2011年08月20日

秋の蝉(今年の秋は早い)

 

秋の蝉(今年の秋は早い)

alisemii12344.jpg


雨しとと遠くに聞こゆ秋の蝉

みちのくやみじみと聞く秋の蝉


秋の蝉静かに岩にひびくかな


晩年や心にしみる秋の蝉


病気でも食器洗うや朝の蝉



芸術は実際は単純なものシンプルなものだった。単純なものに真理があった。俳句などは特にそうである。短いから単純にならざるをえない、長々と書いてはいられないから俳句は単純な美というか単純な真理の追求である。ええ、こんなものが俳句なのかとさえ思う。詩は長くなるから詩書ける人の方が芸術家のように思う。でも芸術は根本的に単純なものである。真理でもそうである。そうした単純なものに深い趣き、真理が宿っているのが不思議である。仏教などはむずかしすぎる。でも新約聖書になると単純そのものなのだ。哲学になるとむずかしいものになっているが本当の哲学も最初は極めて単純なのである。それほど単純なものが真理として不朽の価値をもっていることが不思議なのである。哲学でも何かむずかしいことを追求しているから身構える、とてもついていけないとなる。そういうものが確かに現代では多い、むずかしくなければ学問ではないとなる。でも万人にわかるのが哲学であり真理であった。俳句は日本的美の単純さを追求したものであった。


今年の秋は早い、昨日辺りから急に涼しくなり秋がきた。だから今鳴いているのは秋の蝉になる。秋の蝉というときみちのくに向いている。しみじみとして秋の蝉の声を聞く、 秋の蝉の声を聞くのにふさわしい環境もある。あまり都会化した所では秋の蝉の声はひびかない、田舎の小さな町だと回りが田んぼだし秋の蝉を聞くのにふさわしい、ただこの辺は仮設住宅やら田んぼもなくなったので様変わりである。こういう環境は異常である。何かわたわたしていて落ち着かないのだ。やはりそれぞれに故郷とというとき土地をもたないと故郷にならない、浪江でも小高でも飯館村でも本来住むべき土地があった。そういうものを一時的にでも失ったとき人はどう感じるのか不思議である。ここは辛うじて住むことができるから秋の蝉の声を静かに聞いている。やはり故郷は土地と結びついているから故郷を喪失することは深刻な問題である。みんな広々とした所に住んでいたから余計そういうものを感じるだろう。原発事故の酷さは故郷を奪われることにあったのだ。そういうふうになるとは誰も想像すらつかなかったろう。事故が起きたらどうなるかなど近くの人も真面目に考えたこともないし考えられなかった。本当に原発近くの人は事故になったら故郷を喪失するということを真剣に考えねばならない、その見本が今自分の住んでいる場所なのである。


一日寝ていても食器を洗ったりしているから母はひどい認知症になっていない、姉は家事もなにもしなかった。そのことが認知症になる一因だった。家事をするようになって症状が改善したのである。女性だったら家事をしなくなったりすると認知症になりやすいことは確かである。
男性だったら仕事をしないとそうなりやすい、これは確かに認知症と関係している。別に趣味などなくても家事だけでもやっていると認知症にならないことはありうる。すべてではないにしろそういう傾向が確かにあるのだ。だからこれも統計的にも数字としても科学的根拠となる。原因はわからないにしてもそういうことは確かにあるのだ。若年性のアマツハイマ-はそれはまた別なものである。老人性はやはり頭を働かせない、体を使わないとなりやすいことは確かである。

 

科学者はなぜ騙されるのか (原発の安全神話は科学者の妄想だった)


科学者はなぜ騙されるのか
(原発の安全神話は科学者の妄想だった)



http://blog.ousaan.com/index.cgi/links/20070326.html
(科学の世界は不正と盲信に満ちている)


プトレマイオスやガリレオは観測結果をでっち上げ、ニュートンやメンデルは実験結果を改竄し、ミリカンは測定データを取捨選択することでノーベル賞を受賞した。野口英世のおよそ 200編の論文は、今では科学的業績と認められていない


新千円札に想う
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/clipharm/about/pdf/essay04.pdf

