2012年04月06日

春満月(海から出る月と山から出る月の相違)


春満月(海から出る月と山から出る月の相違)


mangetuharu11111.jpg

fullmoonji111.jpg




春満月天の高見に汚されじ

瑞々し海から昇る春満月


春満月匂うがごとき美しき


大石の動かず二つ春満月


水仙や石に風鳴り人入らじ


一番星見つけ明るし春の夕



 血色のいい月
http://miyajimatenki.at.webry.info/201102/article_15.html


蘇州
http://www.musubu.jp/chainasoshu.htm


双塔に春満月の曇るかな


manngetu1111122.jpg

春満月大河に映えて春満月

春満月大人動ぜず六和塔

今日は春満月だ、月はこの辺では海の方から昇る、海の方から昇る月は大きい、その大きいとき満月を見ないとだんだん空高くなると小さくなるので満月でも見物ではない、これが山国だと山から出る月になるけどその情緒がわかりにくい、常にここでは海を意識している。景色としては田んぼがあったり家もなく広々とした入江のようになっているとかえって気持ちいいということもある。北海道辺りの景色である。津浪がそういう原初の状態に戻したともいえる。ただこの辺は海の方にもともと家は少なかった。それでも地平線と水平線が合体するようになった。海が遠くから見えるのが違っている。


今日見た春満月はにおうようであり水がしたたるようでもある。水も滴るいい男というのは何なのだろう。水分が多いのは若い証拠である。肌もみずみずしいとなる。老人の肌は乾いたように水分がなくなっているからだ。若い人は肌もすべすべしている。それが老人は乾いたような水気のない肌になっている。これも個人差がかなりある。60すぎるとひどく老いて顔になる女性がいる。10才くらい感覚的に違っている。女性の場合は老いることは男より悲惨なのかもしれない、目に見えて現れすぎるからだ。これも無常である。

ともかく満月は大きくないと見物ではない、小さいと満月の感じがない。山国では大きい満月が見れないかもしれない、海だと水平線から昇るからその時いつも大きな満月となっているのだ。

春満月を血色のいいと表現したのはうまい表現である。健康的で血色がいい感じに見える。それは
若い女性の顔や肌なのである。春はエロチックにもなる。エロとは縁がないにしろ白い肌に魅惑される。匂うような感覚もそうである。

自分の場合はここが何とか移動しなくてもよかったのが助かった。警戒区域の人は悲惨である。仮設で春の月を見ることになった。故郷ではもう月を見れないのか?ただ月はべつにどこでも見られる。
ただ山の月というのはこの辺では感覚的わかりにくい、海から昇る月は常に見ている。ところが京都は盆地であり奈良も盆地だから月を歌ったしたら山の月なのである。


ほととぎす今やと思ふ山の端に 月をまつごとなれをこそまで  西園寺実
  「月をまつごと云々」は、月の出を待つように、お前を待っている。
 
京都だったら山に囲まれているから山から出る月なのである。何度も言っているけど地理が地形がわからないと本当に歴史もわからないし芸術も鑑賞できない、会津なら山に囲まれた感覚がわかる。
ところが海に面しているとわかりにくいのである。人はその住んでいる場所から地理から発想している。山国の人はこういう歌は理解しやすいのである。奈良でも京都でも山の感覚の歌である。万葉集でもそうである。深く鑑賞しようとするとき人間は自分の住んでいる場所からイメ-ジするからそこに常に錯覚が生まれているのだ。海側に住んでいる人は山の端から出る月を見ていないのだ。

だからそういう短歌や俳句があっても実感としてイメ-ジされていないのだ。月はどこでも同じ様に出ていても出る場所によってまるで違ったものとなっているのだ。これが外国の平原や砂漠となると全く別なものとなってしまう。地理が場所が文化を作っているのだ。福島県などは広いから会津と浜通りの人の感覚は相当に違っているし文化も違っているのだ。だから福島県自体を知ること自体容易ではないのだ。福島県に住んでいてもそうである。会津は東京より遠い感覚だということがわからないのである。地理には常にそういうことがある。地理から場所から人間は誤解が生まれているのである。


吉野山 さくらが枝に 雪ちりて 花おそげなる 年にもあるかな
『山家集』 第16番歌


吉野山は京都から相当奥であり遠い、飯館村とは違っているかやはりにている面がある。飯館村は標高が高いから春でも雪が残っていたし寒い地域なのである。高原地帯なのである。ただ吉野といったら高い山があるからまた違っている。この辺ではほとんど千メ-トル級の山さえ望めないから景観としては肝心なものが欠けているとなるのだ。


蘇州の双塔はいかにも古い、街全体が古都である。そのすぐ近くに泊まったのでこの句ができた。それも10年くらいたつと印象が薄れてしまった。外国は変わっているから忘れやすいのである。日本だったら地理的に思い出すとイメ-ジできるから詩でも深く理解しやすい、それでも地理から場所からくる錯覚が常にあるのだ。それだけ地理は記憶しにくいのである。

冬の鳥(終わらない介護・・・)


冬の鳥(終わらない介護・・・)

