2012年06月13日

歴史を見る眼 (世界的には商人が世界のル-ルを作った)


歴史を見る眼

(世界的には商人が世界のル-ルを作った)

feruneru.jpg

●多様な人間との出会い


歴史をみるときこれはいろいろな側面からみられる。歴史を見る眼は多様である。宗教からみ人もいるし経済貿易史としてみる人もいるし技術者だと科学技術史としてみるし医学になると医学史からみるとかその専門分野によって多様なのである。歴史が地理だというときやはりその根底に地理を知らねば歴史をしりえない、その地理をしるのが実感としてしるのがむずかしいのである。今は簡単に外国に行けるから外国に対する理解は庶民レベルで広まっている。外国は学問と関係なく一回でもその地を踏んだ人の方が実感としてしる。本やテレビを見てもヒマラヤの壮大さは一回だけでも見た人の方が実感としてしることになる。最近はパリに八回行ったとか若い人でもめずらしくない。ヒマラヤに十回登山している人がガイドなしでいた。日本人であんな人がいるとは思わなかった。それだけ外国は身近になったのが現代である。


中国から帰る船であったのはモンゴルに一年間羊の牧畜を勉強するために暮らした人だった。モンゴルは冬が厳しく首が縮まってしまうという。零下何十度になるから冬をテントで過ごすのは相当に体力を消耗する。その人は体力ありそうな青年だった。その人が北海道で羊の牧場を開くと言っていたがその人がテレビに出ていたのは驚いた。今はヨ-ロッパやアメリカが留学先ではない、モンゴルのような地域にも日本人が入り込んでいる。日本人は世界中にどこにでもいるから日本人のたまり場あるから世界を旅しても日本人に合わないことはない、そういう時代なのである。
大阪の商人は中国で一発あてれば人口が多いから大儲けできるとか接待するのも大変だと言っていた。必ず税関とかでワイロを払う必要があるという。中国は古代からワイロの国だったのである。
ワイロは一種の貿易のリベ-トだったのである。ワイロも関税の一種だったのである。
今庶民レベルでも外国人が入ってきている。中国人などどこにでもいる。相馬市の玉野で自殺した酪農家はフィリッピン人が妻であり子供いて放射能騒ぎで国に帰ったからそれが原因となもなり絶望して自殺した。東北では多様な人間とは出会いえないがただ底辺でも外国人を妻にしたらグロ-バル的なものとなってゆく、そういう時代なのである。


●日本は島国文明で商業に通じない国


日本人はそもそも島国であり鎖国のように閉鎖的民族である。島国的文明として作られた民族である。大陸のように激しく流動化する国とは違う。世界ではヨ-ロッパでもそうだけど激しく民族が移動して戦争ともなり混交して文化を作ってきている。ユ-ラシア大陸が遊牧民の世界であり遊牧民は羊を追って暮らしているのだから移動する民である。そのことは必然的にすでに遊牧民は商人ともなっていた。イスラムが商人の国だというときまさに遊牧民の国だったからである。砂漠は海と同じく交通路になっていた。草原でもそうである。この遊牧民が航海の民となったことはうなづける。同じ様に星を北極星などを方向を目印とするのが共通としているし国の旗も星となっている。相馬藩の妙見ももともと中国の遊牧民の文化が伝えられて北斗七星を祭る妙見神社となった。遊牧民はまた馬を使うから騎馬軍団でありそれは星と関係していたのである。世界的には遊牧民の影響受けない国はなかった。日本だけが魏志倭人伝に「その地には牛・馬・虎・豹・羊・鵲なし」とあるごとく牛も馬も羊もいない世界ではめずらしい極東の島国となっていた。漁労民族であり海彦山彦の世界だった。


日本には貿易を発達させる土台がそもそもなかった。交通路となるべき砂漠や草原もない、山にさえぎられているから国のなかでも孤立する度合いが強かったのである。海に囲まれていたから海岸線で交通が発達したかというと江戸時代は日本海は海が穏やかだから北前船などでそうなったが太平洋側はそれほど発達しなかった。波が荒いからそれほど海の交通路が発達しなかった。その点大陸は砂漠があり草原があり長大な川が交通路となって商業が発達して商人的気質が養われやすかった。
結果としてそうした世界的交流がしやすいから大きな文明が作られた。外国の貿易が盛んになればどうしても共通の公平な法律で商売できなければならない、だから異民族間でも公平な法が互いの国で作られた。商業は世界的法律を作る基なのである。聖書で契約が中心になっているのは商業がすでに発達していたからである。バビロン辺りではすでに商業都市だったのである。そこではいくらでもそうした考古学的発掘がある。楔形文字からもいくらでも発掘されている。


●信長の時代が商業の時代になった


日本人が商業的なものに目覚めたのは信長が出た戦国時代からである。その時堺が栄えたことでもわかる。信長は商人的な気質をもっていた。商業を盛んにすることが国を栄えさせることとして政策でも楽市楽座とか実行した。それは秀吉に受け継がれた。戦国時代は日本が極めてグロ-バル化した時代だった。一時的でもスペインとかポルトガルとかとキリスト教を通じて交わり世界的な視野をもつようになった。これまでは京都を中心とした寺社勢力、寺院勢力が既得権者として権力をもっていた。それが戦国時代に変化した。つまり京都が権力の中心地だったときその周辺から新勢力が信長を中心にして生まれたのである。ここで僧侶集団の既得権者と争いが起こる原因であった。それをつぶすにはあれだけの戦争にまでなったのである。やはり歴史は地理的なものからまずみる必要がある。

京都の周辺の近江がなぜ次なる日本の中心地となったかわかる。京都には既得権勢力の僧侶集団にしめられている。新しい勢力はその周辺から起きる。近江商人が全国的にあれだけ活躍したのも京都の周辺にあって規制の勢力の僧侶的集団の束縛がなかったからだろう。会津の喜多方が商人の町として栄えたのも会津の北ということで武家の縛りがないところで自由な活動ができたためである。
歴史にはそういう地理的影響が必ずある。伊達政宗があれだけ世界的視野をもてたのはなぜか?
伊達政宗はほとんど地元にいない、大阪の伏見城の秀吉に仕えていた。その愛姫もそこに住んでいて仙台に住んでいなかった。とすればそこで日本のみならず世界の情報にじかにふれていたのである。辺鄙なみちのく一城主ではなかった。常に全国的に活動して世界に眼を向けていたのである。

地理からみるとなぜオランダがあれほど貿易で栄えたのか?それも地理的要因が大きい。ドイツという大国とライン川を通じて結ばれていた。イギリスとも結ばれスエ-デンとかノルウエ-とも結ばれ材木が入りとかニシン漁が盛んで売るもの前の海からとれていたとか地理に恵まれていたのである。
これは酒田とにていた。さらに恵まれていたのはもっと大きなイギリスとかスエ-デンとかノルウエ-と結ばれていたことである。オランダには地理的に富が蓄積する条件がまず調っていたのである。
その商人的文化が育まれて写実的なオランダの絵画が生まれた。オランダには音楽は発展せず写実的な絵画が発達したのも商人国家だったからである。ドイツは広大なゲルマンの森の国だから瞑想的な音楽が生まれた。絵画はもともと写真のように写実性を追求することが根底にあった。だから絵画がオランダには向いていたのである。オランダが宗教にこだわらず貿易の利だけを目指したのも商人国家だったためである。それで鎖国の日本にも長崎の出島を通じて受け入れられたのである。


●日本は侍と農民の国


日本という国の特徴は全体的には農業国家であり侍と農民の国だった。江戸時代三百年で侍的気質と農民的気質の国として作られた。ここにもう一つもの作りとして職人的気質の国として作られた。
商人的な貿易国として作られた国ではない、たいがい中国でも商人国家と言われるように商人的気質、文化が作られてきたが日本は島国として作られなかった。だから商人的割り切りが合理思想がともしいのかもしれない、何か日本はドイツとにている。ドイツも農民的であり森林の民であり神秘思想をもつようになった。日本は農民的なものとしてはドイツとにている。日本の支配階級だった侍は最も商人的なものと反対の極にある。農民もそうである。日本は大阪や近江商人のように一部をのぞいて商人的なものをはぐくまない、それは江戸時代の鎖国の三百年の中で気質的に歴史的アイディンティとして作られた。

大阪的な近江商人的なまず「じぇにだよ」という感覚にならない、銭を本能的に毛嫌いするのはそういう気質が江戸時代三百年で作られていたからである。特に東北は全く商人的気質がない、商業で栄えた時代もない、鎖国時代の侍と農民の社会の継続なのである。東北はだから未だに人間も一般的に閉鎖的であり開かれていない、進取の気質にも欠けている。商人向きではない、農民的なのである。農民から職人には向いているからもしれないが商人には向いていない、それは日本人全体の傾向としてある。近江商人の末裔のうよな人に旅で出会った。外国で実にねぎるのがうまいのである。自分もまねしたけどできなかった。そういうことは簡単にまねできないのである。
だから近江商人とか大阪商人の気質は歴史的に作られた気質だったのである。長年歴史的にそういう商人の世界が作り上げられた場所で育つからそこではそういう気質が生得のものとして作られていたのである。


戦争にしても何かヨ-ロッパのような貿易で利を得ればいいとかいう商人的融通性がなく何か合理的なものもない、犠牲ばかりふやした戦争はやはり商人的気質の欠如なのだろうか?農民的一途さがそうなったのか、兵隊はほとんど農民だったことにもよる。東北人は兵隊としては優秀だったというのはそういう面もあった。東北人は律儀であり融通性がないのだ。それはいい点でもあり悪い点にもなるただ戦線を無闇に拡大してただ無益な犠牲ばかりふやしたのは商人的気質の欠如からきていたかもしれない、もっと冷静に合理的に得か損かを考えたらあそこまで犠牲をふやしたりしないだろう。アジアの大義のためとか戦争にそういうものをもちこんだとき融通性がなくなる。適当な所で不利とみたら交渉も商談も中断するとかの判断ができなくなった。日本は神国だから負けないというのもカルト的宗教戦争にもなっていた。一億総玉砕などというものやはりカルトかかったものとして合理性を失った結果だった。これはドイツのナチスとにたところがあったのだ。

戦争はいかに戦死者を弔うにしても無駄な犠牲が余りにも多すぎた。英霊だとしてなぐさめても何か虚しいのである。農民的気質と侍的気質が合体して悪い方向に向かった。それがいい方に向かいばまた別なものとなっていた。だから日本人は魏志倭人伝に「その地には牛・馬・虎・豹・羊・鵲なし」というようにここから日本人の気質が形成されていたのでありそれが戦争にも影響したし歴史的アイディンティとして日本人を作ってきたのである。ドイツ人が森をアイディンティとしているとにているともなる。


