2013年05月01日

消えた六号線と常磐線の活気 (プログに記録された原発事故前の写真二枚)

 

消えた六号線と常磐線の活気

(プログに記録された原発事故前の写真二枚)

superhitachii111.jpg

常磐線でもス-パ-ヒタチが走っていたときは常磐線が活きていた。今は二両の電車であり原町と相馬市間を走っているだけであるから淋しい。まだ走っているだけでいいともなる。
常磐線が開通するのは相当に先である。その見通しがたたない。
津浪の被害にあったわけではないから線路はつうじていても原発をかかえてんるから
警戒区域になっているところが広いからなかなか復旧できないだろう。
住民がもどってこないと駅も開けないだろう。それがいつになるのか見通しがたたないのである。

saikuruuuu111.jpg


六号線でもこのサイクリングの一団が走っているような時は活気があったなと思う、東京と通じていたときは六号線も活きていたのだ。自分は長距離トラックの音などが嫌だった。
今は全く通らないのだから聞こえない、東京からの車は六号線では来ない。
でもこの写真を見たとき不思議に思う。今でも一人のサイクリングの人がきている。
でもこのうよに何人かで組んで走る姿はない、だからこの写真見たときつくづく六号線も活気あったなと思う

東京から歩いて来た人もいたし鹿児島から歩いて来た人には驚いた。
六号線では遠くから来る人良くみかけたのである。今は東京と通じしていないのだからみかけない

でもサイクリングで一人津浪の見聞にきている人が結構いる。
でもこのうよな感じにはならないのだ。
だからこの写真を見ると六号線は活きていたなとつくづく思う

常磐高速道は二年後とかに開通しても六号線の方が自分には身近だった。高速道路ではこんなふうに走っているサイクリングの人を見ることはできないからである。

まだここは人間的なものがあったとなる。高速道路になると何か人間的なものがなくなる。
まずこんなふうに風景はない、全く隔離されたところで車だけが走っているから
車に名乗らない限り関係できないものとなる。


でも常磐線の代わりになるから東京と直接通じることで電車の代わりの役目を果たすことは確かである。するとまた活気がでてくるだろう。
すでに常磐線は原町-いわき間は乗る人が少なかった。仙台が多くていわき間は少ない、いわきにゆく人はこの辺では少なかった。それでも六号線を通じて交通があり人と物の往来があった。

常磐線もス-パ-ヒタチが通っていたときが活気があった。ス-パ-ヒタチには何度も乗ったからである。それが乗れないということ走らないのである。原ノ町駅にス-パ-ヒタチは時が停止したように停まったままなのである。

posted by 老鶯 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

プログに記録された右田浜の松原の写真 (もはやもどらない松原の風景)


プログに記録された右田浜の松原の写真

(もはやもどらない松原の風景)


manogawakakou11111.jpg


matumigitaa23232.jpg

この写真のように松の記録は津浪で海中に消えたようになった


matuazami111.jpg

migitayasaura111.jpg

台風で決壊した八沢浦の防波堤の工事

プログを読み返した。そこでまた右田浜の松などが写っているのを発見した。
自分で書いても忘れている。プログが備忘録というように忘れることに備えるために書いているとなる。
ともかく人間は忘れやすいのである。えか、こんなこと書いていたの、こんなこと写真にとっていたのとか全く忘れているのだ。2005年からはじめたから2年間くらい見たものだった。


まず右田の松原はもはや見ることもできないし再現もできないものとなった。
これは平和な時に松原があったときの写真である。


八沢浦は津浪の前に台風の嵐で前の家の何軒かに潮水にひたった。その時防波堤が壊れてしまったからだ。その防波堤を直していた。今回は津浪で全部喪失した。直しようもなくなったのである。
松二本だけが残された。


もう松原を回想する方法がない、松原がありその前に田植えをして実りがあった風景がおそらくこの辺で何百年とつづいていたのだ。それがみんな喪失したから信じられないとなる。
右田浜のキャンプ場の松もなくなった。あそこは歩くようにできていた。
でもあのコンクリ-トの歩く場所もみんな流されたのである。
確かに名残の松は残っている 。でも当時を偲ぶことはできない、今は荒れ果てたものとなってしまった。


