2013年04月03日

旅をふりかえり詠む桜の短歌 (白石千本桜-阿武隈川の桜-梁川-丸森)


旅をふりかえり詠む桜の短歌

(白石千本桜-阿武隈川の桜-梁川-丸森)

abukumahana11111.jpg

momomo1111.jpg

abukuma2222222222.jpg
クリック拡大!-大画面

東京の桜は嵐に散りにしと伝えられつつここも吹き荒る
みちのくに花咲く前に嵐かな遠くに行けず内にこもりぬ
(白石-千本桜)
訪ねれば千本桜は散るあとや相馬は遠し我が帰るかな
長々と白石川やその岸に千本桜や東北線かな
阿武隈川はここより広く蛇行して海に到るや花盛りなり

満開の桜そ映えぬ残雪の蔵王の迫る朝の光に
(阿武隈川-巻淵)
巻淵や阿武隈川の渦巻きつ淀み流れ桜の道行く

阿武隈川淀みの深く何ひそむ巻淵の名や桜咲くかな
残雪の吾妻嶺望み阿武隈渦巻き流れ満開の花

阿武隈川岸の桜の点々と流れ激して我がそい下る
(二本松)
二本松安達太良映えてその天守高くも朝の桜花かな

小浜城訪ねてみれば夕暮れに桜を見つつ麓も暮れぬ
(梁川-丸森)
丸森の峠を越えて梁川や城跡に夕べ桜の散りぬ

川岸に桜と梅や春草の土手に萌えつつ燕飛ぶかな
丸森や夕べ咲きにし桜かな峠を越えて相馬に帰る
六万石相馬の花は濁りたる堀に写りつ夕暮るるかも


白石の千本桜は有名である。あれを見るのはたいがい東北線の車窓から見ている。ところが自分が見たのは自転車で白石まで行ったときだった。その時はすでにみんな散っていたのである。それが何とも感慨深いものだった。桜が見れずにどうして感慨深いものかというとまずその距離感覚から見るものが違ってくるのだ。そこまで苦労して桜を見に行ったけど散っていたとなる。桜は満開に咲いているときだけが桜ではない、それは



花は盛りに・・


花はさかりに 月はくまなきをのみ見るものかは
雨にむかひて月をこひ たれこめて春の行方知らぬも なほ哀(あわれ)に情(なさけ)深し
咲きぬべきほどの梢 散りしをれたる庭などこそ 見所(みどころ)多けれ
歌の詞書(ことばがき)にも 「花見にまかれりけるにはやく散り過ぎにければ」とも
「さはる事ありてまからで」なども書けるは 「花を見て」といへるに劣れる事かは
花の散り 月の傾くを慕ふならひはさる事なれど ことにかたくななる人ぞ
「この枝 かの枝散りにけり 今は見所なし」などはいふめる


萬(よろず)の事も 始終(はじめおわり)こそをかしけれ
男女(おとこおんな)の情も ひとへに逢ひ見るをばいふものかは
逢はで止みにし憂さを思ひ あだなる契(ちぎり)をかこち 長き夜をひとり明し 
遠き雲井を思ひやり 浅茅(あさぢ)が宿に昔を偲ぶこそ 色好むとはいはめ
(徒然草-吉田兼好)



花は盛りにだけ風情があるのではない、花見というと盛り焦点をあてているが桜は散るときも風情がある。散ったあともしばらくは余韻があるのだ。さらに咲く前にもすでに花を見ようとしているから花見がはじまっている。花は盛りがすべてではないのだ。千本桜を訪ねた時はみんな散った後だった。でもそれが何か深い感慨として残っている。それはそこまで行った距離も関係していたし自転車で行ったということも関係していたのだ。車だったらまた違っている。車での花見は経験していないがやはり近いものとなるからまた違ったものとなる。現代が便利になったというとき深い感慨がもてないのは便利すぎるからなのである。江戸まで歩いて旅して日本橋まで来たのと新幹線で二時間で着いたよとなるのでは全然違った感覚になるのだ。その喜びは天と地のように違っている。便利になってかえって旅の喜びがなくなってしまったのである。

