2011年12月07日

鴨(自然と一体化するには時間がかかる-故郷を離れられない訳)




(自然と一体化するには時間がかかる-故郷を離れられない訳)


故郷の川になじむや鴨と月


故郷を離れられじも残る柿


冬薔薇菊と並びて庭の暮る


冬の菊今日もこの道買い物に


冬の月建設現場に光るかな


冬紅葉訪う人なしに今日も暮る


冬の日に橲原の奥大石の動かずあれや人も同じく



この辺のテ-マが常に動かないとかになる。今までは別に石なら動かないで普通でありとりたててそんなことを強調する必要もない。ところが今この辺は原発事故で常にゆれ動いている。現実に故郷に住めなくなった人達が大勢いるのだ。30キロ圏外でも何か心かゆれて落ち着かない、普通だったら土地があってそこに歴史を刻んできたのである。そこから離されてしまったという事実である。
故郷に存在できないという現実なのである。それは何を意味しているのか常にテ-マになってしまう。人間のアイディンティティとして自然がある。この自然のアイディンティティはなかなか作れない、なぜか?自然の時間的スケ-ルが人間のせわしい生活感覚と違っているからである。現代のような時間に追われるなかで自然とのアイディンティティを築くことは容易ではない、時間の感覚があまりに違いすぎるからだ。樹でもいしでも山でも時間感覚が違っている。だから自然と一体化することは時間がかかるのである。やはり一生住んで死んでその土地の土となるというのが生き物として自然なのだろう。そういう根源的場としての故郷を奪われたらどうなるのだろうか?それが現実にこの辺で起きている。だからそのことに納得いかない人が出てくるのは当然である。金もらって他で住めばいいじゃないかと簡単にならないのだ。そこに原発事故の深刻さがあったのでありそうなってみて気づいたともなる。自分の故郷に家に住めなくなるなど考えた人もいないだろう。でもそれが現実化したときそのことを毎日考えることになってしまったのである。


故郷の川に鴨がいつもいる。今日は月がでている。ただそれだけのことだけどなじむというときやはり長年住めばなじむのでありそのなじんだ土地から離れるということはなかなかできないのが人間なのだ。残る柿というのもまたそうである。柿は何か土着的果物なのである。とにかく土地と一体化して生活している農家の人だったらもっと故郷や自分の暮らした土地から離れることは考えもしなかったろう。そういう人達が都会に住み離れて仮設住宅に住んでいる。避難した人達でも老人が多いのである。津浪の被害にあった地域でもなかなか元の住んだ場所にもどれないのである。だから残る残れないとか離れられないとかがテ-マになっているのだ。


橲原の奥には森があり大きな石があった。それは橲原から一体化してあったのだ。自然は村でも全体として存在している。村はそもそも自然と一体化して長く存在していたのである。その村が消失するということはどういうことなのか?そのことが現実化してもそれが現実と思えないのである。それは津浪の被害にあったところでもまだこれが現実なのかと納得し得ない面があるのだ。心が何か宙ぶらりんのようになっていないか?落ち着くべき故郷から土地から遊離してアイディンティティを失った状態にないか?もちろん自分は30キロ圏外でそうする必要はないにしろ回りがそうなのだからその影響を強く受けている。だから心が落ち着かず宙ぶらりんな心になってしまうのである。南相馬市では現実に働き手が若い人が避難して帰ってこないとか正常な生活にもどれない、働き手がなくなれば街を維持できないという深刻なものとなっている。でも放射能汚染で若い人が生活したくないとしたら留めることもできない、そしたら老人だけが残る。でも老人だけでは市の生活を保てなくなる。
最期は姥捨山になるのか?なんかそんな不安から逃れられないのである。

 