●土星と水星(マ-キャリ-)


サターン(土星)はローマ神話の農耕神サトゥルヌスに由来。太陽から遠く運行が遅いことから年老いた神の名が付けられた。                               

(高齢の慎重な賢者)・(小さな事を積み重ねて大をなす)という点に優れています

水星(マーキュリー)は 流動性を示し、通信・交通、商売、旅行、兄弟に当てはまる


土星は鈍重な農民でありマ-キュリ-は商人であり旅人なのである。旅人はやはり商人と共通していたところがあった。商人は絶えず移動しているからである。江戸時代はまさに土星の時代だった。
それが明治維新以降はめまぐるしく交通が発達してマ-キュリ-の時代になったのである。
グロ-バル化時代だと世界が兄弟だというのもそうである。通信、交通の発達は余りにもめまぐるしいのである。水星のように回っている。そういう時代だから一方で土星のような農民的重厚な落ち着きも求めている時代である。

「最上川と羽州浜街道」という本がアマゾンで今日ついた。
最上川に興味をもったから注文したらついたのである。古本だから千円だった。今は何か書いて調べるときインタ-ネットではたりなくても本で調べられる。それも古本だと半額くらいになるから即座に集められるのである。本というのは何かを調べたり書くときその関連したものが必要になるのだ。それがアマゾンだと一発で即座に注文できて次の日には配達されるのである。本はいくらあってもたりない、あることに詳しい情報が常に必要になっているからだ。だから情報的には格段の進歩が生まれた。本の買い方もこのように変わった。だからそれに応じて変わらねば商売にならない、インタ-ネットでも情報のやりとりが高速ですさまじい量のものが流通しているのだ。だからもはや本という媒体自体が限界にきている。本だと金がかかりすぎるのだ。教育も変わらざるをえないものがある。

「左沢」について書いたがこの本でさらに詳しくなった。つまり「左沢」という地点についてより詳しく知りたい人がいる、それをどこで知るのかとなる。インタ-ネットでもより詳しい情報はでていない、それは今までに蓄積したものの中にある。自分でも今やそういう情報の編集者だから出版社と同じことをしているのだ。現代は新たな情報の編集の時代なのである。

2012年06月14日

コンビニの前で大正生まれの老人の話しを聞く(続) (南相馬市鹿島区の上萱には明治から人が住んでいた)

 


コンビニの前で大正生まれの老人の話しを聞く(続)

(南相馬市鹿島区の上萱には明治から人が住んでいた)

●オ-トラリアの米作りの話(水田が消えた南相馬市)


コンビニの前で戦争のことなど聞いた大正生まれの老人の話をまたきいた。大正十四年生まれだった。

オ-ストラリアで米作りしているけど水はどうしているのかな、

米作りには水は大事だからな、水のいいところは米がうまい、この辺だと栃窪など山に近く水がいいからいい米がとれる、でもオ-ストラリアなんか水をどうしているのか


地下水をとっているらしい、その量は何千年にもわたりたまったものでものすごい量だってよ


ええ、そんなに地下水があるもんなのか,驚きだな
でもアメリカとかオ-ストラリアは地下水がいづれ枯渇してしまうって
森がないので地下水がたまらないからなんだよ
地下水は不思議だよ、郡山辺りで江戸時代にふった雨が地下にたまっているという
地下水ってそんなに古くからたまっているもんなんだよな


この辺は今草原化しているから水田がないから違和感が大きい、当たり前の風景がなくなったことで改めて水田があったときのことを思い出している。山から水は豊に流れ大地をうるおして田から田へと水が流れていた。そして農家には前田があり木蔭がなんとも気持ちいいものだった。その水田がないことが心まで荒廃したものとしている。つまり水が流れ活かされていないのだ。山から田に春には神がおりてくるというとき水が山から田に流れる自然との調和があった。山に祖先が眠るというとき水と深く関係していたのである。その水が流れない活かされないから心まで枯渇した感覚になる。

それは別に農家で米作りしていなくてもその風景はあまりにも長年親しんだ風景でありそれがなくなることなど想像もしなかったからだ。日本では山から水田と水は常に循環しているから地下水のようにとってしまいばなくなるということはない、常に山から水は供給されていたのである。オ-ストラリアでは森がないから水が貯えられなくなった。だから米作りの肝心な水が供給されなくなるから米作りもできなくなると言うのも想像できる。


水田が消えた


とろとろと水は流れる
山から水は尽きず流れる
水は大地をうるおし
水は山に森に貯えられ
とろとろと流れる
山の神は春には
平地におりてくる
山から水が流れるように
農家は何代もつづき
前田があり木蔭が涼しい
そんな当たり前の風景が消えたとき
その流れる水がなつかしい
水は大地の血液だった
今大地に水が流れない
水は活きていない
それは山は森も生きない
みんな一つの命だから
水を通じて命がめぐっているから


●南相馬市鹿島区の上萱は明治から人が住んでいた


その人の話では上萱(うえがや)は昔は上野と言っていたという。その人の父親の話では馬に米三俵積み自らも乗ってあの坂を上ったことを知っているという。その馬は暴れ馬で力が強かったからそれができたという。上萱は戦後に開拓に入った人たちが住んだのであり戦前とか明治には住んでいないと思った。ところが三軒くらいは前から住んでいたという、それもかなり古い、明治にも住んでいた。茅葺きの家がありあれは古いものだと思っていたがやはり戦前も明治からも人が住んでいた。

その人は大正生まれでありその父親は明治の人となるから明治には住んでいた。炭焼きなどをして町に炭を売り米を買った。それから八木沢の麓の地蔵木とか大芦にはやはり江戸時代からすでに人が住んでいたのである。なぜなら真宗系の粗末な石の墓があったからである。もちろん戦後引揚者が開拓に入ったことがかなりあった。小池の自分の父親の知り合いはフィリンピンからの引揚者で小池に開拓に入った。父親とは双葉の新山の酒屋で一緒に働いていたから知り合ったのである。戦後は引揚者が開拓に入ったという地域がかなりあった。小池は松林とかになっていて今のように畑も田んぼもなかったという。あそこが荒地となっていたのである。そういう地域がまだあった。江戸時代から住んでいた人たちの所にまた新しく開拓に入った人たちもいたからこの辺が混同するのである。

上萱がなぜ前に上野だったのか?上野から上萱に名前が変わった。その理由がよくわからない、萱を材料として使ったためか、萱場とか萱のつく地名にはそういうのが多い。茅葺きの家が多かったから材料として大量に必要だった。あそこは明治から人が住んでいたのである。こういうことは人の話からしか伝えられない、町誌など文書で記録したものには残っていない、そういうものが歴史には結構多いのである。そういう言い伝えは消えてしまうことが多いのである。だから郷土史は祖父母の話を聞くことからはじまるのである。

●鰻を売りに天秤棒をかつぎ鹿島区の屋形から川俣まで行った人の話


この話しには驚いた。五貫目の鰻を天秤棒で八木沢峠を越えて川俣まで売りに行った話を聞いたという。川俣までとなると八木沢峠を越えること自体大変でありそれも天秤棒だとなるとバランスをとるのがむずかしいから余計に重労働になる。坂をのぼるときバランスをとるのが大変だったというからその話はリアルである。五貫目というとこれはかなりの重さである。


五貫目町(ごかんめちょう)は、神奈川県横浜市瀬谷区の地名

江戸時代の初期に年貢の石高が五貫目と定められ、それが字名となったという。昭和49年の新設の際の町名は字名を採った。

五貫目は一貫目が三・七キロだから十八キロにもなる。この重さは何匹に値したのか?昔家で店をしていたとき、計り売りで一キロごとに
計っていた。一キロでも結構重いから18キロとなると大変な重さである。

百匹にもなるのか?50匹くらいか、それほどの数でないとこれだけの重さにはならないかもしれない、それだけ売れたら大変な金になったからこそ川俣まで売りに行った。川俣では当時高く売れたということである。今でもそうだけどやはりバナナでも売れるのは金持ちの国である。食料品も金持ちの所に流れてゆく、松川浦でとれた魚も東京の方に高く売っていたのと同じである。地元ではかえって食べられなくなっていたのである。

天秤棒一本で財を成す」という言い回しや、近江商人に由来の慣用句「近江の千両天秤」(天秤棒一本あれば行商をして千両を稼ぎ、財を成すという、近江商人の商魂の逞しさと表すと同時に、千両を稼いでも行商をやめず、初心を忘れることなく商売に励むという教訓が籠められている)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%A7%A4%E6%A3%92


まさにこれであり江戸時代の話である。明治時代にもその継続があった。

川俣は江戸時代以前から絹織物産業が盛んで、良質の川俣絹の生産地として知られていた。明治以降は軽目羽二重が考案され、戦前は世界的に輸出された。


奈良時代 信夫郡小手郷(現在の川俣地区)は奈良の興福寺の荘保であった。(荘園志料) 紫色が高貴な色となされた為、都では紫草の栽培や使用にたいし、厳しい規制がなされたが、ここ奥州では、紫草が保護栽培され、絹織物とともに租(税金・貢ぎ物)とされてきたと推測される。貴族階級の独占から離れ、一般の庶民が紫色を染色できる様になったのは、実に江戸時代になってからのことであり、文献で確認できるのは江戸(寛文4年1664)、幕府の天領に川俣がなってからのことであります。

18世紀頃の染色記録調査 岩城 添野村 惣七より  「奥州 川又村 紫染伝 」 「文化13年(1816)子八月 奥州川又村 紫染ヤ 忠右ェ門 ぬかた村 喜兵衛 安右ェ門 伝也」とある。         (川俣町絹織物史 おりもの展示館)
このことが、後年川俣紫としての染物が、近江商人により江戸と京都で販売され、京都の染物の3倍の濃さとの評判になり、隆盛を迎えたと古老の話にある。  (H11・11・15 高橋歌子氏談)
http://homepage2.nifty.com/khonda/newpage9.html


江戸にも売られた古い伝統をもっているのが川俣町だった。奥州川又村とあるが金比羅参りで萬延元年(1860)、奥州栃窪村(現 福島県鹿島町)の住人によって寄進された「箸蔵寺百丁」の道標。ここでも奥州から小さな地域の村になっている。江戸時代は川俣町が単位ではなく村が単位なのである。鹿島町も鹿島村があり鹿島町になった。あくまでも江戸時代の行政単位は村なのである。
上栃窪に金比羅の碑が多いからこれを裏付けているのだろう。