桜と城はあっている。城に桜は映える。二本松城は天守閣があったところが山の天辺だから見晴らしが一番いい。小浜城もそれなりの城だった。小さいにしてもそれなりの構えがあった。そこから安達太良の山が見えて暮れてゆく。そこを訪ねたときはもう日も暮れようとしていた。ここに行ったのも自転車だった。梁川城は会津までかかわった古い城である。阿武隈川を梁川から下った所は見物である。流れが早まり淵に渦巻き流れる。そこに満開の桜が咲いていた。眺めも残雪の吾妻嶺が見えて
ビュ-ポイントになっていた。そこから丸森に下り相馬に帰る道は情緒がある。桜と桃が一時に咲く場所でもある。あんなところまで放射能が影響したことは残念である。

阿武隈川の巻淵というのはどこにあるかわからなくなった。地図を見てもわからない、ただ記録に巻淵と残っているから確かにあった。そこでも桜は咲いていた。深い淀みがあり渦巻く流れがあり桜が咲いていた。島山とあるから島山の近くである。阿武隈の流れが狭まり島山というのは山で流れがさえぎられた所である。東和町の中にあった。


阿武隈川の流れは山間深く滔々と
巻淵に広く淵なし淀みつ流れ
島山に急流となりて磐間を激ち流れ
丸森にい出てや遠く残雪の蔵王を望む


この辺は変化に富んだ所だった。ただ人間は忘れやすいから旅は必ず記憶しておくべきなのである。あとで記憶が蘇るからである。別にこの辺は行けないということはない、日帰りコ-スだからである。電車だったら白石の千本桜は車窓からも見えるのである。

相馬の城跡の桜はいつも濁った堀に写るだけである。ともかく桜はいたるところに咲いているのだから名所だけの桜を見にゆくだけが花見ではない、すぐ近くにどこでも咲いているのである。
ただ会津の方の桜はわかりにくい、盛岡とか弘前城の桜はまだ見ていない、桜咲く時期に見ることがむずかしいのである。なんだからこれだけ桜のことを書いて花疲れになったというのも変であった。

2011-3月11日の数日前のプログの記録 (津波原発事故境に戦前と戦後になった)


2011-3月11日の数日前のプログの記録

(津波原発事故境に戦前と戦後になった)

changeeeeeee1111.jpg


津浪の数日前のプログの記録

福寿草(余裕なき現代社会の不幸)2011年03月10日
http://musubu.sblo.jp/article/43778288.html


春北風(はるきた)に松風鳴りて右田浜

春光に一艘白し船の行く
陸地には北風なおも吹きにつつ沖行く船の春日に白し


春北風(2011-3-5)
http://musubu.sblo.jp/article/43705488.html

津波が来る前のプログを読むと春北風(はるきた)であり3月11日は東風(こち)が吹いたからこの頃の季節はこういう風であった。今年の11日は東風は吹かなかったから不運だったのである。
そのあと東風が吹いているからやはり風の影響はまねがれなかった。

右田浜の松原を俳句にしたのはこれが最後だった!
漁する船がでていたし春北風に松風が鳴っていたのである。これ以後松原はなくなり松風の音も聞くことができなくなったから信じられないとなる。ここを境にして変わってしまったのである。
 

津浪の前に書いた昔の貧乏と今の貧乏

醤油もまともに使いなかった昔の貧乏と今の貧乏の相違
(島木健作-地方生活を読んで )
http://musubu.sblo.jp/article/43719033.html


今の日本の貧困は中進国の貧困より実はたちが悪い。
一度贅沢な暮らしを経験してしまうと気持ちが抜けられないため、余計に惨めになっている。
周囲の目も違いすぎる。
中進国の貧困は地域や親戚などのコミュニティで物々交換で互いに守り合い、人々は明るい。
戦後の日本もそうだった。

今の日本の貧困はやや金があっても完全に孤独でむしろホームレスに転落しやすい。
福祉の力を借りない真面目でプライドだけ高い人も多い。
ひょんなことで限界に来る。

・・・・・・・・・
貧乏についても書いていた。原発を導入したのは貧しさのためである。でも豊になったにしろその豊さを得るために急ぎすぎたこと、背伸びしすぎたこと、無理したこと、それは個々人にもあったし会社や団体にもあった。自分のプログではそういうことを常に書いてきたし津波の直前にも書いていたのである。元親戚の人にしても二家族が見栄のために金を使い一軒は遂に倒産して家までなくなった。経営が悪化していたのけど見栄があり金も使っていた。一旦それなりの生活をしているとそういう水準を落とせなくなる。金持ちから貧乏になることはかえって辛いのである。そうなると借金してまで外見をとりつくろう。もう一軒もそうだった。成功者のようにしていたからそれを今さら借金経営だったなどと言えないから外見をいいように見せる。でも最後は偽ることができないからどん底に落ちてしまう。人間は偽りつづけることができないのである。原発でもこれはまだ完成した技術でもない、そこに無理があった。背伸びして運営していた。ただ利を得るために無理をしていたのである。急ぐこと無理することはどこかで破綻をきたす危険がある。


