2013年10月17日

秋時雨(徒歩旅行の若者を見送る)


秋時雨(徒歩旅行の若者を見送る)

akizakura1111.jpg

クリック拡大

苦労せし顔にぼつりと秋時雨

手に顔に二三滴ぬる秋時雨
交じり合う色の豊かに秋桜
野に芒相馬に泊まる徒歩旅行

徒歩の旅見送り相馬や秋の暮

karetohoryokou111.jpg
クリック拡大


美春湯とあるけどここが鹿島区の唯一の町内にある民宿である。
最近できたビジネスホテルは小池の方にかなり遠い。
これはこの辺の津波や原発事故で需要ができて作られた。
最新の通信設備も整っている。
車だと別に遠いともならないのだろう。


まだ秋だから秋時雨なのだろう。11月になると時雨なのだろう。今日は明らかに時雨だった。ただわずかに三四滴ぬれたのを感じた。
でも時雨である。時雨れも趣がある。
山頭火が時雨を題材にしたことでもわかる。何か特別時雨に感じるものがあった。
「後姿の時雨れて行くか」というときそれは山頭火自身のことだった。

しかし自分のようにもし徒歩旅行していればその旅人に趣を感じる。
車とかバイクはただ突っ走り暴力的に過ぎてゆくだけなのである。
だから自分が話しかけるのは自転車旅行の人と徒歩の人である。
津波の前は東京から歩いてきた年配の人がいたし結構いたのである。
一番驚いたのは鹿児島から青森まで歩く人だった。

それもくそ暑いときだったのである。
その人は公務員を退職して歩いたのである。よほど自由に旅したかったのである。
旅は労力と時間がかかる。今はかえって余計に旅を演出しないと旅にならない。

この若者は千葉からきて川俣の方から飯館の方を回って来た。六号線が東京と通じていたときはこんな遠回りをする人はいない、でも飯館とか回ってくると峠から海が見えたりして六号線とは違った趣が得られる。でも急ぐからみんな六号線をゆく。

それで相馬の道の駅で日立木の方をゆくと松並木があるから昔の街道を通るといいと教えた。でも歴史などに興味がないとどうしても六号線を急ぐ、自分も自転車で旅して5キロくらい寄り道するとかなり遠く感じてできないことが多々あった。先に進まないのである。歩きだと余計にそうなるだろう。最短距離をゆくようになるのだ。だからここの一石坂は本当に急な坂だけど歩きなら最短距離を行った方がいいということであんな急な坂をのぼったのだろう。歩きだとだいたい三〇キロ四〇キロだといっていた。江戸時代は朝が早くたって四〇キロだったから今でも人間が一日で歩ける距離は同じである。

その人は今日は相馬で泊まりそれから仙台までゆく、仙台まで70キロとするとこれも途中で一泊する。ただ徒歩旅行といっても必ず便利な時代だから電車に乗ったりする。
どうしても便利なものが身近にあるからその誘惑に負ける人も多いだろう。
つまり現代は本当の旅行することが相当演出してわざわざ不便な道を行かないとできないのである。この若者だって仙台からは電車で新幹線で帰るのだろう。
目的地が仙台だと言っていたからそうなる。


ともかく自分は今は旅ができなくなった。でもこれだけ旅したのだから旅している人が気にかかるのである。自分は徒歩旅行はしていない、電車と自転車だった。徒歩旅行もしているべきだったろう。本当の旅の醍醐味は徒歩旅行にあったのである。そうなれば江戸時代の旅の苦労もわかるのである。いくら旅したといっても人間の経験は限られていることがつくづくわかる。人間の経験は何するにも限られているのだ。

結局老人になると自分のしてきた経験を語ることになる。その語りが面白くなるには豊かな経験をしていないとつまらないとなる。自分自身もつまらないとなる。何か大きな冒険をした人は老人になったとき回顧してやったなとかなる。平々凡々な人生はその本人も思い出しても何も印象に残るものがないともなる。そしてもういくら金を積んでも経験できない、体験は買えないことになるのだ。


