2013年04月01日

石神で紙漉きが行われていた (少子化で過疎化が廃校が増大している-長野県八坂村の廃校の宿のことなど)


石神で紙漉きが行われていた

(少子化で過疎化が廃校が増大している-長野県八坂村の廃校の宿のことなど)


石神の方に春日の没りにつつ雲雀鳴くかなかの女(ヒト)の棲む

紙漉きを生業にすと石神の農家に嫁ぎ春の山暮る

みちのくになお桜の咲かざりき山により住み春の夕暮

大原に老人残るあわれかな息子は街に春の夕暮

代々に檜の苗木萱浜に作ると暮らし春の夕暮

人間は意外と近くのことがわかっていない、それは人間はどこに住んでも限られた人としか直接には会って話を聞いたりできない、直接会う人は極端に限られているのだ。親戚が多いにしてもやはりそんなにいろいろな人と交われない、だからどんな仕事しているのかとか今は隣すらわからないことが多い。そもそも江戸時代でも山の方に暮らす人、町内に暮らす人、海側に塩田を営み魚をとっていた人ととか暮らしそのものが違っていた。海側に暮らす人と山側に暮らす人は感覚的にも相当違ったものになる。山側では燃料としての薪がとれたし山では山菜もとれた。薪からは炭焼きが行われて燃料となっていた。山には山の暮らしが昔はあった。そういう昔からあったものが今は希薄になった。
燃料は石油や電気だし薪を燃料とすることはない、ただ山の方の家では薪を積んでいるのがみかけるから暮らしを感じた。石神-大原-橲原-栃窪・・・などは山の人であり山の生活があった。

大原に残った病院で一緒だった老人はどうしているのか、息子は街で生活して別々になり猫と暮らしていた。近くに娘がいたからいいが大原は放射能汚染度が思った以上高かった。それで子供のいる母親は避難していないという、するとそこは老人だけ取り残された村となってしまう。ただもともと跡継ぐものがいないと嘆いていたから農地が保証された方がいいともなった。老人だけでは田畑を守るのはむずかしいからだ。萱浜では檜の苗木作りをしていたと放送があった。代々にそうした生業があるところは村が維持できる。

山に陽が没るとき山の情緒を感じる。浜通りは海があり山があるということで恵まれていた。山は低いにしろ山の生活もあった。相馬市の山上には紙漉き沢があるから紙を漉いていた。紙漉きには山からの清い水を必要とした。紙の素材となる木もあった。それで生業となっていた。この辺でも山側は山の清水を利用して井戸水を利用している所が多かったのだ。知り合った女性は隣が放射能で区切られて補償金がもらえる、自分の所はもらえないとか言っていた。ただ石神には小学校は二つもあった。それなりの人口があった。でも入学する人は数人とかになっているという、上真野小学校ではもう一人とか入学するものもいなくなってくる。つまりそうして全国で廃校になる学校の数がふえている。

長野県の廃校が宿舎になっている宿に泊まったことがあった。教室は寝る場所となっていた。校庭が見えて山の奥でありなんとも不思議な感覚になった。その寝た場所が教室だったのである。山また山の奥に学校があること自体不思議に思った。この辺の山とは違いあの辺の山は山が重なり奥深いのである。あういう所に生まれて育った人もいる。日本は地形が複雑であり多様な環境に住んでいる。
長野県の八坂村というのは本当に坂が多いのである。自分は自転車でその坂を上るのに難儀した。
確かにあそこは八坂村だと思った。

八坂村坂越え村々木槿かな

あそこの小学校だったのかまだ子供たちの歓声が教室からひびているようでもあった。木造の校舎でもあったからだ。廊下を歩くときしむのである。コンクリ-トだとそういうことはないから木造校舎は思い出として残るものだと思った。

山には山の暮らしがあってはじめて山らしいとなる。でも現代はそうした生活は失われた。どこも山の村は過疎になり苦しい。だから廃校になるのがいたるところにある。その廃校を利用して住んでいる人もいる。自分くらい旅したものはいない、ただそれか思い出すときあんなところにも行ったなとなる。あそこはなかなか行けない奥地だった。

この辺はそうした山の暮らしや米作りや畑も作らないとか魚も試験操業だとか一体どうなるのか?
暮らしがなくなっていたきにさらに暮らしそのものがなくなったらその土地の魅力は喪失する。
みんな会社員や工員になったらどうなるのか?それは東京などの都会と同じになるだろう。
一面がソ-ラ-パネルになっても何か景観がそこなわれる。風力発電もそうだろう。でも花畑にたら美しいことは美しいが食糧にはならない、花を見て暮らせるのかともなる。自分の場合は花を見て暮らしてきたから意外と違和感がない、花がなくなったわけではない、自然が全部なくなったわけではないのだ。放射能は花には影響しなかったのである。

ともかく昔の生活をふりかえるのが郷土史である。人はその場その場で生きる。松川浦で漁師をしている人は角田から嫁をもらった。それで魚などをくれていたから今回の津浪で難儀したが助けられたという。経済関係は実際は何かのときに助け合うというためにもある。部族間でも何かあったとき助けてもらうために物々交換があり商業があった。この辺でも一時はもうモノが入らずモノを運んでくれる人が助けてくれる人だったのである。現代は地域の生活が希薄になった。みんな会社員でありこの辺でもそんなに東電で働いていたのかと地元にいても知らなかったのである。浪江辺りならわかるが原町とかなると遠いからそんなにいるとは思わなかった。やはり金になるということで働いていた。現実問題として農業だけではやっていけないというのが口癖であり跡継ぎがないというのもそうである。生活そのものがその固有の土地から遊離してしまったのが現代である。それにしても東電があんなに巨大な会社だとは思っていなかった。市町村いくつも買えるような資金をもっていたことに驚いたのである。今までの地域に根ざし生活からそうした巨大会社が入ってきたときその差がギャップが大きすぎたのである。結果として巨大会社に地域がのみこまれてしまったのである。怪物的会社だった。会社社会というのはやはり何か人間を歪めるものとしてもあった。そもそも原発事故になる前から地域の生活が根こそぎ変えられていたということもあったのだ。

郷土史研究といっても自分の住んでいる人のことでも知らない、まず昔からさかのぼってその土地のことを考えることが常に必要なのである。それをしないから津浪の被害も増大したし原発事故も起きる要因だったのである。


廃墟と化した村

長野県の廃村集落探訪 旧八坂村(現大町市) 槍平
http://blog.livedoor.jp/urayamaex/archives/4134013.html

大町に出たのは覚えている。こんなところもあったんだ。何かこれもみると深い哀愁があり悲しさが満ちてこないか?これは原発事故で町から人が消え空家化した情景ともにている。自然の中に人の営みが埋もれ消えてゆく、雪が深いから雪にも埋もれてゆく・・・大原にも三軒廃屋があり幽霊屋敷のうよになっている。人が住まなくなっても人が住んでいたところには何か人の霊が離れがたく残っている。それは津浪の跡の風景ともにていた。庭には必ず二つの木が離れがたく立っている。それが老夫婦のようにも見えたのである。