 

sennmonzu123.jpg
現代の社会は専門家を介することによって信用を得る社会である。
専門家の役割がそれだけ大きいのだからその責任も大きいのである。


科学者が今や神のようになっているし科学は明かに現代の宗教である。カルト宗教団体でもそこに医者や科学者が信仰をすすめるとき信用する。幸福の科学などという団体が生まれのもそのためである。科学の力はそれほど大きくなった。宗教が一時あれほど盛んになったのは別に心から宗教に帰依したということではない、拝めば病気が直るとか思ったからである。その頃の医学は病気は直らないものとっないたから医者にとっては気が楽である。例え直せなくても誰も医者をとがめる人などいない、医は仁術だということは宗教と同じである。直すことではない、患者を慰めるのが仕事だった。科学が全部悪いとかではない、科学をあまりにも宗教のように信用する。そういうことが原発事故にもあったのだ。

科学がこの世のことをすべて解きあかしたわけでもない。もちろん科学の力は大きいから魅了される。自分のことでも大失敗は早めに医者に行っていれば良かった。薬くらいですんでいたかもしれない、そして人間は病院に入ると一種の機械のようにされる。尿でも管を入れてとれるし人工心臓まであるのだか人間は一部は機械の代わりになる。将来は人間はもっと機械化される。人工臓器になるものがでてくる。するとそれでさらに長生きできる。頭脳でもコンピュ-タ-などが頭脳に埋め込まれたりするサイボ-グ人間ができる。すでにコンピュ-タ-はそういう働きをしているのだ。人間の脳の補足をしている。デジカメなどは明かに人間に見えないものを日常的に見えるようにする機械だった。人間の眼では見えないものが見えるのだ。科学の効用はそれだけ現代では余りに大きくなったから科学を信用する、宗教までになることもわかる。


でも科学とは科学者が言うように科学者自体がわからないことが多いのである。その研究成果でも捏造が多いということでもわかる。あたかもわかったように研究成果を出しているが実際は捏造が多いということはわかっていないことが多いからそうなる。原子力や放射能のことなど科学者が全部わかっていてやったわけではない、放射能の被害についても学者によって一ミリシ-ベルトで被害が出るという人と20ミリシ-ベルトまで大丈夫だという学者もいる。ただ科学者も政治家の言うままに科学的根拠がなくても政治的意図でそういう場合が多い。


政治家が、自分の政策に科学の衣をまとわせたいと思ったとき、科学界に直接圧力をかける必要はない。少し世論を引っぱってやれば、まっさきに科学者がなびく。そして、科学者は、政治家が意図する通りの「科学的」結果を提供する。


科学者は、政治家が意図する通りの「科学的」結果を提供する。科学者は世論や政治家の意図にかなう都合のいい研究成果を出すことができる。そしてその科学者の専門家の研究成果をさらに科学信仰の時代には信頼されるのである。政治家は信用できなくても科学者は信用される。政治家の意図によって放射能も20ミリシ-ベルトまで安全だとされたのは別に科学的根拠があるわけではない、あくまでも郡山市とか福島市まで補償できないという政治的意図でそうなったすにすぎないのである。科学的根拠は何もないのである。放射能の被害については誰もわほからない、科学者さえもわからない、チェルノブエリを参考にしていてもそこも秘密におおわれていて実際の所はわからない、ただ甲状腺ガンが子供に増えたということは確かである。それ以外秘密のベ-ルにおおわれている。何が真実なのか科学的根拠がそこにあるのかわからないのだ。そこに政治的意図が入ってくればますます素人は混乱してわからなくなる。


科学者のモラルがどこにあるのか?政治家の意図に従うだけならない、企業の利益優先主義に従うなら危険なもの毒を出すものでもかまわないとか科学者にモラルがない、ガリレオがそれでも地球は回っているというときそれは科学的真理は真理で変わらないということで言った。
政治家でもなんと言おうと科学的根拠、真理があれば主張していい、しかしその科学的根拠も容易に曲げられ捏造されている。原発事故で科学者にはモラルがそもそもないことが問われた。東電から金さえもらえば科学的に原発は安全だと安全神話を作り上げてきた。百万年に一度くらいの確率でしか起こらないというのにはあきれた。それならば千年前にあった貞観地震の津浪を想定しているはずだった。それも全く想定しないことが事故につながった。原発事故で科学者の信用は失墜した。科学者がわからないものをわかるとして安全神話を作ってきた。

