2011年11月29日

震災被害地の冬(残る残らないでゆれる心)


震災被害地の冬(残る残らないでゆれる心)



小高区の仮設に住みて落葉かな


人消えて雪のふるかな一本の松の残りて車行き交ふ


飯館に風花舞いてアグリなる喫茶店あり我がよりにしを


5つほど石のよりあい飯館に人のあれかし冬になるとも

この辺は何か津波から原発事故になってから奇妙な異常事態になってしまった。この辺の大きなテ-マが「残る」ということになっている。残って住んでいけるのかどうかが常に問題になる。
仮設住宅に住んでいること自体、すでに故郷に住めない状態を作り出しているのだから一体故郷に帰り残り住めるのだろうか?そういうことが常に現実問題として離れることはないだろう。一応30キロ圏外でも何かそういう気分の中にある。現実に飯館や20キロ圏内では人は住んでいないのだ。
残っていないのだ。だから残るということが重要なテ-マとなる。津波の被害にあった三陸などもそうである。そこに残れるのか残れないのかということが迫られている。現実にもう残れないとあきらめて住居を移す人もいる。なんとか残ろうと頑張る人もいる。常に残るか残らないかが迫られる。

この辺でも若い人は残れないと思う人はすでに住居を移している。残ろうとする人と残れない人とが分かれている。飯館村でもこれから残ろうとする老人組などともう残れないとする若い人たちが分かれている。そういうことで気持ちが引き裂かれているのだ。ここにはもう将来がないとあきらめて残らないと決めた若い人たちもいる。でも老人は残る他ないとここにいる。


残るというとき人だけではない、それは自然もそうなのである。津波で残った松とか庭の石とか家でも地名として残り谷-残り家というのが岩手県の津波の被害にあった海岸の集落に残ったのがわかる。家がなんとか残ったなということで地名化した。それは残らない家が多かったから残った家が貴重になった。陸前高田市では一本だけが残った松が奇跡の松となった。何万本の松が流されたからだ。飯館村では川俣に通じる幹線道路の一本の松は住民が消えても残っている。自然は残っている。でも住民は消えたという不思議がある。放射能汚染があっても自然は消えていない、飯館村とか立入禁止区域には残されたものがいろいろある。それらは残ったままなのである。残ったものと残らないものとの間で心がゆれている。なぜなら完全に故郷に帰らないといいうわけでもないからだ。いづれは帰るとはなっているから残されたものに思いを深める。これは数人とかの思いではない、避難した全員の気持ちであり30キロ圏外で避難しなくてもこの辺の人々の気持ちがそうなっているのだ。「残る」ということが常にテ-マとなってしまうのである。見切りをつけて残らないという人もいるしなおも残るという人もいる。そういうゆれる気持ちが働いていて落ち着かないのである。


飯館村のアグリというパンが食べられる喫茶店も終わった。それも福島市でまたはじめた。場所として飯館村は良かった。でも飯館村ではもう再開しないのだろう。そもそも飯館村が人々が帰れるのか帰れないのかわからない、でもまだ自然は残っている。墓も残っている。家も残っている。いろいろ残っているものがある。人々も残ってゆくのかそれがわからない、ただ残る残らないとか心がゆれたまま今年は終わってゆく、これは津波の被害にあったところでも同じである。果たして残って前のような生活に戻れのか、もう残れないのかということが常にも問題になっている。いづれにしろ仮設住宅手仕事もしないが金をもらっているからパチンコや飲み屋が繁盛しているとか異常である。金をもらっているから働かないという人々もでているという。酒を飲んでいる人もいる。そんな状態がつづいたらどうなるのか?精神的にこの辺は荒廃してしまうのではないか?ただどうしていいのかわからないというのが現状である。おそらくやはり20キロ圏内でも帰らない限り落ち着かないだろう。全体が落ち着かないのである。30キロ圏外でもそうなのである。ここでは落ち着いた生活が回復するのはいつになるのか?落ち着かないとそれぞれが落ち着いて仕事もできないのである。


飯館-松
http://musubu2.sblo.jp/article/34907113.html

posted by 老鶯 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2011年11月30日

秋から冬-近江俳句十句 (近江の古歌の編集)


秋から冬-近江俳句十句

近江の古歌の編集


oumi10ku.jpg
クリック拡大!