八坂村の廃校の宿

犀川のうねりつたぎつ 流れを沿い下り 
大岡村や生坂村や 八坂村の山深く
あまた咲きしは木槿の花 その花におおわれ
我は入りにき 今日の一夜の宿はあわれ
廃校となりし村の 小学校の改築の宿
ここに六年生の教室と なつかし泊まる卒業生
窓辺に流れのひびき 校舎の廊下をきしみ歩みぬ
窓辺に寄りて外ながむれば 赤とんぼとぶ山の学校
かすかに虫の音や 校舎は古りて生徒はなしも
その山の道の辺 刈り入れの農婦ありにき
道の辻には地蔵や 昔なつかし何語る
童の遊ぶ声もひびかむ 野に山に川に
祭りの太鼓も笛の音も 野に山に森に
村の墓所には女郎花 我がしばし佇みぬ
山々は打ち重なりて 村は閉ざされしかも
八坂村の坂をし上れば 誰そその墓の主や
我を見送る影のありや 我は汗かきかき坂上る
ああ また来てくれと その影は分かれを惜しむ
ああ なつかしき日本の国の 昔の村を思うかも
旅人はるか大町へ 坂を上りて去り行けり

2013年04月02日

花の内部(抽象画)


花の内部(抽象画)

花の器

flowervessel1111.jpg

花の内部
flowermmmmmmm232323444.jpg


brightside11.jpg

重なる色

kasanaruiro111.jpg

花の内部にしてもどうしてこれができたかは全くの偶然である。
この過程はいつものように主に万華鏡で加工しているうちにできた。
その元の絵はインタ-ネットのなかにあるけど絶対にわからない
まるで違ったものであり元の絵とはなんのつながりもなくなっている

自分のテ-マの一つが花になっているのでこれはいいと思った。

あとは色がただきれいだなと思ってそれに名をつける
人間はどうしても明るい方にひかれる、明るい方に導かれる
女性はまず美人というより明るい人がいいのだ
女性でしかもてない明るさがあるのだ

栄とならなかった原発-何が失敗の原因か (浪江に残された短歌(土井晩翆)から)


栄とならなかった原発-何が失敗の原因か

(浪江に残された短歌(土井晩翆)から)


浪江の地名と土井晩翆の歌
http://musubu2.sblo.jp/article/19103374.html


●浪江に残された二つの短歌の意味


土井晩翆が浪江に残した歌に地名が二つ読み込まれていた。


小野田橋新たに成りてこの郷(さと)の栄と睦(むつみ)いや増すぞよき

田尻原拓きて稲の八束穂のみのりをみるぞうれしき 晩翆


原発は栄とはならなかった。ただ原発は事故の前は栄となっていたのだ。浪江だと原発の恩恵は大きかった。請戸などは船主だったら一億円とかもらえていたのは信憑性がある。それで原発御殿が建っていたという。それが全部津浪で跡形もなく流された。それで地元の人すら罰があたったと言っている。そうはいっんても浪江町や浜通りでも福島県でも原発の恩恵は大きかったのである。
事故になって15万人以上の補償できるのだからその資金には驚いた。東電のことなどあまり考えたこともなかった。原発のこともあまり考えなかった。ただどうしても常磐線でゆくと煙突が見えると意識はするがそれほど意識もしない、30キロの距離は遠いと思っていたのだ。これが誤算だったのである。浜通りは二本松が結構田畑でも放射線量が高い、郡山も福島市も南相馬市より高いのである。
中通りでも遠いから安全だと思っていたろう。その距離の誤算があったのだ。飯館村も距離があると思い誤算していた。もちろん放射能がどういうものか知らないし知らせられないから放射能の被害がどうなるか予測する人はほとんどゼロだったのではないか?もちろんこんな大津波を来ることも予測しなかった。

まず町自体がなくなることなどイメ-ジもできなかった。戦争で焼け野原になっても広島でも東京でも復興している。そうなったときやはり茫然としていても意外と早く復興した。今回は町自体が放棄され住めなくなった。それが何を意味しているのか浪江の人もとまどうだろうし混乱している。
町自体が失うということは何を意味しているのか?その代々築かれた歴史も失う、そこで暮らした記憶も記憶も失う。土井晩翆が残した歌ももう無用のものとなり意味もなくなる。田尻原というところを開拓して実りがあり人々の喜びがあった記憶も失う。そこが古代から標葉郷としてあった記録は残っていても人が住まなくなったら原野になってしまう。双葉町は30年後にもどるということを決めたという。30年後にはやはり帰ってくる人がいて人が住むのか?するとやはり浪江の歴史でもまた受け継がれ回復するのだろうか?それはずいぶん先の長いことである。ただ日本は土地が狭いからやはり放射能が薄れれば住む人がでてくるだろう。30年後50年後は予測つかないのである。日本自体どういう状態になっているかもわからない、でも小子高齢化は予測されているから人口が増えるわけではないからそんな荒れた地に開拓するようなことはなくなっているだろう。人口が多いときは荒地でも開拓に入る人が多くいた。人口が少なくなれば便利な都会に住む方がいいとなる。


●豊かさを求めることは悪るいことではなかったが・・・・


ただ全国で2000高が廃校されるているように過疎化は深刻である。そうすると村自体が全国で喪失してゆく。何か今回の津浪でも原発事故でもそうした過疎地域に最後の一撃を加えられ村自体が消滅させたという衝撃を与えた。むしろ自給自足のような昔の生活だったらやはり第一次産業が生活の糧なのだからその土地に糧があれば残る。三陸では津浪が何度もあり今回と同じ様な被害があってもやはり人が住み続けた。それはそこに海の幸があり糧があるから住みつづけた。他に今のように働く場所もなかったのである。貧しくてもそういう自給自足の生活に甘んじるほかなかったのである。それが今はぜいたくになりできない。電気も石油も車も・・・も必要だとなる。もともと電気もなしで僻地は暮らしていたのだ。葛尾村などでは戦後十数年は電気も来ていなかったし山間部はまだ電気すらなかった。それはネパ-ルなどと同じである。そもそも僻地はそういう不便な中で暮らしてきた。日本全国がそうだったのである。


江戸時代の悲惨は影の部分は貧乏にあった。一割近くが眼病にかかり盲目の人が多かった。その他脚気とかもあり様々な病気に苦しんでいた。病気になっても医者は治せないからただなぐさめるだけだったという。それで病気は地蔵様や薬師堂で祈る他なかった。それが歴史遺産として各地に残っている。それから貧乏で一番悲惨だったのは遊女である。十代くらいで借金のために身を売らねばならなかったし肺病になる率も大きく死ぬと名もなく墓もなく使い捨てにさせられた。借金はやはり今そうだが恐ろしいものなのである。娘を売らねばならないほどの貧乏がその背後にあったのだ。江戸時代の悲惨は貧乏に尽きているしその後も貧乏の悲惨はつづいている。
だから江戸時代がすべていいとかはならない、だから江戸時代にもどれというのは酷だとなる。

戦争で貧しい農村出の青年が白い米が食べられるとか言って志願した人もいたから貧乏は戦争の原因にもなっていた。

そういう歴史からふりかえると豊かさを求めることは悪いことではなかった。では何が悪かったのか?それは豊になることで無理をしすぎた、背伸びしすぎたのである。急ぎすぎたこともある。
新幹線並のスピ-ドで豊になることを急ぎすぎたということもあった。もう少しテンポを遅くすれば原発でも安全を計られたかもしれない、早すぎたことが事故につながる。眼前の利益のみに眼がくらみ安全がおろそかにされたのである。


