2012年12月27日

冬の空 (新しいパナソニックの電動自転車をとりに原町へ)


冬の空

(新しいパナソニックの電動自転車をとりに原町へ)

fuyuaozora222.jpg
クリック拡大!

fuyukarekimichi.jpg

停まるままス-パヒタチ年の暮
冬の空青の深さや長き雲
枯松の生きてあれしや冬の草
枯芒水面に写り波紋かな
枯芒夕日のさして風もなき
冬日さし庭の手入れや寡婦一人
冬の空澄みて梢に高く鳥鳴きつ飛びわたるかな朝の清しき

凍雲の長々と伸び原町の空や電車の通じるざるかな

karematuuuuu1111.jpg

swannnyuube111.jpg


今日は原町に電車でまず自転車屋に行きパナソニックの最新式の電動自転車をとりにいった。
13.2Aであり電池の要領が大きい。2013モデルのビビEXCITYだった。乗ってみたらヤマハのより軽い軽いすいすいと走った。ヤマハはマウテンバイク作りで重いから平地ではスイスイ進まなかった。それで長距離には向いていなかった。また前かがみになるので手とか肩や胸の筋肉が疲れていた。
だからあまり遠出には向いていなかった。これは軽くスイスイ走るから体に負担をかけない、
この自転車をしきりにいいと言っていたのは原町の自転車屋である。鹿島ではパナソニックは売っていない。その人は実際に買い付けのために乗りに行っているという。パナソニックは自転車も電気系統も全部自社で作っているからいい、パッテリ-など外国に輸出しているとか確かにパナソニックとういうとテレビとかの部門でありそれも韓国に押されて会社が衰退し大量リストラだとか騒いでいるが自転車部門では健闘している。電動自転車部門では一番技術的に進んでいる。結局こうした技術部門では他者との競争に負けたら売れない、それがあまりにも明確に数字に現れる。パナソニックがいいとなると他は売れない、ただ自分は電動自転車でも今は種類が多いから何がいいかわからなかった。その自転車屋の人がしきりにこれはいいとすすめるので買った。17Aのもあったがそれがいいのかと思ったがしきりにそれをすすめるので買った。今は種類が多いし何を買っていいかわからない、高いから買い換えも簡単にできない、店主のすすめの買ってを良かった。自分で選んだら失敗だった。まず試乗などできないからへたに自分で選んだら失敗する。これだと行動範囲が倍に広がる。
ヤマハの電動自転車は限界だった。どうも疲れがたまる筋肉が疲れると苦しくなっていた。年のせいかとも思っていたがやはり自転車の影響が大きかったのだ。マウテンバイクとして悪路ならヤマハがいいが長距離はパナソニックか技術的に一段上をいっている。

bbbbbbbx.jpg


原町駅にはス-パ-ヒタチが津浪と原発事故以来とまったままである。あの時から時が停まったようにとまっている。いつ東京の方に通じるかわからない、仙台の方はあと4年とか言っているが東京の方へ通じるのはもっとあとになる。年になると何するにも時間がない、実際自転車が好きで何台も買ったが乗れずに終わっている。そううい時間がなくなっていたのだ。手術して自転車に乗るなと言われたときはショックだった。まだ乗るなと言われている。でもおしつけないようにして乗っている。

原町の駅の小高へ行く踏み切りを越えて山の方へ行くと公園があった。そこで四十雀が鳴きつつ飛んでいた。四十雀は餌不足するのか冬には平地におりてくるみたいだ。これもカシオの最新式のカメラでとろうとしたが動くものをとるのはむずかしい。そこからずっと回りイオンの方に行った。
そして長々と雲が一つなびいている。その写真をとったのだかそれをパソコンでみて空の色がきれいだなと思った。空が冬は澄んでいるのだ。ただこんなふうに空を見ていなかった。人間の脳は景色でも例えば雲をみていたら深い空を見ていないのだ。こんなにコバルトブル-の深い青だったのかと改めて写真を見て知ったのである。ここにデジカメの効用があった。