鴎飛び堅田の秋や浮御堂

浪よせて堅田に松や秋の風


竹生島紅葉の散りし水面かな


越へ行く塩津によるや虫の声


塩津駅停まるやあわれ枯木かな


冬の暮塩津神社の古りにけり


浪の音志賀の都や秋の暮


京近く大津やあわれ冬の暮


大石の京に浮名や冬の暮


田は刈られ琵琶湖に望み彦根城


多賀大社古木二本冬の暮


隠れ棲む葛籠尾(つづらお)崎冬籠

 


青みずら 依網の原に 人も逢うはぬかも 石走る 近江県(あがた)の 物語せむ(1287)

近江は相当に古い歴史の場所である。物語せむ・・ということはそれだけすでに古代から語るべきものが多くあったのである。銅鐸などが大量に出土したことでもわかる。

堅田


堅田の落雁
http://www.ootu.gaido.jp/kankou/hakkei/katata.html


浮御堂-かもめ-写真
http://ameblo.jp/kazz0517/entry-10060596845.html


比良の高根は白雪のやや肌寒き浦風に落つる堅田のかりがね


峯あまた越えてこしぢにまづ近き堅田になびき落つる雁がね


すずみ舟よする堅田の浦風に月もゆらるる波の上かな(海人の刈藻)大田垣蓮月


鴎がここには飛んでくる。湖がウミというように海のようだから鴎がここに飛んでくる。でも海から結構遠いのである。近江八景でいかにも堅田
という所に連なり落ちる雁がねがふさわしい。堅田は船の出入りが多いから湖族という海賊とにた人達が通行税をとった。その後は自治都市になったという。それだかけここが琵琶湖の交通の要所だったのである。


塩津


高島の 安曇の港を 漕ぎ過ぎて 塩津菅浦 今か漕ぐらむ  巻9−1734


塩津山うち越え行けばわが乗れる馬ぞつまづく家恋ふらしも  笠朝臣金村


塩津山といふ道のいとしげきを、賤の男のあやしきさまどもして、「なほからき道なりや」といふを聞きて


知りぬらむ ゆききにならす 塩津山 よにふる道は からきものぞと  紫式部


白洲正子さんの「かくれ里」には、菅浦の印象が記されているので、少し本文を引用してみよう。

「…菅浦は、大浦と塩津の中間にある港で、岬の突端を葛籠尾(つづらお)崎という。竹生島とは目と鼻の間で、街道からは遠く外れるため、湖北の中でも全く人の行かない秘境である。つい最近まで、外部の人とも付き合わない極端に排他的な部落でもあったという。


近江といっても広い、琵琶湖も広い、奥の方にはまわれない、そこにもやはり京に近いから天皇にまつわる伝説が残る。そういう土地にふさわしいのである。


多賀神社


多賀大社古木二本冬の暮
http://www.guitar-mg.co.jp/title_buck/25/taga_no_imorigi/onnaimorigi.htm


2本の大ケヤキは共に近くにある多賀大社(たがたいしゃ)の御神木で、奈良時代・元正天皇の御代(717-724)、天皇が病を得たので、平癒の祈祷を行い、神供の飯にシデの木につくった杓子を添えて献上したところ病が治り、杓子をつくった木の余りを地に挿したのが成長して飯盛木(いいもりぎ)になったとの伝説があります。


お伊勢七度熊野へ三度 お多賀さまへは月参り


伊勢神社には行っても多賀神社まで行く人は遠くからはあまりないだろう。そういうところまで自分は20、30年前とかに行っていた。ふりかえれば遠い日のことだけど覚えている。旅も忘れやすい、だからどうしたら印象の残る旅ができるかが課題になる。今は便利すぎて旅が記憶しにくいのである。電車だと忘れやすい,車でもそうである。大地を一歩一歩歩いて旅したら体で覚えているから忘れないのだ。今は何でも記憶しにくいのである。人生そのものが記憶されず過ぎてゆくとあとで実り豊かな人生がないことになる。なぜなら60過ぎると思い出すことが仕事になるのだ。

それは旅だけではない、人生そのものが思い出だけになってしまうのである。そうなると記憶するような生き方をしていないと実り豊かな老後はない、人生で何があったかさえ記録されない、歴史にしても人間は本当に忘れやすい、津波でも400年前にこの辺であったけど全く忘れられていた。結局記録するものが少なすぎたのである。相馬藩政記は記録が残っていることで全国に知られていたけどそれでも一行しか津波のことが記録されていなかったのである。これでは後世に訴えるものがない、ヨ-ロッパなどだとロ-マの2000年前が詳細に記録されている、庶民の生活も記録されているから当時を生き生きと振り替えことができるのだ。日本は歴史はそれなりにあっても意外と記録されていないのである。
歴史が記録だというときまさに記録されていなかったらふりかえる方法がないから重大なことでも忘れてまた災害で苦しむことになったのである。

インタ-ネットはいろいろ出ていても編集しないと読めるものにならなき、断片化しているから編集する必要がある。編集すると新たなものとして活きてくるのでてある。編集は一つの創造的なことなのである。