●経営にはモラルや経営哲学が必要だった



あわてる乞食はもらいが少ない・・・・


せいては事をし損じる



はじめに急いで得た資産はその終わりが幸いではない-箴言-20-21


欲の深い人は急いで富を得ようとする、かえって欠乏が自分のところに来ることをしらない

箴言-28-22



こんな庶民の諺(ことわざ)でもそれは人間が長く生きた中で庶民に伝えられた変わらぬ真理が知恵があったのだ。ともかく利益を早く得よう得ようとするとかえって得られないし「損して得しろ」というのも本当である。「せいては事をしそんじる」これもそうである。会社経営する人ならそういうことを実地の現場で会得する。経営は技術だけでは成功しないようだ。技術がいかに優れていても経営者にはなれないみたいだ。モラルとか哲学が必要になってくる。その人が失敗したのはその人は金にならないことは損することは一円でも損することはやらない、それは日常のつきあいでもそうである。この人に一円でももうかるならつきあうがそれ意外は一切やらないという計算してつきあう。一般的に利益があがらないでどうしてやるのだとなる。それは自分もそうだった。損してどうして事業がやれるのだとなる。人のことは言えない、みんなそうである。でも事業は明かにすぐに利益などでないのである。ある所で損することもあるからその損を見込んで事業を継続するほかないことがある。それであとで大きな成功につながってくる。


でもそういう余裕がもてるのは個人経営ではむずかしい。だから資金力のない人はただ頭にもうけを得ることしか考えなくなる。将来の見通しより今の利益が大事になる。それで東電の社長もコストカッタ-として社長に抜擢されたのである。その時は確かに会社でも利益があがり得したのだが事故後はとりかえしのつかない大損失になってしまったのである。これは技術者の問題より経営者の問題があったのだ。こうした昔から伝えられた格言や知恵をないがしろにしていたのである。東電のような大会社になるとやはりそれだけの資金力もあるのだから一時は損してもあとで得する経営は十分にできたのである。経営者は技術者でなくてもできるというのは経営はモラルとか経営哲学とかが必要になってくるためである。ただ今利益ああげることだと血眼になる経営は失敗する。そんな悠長なことを言っていられるのか?食うか食われるかの競争を生き抜くにはコストカットが第一だよとかなる。でもそこに大きな落とし穴があった。


●経営には全体的思考が不可欠-限界集落不用論の落とし穴


経営というときやはり政治でも限界集落の問題でも日本国土全体から思考することが欠けるとまた日本の経営に失敗することになる。一票の格差問題もそうである。そうした地方や限界集落でも衰退すると日本全土の国土が衰退するということもありそこからまた原発事故のような問題も起きてくる。日本の国土の維持するには限界集落のようなものでもそこに必要であり自然の理としてありうるべきだとなる。効率的でないからとか損だけだとか税金の無駄使いだとか都会的発想だけでは片づけられない全体の日本国土の問題としてとらえることも必要なのである。全体的思考とかではない局所的思考とか時間でも急ぎすぎると何か今回のような原発事故とか問題が起きてくる。それは個々人の人生でもそうだしそれは全体の社会にもあてはまるのだ。


現代はグロ-バル化しているというとき地球すら一つの体のように考える必要が出てくる。地球環境的視点が必要になっている。それは国の歴史をも越えた視点なのである。地震とか津浪というのはなぜ起きるのかいつ起きるのか解明されていない、地球が一つであり地球がつながっているからそれは地球環境的視点が必要になってくる。日本の太平洋岸に東南海と今回の東北沖に大きなプレ-トがあった。東北沖のプレ-トでこれだけの大きな地震があったことは東南海にも影響する。それでここ十年の間に大きな地震か予測される。それは科学的なものである。東南海プレ-トで地震か起きたとき大きな津波か起こりその六年後に東北沖でも大きな津波が起きたからその逆のケ-スで今度はパランスをとるために東南海に地震と津波が起きる予測されるのである。つまり地球は人間の体のように一つなのである。どこかが具合が悪くなれば全体に影響するのである。


 御民吾生ける験あり天地の栄ゆる時に遇へらく念へば
(万葉集6)

みたみわれ いけるしるしあり あめつちの さかゆるときに あへらくおもへば 海犬養岡麻呂


基本的には天地の栄があり人の栄がある。天地の栄が消失すればすべてが消失する。太陽が地球の栄でありマヤ文明のように太陽の光が衰えて世界は終わるとおびえたことは別に変わったことではない、太陽がなければすべての生命の栄はない、光が消失すれば生命は維持できない、ともかく浪江の橋を作ることは栄に通じていた。原発は栄とならなかったのである。故郷という天地があって栄があった。土地は恒産であり毎年実りをもたらす、そこに栄が永続する。それを失ったらもはや栄になる基を失ったのだから終わりである。これからも原発は国の栄とならないし世界的にもそうである。それは地球環境的視点からも原発は拒否されるべきなのである。原発は地球の栄にならないのである。

 
 
posted by 老鶯 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2013年04月03日

みちのくに桜咲くを待つ心-短歌十首


みちのくに桜咲くを待つ心-短歌十首


sakurarainnn11.jpg


みちのくの桜はなおも咲かじかも雨しとと遠くに行けず我が待ちにけり
みちのくになお寒々と雨のふる桜は咲かじ待てる日々かな
我が町の夕べ曇りて飛び来る燕を見るも桜は咲かじ
仮設住む小高の人のあわれかな鹿島区の桜を待つやなお帰れじも
町に人消えても桜は忘れずに通りに咲きて待つもあわれも
我が老いて今年はいづこの桜見ゆべし限りある命日本の春かな
八沢浦磯桜かな海風のここに吹きにつ波光りよす
人は逝き人は帰らじ桜花大和の心ここにありしも
西行の花を惜しみて果てにけるまた生まれてそ花を見むかも
色濃くも京の桜の咲きてあれ雨にぬれつつあわれ深まる
大坂城花に酔いし時のあり今はみちのくに花咲くを待つ


桜の短歌はずいぶん書いてきた。日本の桜の名所は数限りなくある。近くでもそうだし福島県でも桜の名所は多い、未だ隠された桜も数多い。桜はどこでも咲いているからだ。今年の時間的感覚で不思議なのは結構寒く感じるのとなかなか桜が咲かないなと思うことである。時間がなかなか進まないという感じになっている。でもこの時間感覚が普通なのかもしれない、津波、原発事故から二年間は時間が過ぎるのが早かった。だから元のペ-スにもどってきたのかもしれない、時間が遅く感じるのは近くしか行けないしいつも近くで生活していると時間が長く感じられる。遠くに行くと時間は早く過ぎる。そういうことで時間の感覚は違ってくる。年とともにも時間の感覚は相当に違ってくる。
もう限りある命となってきている。そういう感覚は若いときはとはまるで違ったものなのである。
若者と老人の最大の相違はこの時間感覚なのである。


