2012年05月16日

藤の花(デジカメで写真の魅力が一般化した)


藤の花

(デジカメで写真の魅力が一般化した)

fujinamiii1111.jpg


mooooooo1.jpg
hanamushiii1111.jpg

七輪の牡丹の散りし余韻かな


黄金色エビネラン映え七輪の牡丹の一輪散りにけるかな


藤波の花長々と池の面に写りそよふく風にゆれにき


新緑の風にそよぎて枝移り鳥鳴き飛びて消えにけるかな

 


藤波の花は盛りになりにけり奈良の都を思ほすや君 --大伴四綱-万葉集


藤の花にもいろいろある。もともと山藤で自生したのでもあとで栽培されたものは違っている。
長く紫の色でも濃いのがある。人の手で変えられたのである。山桜と染井芳野はかなり違ったものである。染井吉野も色が濃く人里に咲かせて鑑賞するようになった。山桜でも山藤でも色がうすく淡白である。人工化された桜や藤は艶な色合いになっている。だから都を思うとなった。山藤をみて都を思うなどとなりえないしこの辺ではみちのくでは都すらイメ-ジしたりしない。この藤は人間化された藤であり山藤とは違っている。


藤の花にもいろいろある。もともと山藤で自生したのでもあとで栽培されたものは違っている。
長く紫の色でも濃いのがある。人の手で変えられたのである。山桜と染井芳野はかなり違ったものである。染井吉野も色が濃く人里に咲かせて鑑賞するようになった。山桜でも山藤でも色がうすく淡白である。人工化された桜や藤は艶な色合いになっている。だから都を思うとなった。山藤をみて都を思うなどとなりえないしこの辺ではみちのくでは都すらイメ-ジしたりしない。この藤は人間化された藤であり山藤とは違っている。

写真にとったものも山藤だから長々ととはならないがそういう雰囲気にした。写真にするとイメ-ジされないからこれはそうじゃないとかなってしまうのが問題である。ただ現代は本当に写真の時代である。写真というものが素人化して普及した時代だった。それはデジガメで写真は一般化したのであり今までは写真はそれなりに技術が必要だったのである。だからめんどうで写真の魅力を知らない人が多くいた。デジカメで写真の魅力に一般的に目覚めた時代だった。そして写真の加工が芸術になるということに気づいた。自分がこれまで加工して時々出した写真の加工の絵がそうだった。それは全く才能ではない、技術でありたまたま化学反応のように絵が生まれたのである。明かに昨日の白藤と黒猫の写真は絵だった。構図的にも絵の題材となっていたのだ。そういう写真が無数に生まれた時代である。写生俳句-写俳の時代になった。写真を出すからにはインタ-ネットでないと出せないからこれもインタ-ネット時代の芸術だったのである。


自然を写真にするにはある一瞬をとらえるには結構シャッタ-チャンスを逃さないことであった。デジカメはその点いいのだが瞬間的にとれないという弱点はあった。ただ生の自然の生きた瞬間をとらえることに写真の醍醐味があった。庭にミクバチグリが咲いた。外から種がいつのまにか入ってきたのだろう。庭はこうした小さな虫の観察などに向いている。


牡丹は今年は七輪咲いたけどもう散った。黄金色のエビネランも同時に咲く、ミツバチグリの花はミツバであり葉が三つから見分けられる。クサノオウなどの花とまちがいやすい、葉っぱから識別される花の名がある。ビデオも今はいいのができているからいいのだが一瞬の美は写真の方がいい。ビデオは余計なものが写りすぎるのである。

今日は暑かった。夏はやはり花の観察がいい、放射能と関係なく花は咲いている。燕が餌の関係で少ないようだ。水田がないと虫もいなからなのか、燕はアメンボウなど餌にしている。放射能で生態系がどういうふうに変わるのだろうか?別に魚でも寿命が一年とか短いから魚自体には放射能の影響はない、一年で死んだら遺伝子に影響がない、人間は長く生きるから影響する。原子炉のなかにすらバクテリアか生きているのはそのためである。放射能の影響がないのである。複雑で長生きするものに放射能は影響する。ネズミなどでも寿命が短いからチェルノブエリでも影響がなくかえって繁殖したのはそのためだろう。ただ燕が減ったということは何か影響した。あとは生物に影響はないみたいだ。ということは別に森に生き物がいなくなったりはしないのだろう。ただ人間は影響する。長生きするから影響する。