2012年01月01日

2012年賀状の俳句 (落日の輝きの方がまぶしい)


2012年賀状の俳句

(落日の輝きの方がまぶしい)

rakujitunew111.jpg


落日の輝き眩し年明けぬ

落日の光芒深く年明けぬ


老梅のなお枝伸ばし香るかな


新年や二条城なる松の張り


隠棲の細道たどる冬の京


海に向かい若者走る年明けぬ


新年や人なき町を誰が祝う


元旦や地震に目覚め龍の年

roubai111111111111.jpg
roubaizebbzu123.jpg
全体図 狩野山雪 老梅図襖



昼間寝ていたら地震だった。震度4だから結構強かったし範囲も広かった。今年も波乱の幕開けなのか、辰年だからまた波乱なののか、これ以上の波乱はもういやだ、平穏であってほしい。
元旦に見たのは朝日ではなく山に落ちゆく夕陽だった。ただその夕陽がまぶしかった。晩年になるとかえって実は内面的輝きは増してくる。自然と深く一体化してゆく、それでモノを見る眼ができてくる。鑑賞力が高まってくる。それは芸術一般に言える。ものの味方が深くなってくる。だから若いときより老人の方がある意味で充実している。若いときはものを見る眼がない、欲望だけがふくれあがっている。体力はあってもものを見る眼がないから精神的に充実しないのだ。旅をしてもやはりものを見る眼がないと何も見えない、特に歴史ある所はそうである。歴史は時間の中で作られたものだからやはり時間をかけないと見えないのである。歴史は徐々に時間をかけて見えてくるものがある。それは人生でもそうである。徐々に時間をかけて見ていればわかるものがある。歴史をたどることはそれだけ時間がかかるのである。落日の輝きの方がまぶしいとういことがある。それは内面から発せられる光である。心境の変化で見えるものがある。心境が変わると同じものでも同じではないのだ。

明かに今日の新年の落日は違っていた。それは内面が心境の変化でそうなっている。平凡なものでもその人の心境で見えるものが違ってくる。特にそれは老人になると心境が変わってくるので見えないものも見えてくるのだ。若いときは心境が乱れているから見えないのである。心境によって人は幸せにもなれば不幸にもなるということがわからない、貧乏でも心境が良ければ苦にしないということもある。あばら家で今日はいい月だとか風流を感じているとすれば心境によるのでありその人は幸せだとなる。それでないとほとんどの人が不満不平しかないのと同じになる。裕福でも心境が悪ければ不幸になってしまう。


人生を理解するにも時間をかかる。何を意味しているものなのか卑近なこと一番身近な所でもわからない、最近家について書いたが家って何なのだろうと考えたのもわかったのも最近のことである。家の家事から全部やってみると家はその家につながっている人達が二代くらいでもいる。家は死者とつながっている。家は一人ではない、それぞれ一つの最も基本的な共同体である。その共同体の中で死者も生き続ける。墓は外にあるからその村や町や市とつながっている。家は縦軸で時間につながり横軸でその空間、土地とつながっているのだ。だから人間は一番基本的なアイディンティティは家にあった。そんなこと当たり前じゃないかとなるがそういう当たり前のことが年をとらないとわからないのである。事実、故郷から離れたらその土地とも離れるからそうしたアイディンティティが失われるから根無し草のようになっている。そういうアイディンティティが断たれたら存在感もなくなる。そういうことを原発事故で自覚したのである。


京都辺りはいろいろ歴史がある。その一つをテ-マにしても探るにしても時間がかかる。狩野派の絵が雄渾になったのは家康の時代になってからだというのもわかる。権力者に絵が注文されるから権力者向きの武士の好みの絵になったという。芸術にもそういう時代背景がある。狩野山雪の老梅の絵は迫力がある。現実にあんな梅は存在しないだろう。それは絵師の心境から生まれた。人間の心を写したものだから迫力ある絵となった。それはゴッホの絵でもそうである。太陽でもそれぞれの心で見ると違って見えるのでありいつも同じ太陽ではないのだ。鑑賞力、認識力が高くなってくるとこの世は一面退屈しない、そうでないと人類の宝はいくらでもあっても鑑賞できずに終わる。それは自然でもそうである。自然は何の意味ももたらさない、そういう人がいくらでもいる。