桜というのは桜前線だと二カ月間くらいは日本全国で咲く、ただ見れる桜は限られている。 桜で見事なのはやはり京都と大坂城かもしれない、そこが一番栄えた所だからである。だから思い出す桜がそこになる。でもそれも時間がたつと忘れてくる。ただ思い出す旅というものもあった。思い出すというとき心に深化して見るかからかえって趣深いものともなる。老人になるとあちゆるものを深化して意味深く見るようになるのだ。それもそうである限りある命を明確に意識して生きるようになるからだ。末期の眼で日々ものを見るようになるからだ。そこに老人の意義がある。若いときはそういうふうには見えない、何が本当に価値あるものかも見えない、熱い欲望にのみこまれてしまったいる。夢中の状態になっている。若いときは夢のように過ぎ去るのである。


ともかく桜が咲くのを待つのもいい、待つ時間も人生には必要である。待つ時間も貴重なのである。待ってこそ実りもある。人間はともかく急ぎすぎるのだ。事業でも早く成功して大金を得たいというか急ぎすぎるのが災いとなるのだ。文学でも早く成功しようとする。賞をもらって有名になろうとする。それはマスコミを通じて成される。だからマスコミを通じて有名になった人はまともな人はいない。原発事故で売り出した福島県の詩人もこの際に名を売り出したのだろう。そういう人もでてくるのである。

とにかく今年も動乱がつづいている。その中で桜が咲く。双葉の桜は街中の通りに咲いて有名だった。一回だけ見た。それほどのものでもないと思った。桜はどこでも咲いているし意外と注目されていない桜がいい場合もある。その人の見る眼がないとまた桜や美も発見されないのである。

会津の桜はほとんどわからない、山の奥にも咲いているからだ。そういうところには訪ねてゆくこともできない。


会津の松平容保公が詠まれた


山桜見て来ぬ人はおのがすむ 里のさかりも知らでやみなむ


けふぞしる里の桜の盛りをも 山路をわけてみるべかりける


山桜の美
http://www.musubu.jp/sakuranew-4.html


山桜など意外な所に咲いている。だから知り得ようがないということがある。会津だったらあれだけ山深いのだから知らない桜がどれだけ咲いているかわからないのである。


ここはまだ咲いていないけど桜の季節がまた巡ってきた。これは一年一年違って見えるのだ。それは人の心も回りの状況も変わってくるからである。それは時代によっても見る桜は違ってくる。
この辺は動乱であり人は各地に散らばり仮設住まいでありそういう中でまた二年過ぎて桜の時期を迎えたのである。


プログを書く意義は読んでもらうこともあるが自分の記録、日記としてもあとで役立つ、こんな動乱になると特にそうである。その時しか感じられないことがありそれで読み返してみみると不思議になった。つまり3月11日の5日前ほどに右田の松原をのことを書いていた。短歌や俳句にしていた。そのあと松原は消失したのだから短歌や俳句にすることはできなくなったのである。松原の風景は永遠に失われた。だから3月11日を境にして回りも激変してしまった。そういう心境を知るのにもプログは各自書く意義がある。

2011-3月11日の数日前のプログの記録 (津波原発事故境に戦前と戦後になった)


2011-3月11日の数日前のプログの記録

(津波原発事故境に戦前と戦後になった)

changeeeeeee1111.jpg


津浪の数日前のプログの記録

福寿草(余裕なき現代社会の不幸)2011年03月10日
http://musubu.sblo.jp/article/43778288.html


春北風(はるきた)に松風鳴りて右田浜

春光に一艘白し船の行く
陸地には北風なおも吹きにつつ沖行く船の春日に白し


春北風(2011-3-5)
http://musubu.sblo.jp/article/43705488.html

津波が来る前のプログを読むと春北風(はるきた)であり3月11日は東風(こち)が吹いたからこの頃の季節はこういう風であった。今年の11日は東風は吹かなかったから不運だったのである。
そのあと東風が吹いているからやはり風の影響はまねがれなかった。

右田浜の松原を俳句にしたのはこれが最後だった!
漁する船がでていたし春北風に松風が鳴っていたのである。これ以後松原はなくなり松風の音も聞くことができなくなったから信じられないとなる。ここを境にして変わってしまったのである。
 

津浪の前に書いた昔の貧乏と今の貧乏

醤油もまともに使いなかった昔の貧乏と今の貧乏の相違
(島木健作-地方生活を読んで )
http://musubu.sblo.jp/article/43719033.html


今の日本の貧困は中進国の貧困より実はたちが悪い。
一度贅沢な暮らしを経験してしまうと気持ちが抜けられないため、余計に惨めになっている。
周囲の目も違いすぎる。
中進国の貧困は地域や親戚などのコミュニティで物々交換で互いに守り合い、人々は明るい。
戦後の日本もそうだった。

今の日本の貧困はやや金があっても完全に孤独でむしろホームレスに転落しやすい。
福祉の力を借りない真面目でプライドだけ高い人も多い。
ひょんなことで限界に来る。

・・・・・・・・・
貧乏についても書いていた。原発を導入したのは貧しさのためである。でも豊になったにしろその豊さを得るために急ぎすぎたこと、背伸びしすぎたこと、無理したこと、それは個々人にもあったし会社や団体にもあった。自分のプログではそういうことを常に書いてきたし津波の直前にも書いていたのである。元親戚の人にしても二家族が見栄のために金を使い一軒は遂に倒産して家までなくなった。経営が悪化していたのけど見栄があり金も使っていた。一旦それなりの生活をしているとそういう水準を落とせなくなる。金持ちから貧乏になることはかえって辛いのである。そうなると借金してまで外見をとりつくろう。もう一軒もそうだった。成功者のようにしていたからそれを今さら借金経営だったなどと言えないから外見をいいように見せる。でも最後は偽ることができないからどん底に落ちてしまう。人間は偽りつづけることができないのである。原発でもこれはまだ完成した技術でもない、そこに無理があった。背伸びして運営していた。ただ利を得るために無理をしていたのである。急ぐこと無理することはどこかで破綻をきたす危険がある。


結局津波原発事故を境にしてこの辺は激変して価値観まで変わった。それは様々な混乱状態はつづいている。戦争に負けた戦後と同じである。天皇一辺倒の国家主義(ナショナリズム)から民主主義に百八十度変わってしまった。鬼畜米国からアメリカ一辺倒に今度はなってしまって金が第一の社会になった。その変化が大きすぎたからその変化を生きる人はとまどい混乱したのである。この辺もそういう混乱、動乱状態にある。故郷が消失するということはあまりの衝撃だったのである。広島の原爆の跡でも東京空襲でも焼け野原になってもそこに人は住み続けて意外と早く復興したのである。だから奇跡の復興と言われたのである。ところが今回は30年とか帰れないとなっているからかえって今回の事故の方がひどいともなる。


ただ言えることは何か大きな価値観の変革が求められている。今までのやり方、価値観が否定された。その生活の土台となる土や水や森が汚染されたということが深刻なのである。原発事故がもたらしたものはそういう生活の基盤、根底になるものが奪われたことなのである。いくら金になるといってもそういう生活の土台が水すら使いないとなったら誰も原発などいらないとなってしまう。
つまり今回の津波でも原発事故地域でも町自体が消失して算盤で言えば御破算になってしまった。ゼロになってしまった。ゼロからのやり直しになってしまった。当然今までの価値観では成り立たなくさえなった。それは戦後の変化とにているのだ。ではどういう価値観で生きるのかとなると戦後のように天皇、天皇から民主主義、民主主義となったようにわからないということである。
だから貧乏時代の価値観を見直すことについても山尾三省の詩などを参考にして書いた。


