2013年08月01日

ディオバンのデーターを製薬会社の社員が捏造 (原発事故と同じ構造、科学者と会社の責任問題)


 ディオバンのデーターを製薬会社の社員が捏造

 (原発事故と同じ構造、科学者と会社の責任問題)


●科学が実用技術一辺倒と結びつく危険

 東京慈恵医大と京都府立医大の研究は、数ある降圧剤の中で、ディオバンと既存薬のどちらが患者に有益かを調べた。いずれもディオバンを使えば、血圧値の抑制のほか、脳卒中や狭心症も減らせるとメリットを強調する結果だった。


病院と医者が崩壊寸前だ。全国の病院の半数以上が赤字になるなかで、崖っぷちに追い込まれた病院で、信じがたいことが起きている。
暴力団(=在日)と手を組み、ホームレスに生活保護を需給させ、青天井の診療報酬を吸い上げる病院。
過剰な治療や診療を施し、不正に診療報酬を得ようとする病院。「患者はカネの成る木。悪くいえば餌食ですね」。



腎臓とか前立腺とかいろいろ病気になってここ三年くらいディオパンというのを飲み続けていた。これは必ず飲まされる。血圧を下げるから他の病気でも必ず飲まされる度合いが高い薬だった。その理由が他の薬より臨床実験で効果があったというデーターが論文で出ていたからである。その論文のデーターが会社員が研究者として入り込み捏造されていたのだ。医療も今は金になる一大産業でもある。薬は昔から丸儲けというくらいもうかる。病気になれば祈るようにして薬をみんな飲んでいる。
人間の一番の弱点は病気だった。自分もここ四年くらい病気だったから苦しかった。病気でも介護しなければならなかったから苦しかった。誰も助けるものがいないで一人だったから苦しかった。
プログに書いたように南相馬市立病院に一か月入院して公立相馬総合病院に二週間入院した。
その苦労を書いてきた。そして一番なじみの薬がディオパンだった。これは他の人も一番飲んでいる薬なのである。何しろ老人は血圧が高いからこの薬を飲むのである。だから薬の会社としてはこの薬だけで相当な収入となる。データーの捏造でも効果がマスコミを通じて宣伝されていたから余計に売れたのである。


ここで問題になったことは会社と大学の研究所との連携で利益供与がなされていた。研究には今では多額の金がかかるから会社がかかわりそのために大学でもその金が欲しくて会社のデータ-捏造にかかわることがある。産学協同というのは今は普通にある。今は大学と会社は一体化しやすいのである。もともと科学は哲学からはじまり技術と実用とにはかかわらない理念の追求があり科学者というとき今の科学者とは違っていた。ニュ-トンでもキリストを信仰して神の摂理を科学を通じて解きあかそうとしたのである。実用とは何の関係もなかった。ただその理念の追求が重力の原理などとして宇宙開発に利用されたのである。科学と技術は実用とは別なものだったのである。

一般的には鉛から金への物質変成など「利殖」が目的とされるイメージが強い錬金術ではあるが、生命の根元たる「生命のエリクシール」を得ること、つまりは不老不死の達成こそが錬金術の究極の目的であった。


金を生むという意味から転じて、安い元手から高額の利益(この時点では金の意味はgoldからmoneyに転じている)を生むようなビジネスモデル・投資や、資金洗浄に利権を指して「錬金術」と称する場合がある
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8C%AC%E9%87%91%E8%A1%93


一方でprofessionとは


ある宗教または信仰を受け入れる確言
(affirmation of acceptance of some religion or faith)


a profession of Christianity キリスト教信仰の告白
ある信念または意見の公然の(真または偽の)言明


神との約束を受け入れ実行する誓約する」の意味だったという。ヨ-ロッパでは常にキリスト信仰の上に職業も科学もあった。だから神との誓約が何でも第一に置かれた。科学者もそうであり神の前に誓い不正を行わない、神の御意(みこころ)を実行するために職業があった。そこに極めてモラルが高いものとして職業もあった。資本主義もそうしたキリスト教のモラルから生まれたのであった。

そのモラルが欠如したとき実益第一主義になり社会は会社となり会社の利益第一主義がグロ-バル化したのである。神の前に誓うということが利益第一主義に暴走しないものとして社会を誓約していたのである。会社には利益第一主義しかなくモラルが欠けるから問題を起こす、でもそれを制御するもの、思想であれ哲学であれ宗教であれないのである。鉛から金に変える錬金術はあまりにも魅力的であり悪魔の誘惑でもあったから悪魔の言うなりになり世界はサタンのものになってしまったともなる。

●原発事故と同じ構造があった

interest1111.jpg


錬金術はなぜいかがわしいとされたのか?それは科学者ではないもちろん哲学者でもない、鉛を金に変えること利益を生み出す魔法とも考えられていた。科学が哲学から発しているように科学者は錬金術師でもないし技術者でもない、技術者は職人であり職人ギルドの中で培われた。現代の科学はかえってみんな錬金術になっている。そうされているともいえる。それはもともと病気は深刻だから信仰が仏教でもキリスト教でも病気を直すことからはじまったようにその切なる願いが要請されて錬金術師が生まれた。誰でも病気になればなんとか直したいとなりそれか切実なるが故にただ理念だけを追求する哲学科学では満足しないのが人間である。だから実用の技術と錬金術化するのは必然の流だったともなる。それが過度な要求となり大学も利益追求を第一とする会社と一体化して不正を働くようになった。現代は会社社会であり会社が社会になっているのだ。社会の一員より会社の一員として生きているのが現実である。となると会社員は会社組織に従属して会社の利益追求を第一とした戦士としてあり会社には逆らえないのである。それで大学にも研究員として送り込まれデーターの捏造が行われたのである。これがマスコミで宣伝されて病院でも当然信用されるから過剰に売れたとなる。
ここでもやはりその不正を審査するものはなかった。公的機関もないし誰もその研究データーを疑うものもなかったのである。マスコミなどただ金がもらえればいいというだけでありここも利益供与、宣伝費で成り立っているのだから会社から金が入らなければ成り立たないのである。