冬の鳥遠くに飛べず介護かな


墓の間に黒猫消える春の町


冬の鳥いまだ帰らず寒き年介護をしつつ今日も暮れにき


ラ-メンを一つ作るに苦労かな冬の日あわれ男の介護


津浪にて今年は萌えぬ川岸の猫柳またいつの日萌えむ


買い物に仮設の商店なじめるや木々の芽吹きて春のめぐりぬ


町の辻梅の香るや店なきもその香りにそ心いやさる


同じ墓所世話になりにしその女(ヒト)の墓に参りぬ春の彼岸に



今年は寒いから冬の鳥、ツグミが帰らない、これは高く飛ばない、地中の餌を漁っているのだろうか?雑食性だから柿の実なども食べる。今年は柿は人が放射能に汚染されているから食べないからとられずままにあったから鳥にとっては餌が多かった。鳥にはさほど影響しないのだろう。放射能は人間のような複雑な機能をもつものに影響しやすいとあったからだ。だから別に鳥がいなくなるということはないし虫もいなくなることはない、川にも魚でも餌があるから水鳥がきている。ただ田畑は荒地になっている。


介護はやはり料理できないとうまくできない、料理は買ってばかりではうまいものが食べられない、どうししても自分で料理二つでも三つでも覚える必要があるのだ。野菜をうまく利用するのがコツみたいだ。こまかく刻んだニンジンなどでも玉子焼きなどに入れるといいのかも、白菜でも油であげると臭みを消す。そして一種類だけでは料理にはならない、魚をだしたらやはり必ず野菜を少しだすのがいい。そういう取り合わせが料理だった。料理はインスタントのラ-メンを買ってもめんどうだった。煮てからラ-メンの麺を洗い出して入れたりあと洗うのがめんどうだった。インスタントとしていいのができているのだがそれでも手間がかかっているのだ。自分は本当に恵まれていた。いつも料理は当たり前のように出ていた。それを何とも思わなかった。しかし今になるとそのことがいかに恵まれていたかつくづく思う。ただ一人今や家事すべてをやることは大変なのである。だから下男と同じなのである。ここに自分の病気が加わったからさらに大変だとなる。


仮設ができてからすでに一年以上すぎた。すると多少はなじんできた。仮設商店はバイキング形式の惣菜屋や安いラ-メンや豚どんなどの食堂は人気ある。そういうものがなかったからいい。となるとそういう店がいつまでもあってほしいとなる。何か役に立てばその町にとって必要なものとなる。でも補償金だけをもらっていたら歓迎されないだろう。一人二人なら別にかまわないけど人が多すぎるからだ。でもあと二週間くらいで小高区は警戒区域が解除になるから出入りができる。すると帰る準備をする人もいる。でもすぐには帰れない、インフラが破壊されたからである。すると三年くらいはかなりの人が仮設に残る。それはそれなりに長いのかもしれない、そのままここにいつく人も出てくるのか?そういうこともありうる。ずっと補償されればそれでいいという人たちはいる。


川の猫柳は津浪で流されなくなった。猫柳をいつもとってきたのが姉だった。その姉が認知症になったとき受け入れてくれたのが近くの死んだ女だった。認知症になったりすると親しかった人もよりつかなくなる。認知症でなくても病気になったりすると人はよりつかなくなる。どんなに世話しても来ないとか嘆いた人が病院にいたからどこも同じなのだろう。津浪や放射能汚染でも当事者でない人はかえって面白がっている人たちがいる。人間はつくづくそういうものなのだ。自分の身に不幸がふりかからないかぎりその不幸のことを思わないのだ。他人事なのである。認知症なんか差別されたりもした。知的障害者だからそうなる。ただ知的障害者でも生まれつきとは違う、いろいろ世話したり貢献した人だから粗末にできない、ただたいした世話もしなくてもその女(ヒト)はかわいそうだなと相手にしてくれたのである。

同じ墓所というとき、やはりともに供養したいというものが生まれといい。ただの他人が寄り集まっても墓すら共同の場所とはなりにくい、ただ

現代はそうした共同が作りにくい、田舎の農家の部落辺りだとそういうことは作りやすい。共同はともに働く協働から生まれる。だから農家では協働が共同になりやすかったのである。そこではあまり競争はしない、街だと商店などは競争するから協働ともなりにくい面はあった。つまり田舎でもザイとマチでは違っているのだ。マチは連帯が共同が希薄なのである。ただ一面協働のしきたりに縛られない面はある。

墓には猫があっている。忍び足で墓の間を歩いて消えてゆく。死んだ人の霊を背負っているように歩いて音もなく消える。黒猫がさらに墓にはあっていた。
田舎でも何もないけど書くことはある。原町区辺りだと街中に梅が咲き匂うということはないがこの辺で街中に畑があるから梅がある。ただ畑は耕されていないから淋しい。

 


山の際(ま)に 雪は降りつつ、しかすがに
       この河楊(かはやぎ)は 萌えにけるかも
            万葉集10−1848    詠み人しらず


河楊(かはやぎ)は猫柳のことだった。この歌はこの辺の気候を象徴していた。なぜなら山の際(ま)に 雪は降りつつ、しかすがに ・・というとき山の際とは飯館村の方であり海の方はあたたかく山の方は寒い、雪もふるし雪も残っている。河楊(かはやぎ)が萌えるのは海に近い平地なのである。
河楊(かはやぎ)とあるごとく猫柳は河に生えるものだったのである。その猫柳が見つけられないことは淋しい。しかし上流の方であるかもしれないから探してみよう。