では元の貧乏時代にもどるのかというとこれまた違ったものだろう。そういう価値観の変化が具体的に起こり問われているのである。それがどういうものかはまだ定まっていないし混乱状態なのである。他で就職するにしてもできないということもある。つまり宙ぶらりんな状態が10年くらいつづくかもしれないのだ。その間補償で生きる他ないともなる。でも十年のブランクはどうなるのか、三春辺りでは2年間耕作してなかったら荒地化してしまって元のようにいかなくなったとか農業でもブランクが長くなると荒廃してしまうのである。人間でも10年とか仕事せずぶらぶらして遊んでいたらどうにかなってしまうだろう。補償金で生活できても人間そのものがそこなわれてゆく。
いづれにしろ混乱状態はまだまだつづく、その中でいろいろ模索することになる。それは価値観とか思想とかも変革されてゆく、今までの生活の見直しが行われる。

ただ御破算になる、ゼロになるということは新しいことをするには適している皮肉がある。
戦後はまさに焼け野原になり今までのものがすべて否定されたから新しいものへの移り安かったのである。ただ伝統的なものをすべて否定するとそこにまた歪みが生まれた。
ただ宮城県でも津浪で町自体が消失したということはどう再建したらいいのだろうと途方にくれる。補償金で暮らすというわけにもいかないから町から人の流出がとまらず町が消えてゆく危機なのである。

 
posted by 老鶯 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

旅をふりかえり詠む桜の短歌 (白石千本桜-阿武隈川の桜-梁川-丸森)


旅をふりかえり詠む桜の短歌

(白石千本桜-阿武隈川の桜-梁川-丸森)

abukumahana11111.jpg

momomo1111.jpg

abukuma2222222222.jpg
クリック拡大!-大画面

東京の桜は嵐に散りにしと伝えられつつここも吹き荒る
みちのくに花咲く前に嵐かな遠くに行けず内にこもりぬ
(白石-千本桜)
訪ねれば千本桜は散るあとや相馬は遠し我が帰るかな
長々と白石川やその岸に千本桜や東北線かな
阿武隈川はここより広く蛇行して海に到るや花盛りなり

満開の桜そ映えぬ残雪の蔵王の迫る朝の光に
(阿武隈川-巻淵)
巻淵や阿武隈川の渦巻きつ淀み流れ桜の道行く

阿武隈川淀みの深く何ひそむ巻淵の名や桜咲くかな
残雪の吾妻嶺望み阿武隈渦巻き流れ満開の花

阿武隈川岸の桜の点々と流れ激して我がそい下る
(二本松)
二本松安達太良映えてその天守高くも朝の桜花かな

小浜城訪ねてみれば夕暮れに桜を見つつ麓も暮れぬ
(梁川-丸森)
丸森の峠を越えて梁川や城跡に夕べ桜の散りぬ

川岸に桜と梅や春草の土手に萌えつつ燕飛ぶかな
丸森や夕べ咲きにし桜かな峠を越えて相馬に帰る
六万石相馬の花は濁りたる堀に写りつ夕暮るるかも


白石の千本桜は有名である。あれを見るのはたいがい東北線の車窓から見ている。ところが自分が見たのは自転車で白石まで行ったときだった。その時はすでにみんな散っていたのである。それが何とも感慨深いものだった。桜が見れずにどうして感慨深いものかというとまずその距離感覚から見るものが違ってくるのだ。そこまで苦労して桜を見に行ったけど散っていたとなる。桜は満開に咲いているときだけが桜ではない、それは



花は盛りに・・


花はさかりに 月はくまなきをのみ見るものかは
雨にむかひて月をこひ たれこめて春の行方知らぬも なほ哀(あわれ)に情(なさけ)深し
咲きぬべきほどの梢 散りしをれたる庭などこそ 見所(みどころ)多けれ
歌の詞書(ことばがき)にも 「花見にまかれりけるにはやく散り過ぎにければ」とも
「さはる事ありてまからで」なども書けるは 「花を見て」といへるに劣れる事かは
花の散り 月の傾くを慕ふならひはさる事なれど ことにかたくななる人ぞ
「この枝 かの枝散りにけり 今は見所なし」などはいふめる


萬(よろず)の事も 始終(はじめおわり)こそをかしけれ
男女(おとこおんな)の情も ひとへに逢ひ見るをばいふものかは
逢はで止みにし憂さを思ひ あだなる契(ちぎり)をかこち 長き夜をひとり明し 
遠き雲井を思ひやり 浅茅(あさぢ)が宿に昔を偲ぶこそ 色好むとはいはめ
(徒然草-吉田兼好)



花は盛りにだけ風情があるのではない、花見というと盛り焦点をあてているが桜は散るときも風情がある。散ったあともしばらくは余韻があるのだ。さらに咲く前にもすでに花を見ようとしているから花見がはじまっている。花は盛りがすべてではないのだ。千本桜を訪ねた時はみんな散った後だった。でもそれが何か深い感慨として残っている。それはそこまで行った距離も関係していたし自転車で行ったということも関係していたのだ。車だったらまた違っている。車での花見は経験していないがやはり近いものとなるからまた違ったものとなる。現代が便利になったというとき深い感慨がもてないのは便利すぎるからなのである。江戸まで歩いて旅して日本橋まで来たのと新幹線で二時間で着いたよとなるのでは全然違った感覚になるのだ。その喜びは天と地のように違っている。便利になってかえって旅の喜びがなくなってしまったのである。

桜と城はあっている。城に桜は映える。二本松城は天守閣があったところが山の天辺だから見晴らしが一番いい。小浜城もそれなりの城だった。小さいにしてもそれなりの構えがあった。そこから安達太良の山が見えて暮れてゆく。そこを訪ねたときはもう日も暮れようとしていた。ここに行ったのも自転車だった。梁川城は会津までかかわった古い城である。阿武隈川を梁川から下った所は見物である。流れが早まり淵に渦巻き流れる。そこに満開の桜が咲いていた。眺めも残雪の吾妻嶺が見えて
ビュ-ポイントになっていた。そこから丸森に下り相馬に帰る道は情緒がある。桜と桃が一時に咲く場所でもある。あんなところまで放射能が影響したことは残念である。

阿武隈川の巻淵というのはどこにあるかわからなくなった。地図を見てもわからない、ただ記録に巻淵と残っているから確かにあった。そこでも桜は咲いていた。深い淀みがあり渦巻く流れがあり桜が咲いていた。島山とあるから島山の近くである。阿武隈の流れが狭まり島山というのは山で流れがさえぎられた所である。東和町の中にあった。


阿武隈川の流れは山間深く滔々と
巻淵に広く淵なし淀みつ流れ
島山に急流となりて磐間を激ち流れ
丸森にい出てや遠く残雪の蔵王を望む


この辺は変化に富んだ所だった。ただ人間は忘れやすいから旅は必ず記憶しておくべきなのである。あとで記憶が蘇るからである。別にこの辺は行けないということはない、日帰りコ-スだからである。電車だったら白石の千本桜は車窓からも見えるのである。

相馬の城跡の桜はいつも濁った堀に写るだけである。ともかく桜はいたるところに咲いているのだから名所だけの桜を見にゆくだけが花見ではない、すぐ近くにどこでも咲いているのである。
ただ会津の方の桜はわかりにくい、盛岡とか弘前城の桜はまだ見ていない、桜咲く時期に見ることがむずかしいのである。なんだからこれだけ桜のことを書いて花疲れになったというのも変であった。

2013年04月04日

地元の人に津浪の話しを聞く(鹿島区の御刀神社の後ろの家の人)(東部高速道路のようなものが津浪には有効だった)


地元の人に津浪の話しを聞く(鹿島区の御刀神社の後ろの家の人)

(東部高速道路のようなものが津浪には有効だった)


ebirittai111.JPG

minamiebiiii222.JPG

shimoebimura11111.jpg

tunamishinsuiii1111.jpg

mikatana111.jpg
クリック拡大!

