2011年10月05日

秋の夕暮短歌十首(南相馬市立病院の思い出)

 
秋の夕暮短歌十首(南相馬市立病院の思い出)

hospital22222.jpg
病院の窓



大原にその人あれや街遠く老いて淋しき秋の夕暮


一か月病院にありぬそのことの思い出深き秋の夕暮


病院に勤めし人のそれぞれにいかにしあらむ秋の夕暮


病院の窓により見ゆ大原へ秋の夕焼け美しきかな


一時は浪江の人とともにありその人いづこ秋の夕暮


原発にちりぢりになる故郷の人の絆や秋の夕暮


原町に実家の墓のありにしを参り菊さし帰りけるかな


原町の母の実家は今はなし墓のみ残り秋の夕暮


あわただし時の移りやおさまらぬ原発の騒ぎ秋となりしも


病院の窓辺に鳩のとまりしを心なごみぬ秋の朝かな


haramachihospiyal11.jpg

秋の朝病院に目覚め原町の街に光や我は生きるも


南相馬市立病院がなぜ心に残っているのか?一か月も入院したということにもあった。病院の一か月は長いのである。でもあの市立病院は4階か5階だった。ともかくあそこは眺めが抜群だった。海も見えるし山の方も見えた。その山の方に住んでいたのが大原の人だった。その人とはずいぶん話した。大原のことがよくわかった。大原は鹿島区だったら橲原と同じ位置にあった。山際であり街からは遠い、橲原は奥座敷としたが大原もにていた。ただ大原という土地にはあまり関心がなかった。その人の話しを聞いて関心をもったのである。その人は80近くかなり重病で話すことができなかったのである。それが突然話せるようになった。それでいろいろ話を聞いたのである。ちょうど暇だから時間をもてあますから話を聞くのに向いていたのである。そして病院の窓から大原の方を見ると秋の夕焼けが美しかった。眺めがいいから心理的にも癒しになった。そういうことは病人の心に影響するのだ。

相馬市立病院は全く違っていた。建物は古いし眺めはよくない、ほとんど外の景色が見えない、あそこだったら入院したら嫌だなと思った。ただ医者とか看護師は悪いとは言えない、ただ建物や立地している場所が良くない、もっと高ければ市街とか海の方まで見えるようになっていた。あそこは三階くらいしかない、南相馬市立病院は見ただけで建物も立派だし眺めが抜群だったのである。なぜあのような立派なビルが建てられたのか?それなりの財源があったとなる。東電からの金で建てたというものではない、この辺では東北の火力発電所である。でも小高区に原発を建てる予定になっていたのだ。そこから金が入っていたが事故で断ることになった。双葉町の庁舎は実に立派である。南相馬市立病院とにていた。やはりあれだけのものを建てられるのは原発の金が入っていたからである。あの辺では小さい町でも合併しなくても原発の金でやっていけたのである。富岡町長の5億円入っていたとうい金庫の話題はつきない、それだけの金が入る裏付けがあるから騒いでいるのだ。原発の補償にしても何兆円となる、そんな金を東電で払うということにも驚いた。それだけの収入があったことにも驚いた。それだけの金になるのが電気事業だったのである。


いづれにしろ一カ月間の入院は不思議な思いで深い経験となった。一人は大原の人でありもう一人は浪江の人だった。その人はわずかに手を動かすだけでしゃべることもできない悲惨な状態だった。妻が来て手を握るだけであったが何か通じていた。もう一人はこれも悲惨だった。94才の身寄りのない老人でありただ肉体だけが活かされている、治療費が無料ということで活かされている悲惨なものだった。身寄りがないから誰も来ない、それが自分とにていたから恐怖になった。そして今浪江の人は一体どうなったのだうか,推測できるのは妹が郡山にいるからそっちに移ったのだろう。それにしてもあれだけの病人をかかえてどうなったのだうと思う。浪江は悲惨な状態になった。もう一人は双葉の人が二日ほどいた。双葉町にはない科がありこちらに来るほかなかった。双葉や浪江は大きな病院がないからそうなった。その人はバスで