この構造は原発事故が起きた原因と一致している。東大を中心とした核の研究所も東電に買収されていたし科学者は御用学者となっていた。国も東電に買収されて保安院は原発の安全性など関知しなかった。ただ東電の命令のままに見過ごしていたのである。また原発の安全性を計る能力もなかったのである。現代の科学実用技術崇拝社会の危険性は常に会社の利益第一主義から起こりそれに歯止めをかけるものがいないことなのだ。東電のような何百億もマスコミに金を使ったり大学の研究所にもふんだんに金が使える、もちろん天下り先として検察までもとりこむことができる。そうした巨大な国家並の権力をもっていたのである。これはもう国家の中の国家となっていたからその権力を制御するものはいなくなっていたのである。だから安全神話までになっていた。コストカッタ-として清水社長がのしあがったのもそのためである。利益第一主義でありそれが社会を席巻して歯止めがきかなくなる。もう利益第一主義のために科学の危険な暴走もあえて行なっても見逃される。それをとめることができない、だからこそ安全神話は形成された。それはこの巨大な東電の権力によって形成されたのである。核技術も錬金術であり核を研究していた科学者が会社と国の権力と一体化したとき作られた。アメリカで戦争目的で科学者に核開発要請した。それでアイシュタインも核開発にたづさわり責任者だったとして批判されるようになった。科学が技術実用一辺倒になったときそれにはどめがかけられず長崎広島の原爆の惨事となった。それは過度に会社の利益第一主義と科学が結びついた結果だったのである。


●会社がグロ-バル化して国家も制御できない


現代の問題はあらゆるものがすべて利益第一主義になりかつての哲学や科学のもつ意味が失われた。科学者は国家の会社の巨大権力の一歯車と化して利益第一主義となり科学は技術は暴走してもとめることはできなかった。つまり利益を生むということは鉛を金に変えることでありその魅力があまりにも大きすぎたからその虜(とりこ)になってしまう。そこに大きな危険がひそんでいたことが見逃されるのだ。現代は利益だけが金だけが社会を動かす原理となっている。だからこそ会社が社会となり利益優先主義がグロ-バルにすすめられて環境破壊も起こる。会社がすでに国家より巨大化したのである。それを抑えるものは国家にもないグロ-バル企業として世界を支配するまでになっている。常にアメリカを支配しているのはロックフェラーだとロスチャイルドだとか言われるのはそのためである。会社のためにアメリカが動かされ世界は巨大な会社のために利益第一主義のためにある。そうなると環境破壊などとめられないのである。国家も会社の利益を推進させるためにもあるのだから国家でもとめられないからもうとめるものはいないのである。原発事故もそういう構造の中で起きてきた現代の文明の問題立ったのである。

医療にも過度の実用技術信仰が起きていて巨利を生むから原発と同じような問題が起きる。また病院でも利益第一主義にならざるをえない状況も生んでいる。すると会社の利益のために過剰に薬を供与したりすることが普通に行われている。これは公共事業でも同じ構造がある。ゼネコンのために会社のためにいらない道路が作られて税金が無駄使いされる。それもゼネコンから自民党に献金がありそのためにゼネコンに仕事を提供して票も獲得する。そうした利益見返りの政治が復活した。民主党のコンクリートから人と言う理念は悪いものではなかったのである。ではなぜ崩壊したのか?それは理念と現実の乖離だったのである。理念を実行しようとしても民主党には現実対応能力がなかったのである。政治力、行政能力がなかったのである。そのことは小沢一郎氏も指摘していた。政権を運営する能力が民主党にはないと言っていたことでもわかる。長年政治にたづさわっていたからそのことを経験から知っていたから言っていたのである。民主党は共産党だったのである。反対を言っていればいいだけの政党だったのである。現実に対応できる政党となっていなかったのである。
 
posted by 老鶯 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉医療-老人問題

2013年08月02日

カボチャの花(養蚕した兜造りの家が結構残っている)


カボチャの花(養蚕した兜造りの家が結構残っている)

kabuttukur44444.jpg
この家を近くで見たのが下の写真と絵にした写真である。
(六号線-八沢浦付近)

kabuttukur3333.jpg

kabuttukur3333paint2222.jpg

kabuttukur3333paintnew.jpg

kabuttukur2222.jpg
日立木へ入る道

kabuttukuri1111.jpg
ここには隣り合って二軒兜作りの家がある

yusannnn111.jpg
日立木の碑-字に注目

カボチャの花薪積む家や旧家かな
碑の埋もるカボチャの花や馬頭観世
蝉の音のひびきて暮れぬまちば橋
城跡や曇りてひびく蝉の声
 

雷のときに「くわばら、くわばら」というのも、雷神(火雷天神・菅原道真)に対してここはあなたの領地の桑原ですという意味があるという説もあります。
ちなみに京都には京都市左京区、中京区、丹南市、向日市に桑原とつく地名があるようです。
ともあれ、桑には雷が落ちないということから、雷神(天神)は桑(蚕の餌)には雷を落とさない→天神は蚕を守る、と関連づけることが出来るかと思われます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1287419592


これは知らなかったな、この碑は日立木にある。良く見ると養蚕をした家は結構相馬藩内でも残っている。これは全国的に残っているがこの辺でも残っていた。ただ良く見ていなかったのである。
養蚕は大正以後に絹製品が輸出製品となったので全国どこでも盛んであった。時代は新しいからまだ兜造りの家が残っている。

自分の子供のときも裏の畑は桑畑だった。桑原まではなっていなかった。麦畑と交じってあった。
京都でも桑原という地名があるのはそのためである。

ともかく養蚕した家を見ると何か生活感を濃厚に感じるし土着的なものを感じる。養蚕は桑が必要であり農業でもあった。そして地元で生産して工場も地元にあった。極めて土着的でありその土地と農家と工事が一体になっていたのだ。自分の母方の祖父が機織り工場を経営して失敗したのもそのためだった。


今は農家でも農家らしくない、写真にとったのは六号線沿いでありこれは今までわからなかった。
これはいかにも古い家であり何か絵になっている。生活感がにじみでている。いかにも農家らしい。これは新しくなると農家らしくなくなり普通の家になり区別がなくなる。
曲屋なども会津で見たが昔の家はやはりそれなりの生活の重みがあった。今は農家でも何か生活の重みが感じられないのだ。機械で農業していると何か田んぼでも畑でも工場のようにも見えてしまうのである。農村的田舎的風景があるとしたらそこに養蚕をしていたような生活があったからである。
そうした生活が風景も作っていたのである。風景は人間が作り出したものでもあった。松原もそうだった。そこに生活があって風景が作られていたのである。


今年の天気は変である。梅雨が長く寒いくらいだ。一方で西では三五度とか猛暑である。こういうのもめずらしい。夏は夏らしい気分を味わいたい、でも三五度になったらもう夏は嫌だとなる。
自分は暑さにも弱いから暑い所には住みたくない、浜通りのいい面は暑く寒くもないということだったのである。気候的にはいいところだった。

 


 

2013年08月03日

夏の夕(ようやく梅雨が明けたのか?)

