2011年07月27日

山百合

liliysunn.jpg
 


雷鳴りて旅人去りぬ遠くへと


山百合の今日開きて一杯に朝日を受けてここに咲くかな


山百合の今日開きて夕されば雷の鳴りにき我がなお生きむ


健やかに山百合開く朝日さし昨日の雨の玉と光りぬ


ひたすらに蝉のなきにしこの夕べたちまち終わる人の生かな

六号線からではなく遠回りしてこっちの方に自転車で旅している人に二人であった。相馬市と福島市を結ぶ高速道路の予算が出た。六号線はいつ開通するのかわからない、常磐高速道も大幅に遅れるだろう。でも工事はしているみたいだ。物資が入らないのが苦しい。通販はアマゾンなどはできない、当たり前だと思ったことが今回のことでみんな当たり前でなくなった。
そもそもその土地に住むことなど当たり前なのに住めなくなったこと自体が考えられないことであった。


人間は健やかでありたい、でも病気はさけられずある。山百合は普通の百合よりたくましく咲く、雨にぬれた葉が玉と光っていた。今年は涼しくていい、毎日雷が鳴っている。それも長く鳴っている。気候的には今年は楽だから書きものもできる。昨日は一晩眠れなかった。自分の最後の日が近づくのを感じた。人間の命は短い、今や貴重なのは時である。残り少ない時を感じた。花を見るとてもう見れない日が来る。だから花を見るにしても今やおろそかにできない、もう不浄なものと接する時間はない、ひたすら神が与えた美しいもの見ることが勤めである。やがて見ることができなくなる。「やがて死ぬ景色も見えず蝉の声」とは死んでもやはり継続して鳴いている蝉の声かもしれない、詩人は最後の日に美しさの限りを尽くしてうたい死ぬ。そういうことが本当にあるのだと思った。


人間はそもそも不可解なものがつきまとう。神秘的存在である。特に臨終とか最後になるとき不思議なことが起こり得る。認知症の人も死ぬとき正気にもどったとかそういうことがありうるのだ。
人間の存在そのものが解明できないものである。人間がこの世にあるのは老人になればほんの短い間ということを誰でも自覚する。死ねば永遠にこの世にはいない、そのこと自体本当に不思議なことである。死ぬとき自分の一生が巻物のように巻かれる。これは本当である。
そういう不思議を体験する。

名所観光がつまらないのはなぜ?(もののあわれを感じないから)(2)


名所観光がつまらないのはなぜ?(もののあわれを感じないから)(2)

芭蕉の時代には、中尊寺には金色堂とこの経蔵の二つの建物しかなかったのだ。
また、その近くに旧鞘堂が移築されて残されている。これは鎌倉時代に建てられたもので、芭蕉はこの鞘堂に納められた金色堂をみている。芭蕉はここでの感慨をつぎの句であらわしている。

三代の栄耀(えいよう)一睡の中(うち)にして、大門の跡は一里こなたにあり。秀衡(ひでひら)が跡は田野になりて、金鶏山(きんけいざん)のみ形を残す。


           五月雨の降(ふり)のこしてや光堂


奥州藤原氏の滅亡が1189年のことですから、鞘堂の建設は、それから数えて約100年後。金色堂の完成から数えて、164年後のことになります。

それでは金色堂は、164年間も野ざらしであったのかというと、どうもそうでもなさそうです。鞘堂というほど完全な覆いではありませんが、もっと簡単な保護施設は、奥州藤原氏の時代からあったようです。
http://www.iwatabi.net/morioka/tyuusonji/10syasin.html


芭蕉が訪ねたときは今のように観光地化していない,西行が来たときは繁栄していた平泉である。

三代の栄耀(えいよう)一睡の中(うち)にして、大門の跡は一里こなたにあり。秀衡(ひでひら)が跡は田野になりて・・・・

荒寥としたみちのくの風景でありその繁栄の形見となるものは金色堂しかなかったのである。
浄土が池には訪ねていないらしい、何かその当時眼をひくものでなかった。大門の跡というのは今も柱の跡の礎石が残っているからそれなのかもしれない、そこは荒寥とした栄華の跡であり何もない、光堂のみが風雪に耐えて残っていた。それで五月雨の句ができた


今になると平泉は観光客でいつもにぎわっているからにぎわっている場所だと錯覚する。それとともに芭蕉のような旅情を感じない、荒寥とした廃墟になった平泉を感じないのである。これは他の観光地でもそうであり城などでも新しく建てるとそうした歴史の跡が消されて何か博物館のようにきれいになりそれが歴史のなかで消失した無常観を感じない、会津の城でもそうである。戊辰戦争で敗れた城は無惨な姿だった。でも新しくするとそこに歴史の無常観は感じなくなる。そして続々観光客がおしかけるとにぎわった場所だと錯覚する。観光地化するともののあわれは消失する場合が多いのだ。それは京都でも起こっている。あまりにも人がおしかけて本当は歴史のもののあわれを示す地が観光客がひっきりなしに訪れる騒がしい場所となる。