川俣まで鰻を天秤棒で売りに行ったのは川俣が景気が良く高く売れるからだった。そうでなければわざわざそんな遠くに行かないのである。鰻取りは自分の家で思い出がある。父親が明治生まれであり鰻とりを田んぼの畦道などで良くしていたのである。子供のときついて行った。鰻の住んでいる穴を熟知していたりミミズを餌にして微妙に微調整して穴に入れるのがコツである。鰻をとったときはごちそうだった。家族みんなで鰻を料理したのである。その頃の鰻は天然だからうまかったのである。その鰻を川俣で売りに行ったというのは本当に驚きである。五貫目というと相当な量だったから金になったのだろう。鰻は今や馬鹿高く食べることすらできなくなっている。時代は余りにも変わりすぎたのである。

 
posted by 老鶯 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史(相馬郷土史など)

2012年06月15日

関所の俳句十句 (旅には関所も記憶する目印となっていた)


関所の俳句十句

(旅には関所も記憶する目印となっていた)

上り来て箱根の関所春の暮


関が原こえて春野の近江かな


伊吹山関が原にそ残る雪


関が原越えて近江や春の山


(中山道)

宿探す関所辺りや夏燕


秋の湖姫街道の関所かな


(市振)

秋日没る関所の跡や沖に船


月の出て関所の跡や松一本


旅人を関所に知れや秋の夜

白河の関やみちのく草の花


間道を幕末の武士月光る

 


関守の宿を水鶏にとはふもの


秋風や薮も畠も不破の関 芭蕉



旅がなぜ旅でなくなったのか?観光と旅は違っている。旅は車で行っても旅にはならない、旅人にもならない、通過するものになってしまう。旅は江戸時代のように歩いて旅したとき旅だった。旅人にもなれた。皮肉なことに不便であれば不便なほど旅になった。旅では関所は不便でもやはり今になるとその関所があってまた旅だったということがある。これは国境にこだわる人が今いまことでもわかる。国境を越えるということが一つの旅の難関でありビザもとらないとなると余計むずかしいからそこで情報交換をする。外国では国境があり国境を越えると別な国になる。貨幣も変わりりょうがいする。国境を越えることはかなり緊張することなのである。それが江戸時代では関所でありあとでは番所になった。江戸時代の方が土地土地で個性があったから旅は今の旅とは全然違う。次々に未知の世界を旅することだったのである。その未知への入り口が関所や番所であった。だから関所でも白河の関や勿来の関はすでに過去のものでありなくなっいるから関守がいたらな水鶏のように問うものにとなった。関守がいたころがなつかしいとなった。白河の関でも誰もいない関守もいない、ここが関所なのかとなる。そこは藪になり畑になっている。ただ秋風が吹いているだけである。


自分が旅してやはり記憶に残る関所となるとやはりそこに関所が再現された所だった。姫街道で有名な浜名湖の気賀関所や中山道の福島関所などがある。そこは再現されているから記憶されていた。
もう一つ関所があったがどこの関所かわからなくなった。日本海回りで江戸に通じる関所だから加賀百万石の大名行列が通ったということで有名だった。関所があれば文書としても通った人が記録される。逆に今の時代は旅しても余りにも簡単に行けるし関所がないから要所として記憶されないのである。旅が何度も記憶が大事だというときやはり記憶される要所となるポイントとなる場が必要だったのだ。それが現代にはいない、もちろん新幹線で日本を横断しても何も記憶に残らない。自分の場合、結構自転車で旅したことで記憶して思い出して書いている。もちろん電車で行ったのもそれなりに記憶されている。でも自転車の旅だと雨にぬれたとか風に吹かれたとかを覚えているのだ。北海道でやたら風の吹く所がある。そういう難儀なことが実は旅の記憶に残っているのだ。芭蕉の旅でもあれだけ難儀したから記憶として残り奥の細道を脚色して名文にしたのである。旅は記憶されること思い出されることがあとで大事になるのだ。ところが現代の旅はあまりにも便利すぎて思い出として残らない皮肉があるのだ。


旅人を関所に知れや秋の夜


ここは日本海を回り江戸の方にゆく所の関所だった。ここを通るときはもう日も暮れようとしていた。ここで通った人を記録される。それは一つの旅の記憶である。関守が誰が通ったか記憶してくれとか芭蕉の水鶏の句のようになる。なにもなくて通りすぎるのが淋しいともなるのだ。現代は余りにも人と人も悠長に接していられないからかえって旅の出会いもないのである。芭蕉の時代はそもそも純粋に旅だけしている人は芭蕉くらいだったろう。僧がいても本当に数があまりにも少ないのである。今はどこにいっても観光者だらけだけど旅人はいないのである。旅人は今や苦労して演技して自ら作らねば旅人になれない、自転車で一か月も旅すればなんとか旅人らしくはなる。それでも江戸時代の旅人にはなりえない。山尾三省のことを書いたけどこんなに豊かな時代に貧乏に生きることはかえって演技者のようになっているのと同じなのである。あえてそういうふうに無理して演出しないと昔に帰れないのである。

関が原は関があるからでありそこはちょうど東と西の分かれ目だった。伊吹山でヤマトタケルが死んだのは象徴的だった。山の上だから雪が残っているがそこを越えると近江の春の平野が広がっているのだ。ここからは近江であり西であり京都も近いとなる。そういう境目は意識され記憶に残る。
「トンネルをぬけると雪国だった・・・」というのもそうである。それは宮城県から山形県に入る
山寺に入る所が国境のトンネルである。そこは春でも雪が残っている。市振なども厳しい関所があった。でも沖を見ると船が通っていて関所がないとなる。あそこは平らだから境目として意識しにくい。何もそれらしいものもなくわからなかった。


関所というとき江戸時代の後半はかなりル-ズになっていたらしい。だから間道を金で案内する人もでてきた。間道をぬけても関所を番所を通ったという判子を記しをもっていないとまずい面があった。あとで取り締まられたら危険である。でも幕末の頃になるとかなりル-ズになり志士でも新撰組でも間道を通り抜けた。そういう変化のときは規制のものが破られやすい。関所なんかどうでもいい、命をかけて奔走しているからそうなる。旅には特に外国になると融通性が必要になる。言葉もわからないで自由に旅する若い人がいる。それは融通性があり臨機応変さがあるからつまり勘が働くからできるのである。言葉はそれほど関係ないのである。自分は融通性もないし勘も働かず外国ではひどいめにあったから行きたくないということがある。日本のように旅できないから嫌になった。


元治元年10月16日、前日に江戸を発って京都に向った伊東甲子太郎ら一行のうち、過去の横浜での攘夷活動が原因で幕府に追われていたという相馬藩出身の大村安宅は、神奈川の関所で、嫌疑を避けるために間道に入りました。
http://bakumatu.727.net/kyou/11/111464-oomuraataka.htm


相馬藩士に新撰組がいたのは意外だった。水戸系の天狗党は知られていた。新撰組に入ったというのはどういう経過だったのか?会津は新撰組と一体だったからわかるけどどうして新撰組に入った相馬藩士がいたのか?そういうのもまた一つの相馬藩の歴史だけどこれも誰か解明しないとわからない。


「相馬藩士と新徴組」
http://red.ap.teacup.com/hangui/1935.html


ここに詳しい、坂本龍馬も間道を通ったとかあるけどそういう浪人組とか志士とか新撰組はもう関所を無視して活動していたのかもしれない、それが時代の変わり目だったのである。

 


俳句と短歌は連作として読むとき一つのつながりを感じる、一句一首ではその背景などがわかりにくいから一連のものとして読みにくいのである。だから十句十首で連作として新たに創作しているのである。 

関所について
http://musubu.sblo.jp/article/3506731.html
 

2012年06月16日

錯綜する明治維新 (相馬藩士が天狗党と新撰組にいたわけは)


錯綜する明治維新

(相馬藩士が天狗党と新撰組にいたわけは)


江戸時代末期に展開された反幕排外運動。その思想的基盤となったのは,藤田東湖,会沢安(正志斎)らが唱えた水戸学である。幕府は安政1(1854)年,日米和親条約に調印し,その批准を朝廷に求めた。海外事情にうとい朝廷は,攘夷論の拠点であった水戸藩の働きかけもあって勅許を与えなかった。他方,はなはだしく貧困化し幕政への不満をつのらせていた諸藩の下級武士層は,夷狄(いてき)として排斥すべき西洋諸国の圧力に屈して,幕府が国交を開くのをみて憤激した。同5年おりから将軍継嗣問題で紛糾していた幕府は,井伊直弼が大老に就任し,勅許を待たずに反対派を押切って日米通商条約に調印,次いで安政の大獄を断行した。外国貿易に伴う物価騰貴によって生活がさらに圧迫された下級武士層は,以後朝廷の尊攘派公家と結んで活溌な攘夷運動を展開していく。諸藩でも,初め水戸藩,次いで長州藩が藩論として尊攘を掲げ,攘夷親征の挙が宣言されるにいたったが,文久3年8月18日の政変で公武合体派に敗れたこと,鹿児島,下関における四国艦隊との交戦(→四国艦隊下関砲撃事件)を通じて攘夷の無謀さが認識されたことなどの理由で,攘夷運動は急速に衰退し,以後は尊王倒幕の方向をとって展開され,明治維新の原動力となった。天狗党」は,水戸藩の尊王攘夷派の呼び名である。尊王攘夷とは,天皇を尊び,外国の勢力を打ち払おうという思想で,幕末にさかんに唱えられ,多くの志士たちをつき動かした。実は,水戸藩こそが,その尊王攘夷思想の発信地だったのである。
http://homepage3.nifty.com/numa/historio/tengu-to.html

1864年、尊皇攘夷をうたう長州藩が四国艦隊下関砲撃事件により砲撃を受け、その武力差に敗北を期し、長州征伐によって勢力が弱まると尊皇攘夷運動も勢力を弱めていく。そして欧米列強の圧力を排するためには、一時的にでも開国し、外国の技術に学び国内統一と富国強兵を行うべきだとする思想が生まれた。坂本龍馬らの仲介によって、1866年に薩長同盟がなされると、攘夷の不可能さを悟った薩長両藩の改革思想は「討幕」へと転換していった。