 

夏の夕(ようやく梅雨が明けたのか?)

rououuuuu111222.jpg


外よりの人や飛び交う夏燕

月見草夕べ川面に波紋かな
声のみや老鶯見えず草葎
虻二つなお唸り飛ぶ夏の夕
虻二つ草茫々や夏陽没る


今日は梅雨あけたのか?今年は梅雨が長かった。空の感じでは梅雨があけたようだ。
この辺は外から来た人は実に多い、除染だ、工事関係だとか多い。だから前よりかなりにぎわっている。これだけ人が出入りしているのだから活気が出ているのだ。レストランとかは混んでいる。
だから時給1200円で募集しても人は来ない、これだけ新築の家が建っているのも何か活気を出している。家などたまに一軒二軒くらいしか建っていなかった。住宅地は整備して用意しても家など建たなかったのだ。空き地のままだった。それがどんどん宅地に建っている。
まずこれほどの変わりようを見るとは想像もできなかった。
あまりにも変化が大きかったから追いついていかないのだ。
人間の社会がこう変わるものだという驚きである。自然すら変わるとは思いも寄らなかったからだ。何か夕べにたくさんの燕が飛び交っている。それは外から来た人たちをイメージするのだ。


川には何か夕べ波紋が広がる。自然は水に調和している。青鷺がいた。何かようやく夏らしい。


夕風や水青鷺の脛をうつ 蕪村


これは俳句としては名作だった。今日も夕風がそよぎそこに青鷺がいた。それでこの句を思い出した。夏の夕暮れは気持ちがいい、ただ今年はなんなのだろうか?もうお盆も近いし秋になってしまう。
夏は相当に短いともなる。これから暑くなるのか?天気は毎年変わっている。

そろそろちょっと遠出をししてみたい、飯館の方に行ってみたい。
ただ毎日家のかたづけがまだ終わっていない、家を自分で改造している。模様替えしている。
ある程度できるのかもしれない、天井で張りつけるだけだったら模様替えできるかもしれない、棚なども簡単なのは作れるだろう。今は大工とか人手不足だから頼めないのだ。
家はすでに一千万とかでリホームしているしこれからまたリホームするけどそれは自分の力でする他ないのだ。なんか自分の家が古い旅館みたくなっている。一人二人なら泊めてもいいかもしれない。ただまだ改良が必要である。


草茫々とか草葎とかいうときこの辺は田んぼがないのだから草茫々であり草葎の景色である。草葎は河原であるが老鶯が鳴いている。姿は見えない。
虻二つが唸りなお飛んでいる。辺りは草茫々だからかえって野生の虻であれ活気づいたということがある。
この辺は原発事故があり津波の被害もあったが原発事故の被害には補償がある。相馬市になにもないから損だった。この辺でも精神的被害の補償として一人70万もらえるのか?
原発事故の補償は場所によってはもっともらえるから得である。
でも将来的にはそうした金を使い果たすとするとかなり困ってくるだろう。
土地は恒久的な収入源だけど金は一時期のものとしてしか財産の価値がないのである。
だから必ずこの辺は外からの人も入って来なくなったらもう夕張のようにさびれてしまうかもしれない、ただこの辺の得は沖縄のように被害者特権地域となったことなのである。

もうだから国にたかるというかせびるとかそういう特権意識が生まれてしまったのである。
こんなに補償もらえるんだということで不満がおさえられているのだ。
それでも他で土地を買ってすむとなると一億が必要かもしれない、それより土地が買えなくて家が建てられない人が多いのである。
まだまだこの辺は混乱がつづく・・・

 
 
 

2013年08月04日

たまちゃんへ (すみません、コメント見過ごしていました こっちからコメントできない不具合もあるようです)


すみません、コメント見過ごしていました

自分のコメントが表示されない不具合があるようです


「今日の一句、一首」の方は「相馬郷土史研究」と違ってコメントないですから見ていなかった
メールなど一か月とかみないこと自分にあります
ほとんど反応ないですから
でも数として相当数読まれいるみたいです
ブックマークが二つのプログで2000くらいになっています
だから常時ふたつ合わせて2000人くらい読んでいるのかとも思います
ただ詳しくは分析できないです


自分のつきあった人はあまりにも自分のしたことに無責任だった

借金したの見栄とか自分のせいだったのに
それが自分が病気になったことを良いことに
その弱さにつけこんで借金しようとする
自分に責任転嫁されました
やはり追いつめられているからそうなる
そういう人はもう犯罪者に近い
借金に追われている人は自分が悪くても
追いつめられているから責任転嫁して
他者がみんな悪いとなる


カルト宗教団体に入っている人はまず勝手ですよ
自分の責任なのに自分の責任は問わない
自分に責任があってもそのことは問わず
神仏に祈ればなんでも願いがかなえられると思う
だからこそあれだけ増えている
それだけせ無責任な人が多すぎるということです


まあ、自分は病気も回復したので楽になりました
病気になるとどうにもならない
神仏にも他者にも頼るようになってしまう
病気になったらどんな強い人も弱くなる
ただその病気につけこまれたのが一番辛かった
人の非情さを身をもってしりました

まあ、自分の場合はいい方向に向かっているみたいです
 
posted by 老鶯 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月05日

月見草(湿気の国、日本の文化)


月見草(湿気の国、日本の文化)

玄関に舞い去り消えぬ黒揚羽時折人来て雨しととふる
家の前花を飾りてしわれかな誰か見なむや雨しととふる
草深く今日も咲きにき月見草何を言わむや雨しととふる
この道に今日も隠微に日影蝶舞いつつ暮れぬ草深しかも
月見草草深く咲き日影蝶今日も舞いつつ夕日さし暮る
 


岩にしみいる雨

しとしとと石に雨ふる
しとしとしととしと
石にしみ入る雨水
石は動かず千歳の重み
石は苔むしもの寂び
徒言を言わず古りぬ
石は隠れて重みを増しぬ
しとしとしとと雨のふり
蝉時雨のここにひびき
その声の岩にしみ入りぬ
しとしとしとと湿り気の国
日本の石は皇(すめらぎ)の巌となりぬ

 


ヨーロッパの)牧場的風土ーーー理性の光が最もよく輝き、(日本の)モンスーン的風土はーーー感情的洗練が最もよく自覚される


モソスーン域においては、暑 さと結び付いた湿気すなわち 「湿潤が 自然の恵み を意
味す るか ら」[和辻,1979,p.30]で ある。 「暑熱 と湿気 との結合」のお かげ で植物 は豊 かに茂り、動物 たち も繁 栄す る
和辻 哲郎 著 『風 土』



日本は湿気の国だから畳になり湿気に対処する文化が生まれた。畳は湿気を吸う感じがする。湿気だから湿潤だから植物も草も繁茂する。繁茂する速度が早くなる。ヨ-ロッパでは雑草がなく牧草地帯になるから自ずから牧場になっている。イギリスなどは丘陵がゴルフ場になっている。自然がゴルフ場になっていたのだ。
うちしめりあやめぞかをる時鳥鳴くや五月の雨の夕暮