歴史の場所が博物館になってしまう。それとともに観光地が陳腐化してゆく矛盾がある。
まずぞろぞす修学旅行生でも騒がしく訪れること自体が旅情や詩情をなくす、それでも観光客を呼ばねば繁盛しないからやむをえない、寺ももともとは観光客のためにあるのではないがそうなって繁盛してもうけている矛盾がある。そもそも寺は修行する場だが今は何でも観光地化して金儲けの場となってしまう。観光地化することで稀少的な価値が喪失してゆく矛盾があるのだ。世界遺産に登録されたりするとますます観光地化するからち稀少性がうすれ価値が減少してゆく矛盾がある。


かえって誰も注目しないような所にもののあわれが残っている。相馬藩などは小藩だから城の跡もほとんど残っていないけどかえってそこに前に書いたようにもののあわれや昔を偲ぶことにもなる。かえって宣伝されすぎて観光地化して旅情が失われる所が今は多すぎる。金儲け主義が露骨に出るともののあわれは失われる。でも今は商業主義があまりにも前面に出るからそうした価値は見失われやすいのである。何気なくさりげなくあるということがなかなかできないのである。これでもかこれでもかと宣伝するともうそれ自体に嫌悪を感じてしまう。その薬ももう効かないものかとさえ思う。みんな金欲しくて芸能人やらが出て宣伝しているのだからあまりにも見えすぎている。


もちろん名所には名所の意義がありその歴史的価値は変わらないが観光地化しすぎるとそうした本当の歴史的価値を見失われやすいのだ。だから平泉では金色堂しか見ないがその裏方にも人の暮らしがあり営みがあるがそれは誰もみない、あまりにも日常的なことは注目しない、でもそこにこそもののあわれや旅情が生まれてくる矛盾がある。今の時代は旅情を感じることはそれだけむずかしくなっている。旅情は観光会社によって作られるものではない、偶然に感じることがある。思わぬ驚きこそ旅の醍醐味である。金色堂を見るだけで良しとするのは旅ではない、芭蕉はその旅の長い過程で平泉を訪ねて無常観を句にしたのである。現代人はがつがつして名所に来たから感動せねばならないとか脅迫感に強いられている。そういうものも旅ではない、だから現代からは観光はあっても旅は消えたのである。


旅人に金色堂や秋の蝉


山寺に地元の人や秋の蝉

秋になると観光客もへりかすかに秋の蝉が鳴いている。みちのくの淋しい風景にもどる。夏は観光客でそうした旅情も失われる。山寺でも夏が過ぎたら秋の蝉の声を聞く、それは地元の人がふさわしいともなる。地元というときどの辺まで地元になるのか?今なら仙台は辺りは地元であり福島県でも近いところ地元になる。秋の蝉の声を静に聞くの地元にはあっている。

冬の平泉に旅情を感じたように京都などでも観光客の少ない冬に訪ねた方が旅情を味わえる。いづれにしろ何か工夫しない限りどこも観光地化して観光客にのまれもののあわれは失うのである。現代は宣伝の時代というとき何でも見せ物になる時代である。津浪の被害者も格好の見せ物になるしマスコミの餌食にもなる。また現代は演技の時代であり絶えず演技者としてあり真実を見分けられない、泣いてたとしても演技して泣いてテレビで見せていることもある。だからマスコミで紹介されるものは演技であり真実ではない場合が多い。演技して作られたものを本当に思わされることが多いのである。江戸時代あたりだとこんなに情報化されていないから人と直接あって確かめたりとか情報の摂取の仕方が今とは余りにも違っていた。これだけ世界的情報化時代になるともう真意を見分けることも情報も処理する能力も限界なのである。

名所観光がつまらないのはなぜ?(もののあわれを感じないから)


名所観光がつまらないのはなぜ?(もののあわれを感じないから)


有名な観光名所って人が多くてじっくりと見れないし、きっちり整備されてるから自然じゃない。だからなんか面白くないんだよなー。だから旅行ってあんまり好きじゃないんだ。
でもたぶんだけど、観光名所を回るんじゃなくて田舎の町を歩いたり野宿したりするのって楽しそう。やってみたい。沖縄か北海道でやってみたい。

名所のみ人のあわれのあるべしやその身近にこそあわれあるべし


いづこにももののあわれのあるべしを遠くに求め得ることなしも



名所を求めても名所は歴史の中で変わっているのかもしれない、京都とか平泉とかは変わらない古都として名所なんだけどそれでもなぜそれほど感動しないのだろうか?


