2013年06月06日

抽象画(夏の花-つばめ)


抽象画(夏の花-つばめ)


natu2323.jpg

夏の花


abnatuuu111.jpg

夏の宮殿

swalowwwabbb111.jpg

つばめ

これも不思議である。つばめを抽象化するというか
別な形にするとこうも見える

これもただ偶然だったのである。
あれこんなふうになったな、つばめに見えるなとなった

パソコンの抽象画は何になるか予想つかないのである
だからこれは何だろうとわからないものがでてくる

でもこれは明らかにつばめに見えるから不思議なのである

ベ-シックインカムの悪い例が原発事故周辺の市町村 (補償金で誰も働かず市町村は衰退、荒廃、消滅?)


ベ-シックインカムの悪い例が原発事故周辺の市町村

(補償金で誰も働かず市町村は衰退、荒廃、消滅?)


●働くことはとは何であったのか?


そもそも人間が生まれてから働くことははじまった。その時働くことの意義は何だとか考える人もいないだろう。働かねば食えないのだから働くことが強いられていたのである。ギリシャで余暇が生まれたのも奴隷が日常の仕事をしていたからでありそこから余暇からスコ-レ(スク-ル)が生まれた。
余暇が文化を生み出した。哲学や様々な学問も生まれたのも余暇があってこそである。でもその余暇は奴隷がいて余暇がありえたのである。そこに矛盾があった。その後も何か学問や芸術や文化の発展は誰かが下働きするものがいて成り立っていた。裕福な家でも下働きの人がいないと成り立たない、それは奴隷的労働だったともなる。ただそうした裕福な家から天才とか学芸に秀でたものが生まれた。毎日下働きばかりさせられていたら学問や芸術やその他の文化的なことはできない、現在自分はある程度そうなっている。絶えず家事に介護に追われている。簡単な仕事でも結構時間をとられる。
だから前のように十分な時間がないからいろいろなことができない、介護でも寝たきりになったらポ-タブルトイレの始末するだけで時間がとられる。つまり下働きが多くなっていたのである。
現代は下働きを機械が代わりにするようになった。それでもどんなにしたって全部を機械化はできない、それで仕事に追われてしまうのである。


働くことはそもそも何であったのか?日本語では働くは端を楽にするということである。家族とか非常に狭い範囲で生まれた言葉なのである。家族の一人が苦労しているからその子供が楽にしてやりたいということなどから生まれた言葉である。家族的労働の日頃から目に見える範囲で生まれた言葉である。今は地球の裏側から食糧でも入ってくるからその労働など見ることはできない、だから例えその労働が過酷でも身近なものとはならないのである。
家族の中でその人の労働の価値を認めるということであった。いまでもそういうことがある。
介護の場面でそういうことが一番出やすい、家族としてその労働の価値を認めるのである。家事でも子供にしてみればあとで大人になって自分のために苦労して家事してくれたんだなと思うときがありその家事の労働を認める。それが介護になったとき介護する意義になる。一つの恩返しである。
介護というのは家族だとその価値を見いだしやすい、家族でもいろいろあるがひどい親だったらめんどうみたくないということがある。でも一般的に家族だと世話になったとかなりその働くことの価値を見いだしやすいのである。特に親が苦労して育てくれたときはそうでありかえって金持ちは苦労もしないから親に恩情を感じないということがある。だから金持ちの親は高額な施設にあづけられるのである。子供も介護では苦労しないということになる。子は親の背中を見て育つというのはまさに介護の時に現れやすいのである。


ところが家族的労働だと他人になるとその価値を見いだしにくい、一体赤の他人の親の介護を下の世話までどうしてするのだろうという疑問になる。この親が自分に何をしてくれたのかとなると何もしてくれないからだ。だから金だけが動機になる。だからヘルパ-などでも手伝いさんでも家族の中に入った時一番危険なのである。昔だったら女中とかは嫁入り前の修行だとかあったが今はそんなもの全然ないし若い人はそんなところで働かなくても他に働くところがあるから働かない。他人の家の中で働く動機が全くない、金だけになる時最も危険なのである。現実にそういう人を知っている。
全く動機がないから家の中を荒し回り犯罪にあう、だからそうした動機のない人、金しか動機のない人ほど家にいれて働かすことは危険極まりない時代になった。アメリカでは手伝いさんを裸にして働かせたというけどそのことが突飛とも思えない、それほど危険だし信用できないからだ。
本当は働くことで動機がないほど危険なことはないし致命的なことがわかった。