うちしめる・・これがなんとも日本的なのである。菖蒲は梅雨の時期に咲き湿りを象徴している。


故郷の墓地の細道土しめり猫の歩みて吾も歩むかな

この歌は斎藤茂吉のまねたけどその本歌がわからなくなった。ただ墓地の土が湿っているということがいかにも日本的だったのである。この湿りはまさに命に通じていた。魂に通じていた。墓が乾いていたらそこに命もない、霊魂もない、花だって土が湿っていないと咲かないからだ。でも日本の湿潤の風土ではそうでも世界でそうではない、別に墓は砂漠にも乾燥地帯にもあるからだ。だから世界では日本のように感じないのだ。ただ湿っていることが外国でも同じ様な意味になっているのがある。

この単語、元々は「体液」のことを表しました。humid (湿った)とか humidity (湿度)という単語がありますが、実は humor はこの humid や humidity と語源的につながりがあるのです


湿っていることがユーモアになっている。ドライが乾いているがその反対語でありドライになるということは何か割り切ったものとして冷たいものともなる。日本には乾いたが別に英語のようにドライという意味にならない。英語はドライな風土に由来しているともなる。ただ英語の基がドイツ語だとするとドイツは霧深いからそうともいえない、英語の元がドイツ語でありドイツ語の元は印欧語とかなると乾いた土地から生まれた言葉につながっているからかもしれない、ドライということはやはり砂漠とかの乾いた風土から生まれた言葉なのである。その反対としてhumidがありhumorがありhumanがある。humanは人間湿った所から生まれたということでは共通しているのかもしれない、湿りは水であり生命の基であるからそうなる。人は湿りがなければ生きていけないのである。wetが湿っているだからやはり機知も湿りから発している。ただドライという感覚は日本人にはないのである。
割り切るというとき割れるであり乾いたではないからだ。


湿りというとき「静けさや岩にしみいる蝉の声」この芭蕉の句が生まれたのは極めて日本的風土からだった。まずしみ入るという言葉が他にはない言葉である。濡れた岩にじいじいと蝉の声がしみ入ってくる。滴ってくるというとか言葉もそうである。したたるという言葉も他の言葉にはなく訳せないのである。ただこの句ができたのは沈黙の世界の江戸時代だったからである。江戸時代の文化は鎖国により閉鎖された結果として日本的感性が特別磨かれた時代だったと解釈するのも一理ある。
純粋な日本文化が300年の間に醸成されたのである。だから江戸時代にしかこうした句は作れないから不朽のものとなっている。現代は喧噪騒音の時代だからこうした内面的深さにいたらないのである。


月見草なんかも何か雨とにあっている。日影蝶というのも何か田舎にあっている。毎日隠微に何羽か舞っているのだ。


ともかく今日も雨であり今も雨がふっている。梅雨の時期が今年は長がかった。梅雨から秋になるかとも思える。でもようやく夏らしい暑い日がやってくるらしい。夏がないのも淋しいとなるから30度くらいだったら夏もいい、ただ西のように35度になったりしたらもう住みたくなくなる。気候の変化に弱いので暑さすぎるのも寒すぎるのも嫌なのだ。だから福島県の浜通りは気候的にいい場所だったのである。

2013年08月07日

便利すぎる文明の不安と危険 (電気の貴重さは?燭や薪や炭のように実感できない)


便利すぎる文明の不安と危険

(電気の貴重さは蠟燭や薪や炭のように実感できない)


●社会が目に見えて把握された自給自足の時代


人々が着る衣服は大部分家庭においてつくられた。家族の者たちは通常、羊の毛を摘むことにも羊毛をくしけずりつむぐことにも機織りを使うことにもなれていた。ボタンを押して家中を電灯の光でみなぎらせるのではなく照明をうる全過程は動物を殺してその脂肪を精製することから蠟燭のシンをつくってこれをシンの中にひたして?燭をしあげるまで面倒な手順を逐一踏んで行われるものだった。
麦粉、材木、食料品、建築材料、家具から金属器物、針、ちょうつがい、金槌などの類までその供給は近くで行われそこがしばし隣近所の寄り合いの中心であった製作所で行われたのである。

知識を授けるための実物教育をどれだけやっても農場や庭園で実際に植物や動物とともに生活して世話するうちに農場や植物に通じるその呼吸にはとうてい代わりうべくもない・・・
(学校と社会-デュ-イ)


今なぜまともな人間形成ができないのか?デュ-イが学校を批判したことは当然だし今でもそうである。学校は人間教育の場ではない、学校という場は今では社会から切り離された場なのである。社会と結びついていない、知識だけを教える場所である。その学校を批判しても現代が世界的にも学校なしではありえない社会だから学校を廃止して別なものなど作り得ようがないのだ。

ただ人間は今の問題を考えるとき常に過去にさかのぼり過去からどういうふうに現在にいたったのか知る必要がある。するとこの指摘のように教育は自ずとその生活する場でなされていたのである。


●電信柱の時代


戦後十年くらいまでは燃料が炭であり江戸時代から自給自足の生活の延長だったのである。だから自分の子供時代の経験は貴重だった。電気は裸電球一つくらいで使っていない、なぜか自分の家では駄菓子屋をはじめてその前に電柱が一本あった。そこは舗装されていない、その電柱が不思議な存在感をもってよみがえってきた。なぜなら電柱というものがその当時今とは違って何か文明の象徴のようになっていたかもしれない、その電柱は木の電柱だっかたことも当時を偲ばせる。この電柱のあるところにベンチがあり子供が群れていた。キャンディなどを食べて群れていたのである。この電柱の思い出は水害のときこの電柱に流れたものが流木がぶつかり自分の家が流されずにすんだのである。
この時の家は平屋でありトタン屋根であった。ブリキ屋が近くにいたというのもそのためである。
賢治の童話の「月夜の電信柱」で電信柱が歩く話しがあるのはやはり電柱が何か今とは違って存在感があり人間的なものに見えたからかもしれない、


「ドッテテドッテテ、ドッテテド
 二本うで木の工兵隊
 六本うで木の竜騎兵
 ドッテテドッテテ、ドッテテド
 いちれつ一万五千人
 はりがねかたくむすびたり」


木の工兵隊、六本うで木の・・・ここで電柱が木であり電信柱が軍隊に見えたというときまさに文明が田舎の町に軍隊のように進出してくる様を描いている。まさに電気そのものが文明化するものだった。


はじめて電燈がついたころはみんながよく、電気会社では月に百石ぐらい油をつかうだろうかなんて云ったもんだ。


月に百石ぐらい油をつかうだろうかなんて云ったもんだ。つまり電気を起こすのにどれくらいの資源を使うのか当時の感覚で計算していた。百石と計算するのはまるで江戸時代の感覚が残っていたということである。電気もその頃人間的感覚でとらえようとしていたのである。
現代ではあらそるものが人間的感覚では計り得ない世界となっている。その規模も巨大であり電気を計るなどできない、特に原発になると全く素人には想像もできないアンタッチャブルな世界となっていたのである。