震災津浪の被災地を励ます詩


震災津浪の被災地を励ます詩

 秘密


    カロッサ


星は天空にあって
眠ることなく燃えねばならぬ
地球を包んで
緑の生命が息づくためには


血は流さねばならぬ
多くの血が、多くの涙が
私たちにとって地球が
真の故郷となるためには


さまざまの力が荒れ狂い
傷つきにくみ合うところ
清らかな治癒の泉が
よき死の底から湧きあがる


私たちが迷い迷うあいだ、
私たちを見守ってくれる力がある。
にがい苦しい努力のうちに
私たちは一致して光を求める


すべての奇跡は
はるかな岸辺におこる
私たちはみな、きそって
自由な岸辺をめざす


私たち身に
太陽の物質を背負っている
私たちは消えてゆかねばならぬ
それほどまでに私たちは強いのだ


どこまで行っても終わりはない
ただ燃えるような奉仕があるだけ
くだけ散りつつ、私たちは
あたりに光を放射する

 


この詩は震災や津浪や原発事故の被災者を慰めるのにぴったりではないか?


多くの血が、多くの涙が
私たちにとって地球が
真の故郷となるためには


これは津浪の被害にあった人達である。どれだけ多くの涙が流れたことだろうか?多くの血が流れたというときこれは戦争だったらそうなるが今回は涙の方だろう。こういうことがそもそも人類の歴史だった。戦争でもどれだけ多くの血が流されたかわからない、戦争は経験してしいなくても400万人も死んだとなれば忘れられるものではない、延々として語られるだろう。今回の津浪の被害もそうだった。原発事故も未だかつてない事故の経験だった。その傷痕は余りにも深いのである。


どこまで行っても終わりはない
ただ燃えるような奉仕があるだけ
くだけ散りつつ、私たちは
あたりに光を放射する


どこまで行っても終わりはない・・・この震災や津浪や原発事故の被害は終わりがない・・・それぼと被害が大きすぎた。そして燃えるような奉仕が確かに必要とされている。原町の産婦人科の院長などはそうした人の一人になるだろう。病気になったということは砕け散りつつともなる。そういうことが強いられたともなる。あたりに光を放射する・・・・・奉仕しながら死んでゆくのだからそれが光となっている。これはむずかしい詩ではない、でも震災にあった人達にはぴったりの詩ではないか?これは戦争で傷ついた人達をイメ-ジして作られたのものだろう。でも震災や津浪や原発事故にもあてはまる。原発事故では放射能で汚染されたからその自然が汚されたということがこれはなかなか修復できないのでその傷痕は大きすぎる。ただボランティアとかはそういう奉仕があったことは確かである。その奉仕はやはり光を放射していた。それを批判する人もいたが実際に何もしないよりは光を放ったのである。被災者のなかで働くことは金儲けより奉仕になっていたのである。


この辺では働く若い人が避難していなくて困っているということでもわかる。残されたのは老人だけになり老人だけで支えることはできない、そういうときこういう放射能汚染地帯で働くことは誰もしたくないから奉仕だとなる。これはまた別かもしれないがこういうところで誰も働きたくない、そしたら老人だけが残されて衰退してしまう。こういうときここで奉仕させるというのは無理でも残った金のある老人は働く若い人をとどめるためにも金を多く払わねばならなくなるということもある。
働く人がいないということは働く人が貴重なのである。

今までのように時給いくらとかでは働く人を確保できないかもしれない、働きたいという人が大勢いればそれでかまわないが、働く人がいなければそうなる。ただこれだけ移動が自由な社会だから年金を多くもらっている人はサ-ビスのいい市とかに移動はできる。現実そうして移住している人はいる。年金をもらい金がある人はできるのだ。

