2013年10月19日

インターネット時代の買い物 (これも試行錯誤だったー失敗も多い)

 

インターネット時代の買い物

(これも試行錯誤だったー失敗も多い)


インターネットで二日おきくらいに買い物していた。本が主なものだか2万くらいだと買いやすい、デジカメは六万だったけどこれは買っても使うのがなれているから失敗しないと思った。でもすでに一回落として傷つけた。持ち運びすると自分は必ず落としたりするから高いもの買いない、今何かを買う時、電気店とかに行って聞いてもわからないことが多い。まず買うものを選ぶ時点でインターネットで調べる。知識がないのだから少しでも知識があった方がいい。それは店で聞くよりいいのだ。店の人に聞くと何か買わないと悪いなという気分になる。だからいろいろ詳しくたずねられないのである。

店員にしてもこの人はうるさく聞くけど買わないみたいだからもう説明したくない、説明するのも手間なんだよとなる。確かにいちいち丁寧に対応するのも本当は費用がかかっている。この点はインターネットは気楽であり買い物も気楽である。
人がいないからそうなる。ある意味で機械化して自動販売機のようにして買っているのかもしれない、人間力を極力省いて運営している。セルフサービスの体制でそうしている。だから人件費をかなりおさえられるのだろう。ただ配達するコストが一番かかっているのだ。それも無料が多いから買う方では便利になる。


電気の量販店で失敗したのは印刷機だった。文字だけを高速に印刷する手軽なものを14000円くらいで買ったがあまりいいものではなかった。カラーは印刷できないからだ。
これは何を選ぶかの時点で知識もなく間違っていた。店員の説明ではそこにある展示してあるものから選ぶと今は種類が多いから一部しか置いていないから失敗するのである。
エプソンだったけど失敗だった。

それでインターネットで印刷機とか調べていると8000円くらいでカラー印刷できるレーザープリンターがNESから売っていたのだ。
それはMULTIWRITER5600Cが簡易なものとして紹介されていたのだ。
ただこれでも印刷機に対して知識がほとんどなかった。これよりいいものがたいして変わらない値段で売っていたみたいだ。だから最初の段階でエプソンの白黒のレーザープリンターを買ったのは失敗であり電器店の店員も詳しく商品に対しては案内もしないし助言もしない、選ぶ時点で買う方がそれなりの知識がないと買えない時代なのである。
ただ大きさとか重さはネットの画面だけからわからないから失敗したことがある。
パッグが重かったのである。これは使えなかった。6000円くらいしたが丸損だった。
インターネットの通販にそうした失敗が必ずある。だからあまり高い買い物はしたくないのである。ただ通販でしか買いないものが今は増えている。
こんなにいろいろなものがあるのかと通販の品物の多さには驚いてしまう。
だからこれも欲しいあれもほしいとなってくる。
それでいろいろな買い物をしたのである。


今回買ったのは-強力1000Wヒーター搭載のスーパー風呂バンス-というものである。
電気温水器が40年くらい使って壊れた。地震の時配管を直してもらった使えたがとうとう寿命がきた。こんなに長く使えたら本望だろう。
これを買うと30万以上もかかる。自分の家では二人で一週間に一二回しか入らない、だから新しく買うのはやめた。風呂が入れない時高見のビジネスホテルのドートルの湯に入った。500円だけど昔の銭湯と同じである。風呂も自宅ですると金がかかる。
一週間に二回入って2000円だったら自宅で風呂をたてるよりいいとなる。

一人暮らしだったらそうして手間のかかることはしたくない、朝だったら牛丼屋で300円くらいの朝食ですましていれば時間も手間もかからないのである。
何しろ運んだり食器を洗ったりするのが手間なのである。

最近テレビで宣伝していた
H2OウルトラスチームマスターX5 スーパープレミアムキット ...
これも失敗だったみたいだ。


当方、エレクトララックスの掃除機型のスチームクリーナーを持っていますが、本当に、期待はずれでした。
油汚れも落ちないし、壁紙もキレイにならないし、お風呂もダメ。

大型品でもこの程度の実力なので、ハンディ型では、到底、汚れは落ちないでしょう。
毎週のくらいに掃除をしているのであれば、キレイになるのかもしれませんが、TVのCMのような
「まぁキレイ」
とはなりません。


それほど役に立つものではない、これで失敗したのはアマゾンなら旧式でも1万で売っている。宣伝で今買うと安いとなっていたので買ったが失敗だった。
そして部品がなくなってモップがつなげなくなった。ただ蒸気を出すだけになった。
これもあとで買うこともできなくなった。ただ全く使えないというのではなくなくトイレの掃除とかには向いていた。台所の床の掃除にも向いていた。
ただ25000千のは買う必要がなかった。アマゾンで買えば一万でもたいして変わらない。
これは宣伝にのせられたのである。
テレビで宣伝するものはみんなアマゾンで売っているのだ。


