2013年10月04日

秋夕焼 (空間の体験より時間の体験が記憶に残る)


秋夕焼

(空間の体験より時間の体験が記憶に残る)

akiyuyakeeee!!!.jpg

akiyuyakeeee222222.jpg


秋夕焼残れる色やなおにじむ
ともしさや街の灯あわれ秋夕焼
虫の音や梅干しにご飯食終えぬ


今日は秋夕焼けか美しかった。徐々に赤い色が消えてゆくがなお残り消えるまで見ている。こういうふうに時間の移りの中で自然をとらえるとき自然がわかる。
テレビにしろ写真一枚みてもあまり感動しないというとき時間で刻々変わる風景を体験できないからである。テレビなどでも外国の旅行でも感動しない。
それは時間の変化の中て見れない、空間は一分間に百キロくらい移動している。
でもその中て写されるのは二三秒とかになっていたらとても感動できない。
自然でも何でも見るには時間が必要なのである。

その時間がないのが現代なのである。

だから空間の移動は一日で地球の裏側まで飛行機で行けるとしても何の感動もないのである。時間というのはいかに貴重なものか老人になったらいやがおうでもわからせられる。人間には空間の体験と時間の体験がある。
時間の体験ができるのは意外と限られているのだ。

時間が一番体験できるのは長く住んだ所であり旅行では時間の体験は限られているのだ。ある場所に一つの場所に一日いればそれなりの時間を体験でできる。

しかしそういう旅行はみんなしていない、次から次と移りゆくから体験の質が浅薄になり記憶に残らない、江戸時代だったら歩いているのだから時間と空間を体験する密度が違っていたのである。

現代は時間の体験が希薄なのである。空間の体験は千倍になっても時間の体験が希薄だから何か精神も浅薄になっている。例えば何度も詩にした石をわかるのには相当な時間がないとできないのだ。だから老人になった時石というものが何かわかる。それは空間的体験ではない、極めて時間的体験から理解できなるものなのである。


母はご飯と梅干し一つではも満足である。なぜならもともとそういう生活を若い時していた。卵も食べないしたくわん、味噌汁、梅干しの食生活だった。製糸工場で10年働いていた時ずっとそうだった。だから今は確かに食べられないからそうなのだがもともとそういう生活だったのである。その当時はそういう人が多かったのである。
醤油さら満足に使えないという時代があった。
田舎だと秋夕焼とかが心に沁みる。

ただ最近家事など忙しいからゆっくりもていられないのだ。
今までならほとんど時間を気にしたことがなかった。今は時間に追われるのである。

夕食の支度をした。夕食を終えた、今プログを書いた。
次は風呂を洗ったからこれから風呂に入る。電気の自動風呂だから容易は簡単である。
それだても次々に仕事があるのだ。特に自分の書いたものも整理しきれなくなっていて
これの整理も大変なのである。新しいパソコンもなれるのに時間がかかったとか
この知的作業の整理も相当に時間のかかるものなのである。

 

南相馬市屋内退避地区の賠償 (鹿島区などの賠償は二冊あった)

 
南相馬市屋内退避地区の賠償

(鹿島区などの賠償は二冊あった)
tuikabbbb3.jpg
表紙が同じだからわりにくくかった

本賠償
tuikabbbb2.jpg

追加賠償一人4万

tuikabbbb1.jpg

この二冊が全く同じだから混乱した。他に精神的生命的損害を請求すると十冊くらいの冊子になるからめんどうである。
たた本賠償と追加賠償は決められているから簡単である。
それでも18歳未満の子供さらにもらえるし妊婦ももらえる。
そうした区分けがあるのでめんどうになる。


病院にかかったけどめんどうだから精神的生命的損害の請求はしない
これはよほど明確にならないと医者の許可がないと認定されないというので出さない
その書類を書いたり許可をもらうだけで大変な手間である。

東電で一律に屋内退避地域に住んでいたというだけでもらえるのは簡単である。
ただいろいろな書類が来たので混乱したのである。


精神的損害は一人10万で7カ月分で70万である。
追加賠償は一人⒋万で8カ月分で32万となる。

これは一人約100万である。
18歳以下の子供がいるとさらにもらえる

例えば5人家族だと500万だけどさらに就業している人はもらえるし
子供がいるともらえる。その額はかなり大きくなる。
だから小高区この倍以上とかもらっていたのだからその額は大きくなっていた。

ただ仕事がないということは収入がないのだからそれだけ苦しいとなっていた。

これからも仕事がどうなるのか、できない人もいる。
避難している人は避難していればもらえるが屋内退避地域はこれで終わりである。
それでもかなり得したと思っている人も多いだろう。


相馬市などは全然もらえないから損だとなる。
ただ相馬市と南相馬市は様相が違っている。
田畑が南相馬市は荒れ地化している。相馬市は全体か普通なのである。
ただ放射能の被害はそれほど変わらないだろう。

ただ南相馬市での賠償金の不公平感はこれでかなり解消したかもしれない
あまり文句も言う人もいなくなるだろう。


ただ恐怖はあと10年後くらいなのだ。もう5年後くらいから工事関係者がへって
何か急激にさびれた市になるかもしれない、補償金もいつまでももらえないし
援助や予算も削られる、するとやがて夕張のようになる恐怖があるのだ。


原発でも働き場所としてかなりのひとか勤めていた。それもなくなる。廃炉や除染はつづのかもしさないがそれも産業とはなりにくいだろう。一次産業は木材さえ売ることができない、すると何が産業になるのか?ソーラー発電事業ももうかるどうか未知である。
ソーラー発電は風致を乱すから自分はあまり歓迎しないし農家の人も反対していた。
ソーラー発電は広い土地が必要だから中国のような所にあっていた。
日本はそれだけの土地がなのである。


結局補償金バブルもいつか終わりあとに何が残るのか?
どうしてもこの辺の将来はいいものが見いだせないとなる。
ただ老人はもうあきらめてここで死ぬほかないとなる。


放射能は花などには影響しなかった。だから花の市にするというのもいい、川内村ではそうしようとした。ただそれが経済的効果になるのかは未知である。
自分は花を探求してきたから以前として自然に花が映えているということは救いだった。放射能は別に見た限りてはどこが汚染されているのかわからない
むしろ中国のような大気汚染の方が深刻に見えてしまうのである。
放射能で皮膚がただれたみたくなれば怖さを感じるかその怖さが感じられないのだ。
その怖さを感じられないことが本当は一番怖いのかもしれない

なぜなら津波で全く400年前のことは忘れ怖さを感じなくなっていたからだ。
怖さを感じないということも実際人間にとって怖いことたったのである。

津波の恐怖が伝えられていればあんな海岸に接して家があんなに密集して建てない、
人間は恐怖を感じないことも怖いことなのだ。

戦争にしてもだんだん忘れられてゆき戦争の怖さわすれられてゆきまた戦争にもなる。

ともかく補償金て今は潤っていてもそのツケはまだあとでやってくる。
今がいいことでも後で悪いことになったり今か悪いことでも後で良くなったりと
人間のことは左記かよめないのである。でも確実にこの辺はあと十年後とかは
かなりさびれて衰退することが見えるだろう。
金は一時的でありそれだけでは資産にはならないのである。

 
posted by 老鶯 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連