●金しか動機がないなら働く必要なし、何かしら動機がないともう働かない時代


ベ-シックインカムのいいところは働きたくなければ働かなくてもいいことである。でもそうしたらみんな働かなくなるではないか?それはこの辺で実際に起きたことである。補償金をもらっているから毎日パチンコなどギャンブルであり東京まで競馬にも行っている。その人の言い分は今さえ良ければいいと言っていた。別に働く必要がないなら人間の悪しき面としてそうなる。要するにギャンブルが生きがいでありそれは補償金でまかなえる。だからベ-シックインカムの悪い行き着く先は原発周辺地帯で実際に具体的例として起きているのだ。
ではなぜ働かないのかという時根本的に働く動機がないことなのだ。金だけしか動機がない人は金があれば働かない、実際自分も流れ作業とか事務とかはしたくなかった。自分のあう仕事もないので仕事はしなかった。コンビニのアルバイトとかス-パ-のレジとか工場とかの流れ作業とか時給いくらかとか働きたくないのが普通だろう。


それが原発事故周辺では現実にそうなっている。人を募集しても来ない、補償金とかもらっていれば働く必要がないのだからそうした仕事もしない、時給がチェ-ンのレストランで1200円になっていた。それも昼間でそうである。そこでは支配人のような年配の男性がお膳を運んでいたのである。
この辺では募集しても人が集らない、そもそも働く動機がないのだから補償金がもらえば働かない、また高齢者も他より多くなった地域だから働かない、年金でももらえば働く余力があっても老人は働かない人が多いのだ。働くことがわずらわしくなるしそもそも動機がないのだから働かない。
犯罪でも一番大事なものは動機なのである。何かしらの動機があれば犯罪者として目星をつけやすい、動機がないと皆目見当つかなくなる場合がある。「神は心みている」というとき人間を見る場合、心が動機が一番大事なのである。金だけしか働く動機のない人は働く価値を見いだしていない人でありそういう人を働かせなくなくするのもベ-シックインカムの重要な役割になる。
そういう動機がない人が無理やり働くことは社会にとっていいものではないからだ。
そんな理想を言っていたら誰も働かずみんなギャンブルになりどうなってしまうのかともなる。
そのことがいままさに原発周辺地帯で具体的に起きているのだ。


●誰も働く価値を見いださない時、市町村は荒廃して消滅する


---働く価値を見いださない市町村は荒廃して消滅する-----

これはこの辺で具体的に起きている。ベ-シックインカムになったら働かなくてもいい、働きたくなければ働かなくてもいい、つまり働く価値が見いださなければ働かなくてもいい。
ベ-シックインカムをつきつめると具体的にはこうなる。働く価値が見いだせない市町村は消滅するということである。これは原発事故周辺で具体的に起きていることである。補償金で働かなくてもいい。働く動機もないからギャンブルに興じる、それを誰もとめることもできない、なぜか?


  働く価値を見いだせないから働かないのである
 
結果としてどうなるのか?原発事故周辺地帯では毎日パチンコでありギャンブルである。募集しても人は来ない、時給をあげてもこない、いたるところで働く人がいなくなりサ-ビスも受けられなくなる。病院でも看護師がたりない、医者がたりない、福祉では介護士がたりない、外部から今は応援されているがあと何年かで外部から応援には来ない、ギャンブルで助ける人が遊んでいるのに外部の人はもう助けるのも馬鹿らしくなるだろう。そして最後にどうなってゆくのか?
テレビでやっていたけどある限界集落で村のス-パ-がやっていけないと働く人がいなくなった。それで老人ばかりが取り残されそこに住む老人が無料で働きなんとかス-パ-を維持するようになっていた。その時働く意義というか価値というかそれはあまりにも歴然としている。
ス-パ-がないなら生活すらできない、どうしたらいいんだ、みんなで無料でも働かねばならないとなったのである。


