2013年03月21日

抽象画とは何か? (日本の地形と水の波紋(タイトル)から考える)


抽象画とは何か?

(日本の地形と水の波紋(タイトル)から考える)

chikeiiiii111111.jpg
クリック拡大!


これもスケッチブックというソフトで遊んでいて偶然にできた。
抽象画も偶然の要素が大きくてもそこに何かしら人間の意図が入ってできている。
つまりこの抽象画が何ですかというときあなた自身のイメ-ジでみればいいともなるが
また作者の意図も見るべきである。

これを日本の地形としたのは日本の地形ほど複雑なものはない、体力のように平坦な地がどこまでもつづくということはない、狭いのだけど複雑に入り組んでいるのである。
それで今回の大津波でいかにちょっとした地形で津浪の影響が大きく違っていたかを書いた。
地形の相違で生死が別れたのである。一様な被害ではなかった。
地形を良くみれば津浪から逃れるヒントがでるということもあった。

ともかく前に小高い丘があるだけで津浪の被害は最小限に抑えられたとかあったのだ。
日本の地形は複雑だから狭い地域でも住んでいてもわからないし飽きないのである。

rippppple11111.jpg


これも偶然だがでもこの絵から何も感じないものもいるだろう。
これを見て自分は水の波紋を感じた。小さな石を落としても微妙に水はふるえて反応する。
これはまた別な見方もある。
ただ抽象画もやはり自然とか人間社会の反映である。抽象画もやはりそうした自然と社会をくみとることが必要なのである。

水というとき女性は水である。女性は神秘であり自分にはわからない、深く接したことがない、
ただ女性の体自体感受性に富んでいる。女性が体にふれられるだけで感じやすいのはそのためらしい。女性のことを最近インタ-ネットで調べて理論として知識をつけている。
ただこれは結婚したり深く女性に接しないと実感としてわかりにく。
ただ女性的なものは男性にも必要である。自分はどっちかというと女性的なのである。
女性的だということは感受性が豊であり芸術家向きだということもある。

抽象画も何か人間的に意味づけしてさらに意味をくみ取るべきなのである。

これは明かに新しい芸術であり自分自身パソコンから新発見したものである。
パソコンで新しい芸術分野が生まれたのである。抽象画なんか芸術ではないという人もいる。
でも芸術そのものが何なのかもわかりにくいのだ。
ピカソの絵だって最初は理解されなかったのである。
時代は常に変わっているから時代と共に生み出されるものがある。
そういう新しいものはなかなか価値づけられないのだ。

ただ抽象画もやはり人間の脳の創作活動の一端を示すもので創作活動だからこれだけ作りつづけているのだ。
もし自分でこれに創作的価値がないとしたらつづけられないだろう。
価値はまず自分が見いだすのである。それは知的なもの全般に言えるのだ。

田園都市-原町-HARAMACHI(川によって特徴づけられる街-詩とエッセイ)


田園都市-原町-HARAMACHI(詩とエッセイ)

(川によって特徴づけられる街)

sakuraikofuuunnn11.jpg

春の大風にしなりゆれる樹々
風にあおられ鳥は飛び
春光に新田川きらめき流るる
川岸に老人ホ-ムや梅満開
街の中心に人の往来の盛んに
春の雲流れ風に吹かれ休みぬ
街を離れて静かに森の中に家あり
人は街を必要として森を必要とする
街は出会いの場、森は孤独の場、思索の場
新田川きらめき流れ海の風の吹く
浜通りに東風は海のかなたより吹きくる
桜井古墳は川の岸辺に海を望みぬ
陽は太平洋より昇り山に沈みゆく
大原の村、昔の生業や古老の棲む
素朴なる人の棲みて親しきや
その跡継ぎのなしを悲しむ
美しき田園の日々よ、再び蘇れ
国見山を望みてここに栄えあれや
太平洋は白波打ち寄せ波にのる
沖ゆく船影の見えて鴎飛びぬ
春の川に鴎は喜々と群れ飛び
東風は吹きそよぎ新たなる街
理想の田園都市はまた蘇り生きむ