冬の空が澄んでいる主な理由は

・昼夜の気温さが少なく空気の揺るぎが少ない
・空気が乾燥していて水蒸気による妨害を受けない
・地上からの粉塵の舞い上がりが少ない

ここから五本松の方に行ったがまだ一本の松が倒れていない、幽鬼のように残っているのも不思議である。これは今や97才とか生きている母とかににている。そういう人は今はかなりいる。人間は今やなかなか死なないのである。これは死んでいるのか生きているのかやはり倒れないから生きているのか?枯松という地名も残っているようにこういう松は各地にあった。なんかここに自分が死んでも跡を残すような執念すら感じてしまうだろう。人間は思うにそれだけ生の執念は強いものである。
一旦生を受けたら本能的に簡単に消えたくない、いや消えるということに耐えられないのである。
動物には死を気にしないというが嘘だった。隣の犬は死ぬ時三日前くらいから悲しそうに吠えつづけていた。それは死にたくない死にたくないと吠えつづけていたのである。

真野川には枯芒の影が写っていた。今日はそよりともしない、わずかに波紋が水面にたっている。
「冬日さし庭の手入れや寡婦一人」というとき近くの人は子育ても終わり子供も就職して家にいない、その家は大きな家だけど一人でいる。そんな近くの人に注目していなかった。でも良く見るとそういう人がいて生活している。ただ60代くらいにしてもこれは高齢化では老人とも言えない世代であり中途半端になっている。そういう人はすでに孫がいるのだがそれでもおじいちゃんとかおばあちゃんとかという昔の感じではない、結構色気がある人が多く、枯れていないのだ。だからある意味でこういう人は枯れたなと思って近づくと全然違ったいる。自分は枯れていると思っても相手は枯れていないのだ。そういうところから男女の欲望が消えず問題が起きる。ともかく同居しないで別々に暮らす高齢者が今では実に多いのである。そういう人は孤独になっている。そういう人がいたるところに見られる時代なのである。人間は年とると関心をもてる範囲が極めて狭くなる。


それは人でも同じなのである。東京で歌舞伎俳優が死んだからと関心を全くもてない、芸能人にも関心がもてない、例え有名でも死んでも関心がもてない、年とれば死ぬ人が次々にでてくる。すると有名人だろうが関心をもてない、新しいドラマにも関心がもてない、人間一人でも関心をもって知ろうとすることはかなりのエネルギ-が必要である。一人の人間を知ることは容易ではないのだ。だからめんどうだとなってしまう。ただ近くだとじかに見ているから関心をもつのである。それすらわずかの人しか関心がもていなのである。すでに関心をもつこと知りたいというとき愛するということにも通じているのだ。
関心を何ももたないということは愛もないのである。憎むということすら関心を持つことであり愛にも通じているのだ。人間は本当に認知症のように本当に家族すらわからなくなる。「あなたは誰ですか?」息子や娘にすら言う時、人間は別に認知症でなくてもそれだけ自分の子供にすら関心が薄れて忘れてしまうものなのである。人間は死に近づくとすべてのものに関心が薄れ関心がなくなるのだ。それが死ということなのかもしれない、死はすべてのものへの関心が消えてしまうことでもあるのだ。

2012年12月29日

年の暮 (少子高齢化で村を継ぐものがいなくなる-コンパクトシティ化になる?)


年の暮

(少子高齢化で村を継ぐものがいなくなる-コンパクトシティ化になる?)