こういう放射能汚染地帯とかにいればいいサ-ビスは老人でも受けられない、だからサ-ビスを受けようとすれば人件費はかなり高くなってしまうのではないか?なぜなら働く人がいないということは人手不足なのだから賃金も上がるからである。その上がる賃金分をここに住む人が払わねばならないのだ。要するにこの詩の燃えるような奉仕をする人はがまれだとすると賃金をかなりあげないと誰も働かない、働き手も入ってこないということである。本当に外国人でも中国人でも入れないと働く人がいなくなってしまう。中国人などなら今の給料でも高いとなるから働くとなる。そういうことはすでに震災被災者ではなく日本全国で人手不足になり外国人を入れるほかないとか特に医療や介護分野では問題になっていたのである。特に被災地では顕著になったということである。

ハンスカロッサは医者であり戦争にも参加して献身的に働いたからこの詩ができた。
ということは原町の産婦人科の院長も共通していたのだ。
詩もそうした実践の経験がないと書けない
想像だけでは書けない、つまらないことでも実践していることが言葉になり詩になったりするのだ

posted by 老鶯 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

冬の蜂に刺される



冬の蜂に刺される

fuyuhavhi111.jpg



冬の蜂死に際に刺し手ふくれる


冬蜂の死にどころなく歩きけり 村上鬼城


村上鬼城作
http://utorongo.otemo-yan.net/e134592.html


 村上鬼城(1865〜1938)は、若いころ司法官を志が耳を患い断念、裁判所の代書人で生活をし、22才で結婚し、二女をもうけますが、わずか数年で妻が他界。31才で再婚し二男六女をもうけますが、貧しさはますます厳しく、正岡子規に共感し「ホトトギス」に入門する。
 耳の病、妻の死、貧困と、苦しさの連続だった鬼城を再び不幸が襲います。昭和2年、61才の時、自宅が火災で焼失。



部屋の中に死んだように飛ばなくなっていた蜂にふれてさされた。蜂も怖い。これだけ毒がまわってはれた。熱がこもり痛くもある。その蜂は弱り死んだようだったが死んでいなかった。この句のつづきがあった。死にどころ探して死に際に強烈な毒だして刺した。それだけの力があった。自然も怖い。津波も最高に怖かったけどあんな小さな蜂にさされてこんなに毒でふくれると思わなかった。
体全体まで調子悪くなる、吐け気などにおそわれる。アレルギ-体質だとそうなる。スズメバチは本当に刺されたら即生命の危険にさらされる。それだけ毒が強いのである。人間も怖いが自然も怖いものである。


人間だって命ある限り死んだようでも死なないということがある。最期の抵抗をして死んでゆく。
それが意外と怖い面があるのだ。最期の力をふりしぼってかかってくることもありうる。鬼城の生涯も苦しみの連続だった。そういう生涯も結構ある。一茶などもそうである。自分は30年くらい実に平穏な生活だった。三食用意されていたし何か困ることもない恵まれたものだった。ところが5年前から苦しみの連続になった。家族に認知症かかえ右往左往してそれから自分も病気になり犯罪にあったり事故にあったりまた介護だとか不運の連続だったのである。最期に津波と原発事故だった。

そして冬の蜂にさされるというのもこれもたいしたことないようでも不運である。人間の一生でも不運な生涯は結構ある。戦争で死んだ人とか戦前は結核で死んだ若い人が多いし不運で死んだ人が多かった。戦後60年は平和で恵まれていたのだ。ここにきて津波とかでみんな悲惨なことを経験した。「人生はギャンブルだ」と言って原町の産婦人科の院長も今度は癌になったとか悪いことは重なるのである。この辺は何か変だ、原町で不審火で木材所が焼けたとか何か変なのである。この辺何か全体が不運におそわれているのだ。だからなかんか縁起悪い所なのかとさえ思ってしまう。これまでそう思わなかったが回りも自分もそうした災難つづきだから不安になるのだ。


ともかく明日医者に行くほかない、毒を出すのがいいらしい。あんな死にかかった蜂でもこれだけの毒を出すことに驚いた。人間も最期に毒をだす、意外とこれは怖いのである。弱った老人でも馬鹿にできない、動物は毒を出す、最期に毒を出して死んでゆくともなる。