結局津波原発事故を境にしてこの辺は激変して価値観まで変わった。それは様々な混乱状態はつづいている。戦争に負けた戦後と同じである。天皇一辺倒の国家主義(ナショナリズム)から民主主義に百八十度変わってしまった。鬼畜米国からアメリカ一辺倒に今度はなってしまって金が第一の社会になった。その変化が大きすぎたからその変化を生きる人はとまどい混乱したのである。この辺もそういう混乱、動乱状態にある。故郷が消失するということはあまりの衝撃だったのである。広島の原爆の跡でも東京空襲でも焼け野原になってもそこに人は住み続けて意外と早く復興したのである。だから奇跡の復興と言われたのである。ところが今回は30年とか帰れないとなっているからかえって今回の事故の方がひどいともなる。


ただ言えることは何か大きな価値観の変革が求められている。今までのやり方、価値観が否定された。その生活の土台となる土や水や森が汚染されたということが深刻なのである。原発事故がもたらしたものはそういう生活の基盤、根底になるものが奪われたことなのである。いくら金になるといってもそういう生活の土台が水すら使いないとなったら誰も原発などいらないとなってしまう。
つまり今回の津波でも原発事故地域でも町自体が消失して算盤で言えば御破算になってしまった。ゼロになってしまった。ゼロからのやり直しになってしまった。当然今までの価値観では成り立たなくさえなった。それは戦後の変化とにているのだ。ではどういう価値観で生きるのかとなると戦後のように天皇、天皇から民主主義、民主主義となったようにわからないということである。
だから貧乏時代の価値観を見直すことについても山尾三省の詩などを参考にして書いた。


では元の貧乏時代にもどるのかというとこれまた違ったものだろう。そういう価値観の変化が具体的に起こり問われているのである。それがどういうものかはまだ定まっていないし混乱状態なのである。他で就職するにしてもできないということもある。つまり宙ぶらりんな状態が10年くらいつづくかもしれないのだ。その間補償で生きる他ないともなる。でも十年のブランクはどうなるのか、三春辺りでは2年間耕作してなかったら荒地化してしまって元のようにいかなくなったとか農業でもブランクが長くなると荒廃してしまうのである。人間でも10年とか仕事せずぶらぶらして遊んでいたらどうにかなってしまうだろう。補償金で生活できても人間そのものがそこなわれてゆく。
いづれにしろ混乱状態はまだまだつづく、その中でいろいろ模索することになる。それは価値観とか思想とかも変革されてゆく、今までの生活の見直しが行われる。

ただ御破算になる、ゼロになるということは新しいことをするには適している皮肉がある。
戦後はまさに焼け野原になり今までのものがすべて否定されたから新しいものへの移り安かったのである。ただ伝統的なものをすべて否定するとそこにまた歪みが生まれた。
ただ宮城県でも津浪で町自体が消失したということはどう再建したらいいのだろうと途方にくれる。補償金で暮らすというわけにもいかないから町から人の流出がとまらず町が消えてゆく危機なのである。

 
posted by 老鶯 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

みちのくに桜咲くを待つ心-短歌十首


みちのくに桜咲くを待つ心-短歌十首


sakurarainnn11.jpg


みちのくの桜はなおも咲かじかも雨しとと遠くに行けず我が待ちにけり
みちのくになお寒々と雨のふる桜は咲かじ待てる日々かな
我が町の夕べ曇りて飛び来る燕を見るも桜は咲かじ
仮設住む小高の人のあわれかな鹿島区の桜を待つやなお帰れじも
町に人消えても桜は忘れずに通りに咲きて待つもあわれも
我が老いて今年はいづこの桜見ゆべし限りある命日本の春かな
八沢浦磯桜かな海風のここに吹きにつ波光りよす
人は逝き人は帰らじ桜花大和の心ここにありしも
西行の花を惜しみて果てにけるまた生まれてそ花を見むかも
色濃くも京の桜の咲きてあれ雨にぬれつつあわれ深まる
大坂城花に酔いし時のあり今はみちのくに花咲くを待つ