海老村の歴史
http://musubu2.sblo.jp/article/43585610.html


北海老村-下海老村は壊滅した



今日はたまたま老人が家から出てきていたので津浪のことを聞いた。場所は写真の所である。御刀神社がありそこは林になっていてその後ろの家は結構被害が大きかった。ボランティアが来て泥をとるのを見ていた。京都や大阪から来ていた。今日話を聞いたのはその後ろの家である。床上ちょっとだけ浸水した。ただその前のは家は氏神の社を残してなくなった。御刀神社の前の家はほとんど喪失した。あそこが家が残るか残らないかの境界線だった。


ただ不思議だったのは津浪は海老の方から高くなって押し寄せてきたという。それでその前に坂になって高い道がありそれで波がさえぎられて助かったという。ええ、あんな坂が津浪をさえぎったのか?それを聞いて何か納得がいかなかった。津浪は海老の方で高く押し寄せたという、海老の家が密集している所は右田などから比べると高台になったのであそこが壊滅状態になったことで驚いた。
だから津浪は低い所に高く押し寄せたのかと思っていた。それがある部分的に高くなって津浪は押し寄せていた。それで海老の崖になっている所も高かったのだがあそこに高い波が押し寄せたからあんな被害になった。


反射・屈折・干渉などの「波」の性質を持っていて、条件により変化するため、予測されないところで被害が生じる場合がある。波の中では孤立波、その中でも伝播中に形状や速度が変化せずお互い衝突しても安定している「ソリトン」に分類される。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E6%B3%A2


これはわからないにしても津浪と海底が浅かったり深かったりしても影響する。津浪は一様な高さで押し寄せるとは限らない、津浪はまた地形に影響されやすいことは前にも書いた。
今回聞いた津浪の話しでも同じだった。その地形とは高い坂になった道路だった。でもその道路はその道路だけが高いというのではない高台に作られた道路だったのである。道路というより地形の影響だったのだろう。津浪が海老の方から高く押し寄せてきて右田の方の平坦な地域からそれほど強い波が押し寄せたのではなかった。津浪の押し寄せる力は場所によって違っていたのだ。ただ御刀神社を境にしてその前の家はなくなった。全部流されたわけではないが被害がひどいので壊されてなくなった。御刀神社の後ろの家が残ったのは流された木材などが神社の林でおさえられたこともあったろう。その後ろの家は被害がひどく壊されてなくなった。
その後ろの家の人に今日津浪の話しを聞いた。家が三軒ほどでも前がさえぎられて海が見えなかった。


津浪が来たときその前の家の人に聞いて逃げたという。最初の一波はひたひたと押し寄せる低い波なのだ。その時逃げればみんな助かった。それは磯部の人も海を見に行ったら低い波がよせてきて逃げて助かった。最初の一波は低い波なのである。それから津浪はある程度距離があると津浪が来るのが見えてからでも必死で逃げれば助かる。大内は結構距離があるから津浪が来てトラックで逃げて助かった。八沢浦の人は海が近いのだけど前に小山があってその小山にさえぎられ津浪が弱められた。

そし津浪が見えていたから後ろの山に逃げて助かった。つまり津浪は見えてから逃げて助かるということがあった。あそこには4軒くらいしか家がないのにその家にさえぎられて前が見えないから海がみえないし津浪が来るのもわからないとなる。もちろん外に出ればあれだけ視界が開けているのだからわかる。ただ家から海の方が見えないのだ。この海が見えないということが死角になっていた。


多賀城と石巻とか都会は家が密集して海が全く見えないし海を意識すらしない、ただ砂押川をさかのぼってきたのでそれで川と海がつながっていることを改めて知ったのである。海が見えないということが意外と死角となっていた。石巻の大川小学校の悲劇も住宅にさえぎられて海が見えない、だから津浪が来るのが見えないからわからなかった。それで逃げ遅れたのである。海は意外と近くにいても見えない場所が多くなったのである。この辺でも松原があると海は見えなくなっていた。常磐線では海の見える地域が極一部である。だかち海が近くても海が見えないのである。浜吉田も浜がどこにあるのか海を意識したことがなっかたけどあそこまで津浪が押し寄せて海が近いと改めて知ったのである。


亘理から名取の海岸線を走る東部高速道路はかなり高いからバスからの眺めがいい、鳥の海とか河口か見えて海が見える、あそこの高速道路に必死に上って助かった人がいた。あれだけ高いと津浪には効果的だった。あれがもっと海岸線近くに作られていたら相当に津浪を防げたので参考になった。
今回聞いた話でもあの道路があのわずかに高い地形が影響して津浪をさえぎったというので不思議だった。津浪は地形に影響されるし津浪自体が良く解明されていない、それはかなり複雑なものであり海底の浅さや深さでも違ってくる。


南海老村は被害がなかった。下海老村と北海老村が壊滅した。そこはあとから人が海の方に向かって開けた地域である。だからその神社も新しいとなる。神社が津浪の被害からまねがれたというとき北海老や下海老村の神社は新しいから流された。古い神社は津浪が来た経験から高い所や津浪の来た地点を記憶していて昔の人が建てた。神社が古ければ古いほど津浪が来た所には建てていないというのは本当なのだろう。


あの辺の田んぼは塩害やら放射能で使い物にならないので農協であづかり広く整地するという。今まではなかなか土地を農家の人が手放さないのでできなかったがもう何もできないとあきらめて農協が一括してあづかることになったからできる。そういうことで大規模な農業経営に移行しやすいということもあった。宮城県などでも津浪で壊滅した町は御破算になってしまったから新しい町作りを一からはじめられることはある。そうはいってももう人が流出していてはできない。これだけ被害が大きいと今までの狭い土地に執着することや何か他でも新しい発想が必要になってくる。それが何なのか模索することになる。そうはいってもなかなか新しくするというのはむずかしいだろう。でも町自体消えることはそうならざるをえないということもあるのだ。

posted by 老鶯 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

桜が一輪咲いた(孫を抱いて梅が匂う)


桜が一輪咲いた(孫を抱いて梅が匂う)


flowerssssss1111.jpg

春日さし採り採り花一鉢に
鳩数羽喜々と飛ぶかな春の空
新築の家に子供や春の雲
大空や鳴き合い暮れぬ雲雀かな
新築の家の前広し雲雀鳴く
故郷や孫を抱きて梅におふ
梅散りてなおにおいたる夜道かな


