2013年06月14日

睡蓮と鯉


睡蓮と鯉


koitohasu.jpg
クリック拡大

ぽっかりと口あき浮くや鯉三匹
睡蓮や鯉あどけなく顔だしぬ
睡蓮や鯉三匹浮き顔だしぬ


ゆうたりと鯉の泳げる優雅さや睡蓮咲きて波紋広がる

この池に睡蓮咲きてその岸に木陰のなして訪う人もなし
ゆうたりと三匹の鯉の泳ぎつつ急がざるかな睡蓮の咲く
赤と白睡蓮の影池写り夢心地かな調和し咲きぬ

夏菊の白より黄色に変わり咲く原町に来てまた帰るかな

natugikuuuuu12312.jpg

natygikuuu123.jpg


あそこの池にまた行った。睡蓮が咲き鯉がゆうたりと泳いでいて顔を出している。それがなんともあどけなくてんやされた。鯉は決して急いで泳いだりしないその泳ぎ方が何とも優雅なのである。それはまさに自然と調和しているからなんともいえぬ美を作り出す、水と調和して花に調和して回りの自然と一体となるのが自然の生き物なのである。人間は唯一自然と調和しない生物なのである。その点で人間は動物にも劣っているとなる。この池にいるとき脱世間になりここが天国のように思えた。

自分がここ6年間はまさに地獄だった。会ったのは地獄の人間だった。ただ苦しめられただけである。これほど人間は非情なのかとか悲惨だった。だから確かに津浪で無惨に死んだ人が多数いたけどこうした人間の残酷な非情さがありそのために神が怒ったとも思えたのである。勝手な見方にしろ何か人間は本当に金ばかりもとめて非情になってしまったのである。そういう人間界に対して無垢なる自然が怒ったということもあるかもしれないのだ。


原町というといつも不思議に思うのは相馬市と比べて感じが違う、自然まで感じが違ってくる。何か明るい新しい感覚がある。街の形成にはやはり歴史がかかわっていてそれが雰囲気を作り出している。原町はいち早く近代化した街だからそういうモダンな感覚の街になるのだ。相馬市はお掘りと石垣くらいしか残っていないにしろやはり城下町なのである。だからなにかしんみりとした古風な感覚になる。この相違は長く住んでいないとわからないだろう。千年の都、京都ならそれは外から来てもわかるがこんな小さな街ではわからないのである。ただ他の小さな街でもその特徴が一回くらい行ってもわからないだろう。やはり時間で積み重ねられた歴史がわからないのである。外国旅行になると特に歴史が長いからわからなくなるのだ。


睡蓮の赤と白のように夢心地に咲きたい、そういうふうに夢心地に咲いていることも人間にはないだろう。恋愛でもたちまち色あせて生活の垢がこびりつき争いとなり離婚が三分の一となる。つまり男女の仲も夢心地だったのはほんのわずかな時間だったのである。すべてが人間はたちまち色あせて汚れてゆく、今は金に汚れるのが一番多い、頭なのかが金、金、金、・・・しかなくなる。
人を見たら泥棒と思えは変わらなかったし今は人を見たら金と思えしかない、こいつからいくら金とれるのだとかしか頭にない、この辺もただ結局最初から原発の金をめぐってはじまり今も補償金でもめている。これも金、金、金だったのである。地獄まで金を追い求めているのが人間である。いお前もそうじゃないかとなるがある面ではそうである。でも年になると金より別なものが価値帯びてくる。普通に食べて着て住まいがあるならそれほど他に求めるものはなくなる。一番欲しいのは何かとなると信頼する人だったりものを見る目だったり時間だったりする。それらは不思議に金では買えないものだったのである。金を求めたが人生の最後になると金で買えないものが貴重になる。だからかえって金だけを求めたものが間違ったともなるのだ。

「古池や蛙飛び込む水の音」の意味するもの(続編)


「古池や蛙飛び込む水の音」の意味するもの(続編)

 An old quiet pond‥
      A frog junps into the pond, Splash! Silence again.