右田の松原はただここに残した写真でわずかに思い出すほかないのか?
松は津浪と共に消えてしまった。幻想のように消えてしまったのである。


 松に寄りてここに変わらぬ秋薊

松というのは常盤木であり変わらないものの象徴だったのである。それがみな消えたということが
信じられない。変わらないものとしてありそこに秋の薊(あざみ)がよりそうように咲いていたのである。そのよりそう松はみんな消えてしまったのである。
この自然の変化はあまりにも大きすぎたから想像すらできないものであった。
もはやよりそう松はないのである。
 
 

posted by 老鶯 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

抽象画(京都(夏)-秋の紋様-躍動する地球 (ソフト-painter4 エッセンシャル)


抽象画(京都(夏)-秋の紋様-躍動する地球

(ソフト-painter4 エッセンシャル)


kyoutooooo2222.jpg

京都-夏

mabushiinatu111.jpg

眩しい夏の光


kyotomonnyouuu11.jpg

京の紋様
akinomonnyouuu111.jpg

秋の紋様
ryudoukadaichi1111.jpg


躍動する地球

抽象画はソフトによって変化できる。今回はpainter4 エッセンシャルを買ったのでそれを基にしてまた増やせる。抽象画は定型化してしいるかもしれない、決まった手順がある。
万華鏡は必ず使っている。それからしあの変化も良く使う。それからテクスチャ-も良く使う。
今のところ三つ使った。それぞれにない機能がありそれらを組み合わせる必要がある。
エッセンシャルは機能が多いからかなり役立つだろう。これも早く買っておいてなれていれば良かった。

抽象画はまず色を楽しむことなのである。色の変化を楽しむことが基本にある。色の美しさだけでも楽しめる。色は花でもそうだけど美の基本にある。もちろん形もあるがそれは絵の才能がないと描けない、色はパソコンのソフトでいろいろできるのだ。
エッセンシャルでは写真の加工でもいろいろできるから役立つだろう。
結局抽象画自分の才能より技術として習得するとできるものだった。

化学反応の実験ににているのだ。ソフトがいいものがあるとそれでまた無限の変化を楽しめるということがある。

もちろんこれはどうしても第3芸術とかになるがそれでも素人として色を楽しめる、創作できるということはパソコンとソフトの技術でできたことなのである。

常識のない人が増えている (若者にも大人にも老人にも共通している)


常識のない人が増えている

(若者にも大人にも老人にも共通している)


昨今では勉学を学ぶことよりも、「常識」を学ぶことの大切さの方が強調されている感じすらあります。一般社会においてはどれほど頭脳が優秀でも「常識」のない人間は問題視され、評価もされません(あくまで一般社会ではね)。
http://www.kuro14.net/2013/04/blog-post_11.html


「気づきがない、無頓着、理解力がない」
「基本を知らない、マナーを知らない、常識がない」
「気配りがない、気遣いがない、対応が悪い」
「機転が利かない、臨機応変に対応してくれない」などなど。


企業は困っている、悩んでいる
http://www.manavinet.com/special/0801/no16.html


周りの人が右を向いているときに、左を向いてしまう
周りの人が当たり前にできる事が、全く出来ない
その結果、周りからは、
「あの人は変わり者」と思われてしまいます!

