2011年05月29日

20キロ圏内の南相馬市小高区の強制退去の理不尽 (浪江町も海側は1マイクロシ-ベルトにも満たない地域がある)


20キロ圏内の南相馬市小高区の強制退去の理不尽
 (浪江町も海側は1マイクロシ-ベルトにも満たない地域がある)


odakakumap.jpg

●理不尽な政府の強制された命令
 


「家に帰ったら逮捕するのか」 原発20キロ警戒区域設定に住民は不満
2011.4.20 13:21


これでは、罰金付きで一律退去を強制される住民は納得できないだろう。政府の原発事故避難対策は矛盾だらけ、これに関しては政府は無能というほかない。一方では、本来は1ミリシーベルト以下にとどめる べき年間被曝量を、放射線の影響を受けやすい子供についてさえ20ミリシーベルトまで許容、子供を見殺しにするのかとの批判さえ呼ぶ”現実的”な選択をする。かと思うと、このレベルに達しない区域の住民はすべて強制的に追い立てる。何の罪を犯したわけでもないのに、理由も告げられず、行先も保証されないで出て行けと言われて納得できる住民がいるだろうか。
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/earth/nuclear/tepco-nuclear-disaster/11042201.ht


◆2011年4月21日(木) 立ち入り禁止(警戒区域指定)は憲法違反だ
政府は、22日午前0時から福島第一原発から20キロ圏内を警戒区域に指定し、罰則を伴った立ち入り禁止措置を取るという。
http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/628bdb5b6343cc6c1c783030ad68d3ac


自己責任なら別に帰っても良いでしょ?
どっちみち国はちょこっとしか補償しないんだしね
伝染病ならともかく放射能が移るわけでもないんだし
そこまで規制する必要なんてどこに有るんだろ?
家畜とか残してきた人も居るんだから心配なのは当り前でしょ?
一体国は政府は何がしたいの???



放射線量地図で見れば明らかなように小高区の平地から海側は原町区とほとんど変わりない、0・7とかであり放射線の影響はない、浪江でも平地は0・7があった。浪江というと常に一番高くなった山側なのであり平地だと0・7になっているところもあるのだ。浪江は高いなといつも全国の人が見ているけどこまく見れば0・7の所があるのだ。放射線量は本当に一様ではない、南相馬市鹿島区の橲原など山側は高いから3-4-5マイクロシ-ベルトとなると避難地域になる。そういう細かい割り振りで避難地域が決められていないのだ。つまり今回はやはりチェルノブリを参考にして30キロ圏内を立入禁止区域にした。チェルノブリでは適用されたことを浜通りでは適用できない、なぜなら地形とかがまるで違っていたからだ。海があり山があることが全く違っていた。海側に半分は風で放射性物質は流れたのも大きく違っていた。だから海側は10キロ内でも浪江でも0.7があった。チェルノブリは30キロ圏内は一様に高かった。日本では違っていたのだ。もちろんまた爆発したとき30キロ圏内は危険なことは危険だから準備しなければならないし何か科学的理由もあるのかもしれない、しかし他の人も言っているように理不尽でありこれは科学的根拠というより政府の勝手な意図が働いた。それで地元の人が大迷惑した。南相馬市は一番迷惑をこうむった。三つに分断されてしまったのだ。


●立入禁止区域は中央政府の権力の横暴


小高区の人は明かに帰れる、それを全部立入禁止区域にしたことは政府の横暴であり大迷惑である。立入禁止区域になって入ると罰金までとられるから理不尽である。政府の一方的強権的命令でありこれは確かに憲法違反にもなる。そんな簡単な線引きができるのかとなる。中東地域が勝手に欧米列強によって国境を線引きされたのとにている。そして国境によって分断された人々がいる。イスラエル紛争のようにガザ地区に閉じ込められたのともにている。検問所を通らないと外に出れないからだ。小高区の人は原町区の小学校にまだ避難していた人がいた。別に帰ってもいいのに散り散りにされてしまった。これは放射線量を根拠にしたら理不尽な仕打ちであり過酷であり政府が何を意図しているのか疑うというのもわかる。めんどうだから20キロ圏内を立入禁止区域にした。スポットスポットで高くてもそうすると行政でめんどうになるためなのか?それにしてもそこに住んでいる人にはその土地から離れられないような人がいる。その人たちは不満だからあえて出なかった。でも強制的に退去させられて立入禁止区域にされたのである。


