2013年10月06日

秋の俳句(金閣と銀閣)



秋の俳句(金閣と銀閣)

kinkakuuuu1111111.jpg


kinkakumomijimonn1.jpg

ginkaku1111112222333.jpg


金閣に紅葉と松や写す池

金閣や紅葉と紅葉映えにけり
金閣に燃ゆる紅葉や鮮烈に

金閣に朝日夕日や紅葉映ゆ
秋の日の金閣にさし松の影
金閣や一面に赤き散紅葉


銀閣の砂に月影窓に見ゆ

銀閣に黄紅葉映えて日の暮れぬ
銀閣に秋の日差しや歩む廊
銀閣に深まる秋や書院かな
銀閣に紅葉や幾時京にあり


これはインターネットの画像で検索してそれを見て俳句を作った。他人の写真ではイメージできにくい、写真は写生そのものだと書いてきたけどその現場のすべて写真では現せない、ただ京都に何度か行っても時間の経過で見れないからなかなか京都でもわかりにくいのだ。一カ所に長くいても一時間だと朝日がさして夕日がさす感覚がわからない、つまり旅の問題は時間軸で体験できないのである。空間的には移動して体験しても時間の移り変わりの中でどう変化するか感じるかが浅薄になる。
だから意外と京都のことでも今や思い出そうとしても思い出せないのだ。
現代は写真が豊富だからその写真からイメージした。
勝手に拝借したがこれは一つの新しい芸術の例としてみてもらいたい。
明らかに著作違反が写真の無断使用であった。指摘されればとりのぞく。

それまでこういうふうにもきりはりして一つの創作物ができるということで出した。
こういうことは前から自分はしてきた。
そういうことがしやすいのがインターネットだったのである。
自分で背景とか何やら作るとソフトがあってもめんどうになるのである。

だから金閣と銀閣という画像検索できりはりして作ったのである。
俳句が写生という時、想像するときはいいものができない、でもとをにもならない、
時間軸では旅して見れないのか多すぎるのだ。
空間の移動も早いからまた記憶に残らないことが多すぎるのだ。


京都という時、やはり前にも書いたが金閣と銀閣という対象で見れる。それは文化の豊かさを示されている。平泉は金閣だけになるからだ。金閣と銀閣のイメージは秀吉の黄金の茶室と利休のわびさびの茶室との対象でもある。西にはそれだけ対象化される美が作られた。金閣は青春の若さなのか、あまりにもまばゆい。銀閣は何かわびさびであり老いの感覚である。二つが対象的に見れるから美と思索も深まってくる。


いつづれにしろ京都も遠くなってしまった。それでも四季を通じて行っているから自分は恵まれていた。ただ京都を理解することはかなりむずかしい。見るものが多すぎてわかりにくいのである。
ただ自分は今は思い出す旅をしている。今になるといかに思い出すかであり思い出すことによって創作ができる。日本の場合はしやすいが外国はなかなか思い出せなくなる。
写真を見たりその他解説でそういう場所だったのだとか知る。
まず旅ではいろいろなものが一時にくるから理解できないのである。
あとからゆっくりとその場所をイメージしてゆくとあそこはそういう場所だったのかとわかるのだ。

本当は一日でもいいから金閣でも銀閣でもいれば中の書院にでもいればわかる。
それができないから浅薄なものとして一時的なものとして記憶に残らないのである。


秋の京都がいい、紅葉の時がいいとしても遠くなるとまずその時期に行くのがむずかしくなる。でも確かに紅葉の時に二回くらい行っているのだ。
今はまず仙台までも行かなくなった。半年以上行っていない、意外と旅する時間もたちまちすぎる。自分のように旅に明け暮れてもその時間もたちまちすぎた。
もう旅ができないとまでなっている。
ただ人間のそうした経験の収穫は60以上になってやってくる。
それは例えば雑学のようなものでもそうなのである。
人間はくだらないと言われても必ず何かを蓄えているのである。
その総決算が60以降にやってくるのだ。

だから老人の仕事は体験を話すことなのである。

70歳の人はトラック運転手だった。その人が覚えていたのは道路の標識のように大きく書いてある文字だった。だから特に東京まで通っていたら築地市場などに行っていたからそのことを語っていた。車からみると靖国通りとか大きな文字が大事になる。
それで方向がわかるから常にそういう案内の文字に注意しているからそれが記憶になり語っていた。その他は通りすぎるからあまり覚えていないのだ。
人間は一番注意しているものを覚えている。その他は忘れやすいのである。

そのトラック運転手の話を聞いていたら自分もトラック運転手のような気分になったのは不思議である。老人は何かしら体験しているからその話を聞くと面白いのだ。
ただその人はボケかかっているのか、病院に行っているとか、孫がいて年金もらうときだけにこにこ近づいてくるとか何か言うことかあやふやになっている。
家では用なくなっている。そうなるとボケるかもしれない、なんか酔生夢死とはよく言ったものである。トラック運転手の話はまるで夢の中で話しているような感覚なのである。人生はトラック運転手でも終わって見れば夢だったとなるのだ。
それはみんな同じである。終わって見ればみんな夢の中の事になってしまう。

自分の場合も旅の記憶をひきだしては書いている。それも夢の様だったとなる。