故郷に忍びて生きぬ冬の草

前畑に婦(おんな)や蔵に農家かな
年の暮仮設の多く高齢化


別途、地名の研究家に確認したところ、以下の解釈をもらった。「くら」は、切り立った岩壁や断崖のことで、「くり」や「くろ」「くれ」に変化しても同じ語源。栗、倉、黒、呉などの漢字になっている事が多い。「戸蔵」「塩蔵」は山や峰が省略されただけで、あるいは、ただ単に険しい断崖の場所を示しただけで、山を意識していなかったかも。
http://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=10702

倉とつく地名はほとんど物を貯える蔵とは関係ない、地形的なものである。飯館村の大倉も鎌倉にある大倉郷からとったものではないかと書いたがそれもわからない、ただあそこまで岩松氏の領地だったので岩松氏は鎌倉の出身だからそういうこともありうると思った。切り立った岩壁や断崖となれば大倉までの地形は真野川の上流でぴったりであるから地形説が有力になる。でも塩蔵となれば塩を貯えていた蔵と思うのが普通である。でもそこは山の上だとすると人家もないとするとどうなんだろうとなる。粟蔵も粟を貯蔵していたのかと思うがそうでもないのか?ただ蔵というのは農家に付随している。蔵は生活になくてはならないものだった。だから相馬市の宇多川の上流の物倉は地形的なものとは思えない、物を貯えていた倉でありそこに集落ができたのかもしれない、わずかでもやはり蔵は物を貯えるものとしてあり地名化したともとれる。あそこは平らでり地形的にも崖など見えないからである。


倉敷といえばまさに蔵の街であり喜多方も蔵の街だった。蔵を建てることが一人前として認められることであった。だから競って蔵を建てたのである。人間は今は金の時代でも金をもっていても紙屑になったりするからやはり蔵をもっていれば安心だとか富の象徴だったのである。また防火の役割もあったから蔵にはいろいろな用途があった。人間の豊かさは金だけではない、やはり旧家の農家のように土地があり蔵があり前田があり前畑があるときそこに生活してゆく根拠があり豊かさを感じる。やはり田舎では土地をもっている人とか山をもっている人とかが裕福な家だった。山をもっていればその木材は今とは違って炭でも家でも使われていたのだから富を生み出すものとなっていた。

現代では富を生み出すものが科学技術なのである。それが原子力発電に象徴されていたのである。

浪江では原発に働いていた人が三割から四割いたというとずいぶん多いなと思った。そういう人が本当に身近に多かったのである。偶然にあった人が小高の人でも原町の人でも原発で働いていたのだ。浪江なら通勤圏内であり通える。請戸からは原発の煙突が見えて5キロくらいしか離れていなかったのである。親戚でも原発で働いた人いたけど必ず「原発は安全」だと念を押すように言われる。
それがあんなふうに住めなくなるとは誰も思っていなかった。5年間住めないというが実際は警戒区域だから警戒区域を解除されてもインフラの整備に一年以上かかるから7年間くらい帰れなくなるかもしれない、そのうち帰らないという人もでてくる。帰っても何か高齢化で復興の力が出ない人が多いからさらに帰りたくてもそういう復興の力が出ないということもある。ここでも高齢化というのが相当に影響しているのだ。


この辺でも真野小学校は津浪の被害があり生徒数は激減して廃校になるらしい、上真野小学校でも生徒が数人とか入らないとなり廃校になってしまうと言われる。八沢小学校もそうである。つまり鹿島区だと小学校と中学校が町内に一校としか残らなくなる。生徒数が少なくなり維持できなくなる。
団塊の世代のときはクラスが8とか教室がたりないくらいだった。いかに激減しているかわかる。
これは全国でそうなってをり廃校をどう利用するとかなっている。そうなると地域の核となるものがなくなりコミニティが維持できなくなり限界集落化して老人だけが取り残されるのである。


面白かったのは、皆さんが、仮設住宅での新しい暮らしにそれなりに馴染んでいるということでした。例えば山古志では一軒一軒の家が離れているので、近所の家にお茶を飲みに行くだけでも半日仕事だったりしたのが、仮設だと5分で会いに行ける。だから仮設も悪いことばかりじゃない、などと言ってくれたりしたんですね。
http://www.ristex.jp/public/focus/focus_no11.html


