2011年07月23日

今年も野馬追いは一部行われたが・・・

generalll.jpg
ikari.jpg
rrrrrrr.jpg

相馬市(宇多郷)の行列

巫女が出ていたのは面白かった。




南相馬市鹿島区(北郷)で宇多郷と北郷が合流する

kitagooo123.jpg

reiiiii123.jpg

honjinnn.jpg


宇多郷と北郷が合流して出陣の式



相馬より旗を追いつつ北郷に来たりてその旗我は知りにき

北郷の大将の家に陣を張りいざ出陣やひまわりの咲く


宇多郷と北郷の陣合流しいざ出陣や法螺貝鳴らす

 


今年は相馬市まで行列見に行ったけど数が少ないし盛り上がらない、野馬追いどころではない、野馬追いの楽しみ方というか見方が意外と地元に住んでいてもわからなかった。野馬追いは行列の前からすでにはじまっている。馬が出る家には前日から旗が立っていた。するこの村のこの家からこんな旗印が出ているとわかる。そこまで地元の人でも詳しく見れない、行列とか旗取りを見て終わりである。野馬追いに出る家はなかなかわかりにくい、一見相馬ならみんな野馬追いに出ると思っているが限られた武家の出の人しか出れない祭りなのである。500騎出たとしても人口からすると非常に家としては少ないのである。村から数軒しか野馬追いには出ない、祭りだとネブタ祭りのように誰でも参加するのが祭りだと思っているが野馬追いは違っている。選ばれた昔の武士の出の人だけが参加できる祭りなのである。わずかに自由参加を許される人はいるがそれもごくわずかであり参加できないのが野馬追いである。


今回は相馬市まで行ってはじめて行列を見た、そしてそこで旗を確認して旗を追って北郷(鹿島区)に来た。するとあれは相馬市(宇多郷)の行列に出て北郷(鹿島区)に来たということがわかる。そういう見方がなかなかできない、実際この年になるまで野馬追いの見方がわからない、結局地元でもわからないことはいくらでもあるのだ。灯台もと暗しなのである。旗の種類も多いしそのル-ツをたどることはもはやできない、それがもどかしいのだがどうにもならない、鹿島区には仮設住宅に小高区の人が多数入ったから鹿島区で見ることになった。小高区からは野馬追いに出ない、浪江や双葉まで相馬藩だけどここからも騎馬がでないと野馬追いは盛り上がらない、そうしたかつての相馬藩を再現して歴史的アイディンティティを確認するのが野馬追いの祭りだからでもある。雲雀が原の神旗争奪戦にそれが全部集る時壮観なものとなる。それができなくなったら野馬追いさえ危機にひんすることになる。小さな限界集落では祭りさえできなくなって跡継ぐものがなくなって消失する所もある。それはやはり歴史の消失だった。飯館村の大倉は古い村であり葉山の古い祭りがあったが今はダムに沈んで消失した。近くに「大倉ばっば」といわれる人が住んでいた。当時多額の補償金をもらったので大倉御殿といわれる所もあった。双葉の人で避難した人が相馬藩の武士の出だとかその系図を示したものもいた。
祭りはその土地のアイディンティティを確認することでありそれもその土地に残る理由にはなる。


ともかく今やこの辺は家族までばらばらになっている。松川浦で魚の行商に来ていた女性も母親と共に娘の元へ避難した。それで昨日自分の家に来て仕事がないかとか来ている。仕事がなくなって困っている人はたくさんいる。南相馬市から浪江,双葉は縮小して一部は消滅してしまう危機である。浪江焼きそばとか宣伝していたがそういうものでとても町民のつながりは保てないだろう。何をもって故郷に住み続ける理由となるのか?それは各自違っている。双葉などは悲惨である。未だに原発を増設して金をたかっている。原発に頼る意外、生活する道がなくなってしまっていた。麻薬を売って生活する他ないとアフガニスタンの部落と同じである。もはや回りの迷惑など考えない、自分たちの生活だけを優先する。でも回りにこれだけ迷惑をかけるものを許すわけにはいかない、双葉町の人にはその近くの回りの人も怒りを覚えるようになっている。原発はあまりにも危険すぎたのである。

yakuhatatataa123.jpg

山中郷は今の飯館村と葛尾村であり江戸時代は野馬追いに参加していたが今は参加していない、標葉(しめは)は浪江であり双葉も入る、そこが参加しないと数的にはかなりへる。

posted by 老鶯 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史(相馬郷土史など)