれからは増えてくる。だから金をもっているからねらわれたのである。これから百歳の人でも元気で生きる人が増えてくる時代だという。自分の母親も寝ているけど99歳になり市から祝い金がもらえるのである。だから百歳まで生きるのは時間の問題だとなる。百歳は今も驚きだがこれが普通になる社会がすでに近づいているのである

それだ介護殺人も今までも普通に起きていたしこれからも頻繁に起きるようになる。介護してみればわかるけど認知症になったりしたら最悪であり常に殺意が生じてくる悲惨なものなのである。三食いちいち食べさせたりオムツとりかえたりしていたらとてもじゃないが嫌になる。楽な介護でも負担が大きいのである。だからといって今は施設にあづけられるような状態にない、家でめんどうみるのには大家族でないから人手不足なになる。

それで放火された家も介護させるために家政婦を雇ったのかもしれない、家政婦は金になるということもある。ヘルパーだと一時間くらいでありそれほど金にならない。
でも自分が経験したように家に来る人ほど危険な人はいないのだ。

家で働いてもらう人ほど危険なことはない、財産さえ全部もっていかれるとか殺されるとかまでなる。ここで何があったかわからないが家が全焼したからやはり怖い犯罪である。近くでも何軒も放火していた。この女性は貧乏であり苦労していて家でも問題をかかえていてストレスがたまっていた。家政婦とかになる人は金に困っている人が多いし問題をかかえている人が多いのだ。だからまた問題を起こしやすいのである。

家政婦にきてみたら自分の家と必ず比較するからそれで不満が余計に募るということもある。ともかく人を雇うことほど現代でめんどうなことはない、なぜならみんな平等だということを教えられて育っているから誰も不遇な状態に耐えられないのだ。
そういう理不尽が家政婦になったらその勤め先の家に向けられるから怖いのである。
自分も家を焼かれるとにたような犯罪を経験しているから言うのである。

この女性はもう誰にも相談をするものがいないでどうにもならなくなり社会に対して牙を向き爆発した。格差社会はそういう人が増えてくる。
つまり平等な社会のはずなのに平等でないということが不満を募らせてがまんできなくなり爆発するのである。
もちろん不遇なのはその人自身の問題があっても今はその自己責任を自らには向けないのである。

それはやっぱり家族や社会や時代の問題が反映して犯罪が起きているのだ。明治とか戦前でも今より不遇でも耐える人が多かった。今は耐えることができない、なぜならどうしても民主主義でも人は平等であるべきだと教えられて育っているからだ。
例え自己責任でも努力しなくても平等であるべきだとなるからだ。
戦前の人は不平等でも耐えている人が多かったのである。
多くが貧乏であり一部が金持ちだからそうなった。
貧乏人同士がなぐさめあっていたということもあった。
今は社会にむかってすぐにその理不尽や不平等を行動で示すから犯罪が増える。

ただ金持ちと貧乏人でもその人と関係によって折り合いがつくことがある。
前に金持ちと貧乏人は協力できないとも言ったが全部がそうではない。
全般的にはそうである。

つまり金持ちでも雇う方でもそういう問題をかかえた人が来たら相談にのったり何か金銭面だけではない、
援助があったり何か親身になるとかあれば折り合いがつくかもしれない、ただこれはここの事情があり簡単にはいかない。
ただそういう折り合いがつきうまくいっている例もあるということである。
それでもそういう場に勤める人自身の問題が大きいのである。

雇われる人も雇う人もこの関係もむずかしい。
どっちにしろ不満があり毒物混入事件でもそういうことが反映されている。
雇用関係も何かそこには人間と人間の情などもなくなっているのもあり時代を反映しているのだ。

現代は人を雇うことが一番むずかしい時代になっているのかもしれない。
あからさまな奴隷というのではなく機構的に奴隷が作り出されているということもある。そして誰が得しているのかそれも見えない社会のなのである。
東電の幹部が罰せられないというのも社会の上層部支配階級を形成していてそういう人たちは仲間だから罰せないということもある。検察と東電も天下り先としてつながっていたからである。ただそういう社会の理不尽は常にあったのである。

現代は誰が支配者で搾取者で誰が奴隷にされているのか見えない社会のなのである。

それでも犯罪を犯すのは社会のせいにはできないということもまた正論である。
そもそもいい社会など歴史上なかったからでてある。常に不平等であり理不尽なものがない社会などなかった。この世はそもそもそういうところだったのである。
ブラック会社のことを言うけどこの世の中がブラック社会なのである。
宗教にしてもカルト宗教団体などはブラックそのものであり愛と慈悲とかは何の関係もない、不満分子を集めて権力集団を作り甘い汁をすう上層部支配階級に上ることを目的としている。

結局人間の社会から金持ちと貧乏人とか階層とかはなくせないのだろう。平等を目指した共産主義も新たな階層を作っただけだったのも皮肉である。そもそもそういう不満分子も上層階級支配階級になったら今度は逆に搾取する側になるだけだったのである。
 
 
posted by 老鶯 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層