高齢化社会はやはり山村とかになると今は適応できなくなっている。昔だったら自給自足でそこで生まれ死ぬしかないとあきらめていた。でも医
療の問題になるとそうはいかない、昔だったら病気になったらあきらめるほかない、今はあきらめない、医療を受けたいとなるとどうしても山村では受けられない、そうしたら早く死ぬほかないとなる。それを昔のように受け入れられないから限界集落とかを廃止しろとかコンパクトシティ化して税金の無駄使いをやめろとか都会の人に言われるのである。例えは自給自足で炭焼きなどで山村で自活していればそれが誇りであり都会的生活をしなくてもいいというなら都会の人も認めるのである。それができないから今は都会の人にいろいろ言われるのである。都会の人と同じ様な暮らしをしたい贅沢をしたいとなればそんなところを援助するのは無駄だといわれるのである。だから山尾三省のうよな暮らしをしていれば誰も都会の人でも文句は言わない、ロウソクで暮らして電気を使わないとしたら文句の言いようがないのである。でも田舎で山尾三省のような生活をしろといってもする人は今やいない、そういう貧乏から脱するためにこれまでの生活があり努力してきたからである。


いづれにしろ少子高齢化の影響は大きいのである。田舎でも一軒一軒が離れていると世話しにくいのである。車で一軒一軒回るのは相当に手間である。仮設のような所に老人が集まっていると世話しやすいのである。弁当を配るにしたってそうである。自分にしても一人にかかりきりで世話しているのは相当に労力がいる。だからかえってそういう介護のためには老人を集めた方がいいとなる。でも施設は満員であり在宅介護にするという政府の方針は納得がいかない、今の時代家族が核家族であり一人とか二人とかが多いのである。だから予算をかけないために在宅介護だというのは時代にあわないのである。一人暮らしの老人が仮設で死にたいとまで言っていたのはみんなが一緒に暮らしている、一人暮らしの人でも仮設では気づかってくれとなるからそういったのだろう。つまり昔の長屋のようになったということである。

2012年12月30日

手水鉢に冬の雨 (石工は渡り歩いた-石工の仕事は石だから長く残る)


手水鉢に冬の雨

(石工は渡り歩いた-石工の仕事は石だから長く残る)

chouzuhachiiiii1111.jpg

手水鉢我が家に古りぬ冬の雨
粛々と石を濡らしぬ冬の雨
苔むして石工の名前冬の雨

京の日や石に残す名冬の雨

名工前川俵治。この前川さんが地元の石工とは限らない。当時名工として評判高い樽井村の石工は各地を転々としていたという事からすれば、金刀比羅神社と大覚寺そして樽井村がある泉州あたりに共通する小野周文さんと渡辺鼎さんがこの3年ほど興浜に連れて来ていたのかもしれない。
http://blog.goo.ne.jp/okinohama/e/c7ad0d31b4e6c22ded48fb42f48fecc9


石工は各地を渡り歩いていた。石工は技術者であり腕のいいものは遠くからでも呼ばれて仕事になる。地元だけでは技術は発展しないしまかなえないのである。だから科学技術社会になると外部から入るものがその土地のものを占有してしまうということがある。現実に浪江で3割から4割が東電で働いていたとかなると浪江辺りまでは東電の会社の配下になっていたのかもしれない、つまり社会は社(ヤシロ)に会すだったが会社はその逆であり会社が社会になっていたのである。双葉郡は結局東電会社双葉郡になっていたのだ。事故起きたあとでも経済的に東電に頼らざるをえなくなっていたのである。南相馬市でも小高になると近いからやはり東電で働いていた人はいたしまた原町でも40年とか働いていた人がいた。原発が建てばもうそれに依存する村や市になってしまうのである。