真野川に鴎飛びきてその岸に桜一輪咲きにけるかな


真野川の桜は一輪咲いた。でも一分咲きにもならない、三輪四輪咲いて一分咲きとなればそうである。真野川には鴎が良く飛んでくる。それが海とつながっていることを示している。町の上も飛んでくる。でも墓の近くの枝垂れ桜は満開に咲いていたのは驚いた。あの桜はいつも早く咲くという。普通枝垂れ桜の咲くのは遅いはずである。ともかく明日はまちがいなく一分咲きになる。今日は春らしい気候だったからだ。

鉢の花は千円だとしたら安い、こういうふうに人も個性豊に色々に咲けばいい、ここに争いはない、そもそも花には争いはない、それぞれの個性を色を尽くして咲くだけで悪。人間だけに争いがあるのだ。

新築の家が一軒ぽつんと新しい家が建った。子供の自転車があったから子供がいる。この辺は新築の家がふえつつけている。新築ラッシュにもなっている。津浪で家を流された人や小高区から移った一部の人も家を建てている。鹿島には何もないと言っていたが新しいビジネスホテルも小池の方にできた。ここにはそんなホテルもなかった。あれは一人用ではあり確かに仮設では親戚が来ても寝る場所がないからあそこに泊まるのにはいい。
新築の家の前はには家がないから広々として気持ちいい、これは都会から比べれば贅沢である。
実際街内になるとたいがい家でさえぎられて見晴らしが悪いからだ。庭も狭いのである。
田舎でも都会と同じ様な狭い場所に住んでいる人も多いのである。


近くの知っている人か孫を抱いていて梅の香りにひたっていた。すでに団塊世代は孫をもつ世代である。孫がかわいいというのがわかる。孫を通じて命がひきつがれるという感覚になる。この感覚はやはりその世代にならないとわからない、ただまだ今は60代でも若い、そういう人がやたらふえてくるのだ。退職して何をしたらいいとか60代はいろいろ病気の世代でもあり悩むのである。

この辺では浪江などは悲劇である。故郷というとき孫を抱いて故郷に命がひきつがれてゆく、それが普通のことだった。故郷で代々くりかえされてきたことである。その故郷がなくなったということが悲劇なのである。ただ別に孫がいなくなったわけではない、でも故郷がないということはどういうことなのか?引き継がれるべき故郷がなくなったのである。孫をもっている世代とばらばらに暮らしている人も多い。孫は故郷の思い出がないとか言っていた。忘れてしまったと言っていた。新しい生活の場が故郷になってしまうのである。ただ故郷というとき自然がないと故郷にはならないだろう。

東京とか大きな都会に移ればそこは故郷となりにくい、すると故郷喪失者になってしまったのである。この辺ではまだ田畑が耕されなくても生活があるから孫にひきつがれる故郷は残っているからまだいい。故郷がなくなるなどということを未だに信じられない、そういう混乱と戸惑いがつづいている。

今日も一日自分は忙しかった。買い物のために三カ所よった。買い物が結構一仕事なのである。何で毎日こんなに買うものがあるのかと思う。ただこの辺では仕事しないでぶらぶらしている人が増えた。七割くらい仕事していないかもしれない、それでも補償金があるから余裕であり補償金のない積み津浪被害者とはかなり違っている。顔に余裕があるなとかのんびりしているのである。
ただ忙しい人はやたら忙しいのである。暇なやつはやたら暇である。だから今になるとそうした暇にしている人を見るとなんなんだと今は思ってしまう。この辺では津浪原発事故以後は価値観が変わった。働く人は金を持っている人より上である。働かない人は低くみられるし邪魔だとさえなる。
でも実際は働かない人がふえすぎたのである。自分の仕事は史(ふひと)なのである。郷土の歴史を記録することが一つの仕事である。津浪原発事故でそのことがふえたのである。

2013年04月05日

飯館を通り川俣へ新しい電動自転車で行く-短歌十首 (今日は東風がどこまでも吹き渡っていた)


飯館を通り川俣へ新しい電動自転車で行く-短歌十首

(今日は東風がどこまでも吹き渡っていた)

inufuguriii111.jpg


oyamaaa11.jpg


umeishi11.jpg

hakaikutuuuu11.jpg

栃窪まで


飯館

matutourou1.jpg

housedooommm11.jpg
ここは何だったのか?
何か地元の物を売っていたのか?

ここに誰か住んでみてもいいのでは
買物は川俣になるが・・・
水が飲めないとかやはり住めないだろう
これももったいないんだよな


川俣

kumanooo111.jpg
熊野神社

kawamatta11.jpg

クリックするとはっきり見えます!




この家や石は動かじ梅におふ
春日さし名もしれぬ墓いくつかな
飯館に弁当食うや蕗の薹
蕗の薹朝にとまれる山の蝶
さえづりや峠を越えて飯館に
春日あびイタチの道にいで歩む
飯館の春の夕暮れ埋もれ石


門古りて枝垂れ桜や誰が家や後ろの山は御山なるかな

この石に我は休みぬ飯館にひさかたに来て春日さすかな
一本の松や標(しるし)と行き来する車あまたや春になりけり
安達太良の峰そ高くも現れて峠越え下る春となりけり
山々を越えて東風吹くや川俣にきても吹きやまぬかも
東風は吹く海のかなたゆ悔しかな放射能も運ばれにけり
川俣の小手姫桜なお咲かじさえぎる山を越えてそ帰る
早咲きの神社の桜咲きにけり川俣の古き農家のここにあり
この御堂古りにけらしもその裏に石の一つや春日さすかな
山木屋へ道こそ分かれ旅心ここに湧くかな春としなれば
人住まぬ飯館に来て石いくつ淋しや我より帰る春の日


川俣まで最近買ったパナソニックの電動自転車で行ってきた。軽く走れるからこれは確かに遠距離用である。でも13アンペアと言っても坂でへるから川俣から引き返して最後は予備の電池もきれた。
電池でライトがつかるからそれがなくなり暗いところを走った。道は知っているから危ないことはなかった。電池きれるのがやはり問題だった。カメラの電池もきれて失敗だった。


今回川俣まで走ってはっきりわかった。東風(こち)が川俣へ水鏡峠を越えても今日はそうそうと吹いていた。今日は風が結構強かった。南から低気圧が迫っていたからだ。この東風は川俣を越えてさらに二本松や福島市までそうそうと吹き渡ってゆく、郡山までもふきわたって行ったのだ。だからこそ放射性物質が福島市や二本松市や郡山まで運ばれて放射線が高くなったのである。あの風を実際に感じればわかるのだ。前は想像で説明していたが本当に実感したし自分の想像したことと一致したのである。あの時は雪もふったから不運だったのである。

