2012年11月27日

巨大な権力に操作されるこの世 (権力の主は表には出ない-戦争も原発事故も同じ?)


巨大な権力に操作されるこの世

(権力の主は表には出ない-戦争も原発事故も同じ?)


この世とは巨大な権力によって操作される。そして常に権力は闇のなかにある。その権力によって有為の純粋な若者は犠牲にされる。一生を台無しにされるのである。人間は本当に若いときから間違った道を行く人が多い。それは取りかえしがつかなくなる。この世では本当にそうして間違った道に誘う歪められるのが多いのである。権力をもっているものはたいがい青年を歪める、青年は大きな権力に利用されるということである。その最悪の例が戦争だったのかもしれない、あれだけの人間が死んだけどそれが意味ないものとされる。だからどうしても意味がなくてはその英霊は浮かばれないとなり問題になる。不思議なのは今になるとその死の意味や意義だけが問われている。俺たちを意味あるもの意義あるものにしてくれと死者は叫んでいるのである。
でもその死者自体が若いときその戦争を自ら意義あるものとして選んだかどうかわからない、もちろんだからこそ命をかけるのだから若いなり煩悶したのである。でも大きな権力にのみこまれたのである。そうして道を間違い一生を終わる人が数限りない、今でもそうである。
山尾三省などは最初から農業に意味と意義を求めてその意味と意義の内に死んだから全うしたからその意味とか意義を今更問う必要もないのである。でも当時の青年は戦争に行くにしても明確な思想をもっていたわけでとはない、巨大な権力によって強制されたのである。


カルト教団は大きな権力でありそれを支持するものが権力故に支持される。若者はそういうことがわからないからその社会的に支持されたも
のが善だと思っているのだ。そして一生を台無しにするが誰もその責任はとらないのである。原発事故も大きな権力に操作されたことでは同じだったのである。マスコミなどもほとんど信用できないものである。東電から巨額の金をもらっているし地方の新聞は聖教新聞をすっているからカルトの創価などでも批判できない、悪でもなんでも権力によって左右されるのがこの世である。世の中はいつでもそういうものだったのだろう。この世の巨大な権力に操られのみこまれてしまうのである。権力とは一つの大きな闇なのである。権力は隠されている、明るみに出ない性格があるのだ。権力自体を形成するのが人間の闇なのである。個々人の心の闇もまた権力を作ってゆく。根本的なものは個々人の闇である。個々人の闇からサタンが支配するようになる。この世は金だというとき金に異常に執着する。この辺でも原発の危険性を問う人などいなかった。ただ金になればいいというのが本音だった。そう思わせるのもサタンの思う壺だとなる。現実に今の社会は金だというときまさにそうなっているのだ。そして権力による大きな悪は表に出ない、それがユダヤだとかロックフェロ-だとかいうのもそのためでありそれは不明にしてもどうしても権力が闇の中にあるからその背後のものは何だろうとなり常にとりざたされる。

 


大企業でも尖閣諸島問題で


潜水艦製造詐欺を!
中国などまったく関係ないんだよ。
2010年9月7日、それまでの「棚上げ」を一方的に破り、何故、突然、沖縄海保はカワハギ漁の中国貧乏漁船に襲い掛かったのか、
?    ↓?
1年1隻と決まっていた自衛隊の潜水艦製造が、?一気に6隻=3600億円が国民の血税から奪われた。
尖閣事件「突発」で三菱重工と川崎造船は「競争入札」を回避出来た。
尖閣事件「突発」で、双方で戦後初前代未聞の大量6隻も受注出来た。尖閣事件「突発」で三菱重工と川崎造船は、緊縮財政が叫ばれる中で潜水艦などという原価不明の詐欺兵器600億円×6隻を国民の血税からまんまと引き出すことが出来た。
多くの国民が怒っている石原一家の蓄財疑惑はなぜ追求されない?


心に青雲
http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/302740448.html

 


こんなところに余り注目する人はいないしマスコミでも報道しない、これは東電とかが原発事故を起こしたこととにているのだ。東電という大企業は国家並の権力をもっていた。国家もこうした大企業の利益のために存在するとなる。必要もない兵器が尖閣諸島騒ぎで国民の血税で作られる。得するのは大企業だけだとなる。庶民は常に権力によって操作される存在なのである。中国の反日デモにしても共産党の幹部が不満分子をあおってやらせたのである。共産党指導部の不満をそらすためにしむけたのである。デモに参加した人には金まで払ったというから嘘ではない、権力によって常に操られるのが民衆なのである。創価なども巨大な権力をもっていてそれでマスコミも検察さえ内部に入っていて操作しているのである。だから常に司法でもどこでも権力掌握を目的として行動している団体である。オ-ムが宗教が隠れ蓑だったようにカルト宗教団体はみなそうである。


この辺で例えは大成建設が請け負い放射能除染をしている。その時モニタリングポストの下の土をとっていたというのもやはり権力によって真実が隠されることを示している。最近南相馬市の鹿島区の大内村にできたプレハブの建物が何だろうと思っていたら除染作業員の宿舎だった。でも写真にはとるなとかそこにいた人がとめた。別に悪いことをしていないならいいと思うが除染というのも放射能が関係しているから何か隠蔽することがあるのだ。作業員もどこからか集めてくるのかわからないがまともに金を企業で払わないとか問題になった。下請けを通すと大企業の悪は隠されるのである。それは名古屋の方の下請けみたいだ。他にも愛媛県とか九州とか全国から除染に入っている。この仕事も巨額であるから何か隠蔽されるものがある。そして実際の効果はどうなのかとなると本当の所はわからないのである。そしてヤクザを使ったりもしていたのが建設業界では当たり前のことだった。原発は常に危険を隠すために権力によって操作されていたのである。その内部に何が起きているかなど知らせないし地元の人でも調べようがない、前の佐藤栄佐久知事がプルサ-マルに反対したとき失脚されたことでもわかる。その背後にアメリカなど巨大な権力が働いたのである。ただそれ闇であり不明である。権力の主は表にでてこない、それはだから悪魔的なのである。この世の主がサタンだというときまさに権力をもっているのはこの世ではサタンである。だからいかにこの権力は絶大なものかわかる。この世を変えようとしても絶対にできない、この世を滅びないかぎりできないと聖書に書いてあるからだ。


shukusha2222.jpg

これは仮設住宅かと思ったら除染作業員の宿舎だった。ただこれは何かの事情で秘密にされている。何か秘密にされていることはうさんくさいとなる。原発そのものが常に秘密にされ権力によって隠蔽されていたのである。マスコミとかはそういう隠蔽された悪を調べて知らせるものだがそういうことはない、東電からみんな巨額の宣伝費をもらっていたからである。マスコミにはそもそも悪を正すとか秘密にされた悪を表にだすような機能はない、巨大な権力を補完するものなのである。
なぜ尖閣諸島の原子力潜水艦のことなどが報道されないのか?そこに大企業がかかわっていて宣伝費がもらえるからだとなる。だからマスコミも権力にだきこまれるだけなのである。

posted by 老鶯 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連