相手のことを意識できないので、仕事にならない

仕事というのは、相手が気持ちよくならないと
商品を買ってくれたり、契約を結んでくれたりしません。
お世辞や愛想笑いなどが出来ないと、仕事にならないわけです。


ただ、大人のアスペルガー症候群の人は、
他人のことを意識することが出来ません。


どういった言葉を言えば、相手の気分が良くなり、
どういった言葉を言ってしまうと、相手が不機嫌になるのか
全く理解できないのです。


そのため、物を売ったり、契約をまとめるような仕事は、
ほとんどできないわけです。


相手からは過激な性格だと思われてしまう

上記のような状況でも、
本人は悪気があって言っているつもりはありません。
自分の考えていることや思ったことを、
素直に表現しているだけで、
他に深い意味はないのです。
http://アスペルガー大人特徴.net/asupe1/page5.html


子供は、言って聞かせれば解りますが年寄りは絶対に自分の非を認めません。
その場で言い争いになれば尚、悔しい思いをしたと思います。



常識とは何かというとき定義するのがむずかしい。非常識が何かも定義するのがむずかしい。だからいちがいにすべて常識-非常識では計れない、ただみんな今の社会では常識そのものが若い者だけではないいい大人でも老人でも増えている。そう感じている人が多い社会ではないか?
若い者ならしかたない面があるだろう。でもいい大人が老人が常識を身につけていないというのはどういうことなのだろうと疑問に思う人がいる。これはなんなんなのだという非常識な人間に出くわすことが増えているのではないか?

病院であった人はそうだった。職人として家で働いてくれたことがあった人なのでそのおくさんに声をかけた。その人は重症にその時見えたのだ。そのあともどうしたのかと気づかった。同じ病気ということで情報交換もしたかった。この前話ししたら
「あんた困っているの今はディサ-ビスに通っているよ、自分のことは自分でやっているよ、あんたなにかしてもらいたいの」
これまでは確かに自分は困っていた。今も困っていることはある。でも手術してからは余裕できてほとんど困っていないのだ。その時声をかけたのは自分のことを思ってしたのではない、自分が何かしてもらいたくて声かけたのではない、でもその女性は何かしてもらいたくて魂胆があって声かけたととりうざいから声かけるなと言ったと同じである。こんな人のことを気にもかけない気遣いも常識もない人間は何なのだろうと思った。その人は60くらいになっているかもしれないし老人である。

今や老人でも常識のない切れる老人とか暴走老人とか増えている。ただこれも人によりけりでありすべてではない。これは別に人を思いやる心がないとか宗教でいう愛がないとかそうした高等なものではない、人間として最低の常識がないということなのだろう。この女性をどう理解していいかわからない。四人の人と自分は家のごたごたでかかわった。一人は犯罪者であった。一人は会社経営者だけど嘘ついて成功を装って借金をかかえていた。もう一人は夫が公務員だったけど異常な行動をした。犯罪者と異常な行動した女性はもはや常識では語れない、異常者ということになる。他は別に普通に社会生活している人たちである。


常識がない人間がふえたというときこれは若者だけではない、社会人全般に常識がない人間が増えたのである。現代は常識が養成されにくい社会なのかもしれない、常識を養成されるのは今では家族でも地域でもない会社になる。だから会社で社員教育するわてけである。会社組織に入らない人は常識が欠けやすいかもしれない、例えば職人でも職人気質と昔言って悪いものとして言われなかった。しかし現代のような社会が複雑になると人との接触もふえると対人的には非常識な人が増えるかもしれない、職人はただその技術をみがけばいいとかになはならななる。そういう職人の家族はまた非常識になっているかもしれない、でも一人親方のような職人は契約をとるために社会性があることに驚いた。技術力もあり優秀であり人との対応も知り尽くしていたのである。その人と接して自分が常識がないとなった。それは仕事上そういうふうに社会性を身につけたのである。

そもそも他人と接触することの前提として宗教と関係なく他人を思いやることが前提にある。そうでないと仕事もうまくはかどらないだろう。モノを売るにしてもその人が心をこめて売るのとでは同じモノでも違っているのだ。東北人は自分もそうだけど人との対応がへたである。関西人はつまり京都のように文化の蓄積があるところは人との洗練した対応が生まれる。それは本心でなくてもやんわりと断るとかの文化が京言葉に現れる。それが他から来た人にはわかりにくいのである。京言葉自体東北の言葉とはあまりにも違いすぎるのだ。人に対応するやんわりとした言葉なのである。