飯館は農協と郵便局は開いていた。ガソリンスタンドもやっている。これだけでも仕事をしていると完全な無人の世界とは違ってくる。自動販売機も三台くらいあったからいい。真野ダムでは小池の人が釣りをしていた。今は近くの人しか来ていない、前は遠くからの人が来ていたし警察もパトロ-ルしていたが今は地元の人しかしていない、飯館は原町から福島市までの幹線道路として機能しているからいいのだ。あそこちある一本の松が何か飯館村の標(しるし)のようになってしまった。

mapwindddd.jpg
この風の方向にまちがいなかった


ともかく人が入らないということは荒れ放題になってしまう。大倉では確かに猿が家の庭まで入ってきていたし飯館でも庭に雉が入っていた。そういうことはあるがまだ家が廃屋とかなっていない、荒れた家にはなっていない、人の出入りがあるからだ。人の出入りがないときそこは限界集落に人が住まなくなった廃墟となってしまう。幽霊村のようになってしまうのだ。だから警戒区域で入れない浪江とか双葉とかは深刻なものとなる。5年とか人が入らないと荒れ放題になり幽霊の出るような恐いものともなってしまう。それが家が壊れて廃屋が朽ちている所に雪が積もっていたりする廃村の風景になる。そうなると幽霊しか住み着かなくなる。だからともかく浪江でも一部わずかでもそこに人が住めば幽霊村にはならないのである。また人が自由に入れれば幽霊町にはならない。飯館村は人の出入りが自由だからそうはなっていないのだ。


飯館から坂をおりた所に熊野神社があった。それはいかにも古い、その前にまた古い構えの農家があった。これもかなり古い家である。川俣には古い農家がある。前にも写真にとった。養蚕農家がありもともと江戸時代から絹織物産地として有名であり江戸にも売りに出していた。川俣は一時は栄えていたから鹿島区の屋形からわざわざ天秤棒かついで鰻を売りに行ったという話しには驚いたがそういうことがあった。それは川俣に金持ちがいたということである。それは絹織物でもうけた金持ちがいたということなのだ。川俣は飯館の方が近い、だから飯館の学校は川俣に移動した。


飯館には結構石があり今日見たのは地中に埋もれるようにあった石であった。石はほかにもある。
飯館は石の村でもあった。ともかく人の出入りがあれば石でも樹でも人とともにあるということがまだあるのだ。警戒区域のようになると人が入らないから荒れてしまうのである。一旦人間化した自然は人間がいなくなると荒寥としたものとなる。前から人の入らない自然だったらそういうことはないのだ。そういう森が沖縄にありそれは自然の宝庫となっている。そういう所は別に人間がもともといないのだからそれが自然なのであり特別淋しいということもない、動物の棲家でもある。

一旦人間が森を開いて生活の場となった所は人がいなくなると一段と淋しくなり幽霊がすみつくような所になってしまうのである。幽霊か彷徨う村になってしまう。神社とか石碑も放置されるとそれが幽魂のうよになって成仏しないとかなる。墓も放置されて捨てられるとそこに幽霊化した異様なものとなり成仏しな霊が彷徨うような感覚になるのだ。だから一旦人が住み着いた場所は誰かが住み続ける必要があるのだ。

放射能は平均して3マイクロシ-ベルトくらい下がっていた。ただ5あるとして結構それでも高いと思った。でも3も下がったということはまだ下がるのか?それが救いだったともなる。
 
 
 
 
 

2013年04月06日

飯館村の放射線量はかなり低下 (同じ場所で計ったら平均3マイクロシ-ベルト減っていた)


飯館村の放射線量はかなり低下

(同じ場所で計ったら平均3マイクロシ-ベルト減っていた)

jyosennnnnn11111113.jpg
除染した山

山をみんな除染は無理、道路は除染したのが多い。

iidatehousha222222.jpg



緑は草むら-茶色は泥-灰色は道路


2011年7月13日

飯館村の放射線濃度が急激に低下

3月20日に38.5μSv/h、4月1日に16.5μSv/h、5月1日に7.7μSv/h、6月1日に5.0μSv/hあったのが、7月4日には4.3μSv/hと低下している。最新の7月11日のデータは3.4μSv/hとなった。福島市杉妻町もここ一週間で1.0μSv/hから、0.8μSv/hへ低下している。
放射線濃度の低下理由は明確ではないが、放射性セシウムが雨などで流されているのだと思われる
http://www.anlyznews.com/2011/07/blog-post_1791.html

耕し、また耕し、堆肥を入れ、種を蒔き、収穫するという営みの中で、放射能を急激に減少させていたのです!
中島先生の科学的解説では、このようなプロセスがあったと思われます。
➊地中の粘土質がセシウムを電気的に吸着した。
➋堆肥の腐植物質が吸着した。
➌土中の微生物や地虫が取り込んだ。いったん微生物が吸収した放射性物質は根から吸収されにくくなる。
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-432b.html



これの不思議は2011年7月13日の時点でこれだけ減っていたのである。やはり雨が降ると泥と一緒になって放射性物質が流れるというのは科学的に説明される。放射性物質は泥に一体となり付着しているから泥と共に流れてもゆく。日本では雨が大量にふるからその時放射性物質も泥とともに流れてゆく。川に流れ海に流れてゆく。飯館村は放射線量が高かったのだけど流れる量も大きかった。
今は2013年でありこんなに流れてからまた二年とかたてばさらに放射線量はへっへゆく。

それからやはり残っている人がいて畑を一部作っている。そこでも放射線量は減っている。つまり人が住み畑を耕すということで放射線量も減ってゆく不思議である。人間が住まないということが何かかえって放射線量を放置することになるのか?それも不思議な現象である。もともと放射性物質がどういう影響するのか実ははじめての経験だから予測できないしわからないということがある。科学者でもわからないのである。こうしてみたら効果があったとかどうして減ったのかとかわからないのである。ただ現実的に放射線量がへればそれでまた対処が変わってくる。老人なら住めるじゃないかとかなる。老人が住むには影響ない程度になってきているのだろう。ただ幼い子供をもっている人は敏感だから南相馬市でも子ども連れて流出している。

大倉では泥の所は前も高かった。今でも7マイクロシ-ベルとになっていたから高い、草は5であった。道路は2くらいだった。道路は除染している所がありへっている。7になっているのは泥がセシウムとともに流れないためだろう。泥には放射性物質はたまっていて高いのである。草むらも道路よりいつも高かった。ただ平均して3マイクロシ-ベルトくらい低くなっている。約二年たってこれだけ減ったというのは放射性物質は泥と流れて徐々に減ってゆくものなのか?あとまた一年に二年とたって減ってゆけばやがて住めるようになるのだろうか?チェルノブヘリでは老人だけがもどって住み野菜も作って食べていた。飯館村もそんなふうになるかもしれない、他の地域でも老人だけが戻り住むようになるかもしれない、誰も住まないと土地も荒廃してゆく、一旦人が住んだ地域は人が住まないと荒廃がひどくなる。人が住まなくなった廃墟のような村の写真が良くでているけど何か凄まじい。
幽鬼の棲家のようになっているのだ。成仏しない霊がさまよっている地獄のような所になっている。家は朽ちてゆくとそうなる。だから墓でも地蔵でも石碑でも何でも捨てられてしまうと人が住まなくなると霊が彷徨い出て漂っているような異様な風景になっているのだ。

科学的にわからないにしろ畑を耕していて放射線量が減ったというのは何か土も人の手が加えられると毒がのぞかれ生きた土となるのかもしれない、一旦人の手が加えられた自然は放置されるとそこは荒寥としたものとなる。だから人の手を加え続けねばならない、それは森や山でもそうである。
人間の住んだ所は純粋な自然の場所ではなくなっているからなのだ。人の手を要する自然に変化したものなのである。
posted by 老鶯 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連