政府と東電によって浜通りはずたずたにされた。地元も責任あったが事故のあとの対応でもいい加減でありきめ細かい対応はしていない、飯館村が高いのだから早い時期に避難指示をだすべきところを同心円で避難指示を出した。南相馬市は一時避難地域に指定されて物資が入らず困窮した。ともかく地方自治はなく政府の強権によって踏みにじられた。住民はただ政府の命令のままに従順に従うだけでいいのか?何らかの住民の自治が要求される。小高区は明かに帰ってもいい地域なことは一目瞭然なのである。つまりそこで今までのように普通に生活できる所なのだ。鹿島区とも同じであり放射線量は変わらないのだ。結局政府の強権によって翻弄されるだけたった。事故の処理も政府の間違いがあったらしいとか政府の対応は悪かった。そのために一番苦しめられたのは地元の住民だったのである。


●浪江町の海側は南相馬市小高区、原町区、鹿島区と同じレベルで低い


作業中の放射線量は常に1時間当たり1マイクロシーベルト未満だった

(請戸に一時的に帰った人)

浪江町がいつも高いなと全国の人は見ているけどそれは浪江は阿武隈山中に深く入っているえびつな町の領域になっているからだ。津島など三春に近くここが浪江町かと思うほど山奥になる。爆発したとき浪江の人が距離をとるために津島に逃げたのはそれたけ遠いと思ったからである。浪江町でも放射線量はばらつきがある。権現堂などでは1・5とかだが海側は0・5とかなっているからいかに低いかわかる。それも4月18日とか初期の段階で低かったのである。

放射線量は最初に爆発したときなど大量に流れるから最初である程度決定する。あとは増減はなくなる。でも海側は0・5とかなると低いしここだったら生活しても支障がない、海側の請戸の港は1・5だから多少高くても福島市と同じである。ここは原発から10キロ圏内であり福島第一原発の煙突が見える場所だった。そんなに近くても1・5なのである。これは4月2日頃計ったものだからその後はまだ低くなっている。なぜ海側が山側に比べてこれほど低いのか、やはり海に風で流されたからだろう。相馬焼きで有名な大堀はマイクロシ-ベルトとと高くなっている。山側になるとみんな高くなる。でも浪江町でも南相馬市でも山側と海側ではこれだけ放射線量にばらつきがあるのだ。それが全然考慮されていないのである。放射線量は地形の影響も大きく
チェルノブリでは山もないし海もなかったから30キロ圏内を立入禁止区域にした。日本も習ってしたのか、日本では同じようにならなかったから同心円の30キロ圏内で決めることは間違っていた。政府の間違った判断で住民は苦しめられた。東電の対応も悪くて住民はふりまわされて苦しんだのである。

明かに六号線は浪江まで1マイクロシ-ベルトくらいであり封鎖する必要がなかった。海側は1マイクロにみたない低い放射線量の地帯がつづいていた。海側に放射性物質は流れた。風の影響もあり低かった。山側はどこも高くなった。放射線量の詳細なマップを作れば浪江ですら帰れる所がある。町内から海側は福島市と郡山市と同じレベルでありそれより低いのである。
原発が見えるくらい近いのだから警戒地域にしたことはわかるにしても科学的な根拠はない、
六号線は浪江まで通じて何ら放射線量としては健康に害はない、なぜなら福島市や郡山市より低いからだ。

namierakase1.JPG

mamierad111.jpg

posted by 老鶯 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

南相馬市で餓死を10人以上確認しました


「南相馬市で餓死を10人以上確認しました」 森まさこ議員


◇2011年5月28日

「南相馬市等で餓死」メールが来たのが20日。監察医の連絡先を調べ23日電話。
監察医「3月11日から5月2日までに餓死12名、自殺3名。・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/uwajima_sophia/9837843.html


これは衝撃的本当なのか?
どこの地区で餓死があったのか?それが問題だ。
津波の被害もあったからその時着の身着のままで避難した人がいた。
避難所に逃げたらそこで最低の食料があるから死ぬことはない
ところがそこまで行けない人がいた、車がガソリンなしで使えなくなっていた。
街から遠ければ避難所にも来れなかった。
でも食料がないということは信じられない
田舎だったら農家では米の貯えがあるからな


自分は15日間苦しかった。三食用意するのが大変だった。食料として餅とか米があった。あと海苔とかあった。米は一人分でもたける電気の炊飯器でたいた。30分くらいでたけたから助かった。一人は寝ていて何もできない、全部自分でやるほかなかった。電気は来ていたから米さえあれば餓死することはありえない、水道も出ていた。一部水道が使えなくなっいた地区があった。

10日間頃過ぎてから米の貯えがなくなった。その時ちょうど米の配給があった。でも南相馬市は一時物資が入らなかった。その時期が結構長かった。ちょうど米がなくなったとき鹿島区では米が配給されたので助かった。近くの農家の人は米をもっていた。借りようとしたが配給されたので助かった。米さえあれば死ぬことはないと思った。ただ電気がないと米を炊くことができないから大変なことになった。