●人間的感覚でとらえられない世界の危険


現代の問題はデュ-イの言うように具体的な事物、存在から世界を把握できない、世界観を確立する場がないのだ。そして学校では非情に抽象的場としてあり現代文明を象徴した場所なのだ。そこで人間形成が行われない、むしろ村社会での場の方が人間形成しやすい、そこには確かに人間的などろどろしたものがあるがやはり人間的な場として社会を知り人間形成するのである。
学校ではやたら数字ばかりおいかける。理科系では数学でも物理でも化学でも数字が一番大事なのである。膨大な数字の世界として世界を認識する。それはまさに抽象的世界として世界を認識する。
それが最初の学問の場となっている。現代は極めてすべてが抽象的な世界であり人は数字化してとらえらているからまた学校も社会の一部だからそうなりやすい、数字的観念として社会をみるようになってしまう。

なぜ今の社会は人間形成されにくいのか?社会が見えないからである。社会での役割も認識できない、社会で自分がどういう役割を果たしているのか見えないのである。無数のパ-ツに細分化されているから労働もパートであり全体の役割を認識できないのである。そして今は自然にじかに接触して生活するより機械を通じて世界に接触する。これも抽象化をすすめる。機械を通じてみるものと現実の世界は違う。デジカメでも機械を通して新たに見えるものを作り出したことはあるが一方で機械を通じて見えるものと実際の人間の五感で感じ取るものとは違っている。人間でもインタ-ネットなどでは言葉だけのコミニケーションになると問題が生じる。生身の人間と接しないから誤解が生まれやすい。人間は生きた動物と牛でも馬でも接していればそこからじかに影響を受ける。機械とばかり接していれば人間も機械の性質を帯びてくる。機械社会は人間を機械としているというのもそのためである。だから老人は機械が苦手になるから社会から取り残されるということもある。抽象化している世界は老人にとって苦手なのである。認知症になると漢字を書けなくなるのもそのためである。文章を読めなくなるのも言葉が極めて抽象化されたものだからである。
現代が電気の時代というとき、電気がどうしてつくられるのか?それを知り得ることは普通はできない、


ボタンを押して家中を電灯の光でみなぎらせるのではなく照明をうる全過程は動物を殺してその脂肪を精製することから蠟燭のシンをつくってこれをシンの中にひたして


こんなふうにして照明が得られるということを感じることもできない、だから現代はあらゆる所で無駄が多すぎるのだ。照明をうるのにも動物が犠牲になるとすればさらに照明は貴重なものとなる。江戸時代の蠟燭もこれと同じ様に貴重だった。そういう感覚が現代から育ちようがないのだ。毎日大量のゴミをなげねばならない、ゴミの処理に追われている。電気もボタンを押せば使える、たから電気に対して貴重なものだという感覚が起こらない、魔法のように電気はボタンを押せば使えるという感覚になる。ところが実際は電気を作ることは途方もない労力と危険があったのだ。火力発電所にしても石油を手に入れるのに中東まで行って命懸けで得なければならないし原発でも一旦事故になれば国が滅びるほど危険なものだった。途方もない危険の中で電気がつくられていたのである。でもそれを認識する方法がなかった。現代は一個人など計り得ない世界で経済も動いている。


●数字化抽象化された文明社会の不安


原発はその象徴だったのである。放射能にしてもただ数字としてしか計測できない、これも極めて抽象化されたものであり人間的五感で感じえるものではない、ただ数字としてしか感じられないのだ。別に電気だけではない、あらゆるものが数字としてとらえられている。銀行に貯金している金でも実際は数字にすぎないという、だからいつかその数字はゼロとなっても不思議ではない、かえって米俵を蔵に積んでいるとか、何か物でもっている方が安心だともなる。

数字ほど頼りがないものはない、だから金持ちでも金だけもっている人は金持ちのように思えないだろう。土地をもって家をもって何か具体的な資産の方が金持ちなのである。昔の金持ちは山村でも山をもっていれば木材は資源であり売れるから金持ちなのである。そしてこの辺では補償金で金をもっていても土地が買えないと嘆いている。土地は高くなっているしそもそも土地は簡単に売らないから土地自体が手に入らないのである。そうしたらいくら金があっても金は役に立たない、価値がないとなるのだ。


昔の燃料だったら火をおこすのに大変な労力がかかった。薪であれ炭であれそうである。そしてその燃料の材料は近くの森であり山にあるから人間的感覚でとらえることができた。炭でも薪でも使うときは無駄にはしない、無駄にできないのが昔だったのである。山から薪をとるにも運ぶのにも燃やすのにもボタンを押してできるものではない、そこには人間の労力がかかっていることを肌で感じていた。前にも書いたけど人間でも自ら労働してみないと労働の価値を実感し得ないのである。汗水たらしてみないと労働の価値を実感しえない、家事でもそうである。今でも機械で便利になっても以前として人間の労力がかかり価値を生み出している。


電気は膨大な無駄が生じる。無駄をしても無駄を感じないのである。こうして文明がすべて人間的感覚から離れてゆくとき原発でもあるとき事故が起きてとりかえしのつかない事態になる。グロ-バルな影響すらある。世界が崩壊するという危機が起こる。誰も原子力発電の構造とか原理とか知り得ようがない、そしてある時突然事故が起こりメルトダウンして手のほどこしようがなくなり住むことさえできなくなってしまう。
便利すぎる文明は実は安価なものではなく安全なものではなく大きな危険がひそんでいた。それは世界を崩壊させるほどの危険でもあった。あまりにも便利なものを追求することは危険があった。
では江戸時代にもどれというのか?それはまた違った問題としてある。このように便利すぎる時代と過去を比べて現代を相対化する作業のなかで未来が模索され見えてくるものがある。

posted by 老鶯 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2013年08月08日

夏らしくなった(夏の花の短歌)


夏らしくなった(夏の花の短歌)


natugasumiiii111.jpg

 昔なれ市庭の名や夏霞
 草原の緑に山は夏霞


おのがじし睡蓮の花影写し乱れざるかな水のおもてに

睡蓮の花咲く池に川蝉のたまゆら見えて隠れ消えにき
鬼百合の命燃えむとなお咲きて隣に山百合匂い咲くかも
森の中山百合咲きて雷鳴りぬ雨しとどふり匂いけるかな
ほのかにもこの道の上に咲き残る合歓の花かな夕べ帰りぬ

のうぜんの花に朝蜂数匹の群れて蜜のありかを探しぬ

nouzennnn111.jpg


今日は夏霞だった。草原の向こうに山が確かに霞んでいた。草原の緑がいかにも夏らしい。田んぼとはまた違っているのだ。この風景はやはり北海道なのである。何度も書いたけど草原の感覚は今まで日常的に接することがない風景なのである。日本はどこにいっても田んぼの風景だからだ。ただ北海道だけが違っていたのだ。