明治維新は錯綜しているから今も何なのかわからなくなっている。浦賀にペリ-が来て開国を望んだとき政府は従った。開国であったからのちの開国派となった薩長と同じである。違っていたのは倒幕派であり開国を望んだ。幕府を倒すことで薩長が一致した。ところがまた薩摩の西郷は最後薩摩藩を武士階級の存続を守るために西南戦争で死んだのである。倒幕派にしても薩長が武士としての階級を守り政治をするというのことが明治維新だった。とすると会津などと同盟しても不思議ではない、なぜなら会津も武士を守ることで武士道を全うして滅びたからだ。これは西南戦争と同じではないか?
西郷隆盛は藩を存続させようとしていたのだ。ただ西欧列強に対抗するには強力な中央集権国家を作らねばならない、それで封建的地域主義では対抗できないと天皇中心の強力な中央集権国家を作った。だから東京中心の社会となり方言まで規制され標準語化したのである。文化的にも強力な中央集権国家、東京中心の社会を明治以降作り上げたのでありそれは今にも継続されているのだ。

西南戦争で国民軍が形成されて武士の軍団に対抗して勝ったことが日本国民としての自覚をうながした。奇妙なことは会津は薩長に恨みをもっていたから西南戦争では国民軍として参加して活躍していた人がいてその家ではその時使った錆びた刀が家に残されていた。敵が味方になり味方が敵となるようなことになる。

一体明治維新は誰のための革命だったのかともなる。武士階級を残すという西郷などの力は明治維新後も働いていた。だから武士でないものは平民と戸籍に記されていたのである。武士階級は士族として形は残された。明治時代はの警察官も、士族出身者が多数を占めていましたというとき自分の母親の父親は警察の所長だった。会津の士族の出だったようだがたどることができない、だから裕福で父親がいつも威張っていたというのがわかる。その頃母親は大きな庭のある家に住んでいたという。でも子供のとき父親が製糸会社を運営して失敗してあとは悲惨な運命を歩むことになる。継母のことを書いたけどそれも製糸会社運営と関係していた。士族は警察関係などに就職した人が多い。警察関係とは相性がいい、それから教育関係にももともと教養があるから職を得た。ただ武士はもともと商売とか企業には向いていない、なぜなら武士は義を重んじる誇り高きものであり商売には向いていず武士の商法といわれた。武士が意外と向いていたのは農業だった。相馬藩ではそもそも郷士であり農民であったからその継続だった。それでも新しく農業をはじめた武士がいた。


八沢浦開拓では中に妙見神社が田んぼの中に祀られていたから新しく開拓に入った武士である。あとは北海道で開拓に入った武士が多く、武士橋とか武士と関係するものが多い。伊達藩は伊達市まであるから藩ごと武士が開拓に入っている。三越とか高島屋とか何か今の大きな会社の前進は近江商人の系統であるのもそのためだろう。明治維新はそうした地主階級とか商人とか企業家にとっては得するものだったのである。それらの人たちのバックアップがあったことは確かである。一番損したのは苦労したのは武士階級だったという不思議があるのだ。結局日本は外圧で運命が左右される。欧米列強に対抗するには強力な中央集権国家を作ることが急務でありそれで背伸びしたのである。そのことは太平洋戦争までつづいていたのである。富国強兵政策は太平洋戦争まで変わっていなかったのである。太平洋戦争までは富国強兵政策に国民も反対していない、貧乏でもそうだった。だから日露戦争の勝利に国民あげて酔った。実際は引き分けでも勝利したと過度に日本が持ち上げられたのである。
その奢りが太平洋戦争とつながっていたのだ。常に歴史は奢りが滅びに失敗に通じていることは常に指摘されてきた。原発事故も日本の技術は優秀だという奢りがあった。だからあまりにも日本を誇大化させるものは信用できない、右系統の人はそういう傾向が強いのである。日本に対しての誇りは必要でもそれが奢りになっているのか多いから肯定できないのである。


いづれにしろ明治維新を解明することは容易ではない、ここで注目したのはそういう全体像ではなく関所のことを書いたので関所を通じて明治維新を見るということもある。


天狗党の挙行に期待をかけた庄内藩士・清河八郎は、水戸藩にやってきて、天狗党の傲慢な
態度に失望し、その無謀さを批判して帰ってしまった。清河が憤った天狗党の狂乱は、軍資金と
称して、豪商や豪農を襲撃して、財貨や食糧を強奪するまでに発展し、この狂乱に対抗するため
に自衛組織も作られたほどだった。

中には、間道や裏道をわざわざ天狗党に教えて、藩軍と天狗党が正面衝突しないように機転を利か
せる藩もあったという。

間道を通らせたというのは関所を正式に通ると証拠が残ったりして責任が問われるからである。明治維新の時代は正式に通る道より間道をゆく武士が多かったろう。規制のル-ルが破られる時代だったからである。天狗党の無謀も騒乱もそのはじまりだった。こういうときは過激派が出てきて混乱する。テロが起きてくる。


清河は上手く幕府を出し抜いて今度は佐幕派を京都に集め出した。文久3年(1863年)2月23日、将軍・徳川家茂上洛の際、その前衛として清河は盟主として浪士組を率いて京都へ出発。京都に到着した夜、清河は浪士を壬生の新徳寺に集め本当の目的は将軍警護でなく尊王攘夷の先鋒にあると述べる。鵜殿鳩翁が浪士組隊士の殿内義雄・家里次郎の両名に、京に残留することを希望する者の取りまとめを依頼し、攘夷に反対した根岸友山・芹沢鴨・近藤勇・土方歳三らが残留し清河と袂を分かつたものの[8]、200名の手勢を得た清河は翌日、朝廷に建白書の受納を願い出て幸運にも受理された。
このような浪士組の動静に不安を抱いた幕府は浪士組を江戸へ呼び戻す。清河は江戸に戻ったあと浪士組を動かそうとするが、京都で完全に幕府と対立していたため狙われていた。
文久3年(1863年)4月13日、幕府の刺客、佐々木只三郎・窪田泉太郎など6名によって麻布一ノ橋(現麻布十番商店街そば)で討たれ首を切られた[9]。享年34


新撰組の成り立ちもまた錯綜している。佐幕派によって最後は暗殺された。


たまたま戊辰の役で長州藩士で奥羽鎮撫参謀世良修蔵(慶応4年4月20日福島にて斬首せられる)が同年4月9日白河城に入城し、会津藩攻撃を督促しているとき、坂田屋にて志げ女と遊んだ。
世良はこの地が危険であると察し、同年4月18日白河を脱した。
このことから会津藩士は志げ女を憎み、志げ女を殺害した。
これを知った遊女屋の下男がこの地にて会津藩士を殺害し、その仇を討った、戦争の悲劇の一駒である。

これも錯綜して混乱している時代の犠牲者であった。
「お前は薩長の犬か、成敗してやる、この女郎めが・・・」
「わたしにゃとってはみんな客にすきませんよ、薩長もなにもないですよ」
「どっちにしろ怖いし客としてむかえないわけにはいきませんよ」
「馬鹿言うな、お前は賊だ、切って捨てる」
なんとかかんとか疑心暗鬼になっているからそうなる。錯綜と混乱と疑心暗鬼と殺伐な殺戮から庶民が犠牲になっていた。それを怒った下男が会津藩士を殺したというのもわかる。これは会津藩士がいきすぎていたのである。「なんで殺されるんだ、遊女だからか、馬鹿にすんでねえ」とかなった。


相馬藩士も犠牲者がかなたりでていた。


相馬藩降伏(1868/08/07)と戦死傷者

家中 17人。 給人郷士 69人。 足軽 16人。 農兵 12人。 夫卒 11人。
負傷 129人。   相馬兵の多くは棚倉城攻防戦で戦死。    (出典:相馬藩政史)


家中とは城づめの武士だった。相馬の城に勤めていた。あとは農民と武士の両方を勤めていた給人郷士である。足軽16人というのは給人郷士に仕えていたのか、家中に仕えていたのか、相馬藩は小さいから足軽がそんなにいたのかともなる。ただ野馬追いの時、馬を引く人がいるがあれは足軽だった。五十人町とか百人町とか仙台にはあるけど他にもあるけど足軽町もあるけど相馬藩にはない、六万石だから小さいからない、白石に足軽まんじゅうまで売っているのはそれだけの足軽を伊達藩ではかかえていたのである。そもぞせ足軽だけで生計をたてられるかというとそれだけの余裕をもった武士は相馬藩にはまれだろう。郷士なのだから農民なのだからまれである。
農兵12人というのも純粋な農民だった。農民も明治維新では参加していたのだ。ただこれは相馬藩としてのまとまりとして農民が出ていたのである。


ともかく天狗党にも新撰組にも相馬藩士がいたのは天狗党から新撰組が生まれていたことでもわかる。だから天狗党にいれば新撰組にも入る、それは清河八郎をみればわかる。このように明治維新は錯綜して混乱しているからわかりにくいのである。


天狗党-清河八郎(攘夷派)-浪士隊-新撰組(佐幕派)-会津藩

posted by 老鶯 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史(相馬郷土史など)

2012年06月17日

海に囲まれて国境意識が希薄な日本人(続) (関所も今になると意味あるものだった)

 

海に囲まれて国境意識が希薄な日本人(続)

(関所も今になると意味あるものだった)

大陸の国境


万里の長城は延々とつづく
これは何なのだ
砂漠の果てまでつづいている
中国三千の歴史は国境作る
それは大地を区切り囲い込み
国家を作り守ろうとする執念
日本は海が国境でそれがない
大陸の国境は作られ死守されねばならぬ
国境を守るための戦いは繰り返される
国境には多大の犠牲が払われた
日本の歴史にその労苦はない
海が自然の防壁となり国境となる
それ故日本の防衛意識は薄い
国境を死守せねば国は攻められ蹂躙される
その恐怖があの万里の長城を作った


この西の果て「嘉峪関」(かよくかん)までつづいている。砂漠の中にその防塁が残っている。なぜかあそこに魏の国の遺跡があった。中国の歴史はあまりに大きすぎてわからない、あそこからは中国ではなくなるし遊牧民が攻め入った所だった。中国の歴史はモンゴルなどととの攻防の歴史だった。最初の国家自体、始皇帝自体が遊牧民の子孫とか言われるのもそのためである。つまり国家とは他国との攻防のなかに作られたのである。それが国境なのだ。