ただ南相馬市は一時放射能汚染で外から物資が入らないことは確かだった。貯えもしていない人もいた。今は一週間分でも貯えている人は少ない、たまたま米をス-パ-で一袋買ってあったのが良かった。あと餅を一袋とか買ってあったので助かった。あとは缶詰が何個かあったくらいだ。でも餓死するとは考えられない、どういう事情でなったのか詳細がわからない。

南相馬市は一時物資が入らず窮乏した、でも餓死はありえないと思う。避難所に行けばおにぎりとかもらえたからな、これが本当だとしたら悲惨である。津波の被害でも小さな部落ではあるもので助け合っていた。水も井戸水とか湧き水とか山の水とか利用して協力してしのいでいた。
街だと孤立している人がいる。無縁死になる。自分も回りとつきあいないからそうなりやすかった。ざいの方で死んだのか?街の中で死んだのか?それが問題である。かえって街中で助けがなくて死ぬとういこともある。津波もあったから何が起きたのかわからない、それにしてしも10人は多いし自殺した人も3人もいたというのはショックである。それは津波に襲われた人なのか?
そもそも意外と近くのことをわからないことがあるんだよ、無縁死ということが田舎だった起こりえる。結局詳細がわからない限り信じがたい、ただ10日から15日間くらい外から物資が全く入らないときがあったからその間に餓死した人もいたのか?

爆発があったとき南相馬市では逃げた人が多い。でも残った人もそれなりにいた。逃げた人はつてのある人だった。また市で用意されたバスで避難した。残った人で食料がなく死んだのだろうか?それが信じられないというかイメ-ジできない、人間は水だけ飲んでいたって10日間くらい死なないだろう?原町区では米をもらいないから死んだのか?米はざいから避難所にもちこまれたはずである。都会と違うから米かなくなる、米に窮するということはありえないはずだが・・・

田舎はたいてい自分ちで食うくらいは畑に野菜うわってるので

その野菜だけど路地野菜は放射能に汚染されていたんだよ、その時知らないで食べた人もいるだろう。飢えて死ぬよりは良かった。

津波があり原発事故がありあの時何が起きたのか?異常なことが起きても不思議ではない・・・
でも十人も餓死するということはショックである。その詳細がわからないと信じられないだろう。
病人が死んだのか、介護さているような瀕死の人が死んだのか?そういうことはありえる。弱っているから食料もままならなくて死んだとなる。病院に置き去りにされた死んだ人もいるからそういう人たちだったのか?ともかく情報がないのでわからないが本当だったらショックである。

猫が一匹とりのこされていた。飼い主がいなくなっていた。餌をやっても食う気力もなくなっていた。あの猫は死んだのか?そういう人がいたのか、人間はそんな簡単に死ぬものなのか?
たいして食べなくても人間はそんな簡単に死ぬはずがない、いろいろ考えてもわからない謎である。こういう時は人と人のつながりがない人は窮乏するかもしれない、普通は金さえあればモノには困らない、でも物資が入らない、店もやっていないから金があっても役に立たなかった。

金で買える所がなくなったのである。緊急のときは金が役に立たなくなる。金で物資を譲ってほしいといってもみんなも今の食料を確保せねばならないとしたら売ってくれない、そういう状態に置かれたことも確かである。金で何でもできるわけではない、人と人のつながりをもっている人は助けてもらえる。その時金があっても役に立たない、そういうことが緊急時にはあるがあとはまた金がないと困る。仮設住宅に入りたくないというのは避難所だと三食は用意してくれるけど自前になり金がかかるからだそうである。とにかく緊急時のために10間くらいの備蓄は必要である。

人間はみんな助け合うとは限らない、津波で金庫が流されたとか金券などを探し歩いていた人がいたとか、立入禁止区域に入って泥棒していた人とかいろいろだよ、火事場泥棒が必ず出てくるんだよ、それも人間だよ、自分もそういう目にあったから人間がひどいやつがいるもんだとつくづく思った、遠くからも入ってくるし近くでもいる。結局こんな動乱の時は何が起きるかわからない、今も津波の被害で泣いている人が無数にいる。75日間たっても何ら解決していない、悲惨なままなのである。

posted by 老鶯 at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

南相馬市鹿島区の放射線量 (狭い地域でも違う放射線量)


南相馬市鹿島区の放射線量
(狭い地域でも違う放射線量)
jisabara11112.JPG
クリック拡大
maojisa111.jpg
5-4-3マイクロシ-ベルトと色分けされる