塩崎には市庭と船着という地名が化石のように残っている。この地名はいつのものなのか?あそこまで現実に船がきていたのだから船着になったのだ。今回の津波でわかったように六号線まで烏崎の船が流れてきたのには驚いた。線路くぐって塩崎まで本当に津波が来たのだ。だからもともとあそこは海だったのである。でもその時代は平安時代説かなくのか?奈良時代にすでにその地名があったのか?真野の草原と関係あるのかとなると不明である。ただ市庭ということはそこに市が開かれて物資の交換などが行われたのか?ではどんな物資が集められたのか?そういうことは全く不明であり想像もつかないものとなっている。


いつもの川子の森を行き睡蓮の咲く池を見ると池にちらっと翡翠が見えて消えた。ええ、あんな所にもくるのかと思った。翡翠は平地でも結構見れる。餌のあるところにはくる。あれはまさに宝石である。


合歓の花はすでに散ったがかすかに残った花が咲いている。淡い恋の終わりのように咲いている。
人間も肉体的に執拗に交わるのがいいとはならない,淡い恋というのも恋なのかもしれない、おそらく恋というのは別に男女関係には限らない。何かほのかものとして残るものである。
恋というのは肌にもふれず見ただけの恋だってある。


合歓の花その微笑浮かぶ夕べかな


微笑みだけ心に浮かぶ消える、そういうものもいいのかもしれない、これは若いときはそうならない、これは別に相手がいなくてもこういうことはありうる。特定の相手がいるのではなく女性的なものがそもそも花だからである。

自分のテ-マはとにかく花である。だから花の詩を百篇くらい書いた。

合歓の花なお咲けるかな
その女(ヒト)の微笑み浮かび
夕べ帰りぬ


これは啄木調になる。いづれにしろ恋の季節はとっくにすぎた。ただ人間は女性的なものに肉体だけではない心も憧れている。男にないものが女性にあるから男にはもてないものが女性にあるかちら憧れるのである。


なべて移ろいゆくものは
ただ仮象に過ぎない。
足りず、及び得ないことが
ここに現実となり
言い表わしがたいことが
ここに成し遂げられた。
永遠にして女性的なるものが
われらを高みへと導いてゆく。

ゲ-テ


花はすべて何かの象徴である。精神の象徴である。花だけでなく万物は精神の象徴としてありうつろいゆくのである。女性というときそれも精神の象徴なのである。女性は柔和なものが形となったものともいえる。だから柔和なものが天国にあるだろうというときそれを示しているのだ。

言い表わしがたいことが
ここに成し遂げられた

言い表わしがたいことが言い表せる、表現できることができるようになった。自然は奥深いものでありこれくに通じるには簡単にはできないのである。
これは芸術として成し遂げられたということである。だからまだ発表していないが花の詩を百篇書いたというときそうだった。


自分は何か女性的なのである。男性的な面に欠けている。だから花と共感する。ただ詩人はあらゆる自然と共感することが男性的な要素なくして芸術は創造できない、ただそうした男性的なものと女性的なものが調和してもっている人は少ないだろう。ただ男性において老人になると性差がなくなり両性具有化してくるというのも不思議なことかもしれない、男性的なものと女性的なものが一人の人間にあることが理想的なのである。そもそももともと人間の体は一つだったのだから精神においてもそうなれば理想的だとなる。


 

2013年08月11日

お盆の赤い月 (六〇代で十年老けること病気することは致命的になる)


お盆の赤い月

(六〇代で十年老けること病気することは致命的になる)


redmoonnn111.jpg

百輪ののうぜん燃え尽き散りにけり
帰省するお盆の夜や赤い月
遠雷や真夏の夜に光る星
 

三日月の赤い月がでていた。珍しい月なのか、何しろ昨日は福島県浜通りでも33度越えて35度にもなっていた。33度越えると普通の活動ができなくなる。それでクーラーある部屋で昨日は寝ていた。
今年は冷夏だと思っていた。雨の日が長く寒いくらいだったからだ。今になって急に暑くなった。
33度越えると人間は活動不可能になる。

今日は32度くらいだから普通に活動した。32度と33度の差が大きく感じるのだ。32度までは外を自転車で走れるけど32度こえると活動できなくなる。外に出たくなくなる。特に日ざしをあびると苦しくなる。今日は32度までだから外に何度も出た。
夜になると三日月の赤い月がでていた。これも何か暑さを象徴しているのか?この辺は35度の峠は昨日でのりこえた。30度くらいだと普通に活動できる。

自分は相当に体が動きやすくなった。カーテルとか入れていたら本当は身体障害者だった。身体障害者になるということは辛かった。でも外から見るから限りわからないから苦しいと他人は見ないのである。


人間は病気になった人と病気にならない人との差は60代でででくる。これはまちがいない。酒飲んでタバコ吸うと60代で10年老ける。最近あった63才の女性は73才くらいにしか見えない,顔に皺がより皮膚も老化している。タバコを吸い酒も飲んでいた。テレビに写った66才の老人も膵臓を悪くしていたから老けてしまった。60代になり悪い病気になると10年はふける。今わかったことはこの十年ふけるということが実は恐ろしいのである。


60代で10年若いということはこれはすごく大事なことがわかった。なぜなら60から普通に活動できることはかなり貴重なことになるからだ。末期の目というように何でも体験したり見ることがこれが最後だとなると見方も今までとは違ってくる。自分も実際にこの六年間旅していない,介護と自分の病気などで追われ続けた。そして身体障害者となったとき本当に旅できない、もう家から近くしかいけないと本当に思っていた。それが今はカーテルを管をとっているから普通の体にもどったのである。だから登山でも旅行でも普通にできる体にもどったのである。体も動きやすいし普通に活動できるのである。


60代からの十年くらいは人生最後の貴重な時間である。だからこの時病気になると最悪なのである。へたすると死んでいる人もかなりいる。だからここで十年くらい若いということが非常に大事であり一〇年ふけてしまうことは実際は十年寿命が縮むと同じなのである。同級生でも一〇年ふけてしまっている人がいる。そういう人は七五才くらいに見えてしまうのである。


ではこの若さを保つにはどうするか?それはまず酒を飲まない、タバコを吸わない、これは守らねばならない、もちろんタバコ吸っていたから酒を飲んでいたからみんなふけるとはならない。それは例外的体質なのかもしれない、平均的にそうなりやすいことは確かなのである。
テレビにでた人はおそらく仕事関係で酒を飲みんだりしていて膵臓に負担がかかったのかもしれない、肉なども食べすぎとると消化するのに負担がかかり長い間に臓器が疲労して病気になりやすいのである。臓器にあまり負担をかける生活が寿命を縮めるのだ。