だから大陸では国境の意味は大きい、つまりその国境をめぐり多大の犠牲が払われたからだ。国境は自然が山や川があって国境になったとしても絶えず他国の侵入があるから人為的に守り作られてきたのである。日本にはこうした国境意識が希薄である。だから北方領土とか尖閣諸島など国境意識がないしそれを守ろうとする意識も薄い、大陸では国境を守ろうとする意識が歴史の中で培われてきた。島が一つの海に守られた国となると島には国境意識は醸成されない、ここがオレのシマだというときそれは動物の縄張りであり大きな国の国境を守る意識とは違う、非常に狭い範囲の縄張り意識なのだ。だから日本が大陸に侵攻するのはあまりにも無謀なことだった。中国のような大きな領土を守り国境を死守してきた歴史さえない国が大陸を支配しようとするのは無理だったのだ。

http://www.panda-style.com/dest/2002b/jiayuguan.html


日本は島国であり一般人には国内にいて漁師を除き国境を意識する人は殆ど無いと思う日本人は国外に出るには船・飛行機でしか手段が無いので「外国に来た」と感じても「国境を越えた」とは感じない。これは他の陸続きの国民と比べたら国意識がかなり違ってくると思う。

冷戦の緊張時には国境中立地帯を挟んで軍隊が睨めっこしている場所もあったのだ。現在でもそういう場所はある。朝鮮半島の板門店38度線、インド・パキスタンが良い例 国境間には地雷原があったりする。
そおいった場所には必ず政府機関の軍隊・警察が見回り警戒している国内で分かりやすい場所は大使館・米軍基地、あそこは敷地の内と外でハッキリと日本・外国と分かれている。侵犯した時点で日本の法律が効かない≪治外法権≫だ。

もし日本が陸続きであれば危機意識はかなり高かったろう、
外国に歩いていけるのだからその逆の外国から国内に侵入してくる事も可能なのだから・・・
まさに戦国時代のようにピリピリした状態が出来るのだからかなり違った
外国で普段感じない「日本人だ」という国民意識が出来たと思う。

http://www.panda-style.com/dest/2002b/jiayuguan.html


追加の文



関所のこと書いたけど関所は不便なものだけど一つの旅の記憶の目印となる。それがなくなるとどうなったか、かえって地方の個性も育てられないし文化も育てられない、文化はミクロコスモスをもつとき育てやすいのである。グロ-バルになって世界化したときかえって国もみんな同じになったら個性は育てられない。マクロコスモスとなると人間のアイディンティティはモノを通してとしか意識できない、貿易にはいいにしても文化は全体なのである。その土地土地の自然と一体化して地方の個性が作られている。江戸時代が藩ごとに違っていて個性的だから多様な世界が生まれていた。関所がなくなったときそういう境界の意識が喪失した。電車であれ車でも地方の国と国の境界があいから別な国に入るのだという意識もない、みんな同じだという意識になってしまう。もちろん関所は不便であり国境などない方がいいという意見もあるしそういう不便な面も見逃せない、国境を通じて悲劇が起きていたのも現実である。関所でもやはり関所破りは厳罰で殺された人もいる。

ただ関所がないとここからは別な国、別な文化とか意識することもない、みんな同じなんだというものになり旅もつまらなくなったのである。やはりアイディンティティを作るのに丁度相馬藩くらいの範囲が人間的に作りやすい、広くなると作りにくいのである。つまり会津には会津の山国文化があり浜通りには海の文化がありとそういうところで個性的な文化がはぐくまれる。福島県自体が一つとしてアイディンティティを形成しにくいのだ。福島県だけでも広すぎるのである。広すぎるということは政治的にも統一した感情とか施政がゆきとどかないのである。福島県はただ大きいだけでまとまりがないとなる一体感がないとなる。小さい国の方がまとまりがあり施政がゆきとどき細部までみれるということがある。

中国の万里長城がなぜ作られたのか?ただやたらと目的も意味もなくあんな長大なものが作られない。これも遊牧民に攻められるために中国が国境として意識されるために一つの国として意識されるために作られたのである。そうでなければどうしてあんな馬鹿でかい国が一つの国として意識されるだろうか?あの万里長城によって中国が一つの国として意識されていたのである。万里長城がなければ一つの中国はなく中国人もなかったかもしれない、中国の統一のシンポルとして万里長城があった。そうなれば意味もないものではない、明かな目的と意味があり建設されたとなる。


日本は四方を海に囲まれているから海に守られているから国境意識がはぐくまれない、それは一面恵まれていたのだが国防意識が育たない、だからモンゴルが責めてきたときも海で守られたから歴史的にもかえって国防意識が育たなかった。かえって神風が吹くとか神がかりになっていた。ただ海に囲まれている地の利でそうなっただけだったのに神の国とかいう意識を育てたのである。他の国では国民が国境を命をかけて守らない限り守れないのである。それで尖閣問題でもあそこが国境なのか、日本が中国に攻められてとられてしまうのかという意識が希薄なのである。人も住んでいない小さな島であり海しかないからである。大陸の国境意識と日本の国境意識は相当違っている。国境では命をなくしているし国境は生命線である。この世界は何でもプラスの面とマイナスの面がある。それはあらゆる所にあり関所も不便だが今になるとそれなりに意味があったとなるし見直される。観光で関所を再現しただけでも境界が意識されるから意味があるとなる。関所でスタンプを押してもらうだけでそれが旅の記念にもなる。ただあまりにも容易に通りすぎていくからただ通りすぎてゆくだけの旅になっているのだ。世界旅行者で国境にこだわる人がいるのはやはり国境が旅で一番記憶されるものとなっているからである。


古来、関所をめぐっては「関雲長、五関を過ぎ抜けて六将を斬る」「千里、兄長を尋ねる」など感動的な故事や伝説が多く、「楊六郎、三関口を守る」は誰もが知る物語である。関城の内外では、重要人物を祭る廟や関所に関わる有名人の祠をよく見かける
http://www.rmhb.com.cn/chpic/htdocs/rmhb/japan/200204/5-3.htm


日本とは違い城は長い城壁があり外国では関所の役割も果たしていた。関所は物語が生まれやすい場所だったのである。




これは時事問題の深層に書いたものでありそれに付け加えたのである。インタ-ネットは付け加えたりあとから直したりすることがやりやすいのである。前に書いたものを発展させることができるのだ。

日本人の国境意識の希薄さ(時事問題の深層)
http://www.musubu.jp/jijimondai21.htm#sekaku


文化が交わり育むには長い時間が必要
http://www.musubu.jp/jijimondai21.htm#bunka


ここでも書いたけど貿易で物が流通するのは交通が発達すれば簡単だけど文化が交わるとなると
時間がかかる、仏教にしてもインドから中国から朝鮮からと伝えられる内に変貌したのである。
仏教の受容でも中国の文化を通して禅宗になったり韓国だと美的になったりと違っている。
日本は日本の文化なりに仏教を受容したのである。それには時間がかかったのである。
グロ-バル化とは物の流通はしても文化となると簡単にはできない、長い時間が必要なのであり
それを性急にすると問題が起きているのだ。アメリカは何かそういう文化を無視した所があり
もともと文化がないからこそ軍事力で性急に制圧して文化を無視しているのである。

2012年06月18日

南相馬市鹿島区右田浜一年過ぎた夏(短歌十首) (北海道化した津浪の跡の不思議)


南相馬市鹿島区右田浜一年過ぎた夏(短歌十首)

(北海道化した津浪の跡の不思議な写真)

jihara11.jpg

yoshjara1.jpg

daiyoshi2222.jpg
クリック拡大!

sunahana1111.jpg

kaigarasyna111.jpg

popiiii1111.jpg

roottreee1111.jpg

shivvitai1111.jpg

numasakana1111.jpg
小さな水たまりに小さな魚が結構いた
十匹くらいいた

ametonbo.jpg
hakajizouuu111.jpg

latamiiiii11111.jpg

daimatuumoji2222.jpg
クリック拡大!

枝がなくなっているところまで津浪が来た
松原の約倍の高さで襲った
海岸に近いところはその衝撃が凄まじいものだった
だからこの松くらいの高さで枝がそぎおとされた。


umatu2222.jpg

garounatu111.jpg

monnnnatiuno111.jpg

だれの家だったのだろう


海風の草原にそよぎ夏雲雀


今日もまた草原広く夏雲雀


鵜の二羽や海風涼し残る松


大内ゆ夏野開けて鹿狼(がろうさん)見ゆ


あめんぼう波紋描きてとんぼ飛ぶ


家の跡二本の樹の草原に離れがたくも残りけるかも


津浪跡人家の消えて葦茂りヨシキリ鳴きて巣の作るかな


夏の日や津浪の跡に葦原の風にさやぎて白雲湧きぬ


百本の松も消えにし数本の残れる松に海風涼し


庭の石ここに残りてポピ-咲く砂浜熱く白波たちぬ


家の跡砂に埋もれぬ形見とて花をささぐも夏の海映ゆ


津浪跡たまりし水に小さなる魚およぎぬ夏となりにき


慶応と記さる墓や形見とて集め残され海の風吹く


痛々し津浪の跡に残る松その根の堅く離れざるかも


ノカンゾウ日陰に咲きてかたづけのなおつづくかな草原と化して



今日は晴れたので右田の方にまた行ってみた。草原化して津浪で流された家の跡に日本の樹が立っている。その樹がなんとも他でもそうだが人間に見えるのだ。離れがたく二本の樹が愛し合うように立っている。それは夫婦にも見えるし人間に見えるのだ。庭の樹は人間化した樹になっていた。飯館村などでも人がいなくても残された樹は人間を待っている。人間化した樹なのである。それはペットがもはや原始の動物ではない、人間化した動物であり半分人間になっていると同じである。

以前として津浪の跡の風景は異様である。この風景になれこれが当たり前になるのには日常化するには時間がかかる。ただこういう風景は北海道でみている。防波堤が壊れ家がなくなり砂浜となる。

これはもともとあった自然にもどっているのだ。葦が茂りヨシキリが鳴いていた。吉原など何か人間めいてエロチックになるけど葦はその吉原とは余りに違っていた。原初の自然だといたるところに葦の原があった。人家は消えて葦の原になるとそこにヨシキリが巣を作るのである。これはまさに自然に還っていることなのだ。砂浜の所は水たまりになりそこに小さな魚が泳いでいた。これは海の魚だろう。すでに海の魚がそこに生きはじめていた神秘がある。おそらく津浪で残った水たまりに魚が残されたのだろう。魚は大きな水たまりではなく小さな水たまりに生きていた。この水たまりが海とつながるのはやはり海が荒れてここまで波が越えてこないとつながらないからやがて死んでしまうのか?ただ台風などが来て水が増えると淡水化した沼のようになる。


明かに防波堤は破壊され砂浜が再現して北海道のようになっている。夏の日はかえってこういう自然のままの状態が涼しくて気持ちもいいとなる。家のあった所には花が献げられていたのも不思議なあわれな風景だが夏になると波が白くたち気持ちいいものとなっている。前に良く来ていた右田のキャンプ場の残った松に海鵜が二羽止まっている風景も不思議としかいいようがない、海鵜にとって人間のことなど関知しないのだろう。海からの風がかえって涼しいとなる。

