2011年09月07日

放射能汚染で無人化する村に猪が増える (周辺に猪が増え広がり害になる)


放射能汚染で無人化する村に猪が増える

(周辺に猪が増え広がり害になる)

●対馬藩の猪対策


対馬藩は10万石の格付けであるが、山がちで平野の少ない対馬では米4,500石、麦15,000石程度の収穫であり、藩収入は朝鮮との交易によるものであった。作付面積のうち最も多いのは畑で、それに次ぐのは「木庭(こば)」とよばれる焼畑であり、検地では「木庭」も百姓持高に加えられた。また、石高制に代わって間高制という特別の生産単位が採用された。
17世紀後半は、日朝貿易と銀山の隆盛から対馬藩はおおいに栄え、雨森芳洲や陶山鈍翁(訥庵)、松浦霞沼などの人材も輩出した
http://tsushima-otoriyose.com/archives/11


「生類哀れみの令」(動物を殺したら死刑だ法)が出ているさなか、それでもイノシシ害に耐えかねて、島ぐるみで9年かけてイノシシを殺しまくり、ようやく全滅させることができた。
 住民は「イノシシ害から解放された」と焼き畑をばしばし広げまくる。
 20年後。
 木は刈り尽くされ、山は荒れ、土砂崩れも起き、土地もやせ、収穫もがた落ちに!
 一世代の間に、ひどい状態になってしまった。
 それに懲りて”焼き畑禁止”の令も出されることになる。
http://ep.blog12.fc2.com/blog-entry-397.html


対馬を九つの区画に区切り、柵を作り、農民に銃の扱い方を教え、冬場の農閑期を利用してイノシシを一区画ずつ殲滅していく方法により、9年後には対馬からイノシシが姿を消しました。狩られたイノシシは8万頭、動員された農民はのべ23万人にのぼります。

対馬と島原半島におけるイノシシ害:対馬地区のイノシシは近年人為的に持ち込まれたものである

猪の最新ニュ-ス

対馬か九州から泳いで上陸?



  イノシシの生息が確認されていなかった玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐島(壱岐市)で昨年から今年にかけ、イノシシの
死骸や似たような足跡が相次いで見つかった。


  上陸していれば農作物などに被害を及ぼす恐れがあるだけに、壱岐市は自治会や警察などと連絡会議を発足させ、わなやカメラを設置して本格的な対策に乗り出す。
http://32259407.at.webry.info/201106/article_17.html




●万葉集時代からあった猪の被害


魂合はば相寝むものを小山田の鹿猪田禁((シシタモ)る如く母し守らすも 』(万葉集巻第十二 3000)


鹿猪田は鹿猪が出て荒らす田の事で、禁るとは立ち入らないように監視する事です。
この意味は難解で定まった解釈はない、小山田というのはもともと山間にあり猪が出やすい場所だったのである。


安積皇子が天平十六年正月十三日に十七歳の若さで
亡くなったのを痛み、大伴家持が詠んだ歌六首の中に、


『わご王 皇子の命 もののふの 八十供の男を
召し集へ 率ひ賜ひ 朝猟に 鹿猪ふみ起こし
暮猟に 鶉雉ふみ立て』(万葉集巻第三 478)


とあり、安積皇子が、まだ寝入っている鹿猪を踏み起こして
朝猟をするというのですから、都よりそう遠くないない場所で、
鹿猪は走り廻っていたのでしょうか。

安達太良の嶺に臥す鹿猪のありつつも吾は到らむ寝処な去りそね』(万葉集巻第十四 3428)

鹿や猪はいつも同じ場所に寝る習性があるといい、
そこを襲う方法もありました。習性を知らないと動物の狩りはできない、熊刈りでもそうである。

万葉時代から猪の害は深刻だった。安達太良も鹿と猪の住み処だった

新墾田の鹿猪田の稲を倉に蔵みてあなひねひねしわが戀ふらくは』(万葉集巻第十六 3848

鹿や猪に荒らされる前に多少条件が悪くても
早めに刈り取り倉へ貯蔵しておかなければなりません。



鹿猪垣について
http://www.sukima.com/08_hida00_02/02shishigaki_.html


「小豆島には、万里の長城のミニ版がある。延長120キロに及ぶ、という土塁と石垣の鹿猪垣(ししがき)だ。明治時代初期まで、サツマイモや野菜などを狙って山からやってくる猪の侵入を防いだそうだ。」
長大な猪垣を作っていたからいかに猪の害が大きいのかわかる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●猪が増えすぎても減りすぎても困る(生態系のバランスが大事)


狩られたイノシシは8万頭、動員された農民はのべ23万人にのぼります。


猪の被害は甚大だった。対馬は山ばかりで平地が少ない、その山は高い山ではないから焼き畑に適していた。猪がいなくなって焼き畑が盛んになり自然破壊が起きた。猪がある程度生息するような自然環境が人間にとっても必要だった。だからその島にもともと住んでいた種を絶滅させることは人間にも危険なことだった。焼き畑も稲作も自然破壊だったのである。農業自体自然破壊だった。そうしなければ人間は住んでいけないし人口もふやすことはできない、対馬のような所では平地がまれなのだから稲作もできない、朝鮮との貿易で栄えることくらいしか方法がない、今では韓国人の観光客がおしよせてホテルを建てるために用地が買収されていることで問題になっている。