若い人は老化するというか老人になることの恐さを知らないのである。だから暴飲暴食もする。しかしそういう生活が積もり積もって六〇代に体に必ずでてくるのだ。その時後悔してももうすでに時遅しとなるのだ。一〇年若く保てるか保てないかは人生にとってかなり重大なことになってくる。

最後の十年は相当に貴重な時間であり病気になったらその時間を活かせなくなるからだ。
自分もそういう恐怖をここ六年間味わった。ただ今になり体が回復してこれならまた前のように同じに活動できると確信した。この健康の自信こそがすべてをのりきる基だった。六〇代で健康をそこなうと逆境は乗り越えることができなくなる。そういう危機に六年間さらされつづけたのである。


ともかく今日の暑さはくらいだと普通に活動できた。それでプログも書けとなる。今年はこの辺はクーラーを使わずにすむみたいだ。意外と早く秋になるかのかもしれない、すでにお盆だからもう秋が近いのである。でも今月の後半は夏らしい夏を味わいたいともなる。

2013年08月12日

墓とは死者とは何なのか(続編)

 
墓とは死者とは何なのか(続編)
墓のことで考察してきたけど墓がなにのかは死者が何なのかになるからわからないのである。


〇骨(屍-姓(かばね)が死者である

〇名前が死者である(戒名をふくめ)
〇死者はその土地の土と化す(土地のものとなる)
〇物語が死者の存在を示す
〇生者が死者があるとすれば死者もある


●骨は屍は姓となり特権利益財産と結びついていた


お盆だけど墓か何かがわかりにくいのは死者が何かなのかわからないからである。死者は骨だというときそれも昔から言われてきた。骨が屍-姓(かばねね)の起源であり意外といかなる姓に属するかが重要になる。苗字が違うと一族の関係にならないということもある。この骨が屍が姓が重要視されるのはその姓を引き継ぐことは武士だったら家名を引き継ぐことでありそれには俸祿が与えられ特権が付与されていた。骨を大事にして一つの姓に属することは古代から何かしらの利権、特権が付与されていたためである。だから骨から生じた姓でももし何かしらの特権が付与されたものでないのなら引き継いでも何も利益が得られないということで引き継ぐこともしないだろう。平家源氏を名乗るのは平家一門であり源氏一門であるという身分を得ることだったのである。


それは自分の家で実の兄ではないが20数年前に交通事故で死んだ。その墓が実家にあり名前も刻まれている。でも兄には娘がいるからその娘が骨をもってゆくという、それが筋だからというのもわかる。でもその娘は自活していないし問題があり金もない、交通事故のとき保険金がおりたがそれももうない、20数年すぎて何もなくなっていたのである。残ったのは骨と実家もない墓だけだったのである。そこから得るものは骨しかなくなっていた。でも交通費もいつも自分の家で払っていたし業者に頼んで墓の中をみてもらう金すらないのだ。そこには何ら財産権も特権もない、骨と消失した実家の墓だけがある。そういうものを引き継いでも何ら得がない、特権も利益もない、そしてその骨を東京にもってゆくにしてもその金すらないのである。となるとそういう骨が父親の骨でも何の利益もないならかえって金がかかりかかわらないという人もでてくる。息子でも娘でも同じである。みんながそうでないにしろ故人が財産と結びつくときなお故人も重要視されることがありそれは財産のためである。その人自身を供養するのとはまた違っている。


現実に兄が交通事故で死んだとき大きな保険金がおりることでもめた。それは死者を思うということよりその金のためにもめたのである。死者もまた金のために利用されるだけだとなる。心から供養するということとは違ったものとなるのだ。財産が関与するともう死者の供養とかどうでもよくなる。それが欲で争うこの世の実体でもある。


●死者の問題は実は生者の問題だった


名前が死者であるというとき最後に残るのは墓石と名前だけだとなる。墓石が消失しても名前だけが残っているのはいくらでもある。それは歴史的な人物だから残っている。そして墓に骨が入っていても名前がないものがあった。それは名前を刻むのに六万とかかかるからその金がないので刻まない、ただそれ以上に名前を刻み供養する心もないともいえる。

今回の津波でまだ行方不明の人が2000人以上いる。死体が見つからない、骨がない、それで骨がない墓がある。まだ死んだと確定されないから墓があっても虚しいとか言っていた。骨が入らない墓が墓なのかとなる。でももう死体は見つからないのだから死んだものとして骨は入らなくても名前だけ刻んで死んだものとして供養することになるだろう。


結局墓とは何のなのか死者とは何なのかなのである。骨に死者があるのか?名前に死者があるのか?
田舎だと死者は土に帰り故郷の土となる。死者は祖霊となり山に葬られ山に眠り村の守り神になる。そういうのも死者とは何かを伝える日本独特の文化である。死んだら千の風となるというのも死者が一体何なのかわからないからそうなっているのだ。骨に本当に死者が宿りつづけるのかというのも疑問である。骨だっていつかは消えてしまう、灰となり土となり消える運命にある。


結局死者とは何かというときそれは死者の問題ではない生者の問題である。死者は何かできるのか?何もできない、確かに祟りがあるということが言われるけど現実としてそれもわからない。死者は永遠に沈黙しているのだ。死者は何も主張できない、主張するのは生きている人間である。死者をめぐっても争うとき生者が争っているのであり死者はどちらの味方でもない、味方につけないのである。例えば靖国参拝でもめるのは死者に対しての生者の態度が別れているからである。戦争で死んだ人は国の御霊になるということで祀られている。一方で左翼は戦争で死んだ人でもあたかも犯罪者のようるな扱いになると両極端でもめることになる。生者の都合でも死者の行方も決まるのである。死者は何も主張できないし権力もないからである。


●死者は生者がそこにいると思えばいる


そして奇妙なのは死者がそこにいると思えば死者がそこにいる。生者がそこにいると思えば死者はいる。実際なぜ墓参りするのか?そこに死者がいると思っているから墓参りしている。当たり前の事実だけど墓にすでに骨はなく土になっているのも多い。だから本当に墓に死者がいるのかとなるとわかないのである。ただ死者がいると思っているから墓参りしている。生者でも死者がいると思えばそこにいることになるのだ。だから津波の被害で死んだ人でも骨がなくても名前を刻み死者いるとして墓参りすれば死者はいることになるのだ。現実に骨をもってゆくからと言われたとき骨をもってったら死者も墓からいなくなるのかというとそれもわからないのである。骨に死者がいると思っているからそうなるのであり別に生者がまだ死者はそこにいると思えば死者はいるのである。