新田川の特徴は何か、ええ、この川に何か特徴があるの?新田川は平凡な川である。でもやはりそこに住んでみると川にはそれぞれ特徴があることに気づいた。それぞれの有名な街でなくても特徴がある。一般的にはまず自然とその市町村は特徴づけられる。その中で川が目立つのである。ヨ-ロッパや外国ではほとんど長大な川があるから川で特徴づけられる。川はただの川ではない、川が運河となり四大文明を作ったことでもわかる。エデンの園に四っつの川が流れていたことでも川によって特徴づけられるものがあった。


桜井古墳はまさに原町では最も最適な場所にあったのだ。新田川の岸辺であり海にも近いということは鮭がちょうど上る場所だから鮭を食糧とするに最適の場所だった。そもそも不思議なのは古墳時代は稲作をしていない、この辺で泉官衙跡が発掘されたが米は関東地方から運ばれたらしい。その頃この辺で稲作がされていないのだ。そしたら何を食糧としていたのだろうという疑問がある。

東北地方は水辺、とくに川のほとりに遺跡が多くなっている。これは川に上ってくる、サケ、マスなどをとって生活をたてたものと推定される。
縄文晩期の土器を代表する亀が岡、是川などは川魚によって集落が形成されていたものと思われる。(宮本常一-村のなりたち)

その解答は鮭がかなりの部分食糧となっていた。その具体的な例はアイヌにある。アイヌの食糧は鮭によっていた。また鮭の靴などまであるとしたら鮭に頼る生活だったとなる。川は今のように単に流れているだけではない、重要な食糧を供給するものとしての川だった。古墳時代は稲作が行われた結果として大君なるキミが生まれた王が生まれた時代である。ヌシは地方の土着の王だった。君は後の大君になるから天皇に通じる。食糧にしてもこの辺では広範囲に稲作は行われていない、だから関東の方から運ばれたのである。縄文時代の延長として古墳時代もあった。海の幸である貝とか魚を食べ山の幸であるクリとかを食べていた。鹿とかの動物も食べていた。ただ米はそんなに食べていない、稲作はまだこの辺では普及していなかった。だから古墳は稲作が普及したとき作られたというとき
東北では平地にあるのは少ない、名取の雷神塚古墳とか遠見塚古墳とか海の近くにあり海の幸を食糧とする海と関係した古墳だった。今回の津浪でわかるように古墳時代も深く海が入りこんでいたのである。桜井古墳はその土地の最適な場所にあった。古墳があるところはそういう傾向がある。


新田川の特徴は美的には芸術的にはせせらぎが多いことである。もちろん日本の川は滝だというとき外国の運河のような川とはまるで違っている。常にせせらぐ川である。瀬音(せおと)ゆかしき 杜(もり)の都の広瀬川でもある。新田川は特にそうである。川が短いからそうなる。一方真野川は新田川とはまた違っている。流域が長く飯館村の佐須までつづく奥深い長い川である。高瀬川は激流の渓谷である。宇多川はほとんど特徴がないから何かものたりない、ただ上流が奥で二つに分かれ副霊山の方まであったことは意外であり発見だった。川はやはりその上流や源流まで見ないとわからないのだ。浪江は川の街だった。二つの川が合流する町だった。盛岡も川の街であり川が情緒を作っていた。中津川と北上川は違った音色の音楽を奏でている。あの二つの川があって心がなごむのである。
金沢も川の街であり浮世絵のような風景がかもしだされている。江戸ですら日本橋がありあそこが日本の中心点だった。川はやはり常に街を特徴づけるものとしてあったのだ。