山木屋へ通じる塩の道のおせん地蔵も長野県から信州から来た石工の伝説だった。

osennjizou111.jpg


これは若い旅の渡り職人の石工が近くの寺に頼まれ地蔵を彫った。それを近くの茶屋の娘、このおせん茶屋という茶屋跡の娘だったろうか、この若い男を見て恋におちいった。この地蔵が完成したら石工はここを去らねばならないとおそれその肩を自ら切りおとしたという。これはどこまで本当かどうかわからない、地蔵を作っているのに失敗したのかもしれない、それを回りのものが想像で作りだしたものかもしれない、


おせん地蔵
http://www.musubu.jp/trymiharu2.htm


石工というと昔は石を手で金槌でたたいて掘っていた。その石屋が近くにあった。石を掘るということは手作業であり辛いことだった。近くに漆屋もあり塗るのもこれも手間がかかる。昔は機械より手仕事だから働いている人を見る機会が多かった。近くで仕事している人を見ていたのである。例えば竹屋でもそうである。竹をスパスバ切っていたのを見ていた。近くで仕事を見れるということは仕事を身近に感じるしどういうふうに社会が成り立っているか理屈ではなく具体的に子供でも知るのである。それは身近な地域でそういう仕事を見ていて育っていたのである。高度成長から余りにも変わりすぎた。ほとんど仕事といかのが見えなくなったのである。工場とかなるともうそこには人間的手仕事とはかけ離れているからだ。でも小さな工場だと中小企業だとまだ人間的なものがあり仕事が見える。最近のスマホとか作っている工場にはクリ-ンル-ムでロボットがいて人がいないという、人は塵などを運ぶから入れられないという、無人工場でスマホなどを大量に作っていたのである。これだけ仕事の場が変わってしまったのである。


ともかく京都の石工は今でも手作業で掘って作っていた。手の感触が大事だとか言っていた。そして石は長く残るからやりがいがある。石は歳月の中で重みがでてくるから他の仕事とは違っている。
確かに石は俳句にしたように冬の雨にぬれて何か我が家にも落ち着き貫祿を帯びてくる。重みがでてくる。でもこの手水鉢を老いたのは三年前くらいである。それでも何か三年たって重みがでてきたなとなる。庭を造るのは人間でも歳月がまた自然が庭を作ってゆくということが違っているのだ。
だから庭は年月を経て完成してゆくのである。そこが庭が他のものと違っている。
文化的なものはなかなかちょっと見ただけではわからない、時間をかけてみないとわからないのである。京都は旅しては見えないものがかなりある。工芸品や美術品やその他歴史的なものでも旅でちょっと寄ったくらいでは理解できない、これは別に京都だけではない、どこでも同じである。

2012年12月31日

大晦日(この6年間の過酷な過去をふりかえる) (来年は心も復興していかねばならない)

 

大晦日(この6年間の過酷な過去をふりかえる)

(来年は心も復興していかねばならない)

一匹余る鯛買う大晦日



2006-1 姉が認知症発症
2006-2 母がアパ-トに移る
2007-2008 姉脳卒中で入院-死亡
2010-10 南相馬市立病院に一か月腎不全で入院
        犯罪にあう
2010-11 母が交通事故、三か月か鹿島厚生病院に入院
2011-3-11 津浪、原発事故
2012-9 手術-相馬総合病院に入院二か月-2年間身体障害者
 


これだけのことが6年の間に起こった。認知症自体が訳のわからない病気でこれを介護するのに苦闘した。ここで思ったことは精神の病ほど怖いものはないと経験したことである。認知症は明かに精神が脳が心が崩壊する病気だから恐怖なのだ。これは知らないものは馬鹿になったとか笑っているが
人間が崩壊するのだからこれほど恐ろしいものはない、人間は脳がやられるとだめになると人間でなくなる。例え体がどんな苦しい病気になっても脳が正常ならまだ人間でいられる。しかし脳が病気になり心も病むと人間でなくなるから恐怖なのである。痴呆になることが信じられないことだった。
救われたのは二年で脳卒中になり病院に入ってからは家で看護しなくてもよくなり助かった。その後半年くらいであっけなく死んでしまった。ただここで自分が一番苦しかったのは二人の老親のめんどうをみなければならなかったことである。一人はまだ正常だから助かった。まもなく動けなくなり寝るようになってしまった。