埼玉に移動するとき妻がテレビに写っていた。もともと埼玉に娘がいるから移り安かったのである。

それにしても浪江にしろ大原でも放射線量が高いから避難地域になったようにその後は原発事故の影響を大きく受けた。大原では息子は街の市役所に勤めているからとてもあの体では農業はできないから放棄されるだろう。一人猫とともに大きな家に住んでいたのである。東電に補償されてもらった方がいいとなる。浪江の人は15町歩の田畑をもっていた。でもこれも跡継ぎがないとかあり補償された方がいいともなる。鹿島区では38町歩もっていた人が補償問題で原町区にきていた。そんなのは昔の地主の土地の広さでありやっけていけるのかとも思った。その補償額も大変なものになる。ただ農家は土地をもっていれば確実に補償される。漁師も船をもっていたりすれば補償される。その補償額は大きいのである。鹿島区は30キロ圏外でも一所帯百万支給される。ところが相馬市になると支給されない、そこに不公平があり不満がでてくる。でも補償するにも限度がある。きりがない補償になってしまうのである。


原町とは母の実家があったとこでありその墓だけは残っているから縁のあるとこである。原町はどうしても用事があり買物などで頻繁に行っている。原町が衰退すると鹿島区は不便になる。相馬市は遠いから困るのである。故郷に住んで南相馬市立病院は一番思い出深い場所となった。その病院が医者や看護師が半分になった。そのことの影響は大きい、誰か一億円寄付して病院を建てなおしてくれとあったがよほど原町区に思い入れがある人だったのか感心した。それだけ病院は大事な場所だった。病院が整備されていないと寿命が縮まることは確かである。緊急の場合は治療できなくて死ぬことにもなる。そしてなぜ医者も看護師も半分もいなくなったのかと思う。放射能の影響のためである。看護師でも若い人が多いしこれから結婚して子育てする人達だからそうなる。でも南相馬市でも山の方と違い放射能はそれほど高くないのだ。だからここで子育てができないということでもない、そして人間は簡単に故郷を離れることができるものなのかとも思う。人とのつながりがあり家族とのつながりもある。もちろん希薄な人もいるからいちがいには言えない、人とのつながり、土地とのつながりでも希薄になっているから今は移動しやすいというのはいえる。


医者とか看護師はどこでもひっぱりだこであり生活できる。そしたら放射能汚染地域に住むことをこだわる必要がない、それでも何か人とのつながりもそんなに希薄であり見捨てるのかとかなると淋しいとなる。それだけここで生きてゆくという理由がないのも淋しい、例えば金持ちは日本から今だ脱出して外国で暮らす算段をしているとか、かえって苦しいときは日本を見捨てることができる。富岡町長が郡山に家を新築したとか飯館村の村長が福島市にマンションを買ったとかすでにそういうふうに金のある人は他に移り住むことが容易な時代なのである。人とのつながりより金だとなっている時代である。逆に金の時代でないなら人とのつながりの方が大事になっている。江戸時代だったらそんな簡単に他に移れないから留まるほかない、運命共同体の一員として運命を共にするほかない、今なら金さえあれば他に移れる、もうここではまともなサ-ビスが受けられないと金がある人は移れるのである。現実に福祉関係では全国でもサ-ビスのいい市に移り住んでいる人がいるのだ。だからこれからも辺からは人が流出してゆく、市は衰退してゆく、でも何か思い入れあった人は一億円寄付したのである。その思い入れが何なのかは個々人によって違うからわからない、でもそういうものがあれば残って働く人はいる。そうすれば復興もできるがそれがむずかしていのである。



秋の病室の窓
http://musubu.sblo.jp/article/41232749.html


2010年-10月に入院の記録
http://musubu.sblo.jp/archives/201010-1.html

 

東電と国家の関係 (原発事故の責任は誰に-戦争と同じだった)

 

東電と国家の関係

(原発事故の責任は誰に-戦争と同じだった)


●政府の責任のあいまいさ

そもそも原発事故の責任は誰にあったのか?国では東電にあったとするが国策で進めたのだから国にも責任はあった。安全神話を形成したのは国の力もあった。文部科学省では教科書に原発が危険だ書かせなかった。子供にすらそういう教育をして洗脳していた。それは戦争に絶対に負けない、日本は神の国だから天皇がいるから負けないという洗脳と同じだった。東電の管理のずさんさを今は嫌というほど指摘している。ところがそのずさんな管理を指摘するのは原子力保安委員だったが何ら機能していなかった。東電の社員と同じだったのが原子力保安委員だったのである。東電はそれをいいことにコストカットに走って安全は見逃された。今になるとなぜ津波に備えていなかったのか?そういうことが厳しく問われている。