まあ、会社員とか公務員とか先生とかの話はつまらないものが多いだろう。それでもその人たちは安定していて年金は十分にもらえて老後も保証される。
しかし自分の体験を他人に語ってもつまんないと誰も聞かないかもしれない、それより本人がつまらない人生だったとかなるのだ。だから本当に年金を十分もらってもその人生がいいものだったかどうかはわからない、何か特別の困難を乗り切った人はやったなとかなる。戦争などは経験できないものだから良く生き残ったなとか今でも思っている人がいるだろう。姉は従軍看護婦で死ぬ直前までそのことを語っていたから忘れることができなかったのである。


それぞれの人生がどんなだったかは自ずと老人になるとわかる。否応なくわからされるのである。だから老後というときその人のしたことが仕事になりやすい。旅ばかりしていいたら旅に関心があり旅している若者に共感する。ああ、自分もあうして旅していた時があったなと感慨深いのである。そして旅のことを語りたいとなり現実に外国で世話になったからは一室をボランティアのようにして貸している人がネットにいた。
その気持ちが自分にわかった。自分もそうしてみたいとかなる。その旅している若者を見送る自分が普通の人とは違うのである。思い入れが深いのである。
だから本当に旅した人は西行でも芭蕉でも山頭火でも旅の守り神となる。やはり同じ道を行っているから旅している人を見守っているのだ。そういうことが本当にあると自分が旅している人を見送ってそうリアルに思った。


これは一生費やした体験が例えば他の職業でもあるだろう。だから老人になれば体験したものを伝え教えるのが向くようになる。それがないと老後の時間をもてあますだろ。
会社人間の問題は退職すると後進のものに教えることがないことなのである。
それは意外と深刻でありそれが認知症にもなる生きがいもなくボケにもなる。
だから女性でも姑となり嫁に何かを伝えるものがないとボケやすくなる。
今はみんな姑とは一緒に暮らさないからそうした世代間の問題が起きてくる。
いづれにしろ人間はどんな一生でも何かを蓄えているのである。
それが老人になると否応なく現れるのである。


秋桜もいろいろな色が交じり合い咲くように子供でも様々な世代でも女性でも男性でも交じり合い暮らすのがいいのである。老人ホームになると老人だけの世界になるからこれもいいものではないのだ。江戸時代から戦前でもそういう社会があったが今はなくなった。そこにかえって高齢化社会の深刻な問題ともなっているのだ。
老後に備えるといっても金だけではない、むしろどういう人生を送ったかが問題にもなる。公務員とか会社人間だけだと老後は何も生きがいがないとかなってしまう。

いくら金があってもつまらないともなる。一方豊かな経験をした人はたいして金がなくても老後が実りあるものとなる。老後は節約すらなはら節約しやすい、だから金の問題もあるが思い出が大きな価値をとなってくるのが違ってくる。

だからここでいつでも言っているように思い出す、記憶に残る旅をしろよと言っている。徒歩旅行した人にもあなたは必ずこうした旅が思い出として記憶されるだろうと自分は言った。意外と30年前の旅でもそうしたことが起きる。だから今でも旅を思い出して詩や短歌や俳句を作っているのである。記憶に残らなかったらこうした創作活動もできないのである。


ともかく江戸時代辺りは歩いているのだからみんな旅人だった。相馬市から原町まで歩いても旅になっていたのである。歩いているから旅になったのであり今は単に移動していることが多いのである。

 

俗謡の分布と連続性-失われた労働の共同の歌 (箒はいらぬ、裾で掃くは栄えた所に残っていた)


俗謡の分布と連続性-失われた労働の共同の歌


(箒はいらぬ、裾で掃くは栄えた所に残っていた)