ここに墓地があったのか?墓地があった所は知っていた。流された墓をここに集めたのだろう。
鎌田というのは右田では初代の鹿島町の町長をやった人で有名だった。身内が役場に勤めていたから聞かされていた。そこに慶応の墓があったから江戸時代からのものもあった。右田でもそれなりに古いのである。野馬追いに出る村は江戸時代からのものであり村はほとんど江戸時代からある。

大内から鹿狼山(がろう)が見えたのは家がなくなり視界が開けたからである。あそこから鹿狼山を望んだ記憶がない、風景ががらりと変わってしまったのだ。草原化して夏野化してしまった。この辺は田んぼだったのだから青田の風景であり夏野という風景ではなかった。烏崎に葦が茂り沼が生まれ水葵が咲いていたところは消失したのが残念だった。烏崎は人家が多かった。そういう場所は津浪の跡でもすさまじい一段と荒寥としたものを感じる。

一方で右田の方は家は少なかったから元の自然に還ったという感覚になる。つまり何か自然に還ったということでほっとするという面もあったのだ。

人口の密集地帯で津浪に襲われた所は無残である。三陸でも家が密集していたところの跡はすさまじいものとなっている。もしそこが草原化して湿地帯化して花も咲き生き物もすみつくと何か救われた感じもするのである。まず東京のような所は地震でも津浪でも火事でもその跡はすさまじいものになる。神戸などは都会だからその跡は見ていないけどすさまじいものとなっていた。草原化したりしないし湿地帯化もしない、人工化した人間のビルの破壊されたものとか家が燃えた跡とかが延々とつづいていたらまさに地獄的な光景である。


まだ片づけはつづいている。大内の人がかたづけをしていた。ただ森の方は日陰になりノカンゾウが咲いてほっとした。大内の半分の多少でも高くなっている所はなんとか被害をまねがれたが低い方はほとんど消失した。明かに大内村では二つに明暗が分かれた。あの辺は大昔は海が迫っていて低い方は太古は海だったのだろう。それは一時津浪で海に還ったのである。万葉の時代に海だったところは確実に津浪にやられた。六号線を越えて船着とか市庭となる塩崎まで津浪が来たのには驚いた。船が流されてきたのも驚いた。万葉時代の海が再現されたのである。それで「みちのくの真野の草原遠けれど面影にして見ゆというものを 笠女郎」この草原は何なのか?萱(かや)とすれば秋の萱(かや)である。萱が一面に繁った場所だったのか?津浪で海となって草原化したから草原(くさはら)だったらその光景と一致している。萱原だったら秋であり一致しないけど秋になったら一面に萱原がなびいていたのか?八沢浦は古い写真で萱原になっていたからそういう風景なのだろうか?


ところがむしろ萱がないたぷたぷと潮水に充たされた光景こそ美しいものであった。その風景を一回だけ見たのである。それは奇跡的だった。入江でも萱がなびいているより萱がない方が美しいのである。だからどうなのか?草原を地名として港だったと考察したがなお謎である。萱原ではなく真野の入江だったら美しいことは確かであり今回の津浪で真野の入江になった驚きである。

近江の方言でカヤが入江だとインタ-ネットに出ていた。もしそれが本当なら真野の草原は入江なのだろう。いづれにしろ笠女郎はその光景を一度も見ていないのだからどうして面影に見えるのかという問題がある。ただ最近読んだ本に真野公という木簡の字が石巻から発見された。とすると石巻の真野の萱原もその場所なのか?なんらかのつながりがあることは確かである。


いづれにしろこの余りにも変化した風景には以前として驚くほかない、防波堤がなければ広く海が入り込んで田んぼも作らなければ原初の砂浜が再現されるのだろうか?そしたらかえって景色としては美しいものとなる。砂浜はどこでもなくなっているからだ。ただ風化にまかせていればそうなるのかもしれない、磯部辺りは元の砂州となり人はもう住まない、この辺も住まないから自然と自然に還ってしるうのだろう?なんとも不思議としかいいようがない、これだけの変化は何百年に一回しかない、400年後に襲った変化だったのである。

 
 
posted by 老鶯 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

2012年06月19日

地名のイメ-ジ力-万葉集の衣摺 (吉原と聞けば何をイメ-ジ)


地名のイメ-ジ力-万葉集の衣摺

(吉原と聞けば何をイメ-ジ)


korosuri212121.jpg

korosuri1111.jpg


吉原はもともと現在の日本橋人形町近辺にありました。このあたりは当時誰も住んでいないアシばかり生えている沼地で、昼間でさえ強盗が出るような荒れ地でした。それで売春窟でもつくれば、ちょっとはましな土地になるだろうと、吉原が開設されました。アシばかり生えてる原っぱ、アシは「悪(あ)し」に通じるので「よし」と言い換え、「よしはら」になったというのが通説です。その後、吉原は現在の場所に移るので、移転前を「元吉原」、移転後を「新吉原」と呼ぶようになりました。
http://www.tanken.com/yosiwara.html


津浪の跡は葦(ヨシ、アシ)になった写真を出した。それはもとの自然状態にもどったのだ。そこにヨシキリが鳴いて巣を作ろうとしている。そこはもともと人家は少なかったから人家が密集しているような津浪の跡のようにはならなかった。砂浜にうもれ葦が茂り風にさやいで海からの風が涼しい、ところどころ湿地帯になりそこに花が咲き生き物がすむとそこは北海道とにているのだ。
自然にもどるということはそこがもとの自然の美におおわれるということでもあった。

ところが神戸とかの大都会だと地震の跡は自然に埋もれたりしない、人工化された世界だから建物の崩れた山と化す、人口の密集した市町村ではそうなっている。石巻とか大きな市だとそうなっている。ただ津浪の被害は海が前にあるからそこが自然なのでありその自然は変わっていない、海の景色は変わっていないのである。東京辺りで大地震があり津浪の被害があったからあれだけ家が密集しているのだからその被害は無残なものとなる。そこが湿地帯とか草原とか砂にうもれることはない、
瓦礫の山が延々とつづく、醜悪そのものの地獄絵図になる。


人間社会はすでに地名一つとってもすでに汚れたものがしみついていることがわかった。吉原というとき何か繁華な色街となりそこからエロが発散してくる。今なら客引きして外国人があふれている新宿歌舞伎町のようになる。吉原もいきな風流の場所としてあったことは違っていてもやはり吉原というと極めて人間的な欲望のエロが氾濫しているようなイメ-ジがこの地名からあふれているのだ。

吉原からすでに葦の原という原始の状態をイメ-ジできないものとなっていた。地名はもともとそういう原始の状態から名づけられたものが多かった。田の場合はたいがい田になる以前の原始のままの自然の状態に田がついたのである。葦は吉田となり芦田となったりと無数にそういう地名が田にはある。まだ田だからそういう地名は遊廓化した吉原とは違っている。原町というと今はどこでも市街になっているから原っぱだったということをイメ-ジする人はない、前の原町市もそうである。でも実際はそこは野馬追いの牧だった、原っぱだったのである。


それは「地名」が、始祖の神が降り立ったということによって名づけられたものだからです。つまり「地名」は、「神話」に裏付けされてできたものと考えられたのです。


飛鳥-明日香とうとき何か意味がわからないにしろ美しいものをイメ-ジする。名から人をイメ-ジするように人間は地名からまず言葉からイメ-ジする。知らない地でも言葉から地名からイメ-ジする。百伝う磐余の池に鳴く鴨を今日のみ見てや雲隠りなむ 大津皇子これも半分が地名であり地名が喚起する歌であり万葉集には地名から喚起するきが多い。地名自体がすでに大きな意味をもっていた。「みちのくの真野の草原遠けれど面影にして見ゆというものを 笠女郎」これはすでにみちのく-真野が地名でありさらに草原(かやはら)が地名だとしたら半分が地名である。それでもこの歌の意味は歴史的にも大きな意味をもっている。

現代はすでに地名の喚起力が薄れている。地名の基となったものがすでに都会では失われているしないのである。だから地名だけからイメ-ジすることがむずかしいのである。


 『衣摺』は、古くは“きぬずり”と読んだともいい、地名の由来は、布に模様を染める技術をもつ人たちが住んでいたからではないかと言われています。
 この近くの大阪市には鞍作(くらつくり)、八尾市には弓削(ゆげ)という地名が残されていて、古代に、物部氏がこのあたり一帯に大きな文化圏を形成していたようです。
http://www.do-natteruno.com/con_c/c82/c82.html


月草(つきくさ)に衣ぞ染むる、君がため、斑(まだら)の衣、摺(す)らむと思ひて 大伴家持


摺をする渡来人の部民集団が住んだ所となる。それなりに古い家があるとしてもやはり万葉時代とはあまりにも違っている。月草と露草であり辺りには露草が一面に繁茂していたのだ。これはかなりの量がとれる花である。そういう自然のあるところに自ずと月草を染料にする部民が住み着いた。そういう材料がないところには住まないのである。とういうことは自然の中に地名も生まれていたのである。ただ機織りというと戦前までは家々でしていたのである。だから機(はた)の音が聞こえていた。それが工場化したときそうした風情も喪失したのである。地名はそういう素朴なものから生まれている。それが都会化したり工場化してイメ-ジがまるで違ったものとなってしまったのである。


いかるがのさとのおとめはよもすがらきぬはたおれりあきちかみかも 会津八一


これもリアルな現場から離れ空想的にイメ-ジ化しているのだ。会津八一の歌はそうしてできた。
詩的にイメ-ジした回想なのである。万葉集はそうした詩的イメ-ジとも違う、大地に根付いた生活感あふれたものであり現実だったのである。君がためというときも具体的な相手がいて機を織っているのである。万葉集の歌は空想ではないし回想でもない、当時の生の現実をそのまま歌っていた。それは美として作られたものではない、美そのものが現実だったのである。月草と言った時、それは具体的な自然の素材を利用するものでありそういう日々の仕事中から極自然に生まれた歌なのである。
だから現代ではそういう歌は作れないのである。

posted by 老鶯 at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 万葉集

海底の電球(抽象画)


blue city and light

itoguruma.jpg

糸車ー衣摺

bluecity1111122222.bmp

海底の迷宮都市

blueblock.jpg

bluelight1.bmp

海底の電球



衣摺からはじまったけど抽象画はどう変化するかわからない
こういうものにしたいと思って作っていない
偶然の変化からこれ面白いなと出しているだけである

電球の形になったのは偶然だったのである

抽象画はやはり名前をつけることが鑑賞する目安になる
一目見てわかるものもあるがわかりにくいものもあるからだ

2012年06月20日

原発事故は正力松太郎からはじまった (太平洋戦争と同じ構図だった原発事故-巨悪は見えない)