ただ芸術家でなくても体で自然を感じている人達がいる。農民で職人でもそういうことはありうる。もの言わぬ語らぬ描かぬ芸術家もありうる。そういう人は表現しなくても自然を深く感じているのだ。だからそういう人達が自然と通じ合うのは自然の中で働いている時でありもし原発事故で避難している人のように働かなくなったら自然を感じない、ただパチンコとかその他遊ぶだけで価値無きものになってしまうだろう。自分が家事をして働いて家についてわかったように人は働かないと回りにあることが深く体で理解できない、もっとも身近な家を理解しなかったことでもわかる。家事というのは料理するとかだけではない、何か深く家全体にコミットすることだった。そういうことが働くことにある。働くことは何かと深くコミットすることなのだ。ただそういう意識をもてないのが現代の労働である。ただ時給をもらうだけにすぎないとなって労働の深い意味を理解できないのである。そういう意識がもてないのである。主婦だったら家事が単に料理するのではない家全体を支えているという自覚をもつ、ほかでは時給いくらだとしかならない、そういうのは人間の労働ではないことは確かである。


この辺だと海の方に心が向くのだけど今回の津波で海が恐怖の場所になってしまった。海の方に行きたくないとか海を見たくないとか海と密接にかかわった人でさえそういう恐怖を植えつけたのである。被害にあわなくても津波の被害のあとは余りにも荒寥としている。
そういう感覚はなかなかぬけない、原発事故だって人が住めなくなった町や村は荒寥としている。だから新年を祝う気にはなれないことは確かである。だから京都とか西の方のことで新年を祝うというの別に問題ない、なかなかこの辺はおめでとうとはならないからだ。

新年桜の短歌(大坂城の桜)-2012-元旦


新年桜の短歌(大坂城の桜)-2012-元旦


oosakasakura1111.jpg
クリック拡大!



大坂城夕陽に映えて門入れば静心なく花の散るかな


大坂城なほも花散りあましたる花に酔うかな夕陽落ちゆく

大坂城出入り尽きぬ花あまたなお散りにつつ日も暮れぬかも


大阪城難波の夢の蘇るその跡の大いなるかも花散りやまじ


大坂城栄いは遠くみちのくの雪に埋もれて春を待つかな


優艷に京都の桜しだれけり昔の人に我があわめやも


千年の都にしあれその栄今につづきて桜しだれぬ


みちのくゆ我がたずねしは遠き日や姫路城にそ満開の桜


淡路島見えて明石城大阪へ船の行くかな春の夕暮


瀬戸の海遣唐使の帰りきて明石の戸や平城宮の近しも


淡路島なぎさに花の散りにつつ夕陽の映えて城の小さし


岩国の城をたずね山の上に椿の咲きて我が下り来ぬ

oosakasakura111122222.jpg




桜というときやはり京都、大阪、瀬戸内海沿岸とかが印象に残った。桜というとき日本人の花になったのは奈良時代ではない、桜が日本人の花になったのは西行が桜を歌った時からである。鎌倉時代になるのか、京都の平安京からも桜は歌われていたろう。奈良は桜の時代ではない、梅の時代であり


あをによし 奈良の都は 咲く花の にほうがごとく 今盛りなり(万葉集巻三328)

いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな  伊勢大輔(61番)


奈良の桜は八重桜であり今の桜ではない、今の桜のように華やかには散らない、八重桜と吉野の桜ではまるで違っている。奈良時代は山桜の時代である。 


さざ波や志賀の都は荒れにしを昔ながらの山桜かな 


今の桜の感覚はやはり平安京辺りからはじまっている。左近の桜は、中国から考え方が入ってきた時は「左近の梅」だったそうです。右近の橘の方は、なんでとなりますよね。調べました。橘は日本書紀の中で不老長寿のクスリとして出てきます。
それがいつの頃からか「左近の桜」となったらしい。桜というのは武家が台頭してからかもしれません。ということは最近(室町時代ぐらい?)かな。

