2011年11月25日

冬の菊(仕事は生きがい)


冬の菊(仕事は生きがい)

変わらずにここに勤めむ冬の菊


誠実に勤め変わらず冬の菊


冬薔薇しみ入る色や夕暮れぬ

今日は冬の菊というときあっていた。山は雪になり寒かった。北風も吹いた。
最近この年でわかったことは人生の真実や芸術なども実際は本当に単純なものだった。
シンプルなものでありむずかしいものではない、むずかしく解釈する必要もない。

菊というとき昔は女性の名前に多い。今はわけのわからない名前になった。名は体を現すというときやはり名前も大事である。キクという名前は日本の伝統的なものを伝える名前である。
皇室の紋章が菊であることも菊も日本を象徴したものとしてある。
ただ野菊などはドイツには日本と同じ様に咲いていた。ドイツと日本もにた所がある。
ヨ-ロッパは意外と日本とにている。中国はかえって日本とにていない。やっぱり大きすぎることが影響している。


菊は秋でも晩菊から冬の菊になる。寒菊となるとさらに一月以降の寒い時である。今日は山も雪であり飯館も雪だったろう。飯館には人は今住んでいない。やはり自然でも自然だけでは自然も活きてこない。人間があってこそ自然も生きる。人間は自然と共に生きるとき喜びがあるのだ。そのために自然のように心も清くないと自然も映えないのである。人は人間に勤めるというよりまず自然に勤めるものではないか?この美しい自然に勤める、都会だとそこはビルだらけであり家だらけであり自然に勤めるという感覚はでてこない、田舎だとまず自然と接するから自然に勤めるとなる、大きく言えば天地に従い天地に勤めるとなる。仕事が勤めるというとき根本にそういうことがある。


今のこの辺の状態は異常である。仕事ない人であふれている。別に避難している人でも一人10万もらっているとしたら生活には困ることがない、でも何もすることがなくなり繁盛ししているのはパチンコ屋だけだというのは異常である。パチンコ屋には車が一杯である。知人もパチンコ屋で働いている。人間はやはり収入のことばかりいうけど仕事なかったら淋しいだう、生き甲斐もなくなる。

そして仕事は勤めというより宗教的な意味もあったのだ。農業なんか本当は仕事自体からすると最も生き甲斐のあるものではなかったか、米が安い、野菜が安いといっては農家はやりたくないというけどもともとはそうした消費のことを考えなければ仕事自体は最も天然に従う聖なる勤めのごときものではなかったか?それをつくづく放射能災害で荒地になった農地を見て感じたのである。仕事がなくなった農家の人も自分のしていた仕事のことをつくづくふりかえっている。牛ととも働きたいというときやはり牛と共に働いていることが生き甲斐だったとなる。そういう農家の人が商店とか工場で働けるものだろうか、そういうことをやはり避難した人自体が感じている。


冬薔薇にしてもその色が深く不思議に夏の色とは違っている。深くしみ入るような色になっている。冬は趣がある。人間最後に冬となり老年こそ最後の豊かな実りの時だったのである。

yukisnow.jpg

福島国際復興マラソン


福島国際復興マラソン


fukkpumarason.jpg
真野川をわたる

テレビにでていた学者の人がいた。あの人は最初原発事故の説明のとき頻繁にテレビに出ていた。
それで顔を覚えていた。コンビニの前で会うとは思わなかった。何やっているのですかと聞いただけである。ハンガリ-だ、ル-マニアだ、ドイツ、フランス、スイスとか福島復興国際マラソンだという。こんなところを走るのをめずらしくて自転車でついていった。市役所まで行った。

フクシマは何か世界でも有名になった。南相馬市長もyouyubeに出て有名になった。
フクシマは世界に旅したらフクシマですと言ったらあの原発事故のフクシマかとして通じるだろう。チェルノブエリと同じくなった。ヒロシマともにているだろう。


でも主催している人は御用学者と言われる人である。最初にテレビに出た人は安全だ安全だ、メルトダウンしていないと何度も言っていたが嘘だった。あの時は最初だから皆目放射能がわからなかった。放射能は最初発見したキュ-リ-夫人だけどフランスでは美容にいいとか使われ放射能が害になることがわからなかった。今になるとキュ-リ-夫人とかもがっかりしているだろう。世の中に役に立ちたいというのが願いだったという。こんな危険な悲惨なものとなることを予測できなかった。

科学者でも全く予測できないことが起きる。最初の動機は博士号をとりたいということだけだった。それがこんな結果になることは予測がつかなかった。自分の発見発明したものが社会的にどう影響するのかなど科学者は考えない、科学には薬でもすべて副作用があるように危険がある。薬も毒でもある。放射能も毒にもり薬にもる。ただ毒の面があまりにも恐ろしかったのである。人類を滅亡させるほどの猛毒だったのである。


猿の惑星の続編だったが映画で核爆弾に祈っている人が最後に生き残っていた。人類は最後に核爆発とともに滅びた。人間の最終兵器で
人類が滅びる。それが核戦争でそうなると思っていたが実際は平和利用の原子力利用でもそうなる。それも誤算であった。科学は社会にどう影響するかわからないもの予測つかないものとして影響する。想定外のことが人間社会に起きる。そこも問題だったのである。

yukisnow.jpg

飯館の方は今日は雪だった、北風吹いて寒かった
マラソンした人も寒かった。


後で思ったこと


これだけの国籍の人が自主的に福島を応援するようになるとは思えない
第一、ハンガリ-とかル-マニアとかなるとそういう人達が集まり福島を応援しようなどと
相談すること自体理解しにくい、大学関係で主催者が集めたのか?

他でも御用学者が国際復興マラソンを主催しているから自主的なものではない
ただアイデアとしては良かった。一緒についていったら
世界の人が応援してくれているんだとかなれば元気になることは確かである。

ただ何かこういうものも主催するものがありそれで団体化して活動する
個々人が自主的に参加するというのはデモだってなかなかない
主催者がやはり原発事故の時最初に安全を言っていた学者だった。
その顔を知っていたのでそこからどうかなと思ってしまった。

posted by 老鶯 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連