原発事故周辺ではその前に働く人がいなくなりギャンブルする人ばかりで生活を支えて働く人がいなくなるのだ。極端化するとそうなる。ギャンブルばかりしているような市町村にはいたくないと出てゆく人も増えてくる。すると老人とかギャンブルだけをしている人たちしか残されない、誰も働かないなら遂にはその市町村は荒廃して消滅する。大内村ではもともと不便だったから郡山市で暮らせようになったら便利だから帰りたくないという、その大きな原因が補償金だったのである。
要するに大内村で暮らす価値を見いだせなくなったのである。何か大内村で暮らすメリットや価値があったのけどそれも便利な生活をしているうちに忘れられたのである。
つまり働くことの本質的な価値が原発事故でその市町村が問われたのである。
故郷を喪失することがどういうことかなどいろいろこの辺では問題が山積みでありいろいろな人間的課題が生まれたのである。


ベ-シックインカムは


働く価値が見いだせない時、市町村は荒廃して消滅する


市町村だけではない国すら消滅する、みんなギャンブル狂になったら当然そうなる。ということはいかに働く価値を見いだすかにかかっている。いかに働く価値が自ら見いだすことが大事になる。
それは本当に生きるか死ぬかの問題にもなる。それを見いだせなかったら市町村も国も消滅するからだ。その価値を見いだすことに命がかかってもくるのだ。

でもこのことは笑い事ではなくおおげさでもなく人間にとって一番大事なのは働くにしても動機なのである。この世でその働く動機を見いだせないものは消滅するしそれこそ生きる価値がないものとされる。ギャンブルだけをしているものはいくらベ-シックインカムでも許されないものとなるのだ。
つまり自ら生きる価値を働く価値を見いだせないものは死に価する社会なのである。


「最低の金はもらえんだから働かないよ」
「じゃなにをするの」
「毎日パチンコやギャンブルだよ」
「そういうふうに働く価値を見いだせない人は追放されるよ
ベ-シックインカムで補償するのはあなたの働く価値を見いだすことなんだよ」
「それがギャンブルでもいいじゃないか」
「そうしたら市町村は荒廃して消滅するよ、働くことの価値を見いだせない市町村は消滅する
誰も働かないところでギャンブルだけしている人が残りどうするんだ」
「そういうことになるのか?今が良ければいいんだよ、そんな先のことは考えないよ」
「この辺じゃもう働く人がいなくなるから生活できなくなるんだよ」


確かに何か必要かなど人間にとって働くことは多様であるべきだから強制できない、でも働く意義は価値は家族労働でもいいから自ら見いださねばならない、それがベ-シックインカムの責任なのである。だからこれは結構厳しい社会となる。働かなくていい社会でも結果的に前よりも働かざるをえない社会になる皮肉がある。働かなくてもいい社会は最も働くことが必要とされることにもなる皮肉がパラドックスがある。何か人間には常にそうしたパラドックスがある。そもそも民主主義とは民が主になる時代である。すべてが対等にもなる時代である。
誰かに指示されて働く時代ではない、奴隷の時代は終わった。それがベ-シックインカムにもなる。
でもここでも自らでは価値をルものを民は見出せるのか、何が価値があるものなのか自ら見出されるのか?
それが問われている。民衆の個々にそういう責任が課せられるのである。

「自分は価値を見出そうとしましたがどうしても見出せません、ギャンブルしかできません」
「じゃ、社会から追放です、死んでください」

冗談でなくてこうなるかもしれないのである。

 

posted by 老鶯 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題

ベ-シックインカムは可能なのか (人類の理想は自ら価値を求めて働くこと)


ベ-シックインカムは可能なのか

(人類の理想は自ら価値を求めて働くこと)