そして今度は自分が小便が出なくなり腎不全になり一か月入院した。これは思った以上怖い病気でもあった。実際は二週間で退院できた。でも感染病になり40度の熱がでて三日寝込んだ。これも怖かった。病院はかなり感染病になりやすく怖い所である。何とかこの危機は脱した。思えば自分の体をいたわる、心配する人は一人もいなかった。自分の病気にしてもそんなもの誰もかまわない、ただ弱みにつけこまれ犯罪にあった。まさに人間の非情をこの間経験した。一人だけは馬鹿正直な人だったが本当にあわれんでくれたのである。かわいそうだなというときその人は本当に心でそう思っていたのである。その人には今でも感謝している。あとは弱みにつけこむというか援助はほとんどえられなかった。自分の病気にしても早めに誰かが心配して病院に行けるような状態だったら手術までする必要がなかったかもしれない、最初に相馬総合病院の泌尿器科に行かないのが失敗だった。そういうふうに心配してくれる人もいなかった。自分も医者に自ら行かないのが失敗だった。そのうち介護で行けなくなったのである。


さらに2011-3-11に津浪と原発事故がありさらに混乱の中にあり自ら病院にゆくような状態ではなかった。その間管とか入れて身体障害者状態だった。それでもなんとか一人介護できていたから助かった。身寄りがない、頼るべきものがないほど怖いことはない、そういう弱い時、火事場泥棒にあった。それは津浪のあの無惨な状態と光景とにていた。めちゃめちゃに家が壊されて泥に沈んだ死体、瓦礫の山、そんななかに外から入ってきた火事場泥棒がいた。それは自分が経験した風景であった。
まさに地獄の光景だったのである。この世には本当に地獄があるものだと自らも経験したし津浪原発事故は目の前に地獄を見せたからショックだった。  


2012-9月に手術して身体障害者から解放された。病気にはちがいないがこれなら旅行もできるし登山でもできる、海外旅行もまだできると思ってうれしかった。一時は身体障害者であり旅行もできないと本気で思っていた。人間は車椅子とかになり本当にそうなっている人が病気でいる。それとにていると思っていたのだ。まあ、自分はまだこれなら仕事もできる、活動できると思ってうれしかった。もう来年は悪いことは起こってほしくない、そろそろ津浪原発も厄払いして復興に向かわないといつまでたっても立ち直れない、自分の一身上でもそうでありこの辺全体でもそうなのである。
すでに二年たとうとしているのだからいつまでも震災の事故の被害者となって受け身では外からも批判されるだろう。喪の期間は終わりつつあるのだ。


来年は自分も心機一転して創造を継続したい、今年は詩を百篇ほど書いたが新しく作った詩集の部にのせていない、それだけの余裕もなかった。詩も自分の場合いい詩が作れなかったが我ながらいい詩ができるなと不思議に思っている。いづれにしろこの辺は喪の期間は終わり今度の新年は新年らしい新年にしたい、そうしないといつまでもふんぎりがつかないだろう。 
    
今日はまた一日大晦日の料理の準備だった。ラ-メンと鯛が一匹ス-パ-で残っていたので買った。縁起をかついで鯛を買った。それから元旦に飾る花も買った。元旦にアップする俳句の連作もすでにできている。今回は新しい年を祝ってもいいだろう。いつまでも津浪の被害の喪の期間をひきづっているのはよくないだろう。二年間はしかたがないがこれから実際の生活でも心でも復興していかなければならないだろう。


一匹余る鯛買う大晦日


なんとか来年はめでたいになってほしい、やはり体がまともでなければそういう気にはなれない、今なんとかそうなっているから新しい年に向かう準備ができたのである。