やっぱり桜はまだ平安京では今のような桜ではない、奈良時代からのつづきで梅だったのである。
桜は大坂城の桜が一番印象に残ったというとき大坂城は広いしその時丁度桜が散っていた。そして夕陽が落ちてゆくときだった。その桜がなんともいえぬものだった。桜というとき花でもそれは山桜ではない人間の歴史と呼応して人間化した桜である。大坂城で見る桜は人間の興亡を写していたし京都の桜は千年の都として栄えた所に咲く桜であり一際優艷になっているのだ。大坂城は短く炎上したけど大阪の栄は江戸時代もつづいたのである。信長の安土城は一代もつづかないはかないものだった。しかし大坂城は秀吉が死んでも終わらなかった。大阪商人の栄いはつづいたからその繁栄を写すものとして見ている。江戸は参勤交代の政治の場であり大阪は商人の都市となった。その棲み分けで栄えた。京都は天皇がいて文化都市として千年の都でありえた。それが現代では東京に集中しすぎたから大阪が衰退したとかとなる。ともかく京都-大阪-明石-姫路城-とかの桜は見物だった。そういきう栄はみちのくにはない。大坂城の桜はいくら散ってもまだ散ってゆく、やはり大坂城の桜は日本の栄の象徴だった。江戸城にはそういうものがないから残念である。西には大きな城があるから陸奥とは違ってその栄を偲ぶことができる。絶えず旅していたからそういう日がなつかしい。今や仙台に行くのがやっとである。日本に生まれて最後に見たいものは富士山だった。最後に富士山を仰ぎ死んでゆきたいというのがやはり日本人だった。
今年は津浪原発事故で新年おめでとうとはなりにくい、でも西は被害がないので新年おめでとうでもいいのかもしれない、今年は龍年だけど去年が龍年だった。これ以上荒れる年はごめんだとなるがそれでもまたどん底の年になるのだろうか、いづれにしろここ五年間災難の連続であり最悪の年として終わった。今年は平穏であってほしいとなるが放射能のことなどは簡単にはおさまらないし病気のこともあるし晩年になってからの災難は苦しい、そして津浪でも原発事故でも何ら解決していないのである。復興はこれからも時間がかかる。放射能を払拭したくてもできないのが辛いのである。


今年もまたいろいろ鑑賞することでは何か不思議に進展があった。見る眼ができた。すでに遅すぎたということがある。でも何かものを見る眼がさえてくる。本をいくら読んでも深く理解しなかった。それが理解できるからかえって本を読み返すことが楽しいのである。だからモノを書くことでは進歩があった。自分独自のものを書ける。この桜の短歌も前の短歌のつづきだった。旅はしなくても回想でまだつづいているし旅は死ぬまで終わらないのだ。ただだんだんこの世から人間は離脱してゆく、それが年をとり死が近づくことである。ますますこの世への執着が強くなるというのも老人にはある。老人になってから欲がかえって強くなるというのは本当である。一方で我執も強くなる。淡白になるというではない、そんな人が多すぎるから老人は嫌われるのがわかる。


九六寝て年越すも時代かな

町の墓所死者も年越す除夜の鐘



寝ながら介護されながら病院で自宅で年越す老人がどれくらいいるのだろうか?相当な数だろう。
小高の人が80才以上の人が集まって町を活性化しようとしても無理がある。若者が集らないことにはとをにもなちない、若者が集る町にしよう、残る町にしようというのがこの辺の課題になる。高齢化は津波の被害にあったところでも相当深刻なのである。若いなら立ち直ることができるが老人は立ち直ることがむずかしい。あきらめる人が多くなるだろう。農林漁業は六〇才以上の人が大部分だろう。会社などで募集しても人が集らないという、まさに働く若い人が減っているからそうなる。そうなるとこの辺はいろいろなサ-ビスも受けられるなくなる。福祉関係など病院などではそうなっている。こういう問題はこれからも津波の被害にあったところや原発事故周辺ではつづくのである。


今年もいろいろ書き続けますのでよろしくお願いします

 大坂城の花見客
http://www.musubu.jp/shiropoem.htm

桜前線の短歌
http://www.musubu.jp/sakuranewpage2.htm


山桜の美
http://www.musubu.jp/sakuranew-4.html

前に書いたものののつづきとして書いている。年が明けてすぐアップできた。こういうことがインタ-ネットではできるからいい。