平泉冬にたずねて雪うもる里人の家心に残りぬ


雪埋もる平泉かな裏方の里にしこそあわれありしも


古の堂塔消えて礎石のみ残れるあとに雪のふるかな


平泉を冬にたずねて心に残ったのが金色堂よりその裏の方の雪に埋もれた農家だったりする。金色堂は目立つがその裏方に里人の暮らしがある。今や平泉と言っても七堂伽藍もなにもないから昔の古都として偲ぶのがむずかしい。


とりわきて心も しみてさえぞわたる衣河みにきたるけふしも 西行


この歌は金色堂を見るだけでは感じない、裏方の雪に埋もれた里に踏み入った時に寒々とした昔を感じる。みちのくに奥に来たことを感じるのである。その時はまだ平泉には七堂伽藍があった。でも一歩その外に出れば寒々しいみちのくの荒野が広がっていたのである。
つまり金色堂だけを見て終わりにするから昔を偲べないことがある。もっと広範囲ななかに昔を知るべきなのだがそうはならない、金色堂を見れば終わりとするから印象に残らないのである。現代の観光は博物館に並べられたように文化財を見ているのだ。文化はその土地に根ざしてありその土地も広範囲な土地から作られたものである。その土地の文化とはなかなかわかりにくいのはそのためなのである。


そもそもなぜ今は名所がどこも陳腐化しているのか?あまりにも観光化されて大衆化されたこともある。そもそも観光地は観光化されていないときこそ役目を果たしていた。観光化したときは実際は過去の遺物と化して死んだものとなる。往事のことは想像でしか見えてこない、残されたものはわずかである。平泉でも実際は金色堂と浄土が池しかない、七堂伽藍はない、だからこそ芭蕉は金色堂が残っていたことに感嘆して句を作った。「五月雨の降りのこしてや光堂」である。

そのような名所ばかりが歌枕の地ばかりが価値あるものかとなるとそうでもない、何でもない身近な所にも見るべきものがある。ただ人は感じないだけなのである。もののあわれを感じないから名所に行っても何も感じない、日立木の街道の細道で書いたようにあそこにあれだけのことを書いたことを我ながら感心している。あそこに注目している人はほとんどいない、でも松並木があり昔の街道の道だった。城も近いからあそこは相馬藩を偲ぶことができる地帯だった。

地元の人も関心がないとすると外から来た人はなおさら何か見るべきものがあるかとなる。
城マニアみたいな人は見ている。でも他から来て日立木に注目する人はまれだろう。たいがい六号線を行くから街道の昔を全く感じないのである。昔は死者と同じようにひっそりと埋もれている。小さな碑や墓のように埋もれている。そこにもののあわれがあるのだが感じないのである。死んだら人は一切語らない、語るのその死者を見出す生者しかないのである。そして生者が語ることにより死者も生きてくる。結局もののあわれを感じないのは死者と語れないからである。現在のみにすべての心が奪われ死者と語ることはあまりにもむずかしいから印象に残らない旅となるのだ。死者と語ることは時間が必要である。一カ所何日も滞在して印象に残さないと残らない、今は余りにも便利すぎて印象に残る旅ができないのである。


嵯峨の山みゆき絶えにし芹川の千代の古道跡はありけり
                  (中納言行平 後撰集)


その古道がどこにあるのか、旅をして知ることはむずかしい、その古道は日立木村の街道にあったがそれを知ることは外からも地元からもむずかしいのだ。現代は車洪水であり車の騒音の中に過去は消されてしまう。現代は昔を偲ぶのには最もふさわしくない時代になった。芭蕉の江戸時代なら昔を偲ぶのには適していたのである。だからこそ歌枕をたずねて奥の細道ができたのである。


自分の場合,全国を旅したから今になるとインタ-ネットで旅することもできる。その土地がどんなところだったか思い浮かべる。インタ-ネットで紹介している短歌とかが役に立つ、今はインタ-ネットで名所をどこでも紹介している。そこに出ている短い紹介文でも全国となると多くなる。
それをたどっても旅している不思議がある。こういうことは本ではなかなかできない、何かキ-ワ-ドからつないで連想しているのだ。万葉集でも他の古歌でも誰かが引用しているからそういう点では便利である。こうした書き方はインタ-ネットでしかありえない、新しい文化の創造になっているのだ。絶えず編集して読むのがインタ-ネットでありそうでないとインタ-ネットの情報洪水に埋もれてしまうのである。