猪がまた対馬に増えて長崎県・壱岐島(壱岐市)まで泳いできたということは驚きである。猪も増えるとそうなるのか、対馬なでも生存数は限定されるからそれを越えると海をわたる。人間でも北朝鮮辺りから政変があれば日本にヤハな船でも渡ってくる。猪も泳げば鹿も泳ぐ、島なら適当な距離なら泳いでわたるのだろう。つまり猪の害が壱岐島まで及んでくる恐怖がある。

壱岐島は九州に博多などに近いからその周辺に渡ってきて害になることもありうる。そういう恐怖が飯館村に人が住まなくなって現実となる。ともかく原発事故での影響は生態系にど影響するのかわからないし住民はどうなるのだろうかとかみんな困っている。今日もNHKのクロ-ズアップ現代で浪江町の問題を追求していた。町が消失する危機になっている。もし町が消失したら野生の楽園になるとかは猪のことでならないことがわかった。日本は狭いからチェルノブエリのようにならない、猪が消失した町内に増えたら大変である。繁殖力が強いのだから大変である。浪江の山中は放射性線量が特別高い地域なのである。生態系のパランスが崩れるとその周辺にも大きな変化や害を受ける。日本は特に狭いからそうなのだ。対馬の問題は猪を絶滅させたことが焼き畑をふやして自然破壊になった。そして人間も住みにくくなった。猪は害だからと全部駆逐することは危険なことを警告している。ただ増えすぎると人間にとって害になるから駆逐せざるをえないのである。


ここを参照して書きました
http://musubu2.sblo.jp/article/47693562.html#comment

posted by 老鶯 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

飯館村も警戒区域と同じか (パトカ-の見回りがうるさいから入れなかった)


飯館村も警戒区域と同じか

(パトカ-の見回りがうるさいから入れなかった)

tochi1111111.jpg

南相馬市鹿島区栃窪村で放射性物質の汚染された
土を埋めていた。


suzume3333.jpg


mitubachu22222.jpg
iidatttw123.jpg 



何軒か木蔭涼しき屋敷林


栃窪に名もなき墓群秋の蝉


栃窪の奥や今年も秋の蝉


大岩にスズメバチの巣残暑かな



飯館村の真野ダムの方へ行ったみた。途中の栃窪村で放射性物質の土を埋めていた。結構な量であり放射性物質の土をとりぞくとしたら莫大な量になる。それをどこに置いていいかもわからない。ここに埋めたとしても放射性物質は消えるわけではない、ここから放射線が放出される。放射性物質は燃やしてもなちならないやっかいなものである。除染するといっても方法がないのだ。田んぼが草茫々になっているのは荒れ果てた感じになる。一方津浪で湿地帯化したところは自然が戻ったという感じになりそれほど荒れ果てた感じとはならない、元の自然にもどればそこはそれなり美しい場所となるのだ。


真野川の例の大きな岩に何かついていた。あれはスズメバチの巣だった。大きいからわかった。あんなところにスズメバチの巣を作るものだろうか?ずいぶん目立つ所に作ったものである。家の軒先にも作るからどこでも作るものなのか?なんかすごいと思った。


晩夏から秋にも見られる巨大な巣を見ると信じられないことかもしれませんが,スズメバチの巣は1頭の母バチがその年の春〜初夏に作り始めたものです。どんなに大きな巣でも秋になると空になり,翌年再利用されることは,少なくとも日本ではありません。母バチが1頭でまた一から始めるのです。
http://www.ffpri-kys.affrc.go.jp/kysmr/data/mr0025k2.htm


そんなに前にできていたのか?あそこにはずっと行っていなかったからそんなときに作られていたのか?ここに60年住んでいるけどあんな岩に作られたスズメバチの巣を見たことがない、やはりこの辺に人があまり入らなくなったためなのだろうか?放射能汚染でも野生の動物などが死に絶えたりしない、かえって活動が活発化するのはチェルノブエリとにているかもしれない、ここに熊が出るとあるけど熊が出たのは2,3年前であり阿武隈高原には熊は出たことがなかった。餌がなくなりこっちの方にも出るようになった。熊なども阿武隈高原では放射能に汚染される。
キノコなど放射性物質を吸収しやすい。でも熊は頭数がわずかだからほとんど影響がないだろう。影響があるのはイノシシである。

案の定、真野ダムに来たら飯館村に入るから見回りのパトカ-にとめられた。山口県警のパトカ-だから驚く。その警察官が山口県は鯨で有名ないですよ、学校の給食は鯨だったんですよと言うのは初耳だった。インタ-ネットで調べると長門など江戸時代から鯨とりで有名だった。だから鯨にまつわるものが残っている。鮎川なども鯨で有名だが明治以降であり遠洋漁業の鯨取りで有名になった。女川では鯨の解体作業を見たことがあるし鯨は日本では欠かせない蛋白源だった。なぜか南相馬市鹿島区の烏崎にも鯨の碑があった。鯨をとったのではなく鯨が浜に打ち上げられることがあった。名取で最近もあった。それで碑を建てて供養したのだろう。それは明治以降の碑である。江戸時代となると歴史的に碑でも価値がある。