原子力についても放射能についてもわからないことが多かった。科学者は企業の利益優先主義にも政治家の意図にも従い嘘の科学的根拠でだますことができる。それも詐欺の手口なのだが科学的詐欺になると直らない病気、ガンなどに困っている人はそれを信じたくなくても信じる。先に直りたいという願いが強いから直らない薬でも直ると思い頼る。昔だったら宗教に頼る意外なかったが今は科学に頼るのである。

安全神話もただ安全であってほしい、安全なんだという一つの妄想にすぎなかった。そういう妄想が現実化したのは官僚であれマスコミであれ検察までもとりこめる権力化したからである。

科学的根拠などなくても人間は妄想を信じる。病気をどうしても直したい人は直らないとしても薬に頼ると同じである。それが科学者が安全だと科学的専門用語で御託宣(ごせんたく)を並べていたのである。人間は太平洋戦争の時でもそうだったように巨大な妄想を信じやすい、
妄想には根拠がないけど現実とはかけ離れていても妄想を信じる傾向がある。どんなに負けていても日本は神国だから勝つという妄想を信じていたのである。オウムだってオウム王国が現実となる妄想を抱いていたしカルト宗教団体も妄想の団体である。創価なども創価王国が到来するのだ。それも世界広宣流布で世界の創価になる。中国を大事にするのはその布石のためである。それは誇大妄想にしても戦争のときと同じ様にそうした巨大な妄想は信じやすいのである。カルト宗教団体はみな妄想団体なのである。原発の安全神話も科学者の科学的根拠ではない、妄想から生まれた。安全であってほしいという妄想でありそれが科学的には確率的に百万年に一度しか起こらないとかの戯言になった。これこそ科学者がいかに一面幼児的な妄想に陥っていたかわかる。それも科学的根拠でそうなると言っていたのである。

人間は巨大な妄想や詐欺になると弱い、現代はこうした世界的妄想にだまされやすい、株のことや円高のことでもそうだかすぐに世界恐慌で破滅するとかなる。それも一種の妄想でもグロ-バル化しているからそうした妄想でも信じやすいのである。大東亜共栄圏などというのも大妄想だったがそういう巨大なものを人間は信じやすいのである。原発の安全神話は科学者の妄想であり安全などありえなかったのである。科学の世界は不正と盲信に満ちている・・・と科学者が言っているのだから間違いない、この世は現実より妄想を信じるというのも真実である。科学も妄想を信じるために使われる。こういう科学的根拠がありますよとか言われると信じるからである。
その科学的根拠自体が嘘なことが多いのである。


 

posted by 老鶯 at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

ひまわり(写真は万人の芸術に-写生俳句には必須)


ひまわり(写真は万人の芸術に-写生俳句には必須)

sunflowerer222.jpg
whiteliliyyy123.jpg

クリック拡大!



ひまわりに囲まれ小菊群れ咲きぬ


白百合や苔むす岩のしっとりと


デジカメと俳句が一体化する。デジカメでとったものからさらにイメ-ジ化される。写真が見えないもの見せる。このひまわりも加工して付け加えた。でももっとうまくやれば本当の風景のように見る人がいるかもしれない,今はそういう合成した写真を本物と見ている人がかなりいる。
それほど写真の技術が発達したのである。素人でもできるくらいだからプロになればさらに容易にできる。


他人の庭をとったものだけと前の老木の感じを出しているものを写真でみてもう一度とった。肉眼ではこの木を見ていなかったしもう一つの木も見ていなかった。他人の庭だからゆっくりは見ていられない、しかしこの庭は意外とよくできているなと思った。木の配置もいいし磐もいい、そこに白百合が咲いていた。これは俳句だけではわからない、文字だけではわからない、写真がなければ鑑賞できない、俳句より写真の方が芸術化している。俳句は単にそえただけにすぎない、でもいい写真が山ほどあっても他人の写真をみて俳句を作れないのはなぜか?
やはり実際に見ることと写真は違っている。大きな山などはとても写真では実感できない、庭などは狭い空間だから写真でも実感しやすいことはある。


前は茶室だなどと狭い細い庭を作ってもらった。その茶室は介護の部屋になってしまった。茶室などと言うのは贅沢であったことは確かである。ただ風流を楽しまない人はやはり殺伐としているのだ。人間として根本的に何か欠けている。やはり人間金勘定ばかりしているのはおかしいのである。そういう人が多いのは残念である。