「私たちの地区は隣の飯館村に負けないくらい放射線量の数値が高いのに、避難が求められる、『計画的避難区域』にも『緊急避難準備地域』にも入っていない、私たちの地区は安全なんでしょうか、ここは水道もなく、井戸水で暮らしているだけに心配です』
(南相馬市鹿島区橲原地蔵木地区に住む人) -FRIDAYの記事



これも地理(地形)がわからないとわかりにくい、地元の人なら知っているが八木沢峠へ通じる所が地蔵木であり橲原渓谷を下ってゆくと回りが山で囲まれた平地の橲原村がある。ここまでは結構距離がある。不思議に思うのは放射性物質はどういうふうに流れたのか?南相馬市に20マイクロシ-ベルトが流れてきたのは3月12日である。それも2-3時間で急速に低下した。その後確かに4-5マイクロシ-ベルトになったときが水素爆発したときになった。でもそれは少ない。

ここで5月9日のデ-タ-を基にすると地蔵木では地上一メ-トルから計って約4マイクロシ-ベルトあった。一センチだとプラス一マイクロシ-ベルトになる。地蔵木から橲原渓谷を下って滝のあるところの新しい橋の児頭滝では約3マイクロシ-ベルトになる。5月9日では高いのかもしれない、栃窪も1.42だから高い、町内(西町)は0.4である。鹿島区内でも高低がある。学校の校庭が比較的高くなるのはセシウムは土に付着するからその面積が広いと影響する。それから土よりも草と葉につきやすい。だから草とか葉からは高い放射線が出た。

南相馬市は立入禁止区域-計画的避難地域-避難準備地域-普通の地域と分断された。

不思議に思うのは放射性物質は風で流れてきたことを考察したがそれでは一体八木沢峠へ向かう地蔵木とか橲原渓谷を下って橲原村に出る所がなぜ高いのか?海の方から吹いた東風が浪江の赤字木(あこうぎ)地帯から飯館村に吹き抜けて高くなったということは前に書いた。
でも南相馬市の場合は海側から東風が吹いて山側に放射性物質が流れたとはいえない。
放射性物質は赤字木(あこうぎ)地帯を中心にして等高線を描いて広がっている。だから風は夜に山から海に吹くとしたら飯館方面から吹いた風が谷間などを吹き抜けて橲原の児頭橋付近が高くなった。南相馬市の場合は海側から吹いて高くなったとは思えないのだ。これは地理が地形がわからないとイメ-ジできない、浪江が高い高いと言っても地理がわからない人は海側ではなく山側だということをイメ-ジできない、そして橲原といってもまた地形は複雑であり地蔵木近辺と児頭橋付近は距離もあり違っている。やはり飯館の山側から吹いた風が影響して橲原の児頭橋付近も高くなっている。栃窪も1.4だから飯館村の大倉から真野川の谷間を夜に吹いてきた風が影響したのか?小山田は0.7で低い、これも山がさえぎっているからだろう。
原町区の大原もやはり風の影響なのか、八木沢峠から下ってくる風が影響したのだろう。?

ただこの辺でも海側から吹いた東風が影響して高いと思うのが普通である。でも等高線のように赤字木(あこうぎ)地帯から放射線が分布してしいるのをみると南相馬市の海側から放射性物質が広がったようには思えないのである。ただ風の流れを知ることは容易ではない、地形にそって流れるということも書いたように複雑になるからだ。風は天気予報でも今でも東風が昼間に多く夜になると北風になっている。山から吹き下ろす風になる。それが谷間をぬって橲原渓谷や真野川渓谷を流れでた地点が高くなることイメ-ジできる。結局風の流れは今は関係なくやはり放射性物質が一時高く流れたとき森や土に堆積したのが今も影響している。


いづれにしろ水道水だけでくな井戸水を利用していた。山からの湧き水を利用している人もまだ山の方にはいる。そうなると流れてくる水が放射性物質、セシウムなどに汚染されていると問題になる。FTIDAYでは雨水が樋から流れる場所で114マイクロシ-ベルト記録したという、これはどうしてそうなったのか信じられない、雨水にセシウムが交じってそうなったのか?それなら危険だとなる。葉とか草にセシウムはつきやすくそういう水が集ると高くなることは確かである。

ともかく酪農でも農業でも高齢者が多い、跡継ぎのない人もいる。大原の人はそうだった。それで廃屋になっている所もある。農業漁業は定年がないから長くやれることは確かだが労働は苦しい。そうなると保証してもらってやめるようになる。でも保証されないと避難もできないことは確かである。大原は計画的避難地域には入っていないが避難準備地域には入っている。鹿島区は30キロ圏内からはずれたら全然国の指定地域に入っていないのである。

posted by 老鶯 at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連