飯館村は避難するにもあわててする必要はなかった。だから貴重品はもちだしたはづである。でも貴金属を盗む人がいるという。あれだけ警戒しているのだからなかなか盗むにもよりつかないはずである。そんなもの盗んでどれほどの金になるだろうか?金のあるのは双葉や富岡町だった。津浪で流れた町長の金庫には5億円入っていたとか、郡山に家を新築したとか本当だと思う。それくらいの金は東電のボケットマネ-である。玄海町でも町長には巨額の金が建設会社を通して入っていた。玄海町では漁業者にも金は入っていた。反対運動するのは電力会社から金をもらうためだという側面もあった。ふくしま財界などが東電のプルサ-マルを追求する記事を書いて脅して金をせしめたのと同じである。浪江の請戸では漁業者は5千万くらいもらって原発御殿を建てていた。漁業者の権利は大きいのである。三陸でも耕地が結構あっても耕されなくなったのは漁業の収入が大きいために漁業の方に仕事を求めたからだと言っていた。
漁業は魚がとれれば金になる。農業は田を作ったくらいではたいして金にならないのである。
原発の金は福島県の漁業者に配布されていた。その金は大きいからまた責任も重かったのである。飯館村は牛の村だからそんなに金がある村ではない、貧しい村である。


世の中小盗は警察につかまる。大盗はつかまらない不思議がある。犯罪で警察につかまるのはほんの一部である。大盗はつかまらない、罰せられることもない、大盗は確かに本当に大泥棒というのが普通の庶民でもいる。でも本当の大盗は原発で大金を手にした町長とかであろう。こういう人は別に犯罪にならないのだ。もちろん原発にかかわった特権階級も官僚から学者から警察関係もそうである。警察も官僚であり東電に天下っているのだ。東電の用心棒にもなっていたと批判がある。検察すらつくづく権力側につく、だから検察も信用できないものだと思った。検察が動くときそれは権力が変わるときそうなる、検察というのも信用できないのが現実である。盗むといいうとき外から来るものより内部に平然と入ってくる人の方がぎれだけ危険かわかった。家の中に入ってくる人は最高に危険である。トロイの木馬がそれを象徴しているから人間は時間が経っても変わらないものがあるのだ。


それは一国でもいえる。多数の外国人が今は日本に入っているけどその人たちは日本の内情に内通している。だから事あれば簡単にその人たちが動けば内部から制圧できる。原発を人質にとることさえできるのだ。だから外国人に選挙権を与えたら権力の中枢をにぎられますます日本は外国に侵略されやすいのである。内部の敵ほど怖いものはない,日本が安全だったというとき村単位で生活していたからである。その村も小さいから悪いことはできないしよそ者を入ってこなかったからである。
村単位というとき隣の村さえ交流がまれでありよそ者なのである。隣近所だったらなかなか犯罪を起こせない、しかし隣の村や町の人となると危険になるのだ。長く住んでいるだけで信用ができる。今はたとえ狭い範囲でも市町村単位でもそれなりに広く交わっているから治安が悪くなったのである。隣の町から人が仕事に来るなど普通でありそれだけでも実際は家の中に入れるとなると本当に危険になった信用できなくなった。


いづれにしろ大盗はのうのうとしている。大盗はいろいろある。警察が罰するのは小盗でしかない、大盗はのうのうとしている。もちろん大盗にあてはまるのは誰になるか?ある程度の財産をもっている人は気づいていなくても大盗になっているかもしれない、公務員なんかもそうかもしれないのだ。身内が公務員だったから恩恵を受けたから自分も一部そうかもしれない、つまり大金がある人はやはりなんらか大盗になっいるかもしれないのだ。いくら正当に稼いだとしても億の金とかなるとそうである。地主とかも大盗になるだろう。大盗はそれでも罰せられることがないのだ。


いづれにしろこの辺は飯館村にしても高瀬川でもいい場所だったのに行くことさえできなくなっている。警戒区域だと自分の家があるのに許可を受けてしか入れない理不尽である。飯館村にしてもいつ入れるかわからない、山口県とか他の警察を見回りにきているけど地元だったら回りの市町村でも思い入れがありかかわりがある。そういうかかわりがたたれてしまうことが理不尽なのである。これも全部原発のせいだったのである。飯館村には行けない、大倉の真野ダムでもパトカ-が見回りしていてうるさいからだ。鹿島区内だったらそうはならない、でも真野ダム辺りまで行きたいのに行けないとしたら全くひどいことなのだ。地元に住むものの権利が奪われてしまったということである。

ともかく今日は暑かったから残暑だった。今年は寒暖の差が激しいから困る。夏はまだまだ終わらないのだろう。



大盗について
http://www.st.rim.or.jp/~success/kennji2_ye.html


古式捕鯨の里通(かよい)へようこそ!
http://member.hot-cha.tv/~htc09819/hayakawake.html

 
posted by 老鶯 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 飯館村