2011年10月14日

秋薔薇(老人は住み慣れた土地を離れにくい)


秋薔薇(老人は住み慣れた土地を離れにくい)

roseakiii1111111.jpg


病人をかかえて長し虫の声


秋の蝉鳴きやみにけり深き森


親しみし街離れえじ秋薔薇


the long living city

the still staying one

roses in autumn

雨しとと行き来の道や秋薔薇


秋となり津波の跡に蛙鳴く



病人をかかえてから結構長い、介護は今は長くなる。10年介護していたとか聞く、条件が良い時代と病気になっても長く生きる場合がある。すでに5年が介護だった。病人を家にかかえると重苦しくなる。朝起きてみると寝ているし咳したり苦しそうにしているから介護する人も重苦しくなるのだ。
朝起きて笑って迎えられるのとはまるで違う。いろいろ家族をみると必ず病人をかかえた家とか経験した家も多い、その時間が長いのである。脳卒中でも軽ければ簡単には今は死なない、するとそのあとが長いし介護する人が大変になるのだ。毎日虫の声でも生きている。介護だとまず遠くには出れない、だから原町へ毎日のように行っている。気晴らしになるからだ。相馬市までだと遠いからなかなか行けない、原町は近いから電動自転車で楽に行ける。

秋薔薇の季節だけどつくづく人間は60までは意外と時間がすぎるのが早い、時間が長く感じるのは20代までであり30代過ぎると早い、そして還暦は一つの大きな節目である。ところが60まで生きてもあっという間だった。逆に還暦すぎると時間が長く感じる。退職した人も会社をやめると時間をもてあます,長く感じるのだ。60までは働いても遊んでいても時間が過ぎるのが早いのである。特に一年の内に一か月旅行していると時間が早くすぎた。旅に費やされた時間だった。でも今になると仙台にも行けないから旅していて良かったと思う。本当に旅ができなくなるときがくる。それは介護だったり家の事情だったりそれに病気になるともうできないのだ。旅すらできなくなる。だから十分に旅でもしない人は心に残りになるけどそういう恵まれた人はそんなにはいないだろ。自分は恵まれていたとなる。


いづれにしろ秋薔薇を見るとき夏に咲き、秋に咲き、冬にも咲く、その時間の経過の中で見ている。そういう経過は一カ所に住み続けないとそういう趣はえられない、旅ではそうした長い時間の経過のなかで見ることができない、人間は最後はどこかに定着するのが運命である。定着して人生を終結するのが運命なのだ。だから60すぎたらなかなか住み慣れた所を離れにくいのだ。人生の継続としてその場がある。故郷もそうである。だから原発事故で故郷を離れざるをえなくなった人は悲劇だった。もう移住するより死んだ方がいいと90くらいの人が思った気持ちがわかる。実際に墓に入りますと自殺した高齢者がいた。人間は最後は住み慣れた所から離れにくい、街でも離れにくいのだ。若い人はまだ離れても他で生活する時間がもてる,老人はそこで住んだ延長でしかありえない、生の存在意義はそこで生きた延長としてあり新たに生の意義をアイディンティティを見出すことはむずかしいのである。生の意義とかなるとむずかしいがむしろ人間の本能的なものとしてそうなってしまうのである。人間は最後はその土地の樹や石のようになってしまう。だから放射能汚染された土地にへばりついていないでさっさっと他に移れよとか言われるが老人には簡単にはそうはできないのである。長い人生の時間の中ではぐくまれ作られたものがあるからだ。それはその土地と結びついていることが多い。

今日は秋の蝉の声は聞こえなかった。遂に蝉の声もやんだ。津波の跡の水たまりで蛙が鳴いていた。蛙はみんな死んだわけではない、水田がなくても水たまりがあると生きる。現に湿地帯化している所がある。真野小学校の前は深い湿地帯化している。水がたまりそのまま消えないで沼化する所がある。あそこに水葵など咲くと湿地帯である。小島田の真野小学校まで津波が来たことには驚いたろう。あそこまで船が流されたことも驚く、ただ小学校なら二階に逃げれば助かったし人的被害はなかった。烏崎の人の被害は大きかった。

南相馬市の最近の様子


南相馬市の最近の様子

heart22222.jpg

heart33333.jpg


日本財団ROADプロジェクトHeart Care Rescue 。自宅退避者へのカウンセラー、医師募集中!早急な心のケアが必須です!24日より南相馬市立総合病院内に現地対策本部設立


南相馬市立病院を駅の方に入った道に新しくできた今準備中である。もう一つサイヤのとなりにもボランティア団体の事務所ができた。そこで放射線を計る器械を貸し出している。二週間くらい待たないと借りられないから不便だ。


heart4444.jpg
heart55555.jpg
heart66666.jpg


小島田の船が打ち上げられた場所で火事があった。船から火事になった。今船の撤去作業をしていた。

真野小学校の前は雨がたまり湿地帯化した。ここは明かに湿地帯になっていた。水が深くたまるとそこは沼になる。ここには水葵も咲いたのか?何かしら水生植物が繁茂している。

小島田まで津波が来た。あそこまで来るとは思わなかった。真野小学校は廃墟になった。

草はどこでも除染のために刈られている。だから草ぼうぼうの風景ではなくなっている。


原町区の道の駅で仮設住宅を建てていた。あそこはは便利だからいい。買物がキクチス-パ-とかが近くだからいい。

posted by 老鶯 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連