ベ-シックインカム研究所
http://blog.basicincome.jp/


tannbohatake1111.jpg

生産性が上がり効率化された日本の土地の利用


●戦後十年までは貧乏のどん底だった日本


そもそもベ-シックインカムということが本気で論議するようになったことだけでも現代の豊かさを象徴している。人間の歴史は労働の歴史でもあり労働によって酷使されてきたのである。労働は人間に神から呪いとして課せられたという労働感もある。そうした呪いの労働の解放が実現されるとなるとそれは人類の理想の一つが達成されるともなる。それを可能にしたのは一面現代の文明だというのも確かである。例えば高齢化でもすでに65才以上の人が四千万いるとかなるとその人たちは年金とかで働かない人でありさらにニ-トとか無職の人が普通にいる、働かないでも暮らせる社会が現代なのである。高齢化も働かない人がこれだけいるのもありえない社会だった。

貧乏は戦前から戦後十年まで延々とつづいていた。日本の戦争の原因だって満州に農民が土地を求めて移住したことからはじまっている。日本は狭いからもう開拓する耕地もないからそうなった。
人類史上これだけの豊かさを実現した時代はなかった。特に日本は江戸時代であれ明治以降から戦後十年までは貧乏しか経験していな人が大多数だったのである。戦争だって東北の農民は白い飯が食えるからと志願した人さえいる。戦争の原因が貧乏でもあったのだ。だから日本は豊かさの欲求が激しかった。アメリカに戦争で負けたのも貧乏国だったということを負けて知ったのである。

アメリカは日本では考えられない豊さだったのである。

それは日本の養蚕業が絹織物が戦前はアメリカの輸出品となっていた。それはアメリカでは贅沢だから輸入できた。日本ではその絹製品を使用できない、みんな貧乏だから安い綿の着物とか着るものでも貧しいものだった。女工哀史などあるのもそのためでありその絹の輸出製品で外貨をかせぎ軍事費に使い戦争で使われただけだという人もいる。こういうことは後進国では今も起こっている。アジアでも貧しい国ではエビを養殖しても自分たちは食べられないとかそういうことはいろいろある。
輸出するものがないからそうなる。日本は資源もないし輸出するものがなかったのである。
その輸出するために女工哀史が生まれた。なんかよくわからないけど母も原町紡績の(原紡)で働いていて昼の休みが30分しかなくその時遊びたくて早食いした人が病気で死んだという。それだけ休み時間が待ちどおしくてそうなった。ゆっくり食べていたら30分で休むことすらできなかったのである。そういう貧乏のことは何度もプログで書いてきた。


●技術の発展で人間は働かなくても良くなった


人間の労働感は高度成長経済をへて相当に変わった。豊かさをもたらしたのはいろいろあるがやはり機械化とか技術の発展があった。アフリカ辺りで貧乏なのは広大な土地をもっていてもその土地の生産性が極端に低いのである。日本では戦後、米の収穫量が増え品質が良くなったのはは技術の発展のためだった。土地が狭くても前より何倍も米の収穫量でも増えたから減反までなった。だから農家では野菜とか果物とか花の栽培とか商品性が高いものを作らないと生活していけなくなった。米だけでは農家はなりたたなくなった。それはあらゆるところで技術発展の影響を受けたのである。情報分野でも目ざましい革新があった。新聞であれ本であれこれを出すのには設備もかかり金がかかるから簡単にはできないものだっ。本だって一つ一つ活字を拾っていた時代があった。そうした分野の技術者がいてもてはやされた。そんな時代があったが電子化で活字の時代など終わった。今はこの分野では何十倍の効率化をしている。文字が電子化してIT化すれば何十倍の効率化であり一人の人間でも新聞社やテレビ局や出版社にでもなれる時代なのである。