桜の短歌はずいぶん書いてきた。日本の桜の名所は数限りなくある。近くでもそうだし福島県でも桜の名所は多い、未だ隠された桜も数多い。桜はどこでも咲いているからだ。今年の時間的感覚で不思議なのは結構寒く感じるのとなかなか桜が咲かないなと思うことである。時間がなかなか進まないという感じになっている。でもこの時間感覚が普通なのかもしれない、津波、原発事故から二年間は時間が過ぎるのが早かった。だから元のペ-スにもどってきたのかもしれない、時間が遅く感じるのは近くしか行けないしいつも近くで生活していると時間が長く感じられる。遠くに行くと時間は早く過ぎる。そういうことで時間の感覚は違ってくる。年とともにも時間の感覚は相当に違ってくる。
もう限りある命となってきている。そういう感覚は若いときはとはまるで違ったものなのである。
若者と老人の最大の相違はこの時間感覚なのである。


桜というのは桜前線だと二カ月間くらいは日本全国で咲く、ただ見れる桜は限られている。 桜で見事なのはやはり京都と大坂城かもしれない、そこが一番栄えた所だからである。だから思い出す桜がそこになる。でもそれも時間がたつと忘れてくる。ただ思い出す旅というものもあった。思い出すというとき心に深化して見るかからかえって趣深いものともなる。老人になるとあちゆるものを深化して意味深く見るようになるのだ。それもそうである限りある命を明確に意識して生きるようになるからだ。末期の眼で日々ものを見るようになるからだ。そこに老人の意義がある。若いときはそういうふうには見えない、何が本当に価値あるものかも見えない、熱い欲望にのみこまれてしまったいる。夢中の状態になっている。若いときは夢のように過ぎ去るのである。


ともかく桜が咲くのを待つのもいい、待つ時間も人生には必要である。待つ時間も貴重なのである。待ってこそ実りもある。人間はともかく急ぎすぎるのだ。事業でも早く成功して大金を得たいというか急ぎすぎるのが災いとなるのだ。文学でも早く成功しようとする。賞をもらって有名になろうとする。それはマスコミを通じて成される。だからマスコミを通じて有名になった人はまともな人はいない。原発事故で売り出した福島県の詩人もこの際に名を売り出したのだろう。そういう人もでてくるのである。

とにかく今年も動乱がつづいている。その中で桜が咲く。双葉の桜は街中の通りに咲いて有名だった。一回だけ見た。それほどのものでもないと思った。桜はどこでも咲いているし意外と注目されていない桜がいい場合もある。その人の見る眼がないとまた桜や美も発見されないのである。

会津の桜はほとんどわからない、山の奥にも咲いているからだ。そういうところには訪ねてゆくこともできない。


会津の松平容保公が詠まれた


山桜見て来ぬ人はおのがすむ 里のさかりも知らでやみなむ


けふぞしる里の桜の盛りをも 山路をわけてみるべかりける


山桜の美
http://www.musubu.jp/sakuranew-4.html


山桜など意外な所に咲いている。だから知り得ようがないということがある。会津だったらあれだけ山深いのだから知らない桜がどれだけ咲いているかわからないのである。


ここはまだ咲いていないけど桜の季節がまた巡ってきた。これは一年一年違って見えるのだ。それは人の心も回りの状況も変わってくるからである。それは時代によっても見る桜は違ってくる。
この辺は動乱であり人は各地に散らばり仮設住まいでありそういう中でまた二年過ぎて桜の時期を迎えたのである。


プログを書く意義は読んでもらうこともあるが自分の記録、日記としてもあとで役立つ、こんな動乱になると特にそうである。その時しか感じられないことがありそれで読み返してみみると不思議になった。つまり3月11日の5日前ほどに右田の松原をのことを書いていた。短歌や俳句にしていた。そのあと松原は消失したのだから短歌や俳句にすることはできなくなったのである。松原の風景は永遠に失われた。だから3月11日を境にして回りも激変してしまった。そういう心境を知るのにもプログは各自書く意義がある。