野蒜新町竹箒いらぬ、若い娘の裾で掃く


野蒜築港が賑わい料理屋や旅館などが軒を並べるようになって新町と言われていた。
原野に新興市場が生まれた。


飯豊耕土にや 箒はいらぬ
新田、おみかの裾で掃く
http://musubu2.sblo.jp/article/65971043.html


宍道木幡は箒がいらぬ 嫁や姑の裾で掃く
http://www7b.biglobe.ne.jp/~tabikiti/kikou/kikou107.html


狭山茶作り唄


♪狭山よいとこ 銘茶の場所よ(ハァヤレヨレヤレヨレ)
  娘やりたや はぁ婿ほしや(ハァヨリコメヨリコメ)

♪お茶は芽が出る蚕は二眠
  連れて出るなら 今ここよ

♪宇治の銘茶と 狭山の濃茶
  出会いましたよ 横浜で

♪狭山街道にゃ 箒はいらぬ
  
茶より茶摘みの 裾で掃く


海野宿場は 箒(ほうき)がいらぬ
     笹屋およしが 裾で掃く

箒(ほうき)がいらぬ裾で掃く・・・ということは江戸時代から時代の連続性があり戦前までその歌には共通性があった。この歌は江戸時代の元禄にも相馬藩に残っていた。相当に古い由来があり伝えられていたことがわかった。この唄か歌われ所は栄えた場所なのである。相馬市の新田というところ実は松川浦の方に開拓して新しい田ができて栄えた所になっていてこんな歌が生まれた。だから必ずしも相馬の殿様がおみかを無理やりみそめて城に仕えさせたどうかはわからない。明確なことはこの歌の歌われるところは一時的でも栄えた場所だったのである。裾は今のスカートでありそれか何か当時のエロッチクな俗謡となっていた。女性が特に若い女性が多くいることはやはりそこが栄えて繁華になっていたのである。


我々の間にしけ出現したものに工女唄があった。工女は一つの階級で特殊なる利害と心理とをもっていた。


仕事唄は多数の合同作業を必要としなくなって次第にその第一次の目的を忘れて行ったようである。古い霊では今でも残っている草刈り歌、茶摘み歌などどいうのがそれであった。

柳田国男(仕事唄と恋歌)全集6


ここで気づいたのがこういうことだった。仕事歌が生まれたのはその背景に当時の労働がどういうものだったかを知る必要がある。歌は共同性がありその象徴として民謡や俗謡でも生まれたのである。それだけではない歌には辛い労働を紛らわすものがあったりいろいろな要素があって生まれたのである。民謡が非常に多いこと俗謡も多いこと童歌も多いこと昔話も多いことこれらは民衆の文化であった。

今はなぜ労働歌や共同の歌が喪失したのか、すべてが商業化して専門家しか文化を作り出ししていない、歌でも専門家が作ったものを民衆が金で買って歌わされている。民謡は専門家が作ったものではない、もうけるために作ったものでもない自発的に民衆から生まれたものである。文化という時今は何か文化人と民衆からかけ離れたもの高貴なものとして商業化している。それも考えてみると文化はそういうものではなく民衆レベルで無償で作り出していたのである。


そして共同の歌が失われたという時まさに現代がどういう時代か見えてくる。現代は共同性が喪失したことが最も顕著な時代である。その共同性がないから共同の唄が民衆から自発的に生まれないのである。田植え唄でもそれは早乙女がするのはやはり若い女性が主役になるときそこに活気か生まれる。今若い女性がスターやアナンサーに憧れ芸能が商業化してしまい民衆の文化が衰退したというより喪失したのである。


現代の様々な問題、異常性は歴史的に考察してみれば見えてくるものがある。あまりの機械化も共同性を喪失させたのである。田植えが稲刈りが機械でやれば共同の労働がなくなるから歌もなくなる。そこに共同性がなくなる。会社員がほとんどだというとき会社の歌になる。でも会社の共同性と昔の共同性は別なものである。工女というと工業化がはじまった大量生産の走りだけどそこでも時代的に連続したものがあった。そこにはだから共同の歌が生まれていたのである。