原発事故は読売新聞の正力松太郎からはじまっていた

(太平洋戦争と同じ構図だった原発事故-巨悪は見えない)


●加熱した尊皇思想家の吉田松陰のアジア侵略が太平洋戦争に

mekiishiinnn111.jpg


吉田松陰伝説は、山県有朋が創り出したという一面もあるでしょうね。

吉田門下の維新を成し遂げた長州志士たち=スゴイ
明治の元勲たちを育てた松陰=エライ
いちおう松下村塾に入っていたワシ=スゴイ

ということを言いたいがために、意図的に吉田松陰をやたらに持ち上げ、そのうちに吉田の親戚の乃木が軍神になってしまったりして完成されたみたいな感じでしょうか。
山県は西郷も賛美しまくってるしね。


確かに薩長にも調子に乗ったところが合ったかも知れないね。

でも、仕事にあぶれた幕臣や東北諸藩の士族が「仕事」を求めて
征韓論や征台論を強く支持したのも事実だよ。
もちろん、明治政府から冷遇された西国の不平士族も
征韓論や征台論を強く主張してたけどね。


明治維新はいろいろな見方があるから全部を検討はできない、ここではどうして太平洋戦争が起こったのだろう?そしてどうして太平洋戦争に負けただのだろうというその原因をつきつめてゆくと明治維新にその原因があった。今起きていることの原因をつきつめてゆくと今にはない、すでにその発端となった過去にあった。原発でもそうである。原発を導入した人からすでに原発事故ははじまっていたのである。太平洋戦争は明かに吉田松陰のアジア侵略の思想を実行したものであり西郷の征韓論を現実化したものだったのである。吉田松陰の評価も必ずしも歴史的には確定していない、過激な尊皇思想家でありアジア侵略思想をふきこんでそれをその弟子が実行したのである。太平洋戦争は起こるべくして起こったというとき明治維新にその根がありそこですでに決定されていたのである。


これは国家的問題だが個人的な家庭の問題でも何か起きると先祖が悪いからだとか言われるがこれもあながち否定できない、迷信だともなるがそうでもない、なぜなら家庭問題でもその問題となる根はすでに何十年か前にありその根から起きているのだ。一見今が問題で起きていると思っているけど実際はその根をたどると何十年も前の継続として問題が起きてくる。突然に離婚になどならない、すでにその前に何十年も前にも問題の根があるのが普通である。その問題が積み重なって今にその問題が事件となる。健康問題でも若いときからタバコや酒を飲み不摂生な人はいくら体力があっても60代から病気になりやすい、無理した人もなりやすい、ただこれは一般的に確率的そうであり例外的なものは必ずある。でも生活習慣病というのが必ずあるのだ。今病気になるのは過去の生活、積み重ねの生活が原因となっていることが多い。その人の体質とかいろいろあるからすべてには言えなくても確率的に一般的には言える。明治維新を問題にしたのはその詳しい分析ではなく太平洋戦争の原因は明かに明治維新にあったということを指摘したいからだった。それは原発事故問題とも共通していたのである。


現在の双葉郡の若年層には原発を誘致した責任はなく、ましてや子供たちには何の罪もない。原発の危険性を知らされる事もなく、特に反対する理由もなかったため、ほとんど慣習的に原発と共存してきたというケースがほとんどだろう。


すでに前の世代によって決まられたことなのである。責任は今の世代の人にはない、今起こっていることは事故でも事件でも前の代のものが原因なのである。ただ未来にならないと今起こっていることが何なのかわからない、そして今起こっていることの原因は過去にあったのである。


でも、仕事にあぶれた幕臣や東北諸藩の士族が「仕事」を求めて
征韓論や征台論を強く支持したのも事実だよ。

これも原発事故とにている。原発は戦争と同じく危険でも「仕事」が第一とされる。地元でも仕事が欲しい、金が欲しいとなり原発を誘致したのである。

●原発事故の原因は正力松太郎に原因していた


ciayomiuri11111.jpg
正力は野望実現のために、当時の吉田茂首相やアメリカとの交渉に奔走した。しかし、正力はほどなく一つの結論にたどりつく。それは、野望を実現するためには自らが最高権力者、すなわち日本の首相になるしかない、というものだった。そして、正力は同じく当時将来が嘱望されていた原子力発電は、そのための強力なカードになると考えた。しかし、正力の関心はあくまでマイクロ波通信網であり、原発そのものは正力にとってはどうでもいい存在だった。
(原発 正力、CIA-有馬哲夫)


CIA直営のテレビ局として日本テレビの創立を命令する。CIAスパイエージェント正力松太郎は、CIAの資金で読売新聞を日本最大の新聞に育て上げるが、戦争中読売新聞は、日本の中国侵略と日米戦争を大々的に「アオッタ」新聞である。日本に中国侵略と日米戦争を行わせる事は、CIA新聞である読売新聞を使った米国の戦略であった。


読売に堅固な砦を確立したナベツネは、最後には中曽根康弘の刎頸の友として策動し、中曽根に天下を取らせてヤクザ政治の実現を果たした


そしてこのCIA。エコノミックヒットマンなどの存在から分かるように、自国アメリカの利権の為には手段を選ばないのです。原発を日本に作ったのも、彼らとその手先となった読売新聞が行った煽動の仕業といえます。


世界をリードしたいアメリカが、広島と長崎への原爆投下などで、反核と反米ムードが高まっていた日本に、この状況を打破しようと目をつけたのが、日本の新聞業界に深い影響力を持つ「読売中興の祖」そして後に日本テレビを開局した初代社長の正力松太郎の存在でした。

地震が多発する小さな島国に原発を乱造する危険性など顧みず、正力は自身の影響下にある新聞やテレビなどのマスメディアを動員し、核の平和利用キャンペーンを展開していった


アメリカ国防総省に、日本テレビを日本支配=米国の政策宣伝TVとして創立する趣旨を伝え、ペンタゴンに協力を要請、承諾を得る。この「提携」の下、ペンタゴンの資金提供で、日本テレビは創立される。

福島原発周辺で広められた安全神話 Part3
http://homepage3.nifty.com/jmaffili/nuclear/fukushima3.htm

 


ここでは原発は積極的にマスコミが推進していた。佐藤栄佐久知事がプルサ-マルに反対したときマスコミは一体となり反対したし検察も佐藤栄佐久はやめさせるべきだと言っていた。これは戦争中と全く同じだったのである。権力によって操作されていたのである。このサイトはわかりやすく詳しい。
アメリカのCIAは情報工作して日本でもそのエ-ジェントを育ててアメリカのスパイ、エ-ジェントとして働いていた。正力はそもそも何物だったのか?権力欲だけで原発にかかわった。首相になりたい、そのために原発を導入する。原発は権力欲の手段として日本に導入する。読売新聞もメデアとしてもつのは自分の権力欲のためだった。原発が日本にどう影響するのかそんなことを検討していない、これは政治の道具として使えると直感して原発導入うをたくらんだ。その動機からして不純である。新聞とマスコミで大衆を操作する。デズニ-と組んでアニメで「我が友、原子力」とかを放映して原発の安全性を洗脳する。そのために読売新聞と日本テレビとかを所有して大衆を洗脳する。

つまり自分の権力欲のためにメデアを所有する。それも一個人の力でそうできたというから一人の人間の力もと大きいとなる。新聞とかは戦前は大本営発表の機関となり戦争を推進した。今度は原発を推進したことでは同じだった。そこには日本を愛するとか愛国心とかはない、一個人の権力欲で国をとりしきり私欲でもって原発を導入する。そういう人は原発の危険性などを考えないだろう。そういう一人の暴君的個人に権力が左右されていたことの驚きである。つまり新聞とかテレビとかマスコミとはそういうものであったと自覚するべきである。権力をもつものの道具として宣伝部隊としてある。それは戦前と変わりなかった。読売新聞だけではない、日本経済新聞でも原発推進であり佐藤栄佐久知事を批判していた。


自分のところにも郷土史関係で日本テレビのアナウンサ-が誘おうとしていた。今になるとそういうことは権力にとりこまれることなのだ。だからマスコミにでている人は信用できない、ほとんど権力に取り込まれた人であり安全神話を作り上げた人たちだった。マスコミとは読売新聞でも他の新聞でも自分たちの期間が原発推進だったことを戦時中と同じく反省していないのである。それで双葉郡に入りあたかも事故に同情するかのように取材する。一方で双葉町の責任は佐藤雄平知事すらプルサ-マルに反対していたのに推進していて許可させたとここに書いてある。双葉町の責任も大きいのである。一番被害を受けたけど自業自得だとも他から言われるのにはそれなりの理由があった。原発なしで町が成り立たなくなり事故後も原発に頼っているのである。


マスコミの問題はこのように報道機関として自立していないのである。正力松太郎のように一個人の権力欲でしきられるようなものだったのである。そこに自立した使命感もモラルもないのである。だから容易にマスコミは安全神話にくみして事故が起きてからは原発に反対しているがその前は朝日新聞ですら原発推進だったのである。広告で金をもらっていたのである。地元の新聞もみなそうである。福島民報は報道の独立性はない、聖教新聞を刷っているのだからそれが月給になっているのだからありえようがない。他も広告が資金源になっているとき自立した報道はありえないのだ。だから民主主義はなりたちえようがない、権力を監視する機関ではない、権力を補佐して強化する方だったのである。官僚でも検察官僚でも政治権力でも監視はできない、情報は権力側がにぎっているからその情報を得るためには情報機関も権力者にすりよるほかないとなっている。だからマスコミは特に新聞とテレビは信用できない。
小さな街の図書館などでも権力側が官僚が支配しているから批判的な本を置かせないこともできるし自分の場合はそうだった。創価を批判したりしたら必ず報道機関や官僚側から除外されるものとなる。それだけの権力をもっているのだ。報道機関はすべてそうしたカルト宗教団体であれアメリカであれ中国であれそういうそういう権力に操作されているから真実はわからなくなる。原発問題も安全神話もそうして作られていたのである。


●ロ-マ時代と変わりない現代-パンとサ-カスが大衆を支配の定番


ペンタゴンの資金提供で、日本テレビは創立される。
目的は米軍が日本本土で行う軍事作戦に関し、日本人が関心を持たず、警戒せず、無知で居続けてもらうため。
TVで、娯楽番組、スポーツ番組を大量に放送し、そちらの方に、日本人の気を反らすため。
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-615.html