生者の思いによって死者がいるかどうか決められているのだ。いつまでも死者を忘れない人がいるとすれば死者は常にその人ともにいることになるのだ。でも実の親でも迷惑ばかりかけたとか問題があれば親でも供養しない人だっている。だからいつまでも死者でも思われる人は生きているのである。
現実に死者がみんないて欲しいと思うわけではない、肉親でもそうでさんざん迷惑をかけた親ならいてもらえたくないとなる。その人は死んでもいてもらいたくないとなるから実質は死者はいなくなる。夫婦でもすでに一緒の墓に入りたくないとなればそうである。どちらかが死んでもいてもらいたくないとなるし供養もしないとなれば死者はいないのである。


だから死者は物体化したものではない、墓でもない、骨でもない、名前でもない、生きている人がそこにいると思うとき死者はいるのだ。靖国でも死者がいると思えばいるしいないと思えばいない、ただ無数の名前だげがあるのであり骨とかそうしたものはすでにない、ただ国の御霊として国民かあるとすればあるないとすればないのである。国民の心が二つに分かれているからあるともないともいえないのである。そのことを誰が決めるのかというと生きている今の国民なのである。死者がいくら靖国で会おう靖国で祀られようと言って死んでも生者がそうみなければそうはならない、死者にはすでに主張できない、権力もないからである。

posted by 老鶯 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉医療-老人問題

2013年08月13日

津波の跡の沼に沢瀉(おもだか)が咲く (津波の跡の不思議なの風景)


津波の跡の沼に沢瀉(おもだか)が咲く

(津波の跡の不思議なの風景)

shichinuma111.jpg
向こうの杜は御刀神社

omodakaaa111.jpg

omodakamizu1.jpg


津波跡残る社に蝉の声

夕蝉や残る社に家二軒
トオスミの朝に交わる沼地かな

沢瀉やトンボの羽音生まる沼


津波跡沼の生まれて沢瀉の咲きて昔の謂われを思ふ


オモダカは、池や沢などに自生する水草で。愛らしい花が咲く。その昔、この植物を「勝ち草」といって、 戦いに勝つことにかけていたという。葉の形が矢ジリに似ている、また、沢瀉威の鎧ということばもあって、「攻めても、守ってもよい」ということから勝ち草とよんだというオモダカは、池や沢などに自生する水草で。愛らしい花が咲く。その昔、この植物を「勝ち草」といって、 戦いに勝つことにかけていたという。葉の形が矢ジリに似ている、また、沢瀉威の鎧ということばもあって、「攻めても、守ってもよい」ということから勝ち草とよんだという


この紋をもっとも広めたのは水野氏だろう。水野氏は清和源氏の後胤で尾張に住み、小川氏といった。その後領地が変わって水野氏を称したが、ずっと沢瀉紋を用いている。小川も水野も水草に縁のある苗字ではある



前にも烏崎の津波の跡に水葵と沢瀉(おもだか)がセットで咲いていた写真を出した。湿地化するとこの花が必ず咲くみたいだ。種が地中深くあったのか不思議である。朝に見たこの風景も実に不思議である。鷺が五六羽は群れていたのもめずらしい。一羽くらいは見かけた。やはり湿地化すると水生生物が棲むようになり餌になるものがでてくる。必ずトンボが増えてくる。こうした湿地は水がありトンボが繁殖するのに向いているのだ。


沢瀉は別に珍しいものではなく湿地が多かった日本には普通に見かけるから武将の紋にもなった。
でもこれが勝ち草などという発想が今なら絶対にでてこない、そもそも植物を花を武将の紋にすることがそぐわない面がある。ただ紋だから一家の紋としては別にかまわない。殺し合いの生臭いものにこの可憐な花が勝ち草などとするのは無粋だとなる。でも戦国時代の感覚は違っている。何でも戦いをイメージするようになっていたからそうなった。ただ水野はまさに水辺に咲く花だから沢瀉の紋がふさわしいとなる。この紋がもともと野馬追いの旗印の起源だから家紋を調べれば旗印の起源にゆきつく。


それにしても不思議な風景である。御刀神社の杜がありあの杜は古い。古代にさかのぼる。江戸時代の前にあの神社があったということになる。海老とか烏崎には江戸時代の神社はあっても古代のものはない、あそこの杜も津波の被害を受けた。古代はあそこまで海か湿地帯だったのだろう。
塩崎の船着とか市庭も古代のものである。神社や地名は歴史の形見として残されたものだった。
あの御刀神社に蝉が鳴いているのもなんとも不思議である。蝉の声は夕方に聞いた。社が残りわずかに家が残り蝉が鳴いている。何か今までとは違う情緒が津波跡に原発事故で生まれた。
あの杜を境にして海よりの家は消失した。社が残り家が残り蝉の声を聞く、しかし家がなくなったらまた別の感じになる。


今年は全国的に暑い、炎暑である。避暑地として沖縄がいいというくらいだからどれほどの暑さかわかる。自分はつくづく暑さにも寒さにも弱いから気候が悪いところには住みたくない、住む条件として意外と気候が大事なのである。福島県でも中通りら会津になる盆地になり暑いから嫌なのだ。
浜通りは海から風が吹くから普通はそんなに暑くならないのだ。阿武隈高原を越えると蒸し風呂のようになっている。それは自転車で海の方に阿武隈高原を越えた時感じた。海の方から涼しい風が吹いてきてほっとしたのだ。こういう経験は車ではできない、だから車の旅は自然を感じるのには向いていないのだ。風を感じることが旅にもなるからだ。現代はまず風など感じない、車であれ電車であれ飛行機であれ風を感じない、だから便利でもロマンを感じないのである。帆船などは風を感じるからロマンを感じる。鳥でも蝶でも風にのって飛んでいるから気持ちいいのである。


浜通りは退職世代の田舎暮らしには原発事故では向かなくなったが気候的にはいい、今年は33度になったのは一回であり32度までしかならない、だから二階は暑いのだがプログも書けている。32度と33度の差が大きいのである。だから34度35度になると人間の活動が停滞する。熱中症で死者もでてくる。41度となるとも想像を絶する。逃げ出したくなるだろう。今年はこの辺は気候的には楽である。
浜通りは避暑地としてふさわいしのである。東京からも近いから余計にそうなる。これだけ暑いと気候的にいいとして避暑地として見直されるかもしれない、気候もこれだけ変わるとやはり社会まで変えてしまうこともある。天変地異が社会まで変えてしまうのである。

人間の住みよい場所の条件としていろいろあってもその土地の人間がどんな人たちかというのもある。小高の人はいい人が多く鹿島は悪いというのは本当かもしれない、土地によって人間が相当に違うがこれは長く住んでみないとわからないだろう。ただ住みよい場所として気候が大きなウェイトをしめる。福島県でも福島市や会津でも住みたくない、夏は暑いし会津は冬は雪に閉ざされる。そしたら自転車で買い物もできない。生活すらできなくなる。避難して浜通りにもどりたいというのはそうした気候が影響しているのである。