現代の文化とは何なのかというと、民衆から自発的に生まれる文化が喪失した時代なのである。すべてが専門家により作りそれを買う時代であり消費するだけであり民衆は文化を作り出さない文化不毛の時代なのである。それは機械と深い関係がある。あらゆるものが機械化するとき共同性も失われる。共同で労働する時一番人間は連体感をもつ、会社が現代の連帯する場所であるというときそこでは一応みんな共同で仕事しているからである。
例えば出版社とかマスコミとか知識や情報分野でも民衆レベルでは参加できない作り出せないものとなっている。新聞社とテレビが知識と情報を伝達するものだとなっている。

これも長くつづくと当たり前であり疑問もさしはさまないようになる。マスコミによって一方的に洗脳されているのだ。ただ一般の人は民衆は気付いていない、マスコミは必ず何か意図をもって報道している。事実をそのまま報道すことはない、ただ気付かないことが多々あるのである。TPPの報道でも公平には報道しない、必ずTPPは得だから参加すべきだということがマスコミの方針なのである。なぜならマスコミを成り立たせているのは会社の宣伝費であるからだ。だからTPP推進になる。第一次産業の農業や漁業や林業はマスコミに宣伝費など払わないのである。東電からは電事連から莫大な宣伝費が入っていたから原発推進になっていた。東電の会長の人が中国にマスコミの幹部を招待していたとき事故が起きたことが象徴的である。


現代は民主主義とかなんとか民衆が自発的にものを言い行動する時代のようになったとか言われる。ところが現代からかつての民衆はいない、ただ専門家の作り出すものを金銭で買う消費するのが大衆なのである。それは情報という面でもそうでありマスコミに操作されて自発的に考えて判断していない、なぜなら情報にしても全国レベルになるとマスコミが主体となってしまうからである。出版なども一見誰でもできるようで限られた専門家しかできない仕組みになっていた。今は本自体は簡単に作れるけどやはり書店には置けない仕組みになっている。それは出版社とかマスコミが力を持っているからなのだ。
つまり現代とは大衆が消費する文化であり何かを作り出す文化がない、それは共同の労働がなくなったとかそこには時代の変化で膨大に喪失したものがあったからだ。
共同性がなくなったといカルト宗教団体が創価でもオウムでも何でもそうした社会背景があって生まれた。これは本当の人間の共同ではなかった。

柳田国男が語り書いたものは戦前でもほとんと喪失してしまった。そこには人間的営みとして貧乏でも豊かなものがあった。現代の文明の発展の中で喪失したものがどれだけ貴重てものだったか?そのことが目前のことに目を奪われて見失ったのである。

新しい時代には新しいものに適応すべきだというがその失われた膨大なものにこそまた新しいものがあった。なぜなら今失われたものが今の精神の貧困の原因となっているからである。現代の社会は民主主義で自由だとか表面上は見えてもすべて操作されていることが多いのである。原発事故はその象徴として起きたのである。


過去から歴史から学ぶことは無限にある。現代が何なのかは歴史から見ないと相対化していとわからないのである。昔は貧乏でいいことがなかったというのも事実としてある。
しかし人間の営みはそれだけではない、かえって現代のこれだけの豊かさのなかで失われた精神の貧困や文化の喪失は深刻なのである。過去にはもとれないしろ過去から学び未来を作り出すのが人間なのである。どうして労働の疎外が起きているのか?労働が忌避される時代なのか、それは機械化により人間の労働が自然と一体化したものとならない、流れ作業とかになり労働に充実感が得られない、それは機械化と関係していた。機械化は労働を楽にしたいために必然的に生まれたものだがその機械化が人間疎外を生むという矛盾もあった。機械貧乏で農業が成り立たないとか機械によって苦しめられる人間が一方であった。原発事故はそうした矛盾の象徴として起きたのである。つまり原発事故は時代の矛盾を象徴したものであり一技術者の会社の問題を越えた社会全体の矛盾の象徴として起きたのである。だから現代社会そのものの見直しが必要になっているのだ。

posted by 老鶯 at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題