「津波に備えろよ、もっと高い所に原発を建てろ、土地を削って低くしてはだめだ、予備の電源を地下に置いてはだめだ」


そういう命令する権限は原子力保安委員にあった。地震に備えることもあるがもっと津波にも備えろという命令をだしていれば土地を低く削って建てることを許可しないだろう。そういう権限が政府にはあった。それをしなかったということは政府の責任も大きい。東電にまかせきりになっていた。すると東電は企業だから安全よりコストを重視してコストカットに走った。私企業であるかぎりコストを追求するのが資本主義社会の宿命でもあった。でも原発は一私企業が運営するのには余りにも危険なものだった。だからこそ国策として政府が加担するものとなった。それでも政府も原発に対しては認識が甘すぎた。東電の言いなりであり政治家もただ原発の利権だけに目を向けていた。これは自民党と公明党の時代にその基礎は作られていた。政治家も原発利権の虜(とりこ)になっていた。原発推進の議員が自民でも民主でも福島県の議員でも非常に多いのである。そういうなかで誰も原発の危険を指摘できなくなっていた。これは日本は必ず勝つという誤った信念に陥っていた戦争のと時と同じだった。そういう危険なものを一企業にまかせきりになったのも大問題だった。原発は戦艦大和を建造するとにている、国の威信がかかっている。アメリカなどではそういう覚悟で運営していた。日本ではそういう覚悟が弱かった。


●原発の危険に対する甘さ


つまり戦争するような覚悟でないと原発は作り得ないような代物だったのである。もしそういう決死の覚悟で作るなら国指導で津波にも備えろと強く検討されてわざわざ土地を削ったりさせなかったかもしれない,高い防波堤も作っていたかもしれない、まず東電の建設許可の段階でそうしたことを許可させない、そういう権限が政府にあったし責任もあった。でも原発に関しては政府の影が薄い、政府は官僚でも50人が東電に天下りしていたとか検察も警察関係もしていたとか議員には金をばらまかれて買収していたとかマスコミにも湯水のごとく金を使っていたとかそういうことしか聞こえてこない、政府が東電にとりこまれたとしかいいようがない。一企業が国家のようになっていた。それはすべて巨額な金を持っていたことによる。一企業の力がすでに国家をとりこむようになっていた。
一企業でも一宗教団体でもそれが巨大化すると国家の中の国家になってしまう。政治家もそういう巨大な組織の代表者でありその組織の意向を無視しては政治家にもなれない、するとむしろ国家はそうした巨大組織が運営するものとなる。


政治家の権力、指導力がどれほど現実的に通用するのか?首相の権限がどれほどあるのか?原発でも首相がやめるといえばやめられるのかといえばできない、財界からの圧力があって管首相もひるがえした。首相でも決める権限がない、背後の組織の圧力があるからだ。戦争にしてもどういう経過をへて戦争に突入したのか?一首相の独断でできるわけがない、しかしその誤った判断はやはり無駄死にともいえる大量の死を生んだ。原発も何か戦争とにているのだ。誰が責任化あったのか明確ではない、東電すら被害者だと思っているから謝罪にしても真剣ではない、戦争のときもそうだった。結局誰も責任はとらなかった。責任者が明確化されないからあやふやにされるからまた同じ過ちがくりかえされる。

それが日本的体制としてある。結局その時の空気にさからえなくなった。その場の空気が重大な決定につながる、空気だから誰かに責任があるわけではない、全体が国民までもその空気を作っていた。だから誰も責任がないというのが日本だというのも本当かもしれない、科学者も科学的判断に忠実ではなかった。ただ安全神話を形成するばかりだった。ただ科学者はやはり科学的に探求していたのである。津波のことも10メ-トルとか想定して対策をたけようとしていたがその前に津波が来てしまった。その想定にしても不確実だとなれば金がかかるとなればとりあげられないし対策は東電ではとらなかった。政府そのものでも安全対策を真剣に考慮していない、東電側の言いなりになっていた。管首相がベントがどうのこうのというときだけ政府が指導権を発揮するように見えたがそれもかえって逆効果だったとか批判されている。政府は何ら原発に対して強く働きかけるものがなかった。ただ東電から金をもらったり官僚は天下りの得意先だったりマスコミも東電の言いなりであり厳しく安全を問うことがなかった。共産党だけが福島第一原発で厳しく危険を指摘していた。それも軽く一周されて具体的な行動にはつながらなかった。