それでも馬鹿な愚かな大衆を洗脳するには今でも有効である。結局これはロ-マ時代から変わらない、大衆を手なづけるのは「パンとサ-カス」である。パンは経済であり金になることでありサ-カスはテレビの大衆受けする低俗な番組である。デズニ-のアニメで「わが友原子力」を放送したのと同じである。漫画も大衆洗脳には役立つのである。そうして大衆から腐敗して国自体が腐敗して衰退してロ-マのように衰退してゆく、そういうことがまざまざと情報弱者にも事実として隠せないものとして見せつけたのが原発事故だった。今も放射能問題で隠している所がある。以前として権力側が情報をにぎっているからだ。事故前でも事故があっても隠されていたのである。権力によって不都合なことは隠されるからである。だから前の佐藤栄佐久知事が事故が起きてプルサ-マルで追求したとき知事を渡辺耕恒三派に追いおきされた。渡辺恒三の息子はGEの社員でありエ-ジントだった。


権力をすべて否定はできない、権力でもって何をするのか、それが国のために個々人のためになるのなら権力も否定できない、ただ宗教ですら権力欲の手段として大衆洗脳手段として使われ権力欲を達成しようとする、そこに人間の欲望、権力欲があからさまにでている。ソビエト連邦が崩壊したのもその権力欲の争いの結果でもあった。権力者として地位を維持するために反対者を粛清して殺害してゆく、そういう内部の権力争いは会社でもある。それが人間の業として延々としてあった。
権力をすべて否定できないにしろ人間は最初に権力欲ありきでありその権力をとって一体どうするのか、国民のためになることがしえるのかということがないのである。まず権力ありきでありそのあとその権力でもってどうするかはないのである。だから原発も権力を得るための道具として一個人の野望のために使われていたことが恐ろしいのである。それは一個人が原発をもってテロすることでさえあった。現実原発を核をたてにテロをされたら恐怖である。そういう恐怖は常にあるし核をもっている限り人間の心理として感情的になり核を使うことがありうる。人間の心理でそれを解明した人がいる。銃があれば銃を使うし核も同じなのである。


インタ-ネットには報道の自由がある。報道とは何かということを考える契機にもなった。そもそも一個人など報道すらできなかった。だから民主主義を促進するものにはなる。ただ以前としてマスコミの力はまだ強い、それでもインタ-ネットを通じてアラブで革命が起きたとういのには驚きだった。そんな力があるのかと驚きだった。いづれにしろ権力あるものに操作されているかぎり報道の自立はありえない。権力をもつものによって操作されるのだからそこにモラルもありえない、報道のモラルなど追求できないのである。検察官僚-政治家-東電-マスコミ-これら権力をもつものが強力に一体化して安全神話は作られていた。そこに創価などのカルト宗教団体も加担していた。それは戦争中と同じである。恐ろしいのは検察官僚も一体となり特高の役割を果たしていたことである。戦争中と同じ権力構造になっていた。ある意味で鉄壁とも言える権力構造の上に安全神話は作られていた。


人間の社会は巨悪というのは昔から見えない、何が悪なのか明確化されない、泥棒でも10万とか盗む小悪人は断罪され見える。しかし一千万とか一億盗んでいる人はかえってつかまらない、不正は大きくなればなるほど見えなくなる。国民から盗むものは大盗賊だけど英雄にもなるし大善人にされる。一人殺したら殺人犯だけど千人殺せば英雄になるのと同じである。戦争中はみんなそうなっている。悪が明確にされれば断罪されやすいけど巨悪は明確にされない,かえって大善人としてほめたたえられるのである。今回の原発事故はそううい悪を明確化したのである。巨悪を暴いたのは津浪であり自然だったということになる。マスコミは権力の走狗になりやすい機関である。そしてマスコミによって知らず洗脳されるのが大衆である。

 
 
 
posted by 老鶯 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2012年06月21日

岩井の水を飲めどあかぬかも (便利な文明の生活は災害に弱かった)


岩井の水を飲めどあかぬかも

(便利な文明の生活は災害に弱かった)


馬酔木なす栄えし君が穿《ほ》りし井の岩井の水を飲めどあかぬかも 巻七


山の井の清水を飲みて今になお暮らせる人やここにいつきぬ



馬がこれを食べると苦しむので馬酔木という名前がついたということですが、本当に馬が食べる訳ではありません。


馬酔木(あせび、あしび)の花が注目されていたのはなぜか?この花は花とは思えない、何かのいわれがあって注目されたのか、実用のためのなのか、そうでもない、馬の餌にもならなかった、害になるものであった。ただこの花に注目していたというのはやはり万葉人だからこそである。素朴なものとして見ていたのかもしれない、馬酔木は歌にする気にもなれないしこれが美しいと思ったことはないからだ。桜が咲いて栄えるなら梅が咲いてでも特に牡丹ならわかるけど馬酔木ではなぜこれが栄えたものの花になるのかわからないのだ。ただ万葉人にとっては馬酔木は栄の象徴ともなっていた。その辺が現代感覚とは違っている。
今でもこの辺では山の方では山の清水を井戸を掘って飲んでいる人がかなりいた。山の水は飲めたのである。牡鹿半島でもあんなに低い山でも裏山から清水が流れて尽きることがないという。震災と津浪で電気がこなくなり水道もとぎれたとき裏山の清水を運んで飲んでいた。なぜ牡鹿半島のような所に住めたのかというとあのように水があったからなのだ。ほとんど田畑も作られなくても水はあったから人はすみつくようになった。日本は水に恵まれていたのだ。だからこそ稲作りが広がった。山の中でも水が豊だから米を作ることができた。


現代の便利な生活は災害に弱い、牡鹿半島とか三陸の僻地でも水道の水がなくても電気がなくても一か月くらい過ごすことができた。井戸の水を清水を運んでいたのである。この辺では水道の水が飲めなくなった所がある。でも電気は通っていたしガスもプロパンガスだから火が使えたから米があったので米をたいてしのいでいた。ノリくらいオカズで二週間くらい過ごせた。あとで米もなくなり地元で配給になり助かった。米があり水があり火があれば二週間くらいは生き延びられる。都会では清水を使うわけにはいかない、いくら水をたくわえていてもどうなるかわからないから都会は災害に弱い。水すら自給できなくなる。皮肉なことだが文明は昔の自給自足生活からすると余りにも文明的な便利なものに頼る生活である。だから一旦災害になりそうした便利なものが途絶えるとパニックになる。車がその象徴だった。車が車だけで何のようにもならなかった。ガソリンが入ってこないから使い物にならなくなったのだ。ガソリンスタンドに長蛇の列となった。この辺はあとあとまで放射能が怖いとか外部から物資が入らなかったのである。その時車は何の用にならなかったのである。
車が今回の津浪でもかえって被害を大きくした邪魔なものに何ていたのである。

人間は車でも石油と不可分にあったから石油なしでは成り立たない文明である。だから一旦石油がきれたらパニックになる。戦争にもなる。それが便利な文明の危険なのである。原子力に一旦頼れば原子力なしでは暮らせなくちなる。それが双葉町の現実である。原発をまだ増発しろとかプルサ-マルを要求したのも双葉町とかでありそれに今の県知事も従ったというからそこるで原発の依存になっていたのである。だから一旦事故や自然災害になると文明は弱いものだった。自給自足的生活をしていれば水があり米があり薪も裏の林にあるから燃料にもなる。電気がなくても一か月くらいならやっていけるという見通しがたつ。都会ではさらなるパニックになる。外から援助が来るまでは相当に時間がかかるからだ。よってたつものがすべて外部頼りであり中にないからそうなる。

そうはいってもここでは相馬市の方は早く回復して電動自転車で買い物に行った。電気があってできたことであるがなんとか自転車でも買い物に行けただろう。来るまでは行けなかったのである。
電気が途絶えることが災害ではある。その用意ができていない、この辺だって燃やすものがないから困ったろう。山の方だと薪があったから放射能に関係なく裏山の木を切って燃料にしたろう。

文明的便利な生活になれていてそれが当たり前となっているときそこに危険がひそんでいたのである。そういう便利な生活がもろくも崩壊するということがある。放射能汚染は水や土を汚染するから田舎では致命的なものとなる。三陸のように山の清水も山の木を燃料として利用できなかったら万事窮すになった。自給できないということはそういうことである。だから東京辺りは地震災害でも想像もつかない空恐ろしいものとなる。便利であるだけにその便利さ故に災害には弱いのである。


馬酔木なす栄えし君が穿《ほ》りし井の岩井の水を飲めどあかぬかも


馬酔木が咲き山の清水があってこそそこは栄えている、その水は飲んで飽きることがない、枯渇することもない、いろいろなものを食べ飲んでいるけどそういうものは金がかかるし一旦災害になったら入ってこない、水だけでもあればそれを基に生き延びられる。
この辺では放射能汚染で水さえ危険になっているから宅配水の商売が生まれた。富士山の水を定期的に買うのである。機械は借りて電気で湯にも冷水にもできる。でも一か月いくらと金がかかる。
それでも水に不安があるから水道の水に加えてそうした心配もしなければならないし金がかかってしまう。水すら水道でも自給できなくなっている。
万葉集時代の方が生活の充実感、豊かさを感じていたともなる。それは自然に根付いて生活していたからである。ただ井戸を掘るにしてもその当時は大変だから栄えているというのはそういう資力があってできた。「岩井の水を飲めどあかぬかも」というとき三陸の方ではその山の清水に助かったと感謝しているかもしれない、今になると田んぼは荒廃して荒地となり水が流れない、その時かつての豊かな水が流れる風景がなつかしく、水ってありがたいなとしみじみ思っているのと同じである。


山のべに桜は咲けり日もすがら代田(しろた)に余る水あふれつつ 東長二


これは歌会始めの当選の短歌だった。生活感覚があふれている秀句である。農民でないと作れない短歌であった。桜が咲き代田が作られ水が張られ田植えがはじまる。そういう光景は別に農民でなくてもあきるほど見てきて当たり前だったのである。でもそれがなくなったときいかに水が貴重であり水なしの世界が荒れ果てたものになるか知ったのである。水あふれつつ・・というのはまさに水の豊さのなかで稲作りが日本では二千年とか行われてきたのである。水に感謝するなどはあまりに水に恵まれているから日本ではない、砂漠のような世界だったら水の一滴は血の一滴だとか現実になっていた。日本では余っているからありすぎるからそんな感覚もないし感謝もしなかったのである。水に恵まれすぎて感謝するなどありえなかったのである。水がありがたいものだということにはなりえなかったのである。

posted by 老鶯 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 万葉集