この英訳は雰囲気を現すのに成功している。俳句を英語化してももつまらないものになる。
これが何が詩になっているのかもわからなくなる。あまりにも短いせいもある。
ただA frog ではない、one frogだということが実感としてわかった。


 今日例の溜池を通ると睡蓮の葉にのっていた蛙が逃げて飛び込んだ。その時その音だけが辺りにして静まり返った。この音は「古池や蛙飛び込む水の音-芭蕉」なのかと思った。これは一匹の蛙だった。蛙は睡蓮の葉にのり誰も見ていない、ただ睡蓮の花の開くのをみていた。

ともかく今日聞いた蛙が飛び込む音は一匹の蛙だった。何匹かの蛙という人もいるが一匹の蛙の音が飛び込んだあとも余韻として残ったから一匹なのがふさわしいだろう。そこにいる生き物の気配はなかったが蛙が飛び込んだことにより蛙がいることを知ったのである。あとは森閑として何も聞こえない池だった。その池は実際はあまりいい池ではない、自然のものではない、ただそこを毎日のように通るからよるのである。人間は関心をもつのはやはり日常的にかかわるところなのだ。遠くの世界はいいとしても忘れやすいのである。古池をdark old pondと訳しているのもあった。やはり古いとあり何か暗く淀んだ感じの池にもにあっていた。透き通ったきれいな水ではない、ただ池は濁ったのが多いからそうなる。
その池には藤の花がさわに咲きその影を写していた。今は睡蓮が咲いている。


藤の花影を写して古池に睡蓮開く季(とき)は移りぬ

古池に睡蓮の影写りつつ葉にのる蛙動かざるかな

fujihanaaa1112222.jpg


睡蓮と蛙と菖蒲(梅雨の俳句)
http://musubu.sblo.jp/article/69078752.html


つまり芭蕉は耳の詩人ともいわれ音にこだわった。なぜこれほど音にこだわったのか?それはとりもなおさず江戸時代の沈黙の世界だったからこそ音が深い意味をもっていたのである。「静けさや岩にしみいる蝉の声」こういう俳句もなかなか今では作れないだろう。何か常に騒がしい気分になっているのが現代である。なんらか音をシャットアウトする空間を作り出さないとそうした深い沈黙に反響する音は聞こえなくなったのである。


落葉してとおくなりけり臼の音(蕪村)


これは芭蕉ではないが江戸時代は物音することでそこに生活するもののを感じた。そういう微妙な音だけで生活を感じた。それはとりもなおさず辺りが沈黙の世界だったからである。現代のような絶えざる車の騒音洪水にさらされたらこうした感覚は消失する。現代はどこかで工事していて騒音がたえない世界である。どうしても機械は音がでるし機械の時代は騒音の世界になる。
それでも戦前でも山頭火が

音はしぐれか


などで音にこだわっていた時代がまだあった。日本人の感覚は虫の声に聞き入るように音に敏感だった。

元々、去来が作った俳句は、
『 山吹(やまぶき)や 蛙飛び込む 水の音 』 というものです。

山吹を古池に変えたのが芭蕉だった。俳句にはこうして連句となる、座の文化でもあった。 山吹と古池ではあまりにも変わりすぎていた。


古池や蛙飛びこむ水の音

蛙消え余韻深まる水の音


とか自作でもできる。蛙消えて音だけが残っていることが余韻を深めているのだ。それは人が死んだということにも通じる。人が死んではじめてその人のことがわかり余韻を深めるともなる。俳句はその人の観賞しだいで価値が決まるというのも本当である。作る人よりどれだけ読みを深くするか観賞できるかで俳句の価値は決まる。その作った本人にもわからない価値を見いだすこともある。
それだけ短いからそうなっているのだ。


この句がなぜこれほど関心があるのか?自分の観賞の文がこれほど読まれるのか?それはこの句が俳句を象徴した句であるからだ。この短い句に天地の静寂をよみとったのである。天地の静寂に蛙という一つの命の音の波紋が深い余韻となって心に残される。そういう深い沖の余韻は江戸時代には普通にあったからこそ読まれた句でもあった。


鐘の音や千年の都春の暮

京を去り鐘の音残る春深し


鐘の音で千年の都を象徴することもある。そもそも京都は寺が多いし歴史的にも僧侶の勢力によって支配されていた。それで信長が僧侶を敵と見なし殺したのはやはりそれだけ権力化していたからである。僧侶はすでに権力集団だったからである。権力集団であることはあらゆる権力が僧侶に寺に集中していたとなる。職人でも寺に雇われて繁栄していた。だから信長の安土城の瓦を作るのに観音寺を滅ぼしてその瓦を使った。観音寺は寺であっても立派な城だったのである。その城をまねて安土城を建てたという。 だからこそ京都を集約すると鐘の音にもなる。京都の鐘の音には千年の都の歴史の音になるから他で聴くのとは違ったものとなる。音にも歴史的にもそうだし自然的にも何か深い意味がこめられている。ただ蛙とびこむ水の音は極めて俳句的であり斬新であり新しい音の意味の発見だったのである。