●原発事故は第二の敗戦


結局原発事故も広島長崎の原子爆弾で終戦になったように日本の第二の敗戦だった。その責任も明確化されずうやむやとなる。その責任は自民公明政権の時に基礎が築かれていたのだからそこにも波及するからされたくないとして責任はあいまいになる。そもそも原発は国の命運を左右するようなものとして考慮されていなかった。そういう危険を覚悟の上で運営されているわけではなかった。だからあんなずさんな運営になっていたのである。ただ危険を隠す方にだけ安全神話を作る方だけに過剰に労力が財力が費やされたのである。日本が勝っている、勝っているという報道しか耳にしない戦争と同じだった。地元でも原発で働いている人が近くにいると原発は危険じゃないかとさえ言えなくなっていた。その人たちは強く原発は安全だとにらみつけるように言われる。それは戦争に負けているんじゃないかとか言うと回りの人に非国民と言われた時代とさほど変わらなかったのである。地元でもそういう意識が強かったのである。それは原発利権のあまりの大きさによっていた。やっぱり双葉町の庁舎は6千人しか人口がないのに立派である。双葉郡では小さな市町村でも合併しなかったのも財政が豊だったからである。そういう構図は戦争とにていた。日本はそういう失敗をくりかえす国となっていた。それは明治維新で武士がいなくなり指導者が変わりそういう体質に変わったことにも起因している。日本という国を責任をもって指導すべきものが喪失した。ただ求めるのは利権だけであり金だけである。それが一企業ならしかたない面があるにしろ政治もそうだし宗教団体もそうだし大衆もそうだし日本人のもともとあったモラルも崩壊している。そういう中で原発事故も起きてきた。


國のため 重きつとめを 果たし得て 矢弾つき果て 散るぞ悲しき 栗林忠道


ここには国のためにとあるから国家を背負っていた指導者の最後の姿があった。東電は一私企業であり営利追求の会社だから国家の命運を左右するなどと思っていなかった。そんな責任が自分たちが負っているとも思っていなかった。でも事故をおこしたとき国家の命運を左右するほどになっていたのだ。だから自衛隊から消防隊から警察まで総動員になった戦争と同じ状態になったのである。そこで大和魂と救ってくれと地元の人は一挙一投足を見ていた。日本の命運を左右するほどのものになっていたのだ。散るぞ悲しき・・・ここに万感の思いがあった。戦争の是非は別にして現代で国のために重き勤めを果たして・・・とかそういう気概をもった政治家も官僚も指導者もいなくなった。ただすべてが利益追求になってしまった。東電に官僚が50人も天下りしていることでもわかる。東電の社長も5億円の退職金をもらっていたとかでもわかる。遂には最後硫黄島の地獄の戦場で散るぞ悲しきと言って死んでいった人の悲しみはこういう人には今の日本人にはわからない、この歌に国に対する万感の思いがあったのである。飽食の経済的豊さのみ戦後追求してきた結果としての原発事故だったかもしれない、国の誇りも威信もない、ただ個々にも全体にも経済的豊さ金の追求だけになっていたのである。戦争の是非は別にしてこうして死なねばならない人がいた,大勢の日本人がいたのである。その悲しみは深いのである。


 



終戦時にはGHQという強力な権力を持って日本の既得権益とか利権構造を平気で破壊できる力のある組織があった
今はみんな自分の既得権益と利権構造を守ることに汲々として、誰もまじめに国のことも国民のことも考えていない
http://unkar.org/r/lifeline/1303532577

そういうことはわかりやすい、政党なら自分たちの政党の既得権益を守ろうとしているし官僚なら省庁の既得権益が第一だし天下り先の確保だし会社は会社で既得権益を失いたくない、東電なども会社の既得権益を失いたくないから送電と発電の分離をしたくないとかそれぞれの組織が既得権益を守ろうとして働き手いるだけ,そこに国の意志の統一はない、ただそうした既得権益のために働く集団があるだけだとなる。そこで自分たちの利益になることだけを追求している。国難に一致して立ち向かうということはなくなった。それが原発事故を起こした原因でもあった。要するにみんな権益だけを求めてバラバラなである。誰かが統一して事にあたることはなかった。安全をないがしろにするようになっていた。それも見過ごされたのはただどの組織も既得権益を失いたくないし利権を最優先したからである。マスコミだって東電は最大の得意先だった。みんな利益のみを求めていたからそうなった。

posted by 老鶯 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連