そういう自分がこれだけ忙しいのにプログに写真まで出してやれるのはIT化だからできているのだ。家事から介護からやっているのだからもしパソコンやIT化していないならできない、だから自分は今一人で3,4人分の労働をしている。暇なく絶えず何かをしていてそれでもこれだけ書いているからだ。それができるのはパソコンで書いているから忙しくてもその暇になんとか書けるということがある。そもそも家事だけで昔は一仕事であり一人がかかりきりでないとできないものだった。
その家事もやり介護まで一人でしているのだからすでに三四人分の労働をしているのだ。
そして現代では4千万人が働かないように働かない時代である。この辺でもそれが顕著に現れている。仮設に入っている人が3千人とかいたとしてもその人たちは補償金をもらっているから働かない、
それからゲ-トボ-ルとかパ-クゴルフとか健康な老人も働かない、東京まで競馬に行ってギャンブルしているしこの辺でもまた競輪のサテライトが開設される。パチンコが繁盛しているようにギャンブルが暇で金がもっている人が増えるから繁盛する。まさに原発避難者は働かないことで批判されているけど金があれば人間は働かない、そういうことが原発事故周辺では起きている。
それも豊かさの象徴であり極端化してこの辺が問題になったのである。


●すでにベ-シックインカムが現実化している時代では?


ベ-シックインカムになったら働かない人が膨大に増えて経済が成り立たないというけどそもそもすでに高齢化で4千万人が働かない時代は現実にそうなっているのではないか?確かに高齢化社会だからそうなっているが人間が技術の発展による機械化や効率化でそういう高齢者でも生きていける高齢者医療のために膨大な金を使っていて若者から批判されている。昔だったらとても無駄な老人は養えないからうば捨て山があったとか間引きがあったとかなる。それよりも老人はみんな早めに死んでいたのである。でもよくよく考えてみると介護士とかの仕事ができたのも現代の豊かさを象徴しいるのだ。それだけの介護する余力があるからそこに回す経済力があるからそうなっているしその医療とか介護福祉分野での仕事が増えて働く場を提供しているのだ。技術の発展で失業した人も膨大なのである。家事も機械化したから女中は必要ないし事務もパソコン化したら必要ないしとか自動販売機で売り子もいらないとかいろんな分野で機械化して人手を省いているからだ。そこで介護分野に仕事があるとなりそこに就職できる。それが若者がするべきものではない、無駄だといっても他に仕事がないからそこで働く人もいるのである。機械化されて人間の仕事がなくなるからそこに仕事が生まれた。そして介護関係の仕事は極めてもの作りとは違って人間と人間が向き合う人間的な仕事でもあるのだ。そんな老人の世話なんか無駄だというのも言える。では失業した人たちの仕事かどこにあるのかとなるのだ。

いづれにしろ原発事故周辺で起きていることは何か未来を先取りしたような地域になっているのだ。

●働かないで暮らせる人が膨大に増える
●自ら価値を見いだせない人は働かない
●介護する老人が他より増大している
●自然エネルギ-地帯を目指す(ソ-ラ発電)
●米以外の産業の振興
●花栽培などは放射能に汚染されないからできる
●津浪で住めなくなり市町村がコンパクトシティ化ししている
・・・・・・・・・


他にもあるが津浪や原発被害地は何か価値の大きな変化を求められているのだ。何らかの発想の転換が求められている。だから何かの特区にしようとするのもわかる。自然エネルギ-特区とかコンパクトシティ化とかは他でも言われてきた。花栽培というのもこれは盛んになってもいた。
つまり豊かな時代は文化の時代だから花の需要が増えるということもある。「森の花屋」というのが鹿島区の六号線にできたのも新しいことだった。あれだけ大きなものができれば何か心が豊になった気分になった。

オランダでチュ-リップバブルがあったけどそんなに花に価値があるものかと思った。でも豊かな時代には文化の時代となり花にも価値が生まれてくる。米など食糧は余っているとなるとそうなる。
つまり一つの土地が米をとり野菜を栽培してその余力があるから花の栽培にできるのだ。花を楽しむこともできるのだ。土地の効率的利用ができる時代だとなる。今までだったら全部田んぼか畑にするほかなかったのである。だからそういう点で働き方も変わってくるのである。


ベ-シックインカムの悪い例が原発事故周辺の市町村
(補償金で誰も働かず市町村は衰退、荒廃、消滅?)
http://musubu.sblo.jp/article/68953271.html

posted by 老鶯 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題