スーパー風呂バンス-も会社から買うより一万安く同じものがアマゾンで売っていて即買った。情弱というとき情報社会は買い物でも情報不足だとかなり損する。
テレビでの買い物は今は要注意である。一方的にのせられるからである。
テレビだけで買い物することは本当に一方的にのせられるから危険である。
これは何もニュースとかでもテレビだけの解説とかに頼っているのと同じだった。
一方的に説明されるから知らずに洗脳されているのだ。
青汁とかあれだけ宣伝しているけどそんなもの効かないと思うべきである。

情報社会とは新聞やテレビやマスコミからのみの情報に頼らないことに意義がある。
ただインターネットはまだ利用の仕方がわかりにくい、買い物でもそうである。
アマゾンはわかりやすいからみんな利用しているのだ。
とにかくテレビで宣伝してもすぐに買わないでアマゾンで値段などを調べてみるのが買い物のコツである。

インターネットの問題は調べることに時間と手間がかかりすぎることなのだ。
玉石混淆の情報から調べるとなると時間と手間がかかりすぎるのである。
まあ、2万円くらいまでならそれほど損した感じにならないだろう。
これも経験を積み重ねないといい買い物はできないのである。

ともかく本では買ってほとんど失敗していない、なぜなら自分の文脈でちょうどインターネットで調べるように引用するように本を買っているからだ。
品物はそうはいかない、まずその事前の知識を得るだけで手間がかかりすぎるのである。それだけ現代は買い物でも広範囲な知識が必要なのである。

家事をしていれば料理でも料理するのではない、いかに買うかであり買ったほとんどまかなうからそうなる。オカズもそうだしほとんどそうである。だから何とか時間があいて自分は文章を書き創作もできている。そうでなければ買い物だけでも追われてしまうだろう。時間を節約するには買った方がいいのである。めんどうな料理などしていられないのだ。それより食堂ですました方がずっと時間を節約できる。
今は介護しているからそれができないだけなのである。


これはインターネット時代にどう対処していいかわからないことから起きている問題である。
ただ今まではテレビとか新聞とかマスメデアを通じて買い物すらしていただろう。
量販店でもやはりそこのみが買い物の窓口となっていた。
だから店員の説明で買っていた人が多いのである。
買い物も情報化すると自分で情報を仕入れて自分で分析判断して買うようになる
それだけの情報がインターネットにあるからだ。
でもこれは老人にはめんどうだし買い物自体がかえって骨の折れるものにもなる
ただ売る方の一方的おしつけはできないということは普通の情報でも同じだったのである

5600C.jpg
MULTIWRITER5600C

これはいいものだった
ただドライバーをインストールするのがめんどうだった
NECでは丁寧に対処してくれた
furobance1000.jpg
これも2万では安いし使えるみたいだ
今日はこれで沸かしたもので入る

osuimono!.jpg
これはお得である。チャーハンなどについてくのと同じだった
味噌汁はやはり味噌を買って作った方がいいがめんどうだし塩分が多すぎるのだ
steamcc.jpg

H2OウルトラスチームマスターX5 スーパープレミアムキット

これは使えないことはないがアマゾンの一万くらいのでよかった
部品をたして25000円は高いものだった
これはテレビの宣伝にのせられてすぐ買ってしまったのが失敗
あとでゆっくり調べていればこうはならなかった。
今はキャンペーンで安いというので買ってしまった
これもテレビだから一方的にのせられたのである。

shilingloght!.jpg
 LEDシーリングライト

これももアマゾンで買ったけど大失敗だった。天井が高くて一人でとりつけられなかった。とりつけるるきもこれは相当にむずかしいものだった。
使えないと思ったがたまたま便利屋にかたづけ頼んでいたのでついでにやってもらった。でもとりつけるだけで一万くらいとられたかもしれない、それだけコストがかかる場合がある
自分で電気製品でもとたつけたりできないものがある。これは通販では買うべきではなかった。
あまり使うのにむずかしいものは買うべきではない
それから安くてもモノが手にとって見れないので損する場合もある。
だからこれなら間違いないと買って知っているものならいい。
全然知らないものを買うとなると失敗もある。
結局通販でモノを買うということは店で買うよりめんどうである。
ただそれだけに買えないものも変えるし車がないから何でも家に運んでくれるからいいのである。
量販店では運送費とか結構高くなる。3000円とかとられるとか高いのである。

インターネットのメリットが高くなると量販店でも苦しくなる。
通販なら無料で運んでくれるのだから無料で運んでくれと量販店に言ったらそうしてくれた。やはり通販が量販店の一番の競争相手になっているのだ。