田園都市というのは理想である。エデンの園に四つの川が流れていたから理想の都市には必要不可欠だった。もちろん森も必要である。森というときまたこの辺では深い森ではないにしろある。放射能に汚染されたにしろ別に見た感じは前と同じなのだ。放射能で森が枯れたりはしないのである。街からすぐ離れて森に囲まれて家があったりする。そういう住まいは何でもないようで理想的にも感じる。人間は何でもないような故郷の見慣れた風景が実は貴重なものだと認識していない、見いだしていないのである。それがあまりにも当たり前になると貴重なものに見えないのである。それが津浪や原発事故で故郷まで失ったことで改めてその貴重さを見直したのである。故郷に住めなくなるということ自体誰も想像もしなかったからである。街からすぐ近くの森の中に住めるとなればそれは本当は理想的な住まいなのである。都会だったら仙台でも杜の都だといってもそれは街路樹だけであり森はないのである。この辺ではまだ森が小さくてもあるのだ。


東京のような住環境は最悪でありいくら豪邸に住んでもそこでは自然がないから索漠としたものになる。確かに東京のような街はない、でもそれなりに街がある。飯館村のようになると街はなかったからだ。森があって川があって山があって街があるのが理想的な田園都市なのである。もちろんそこにはどうしても農村的漁村的山村的一次産業不可欠なのである。自分が仕事で興味をもったのは農民であり漁民で山で生活する人である。それらは生活と密着しているから話しも興味深いである。工場で働くような人はあまり関心がない、自然と深くかかわらないから興味が薄れるのである。自然の中で働く人は自然と体でも一体化しているのだ。そういうものが原発事故で喪失したとき田園都市も失われたのである。確かに海や平地や森や山はあっても生活の中で活かされていないものになってしまった。田んぼを水が流れているとき水は生きていた。まるで血流のように水が大地を潤し実りを与えていたのである。田んぼや畑がなくなることは実がない世界なのである。まるで公園のようになってしまったのである。ただ不思議なのは実がなくても花はあるのである。ひまわり畑にしたように花は咲いて放射能の害がないである。それで川内村は花の村にしようと花の栽培をはじめたのである。だからそれも現代では一つの新たな村作り街作りになる。


つくづく思うに意外と人間は長年住んでいても自分の住んでいる足元のことがわからない、その良さがわからないのだ。日本の良さも外国に行かないとわからない、水がきれいでいつも飲めるとうのはどこにもないのだ。川の水はたいがい濁っている。きれいにせせらぎ流れている川はない。ギリシャのロドス島でこの辺の橲原渓谷のようなありふれたものでもそういうものがない、それでも渓谷だなどと観光客が訪れている。日本のような自然は外国ではなかなかないのだ。そのないものが日本にはすぐ身近にありふれたものとしてあるからその良さに気づかない、この辺ではやはり高瀬川渓谷が奥深いし一番の景勝の地だった。そこはまだ長く住んでも未知の領域でもあった。そこに入れないことが理不尽なのである。


自分も新田川の近くの原町高校に通っていてもまたそのあとにしても新田川が特徴ある川だと見ていない、土地の人すら見ていない、真野川でもそうでありただありふれたものとして見ているのだ。高瀬川は変わっているから違っていた。でも他はありふれた何の特徴もない川だと思っている。それは結局見る人によっていたのである。根本的には人間は感受性がないからどんな美しい場所にいても感じないのである。ゴッホのような天才だと異常なほど自然を感じるから芸術家になっている。普通の人間は全く感じない、自然の美を感じない、どんな美しい場所に住んでも盲目なのである。その眼は美をみない、ただ様々な欲望にその眼は濁り見えないのである。それはどこの世界でも同じである。大多数はこの世にある美を見ない、見えないのである。天国に行っても天国が見えない、つまり見る眼がなければ何も見えないのである。動物には自然の美が見えないのと同じである。


ともかく田園文化都市の復興なくして復興はありえない、自分の住んでいる場所がどういう場所か見直す結果になったのが津浪や原発事故でもあった。