一般的に常識があるというとき人と接する職業はどうしても常識が必要とされるから常識が社会性が身につく。職人だけをやっている人や農業の力仕事やっているだけの人や工事関係でも現場で肉体労働だけしている人とかは人と対応しない仕事であり社会的常識が身につきにくいかもしれない、結局人間はその人の職業が習慣性を作る。職業はそれだけ人間を作るものなのである。だからニ-トとかはまず社会性がないから常識が身につかないから人と対応できないから職につけないともなる。

自分もそうだったから社会性がないから職業についていないからそうだった。ただ変な話だけど創価にいたとき毎日社会的に人と接していたから人と対応する言葉使いができたともなる。人間はまず集団に帰属して社会性と常識を身につけるのである。人間は何であれあらゆることを経験できないカルト宗教団体でもそれは一つの経験であり間違っていてもそれなりに得るものがある。一人の人間の経験することは極めて限られているのだ。だからこそ常識自体を身につけることがそもそもむずかしいのである。教員が常識がないとか医者が横柄で常識がないというときそれはその職業がそうさせているのだ。学者バカというのもそうである。マニアックな理系馬鹿、研究一筋の人も社会性が身につかないとかなるか。現実はとても理論通りにはいかない、複雑怪奇なのである。上からの目線ばかりで人をみる立場にあれば常識もなくなる。そして夫婦が一体だというときその夫の職業の影響を妻も必ず受けるのである。


つまり医者であれ教師であれその仕事ばかりしていれは世界を社会をその職業から見てしまうのである。この世には様々な仕事がありそれは体験できない、だから他の職業に従事するもののことをなかなか理解できないのである。こういうことはこれだけ多様な社会になると特にそうである。
原発に従事している東電の人が何をしているのかなど地元の人がしりえようもないのと同じだったのである。そうなると東電では相手が何もしらないし反論もできないとなるからやり放題になった。
絶えず不具合、故障があっても隠せる。だからそれが習慣化していたのである。どうせ誰にも追求などできない、みんな金で抑えている。こうしてしそれが大事故につながったのである。

無数の職種ごとに常識も違っているとなれば常識自体何を基準にしていいかわからないとさえなるのだ。常識がない・・というときカルト宗教
団体でもその権力を背景に誰も責められないとなり警察も味方だとなれば非常識なことでも社会に通るとなる。検察官僚組織でも非常識なことが権力で隠される。警察関係もどうしても権力をバックに横柄になり常識が欠けてくる職業だとなる。
常識非常識というときそれは個人の問題でもあるがその所属している会社や組織や団体の問題でもある。


今回自分が経験したの非常識な女性は個人的要素が大きいだろう。ディサ-ビスに通っていて自分のことは自分でやっています・・それだけ言えばいいことだった。そうですかと言ってこちらも終わりであり傷つくことはなかったのである。お前はオレに何かしてもらいたいのかという言いぐさがあまりにも人との対応で非常識だったのである。田舎の人間はあけすけにモノを言うにしてもちょっとひどいと思った。そこには嫌であってもやんわりと京言葉のように言えば傷つかなかったともいえる。
こういう人は全く他人は無視であり気づかっていないのだろう。自分がきらいだからということでないみたいだ。
人間は人をみないで接すると大変なことになる。ただ非常識な人であれ犯罪人であれ人間はこの世にいる限り否応なく接触する。
それがさけられないのだ。ただ人間がいかに人を見ることが大事か思い知らされた。
ちょっと声かけるにしても素直でない人も嫌う人もいる。こっちが善意でも相手は悪意にとる。そいうことは常に起きてくる。
結婚も結局人を見分けられないから離婚が三分の一とかふえる。家と家の結構、どういう家で育ったか見て結婚した方がうまくいっていたともなる。女性などはどういう家で育ったかでかなり影響されているかもしれない、余りにも顔とか外形だけ判断すると失敗する。
あとになって顔などさほど問題でなく人間は気持ちだとかなる。顔見ただけでも人間はわからないのである。