2011年05月19日

戦後の焼け野原から60年経てまた焼け野原に・・・ (津波や原発事故で感じたこと)


戦後の焼け野原から60年経てまた焼け野原に・・・
(津波や原発事故で感じたこと)


双葉町は東電から金もらっているからと責められている。戦後は原始的な釜で塩を作って東京に売りに行った。つまり東京には塩すらなかった時だから塩でも売れたということである。塩田があった地帯だったのである。東京でも戦後は焼け野原で物資がなかった。物資がない時代は十年以上はつづいた。東京には物資がないから地方から集める。磐城の常磐炭田でもそうだし小名浜から船で積み出したり石炭がエネルギ-源の時があった。それから森林が木材資源となり東京に運ばれた。全国にある森林鉄道はそのためであり常磐線の原町機関区ができたのも拠点となったのもそのためである。物資がない東京に物を運ぶために鉄道も作られたのである。その後高度成長時代になり原発を作られた。

1971年(昭和46年)3月26日 :1号機の営業運転を開始する。


すでに40年は過ぎていた。40年というと結構長い。だから古くなっていることが問題にされていた。古ければどうしても事故を起こす確率が高くなってくる。その頃農家の東京への出稼ぎがはじまっていた。東北でそれで結構金を稼いだ。東北の農家でも子供を大学に出している家も多くなっていたのである。ただすでに常磐炭田が廃止になりエネルギ-源は石油に変わっていた。自分の子供のときは炭だったからこれは江戸時代と変わりなかった。炭→石炭→石油→原子力となっていた。浜通りは火力発電所も多い。南相馬市にもあり津波のとき千人も取り残されたことに驚いた。退職した人が警備員などで働いている人が多いのだ。火力発電所でもそうだが原発も働く人が多い。南相馬市でも東電の社員の人が働いていた。浪江となると現実に遠い親戚の人が働いていた。その人は東電の下請けの会社だった。結構金は入っていたのだろう。原発は浜通りではそれなりに関係している人が多い。葛尾(かつろう)村の小出屋に住んでいた人は一原発で働いていたが不幸にも死んだ。放射線が原因ではない、葛尾(かつろう)村なども山だから仕事がないから浪江の街に下りててきた。原発が働き口になっていた。葛尾(かつろう)村は自分の父親が双葉の前の長塚の新山の酒屋の丁稚になったところだった。だから親の歴史をたどれば双葉町は確かに関係していたとなる。勤めていたのは富沢酒店の近くの酒屋だったのである。

南相馬市原町区の人で大熊に勤めた人がいた。大熊というと遠いけどそこまで通うということはそこに働き口があった。原発の回りはそれなりに景気のいいところだったとなる。この辺でも原発が金になるとか働きに行っていた人がいた。小高の大工さんは近くに原発できるから景気良くなるぞとか原発ができることを待ち望んでいた。建築関係などが不景気になって仕事がなかったからである。小高では原発に強固に反対する人がいた。双葉町にはそういう人自体いなかったのか?そうかもしれない、町あげてあそこまで原発を誘致して原発の町になってしまった。


経済の方向は地方から物資や材料を東京に運ぶ時代は終わり外国から石油などを運ぶ時代、グロ-パル化の時代になった。その時すでに地方では材料や物を運び売る時代ではなくなった。何を売るかとなると労働力を売る時代になった。それが出稼ぎだった。それで現金収入となり潤った。批判されこともあったが農閑期に行くのだから別に良かったわけである。その後東京の経済は肥大化してゆく、グロ-パル化してゆくなかで地方は衰退してゆく、福島県はまだ東京の部品工場とかでまた潤っている。距離的にも近いからである。東京から近いということで福島県の双葉町が立地的に適地として選ばれたのである。原発事故がなかったら浜通りは結構経済的にも良かったかもしれない、常磐高速道も開通しつつあった。それが原発事故で一転した。放射能は第一次産業に痛手になることがわかった。基本的な土とか水とかを空気を汚染されることが致命的だった。自分としても俳句や短歌や詩に出していたようにこの辺は山あり川あり海ありで気候的にも雪はふらないし温暖で住みやすい所であった。どうしても会津とか新潟とかなると雪に閉ざされて寒いという感覚になる。海があると何か心も開放的になる。海洋性の性格が作られるのである。もちろん瀬戸内海とか違って荒寥とした船の行き来の少ない海ではあるが海は海なのである。その海によって津波の大被害を受けるとは思いも寄らなかった。海はやはり危険がひそんでいたのである。なぜならこの辺では小学校の前まで津波がおしよせた。自分の住んでいる場所から一キロも離れていなかった。良く夢でその辺まで海の水が来る夢をみる。おそらく海辺に住む人は海の水が押し寄せてくる夢を見る。それが実際に津波であり夢ではなかった。海にのみこまれる夢をみるがそれは実際に起こる津波だったのである。


とにかく今起きていることが何なのか理解することがむずかしい。南相馬市地域は今年は田植えをしていない、米を作っても売れないから作るなとか言われている。ところが相馬市では田植えしていた。田植えがないということは生物にも影響していた。蛙はそもそも田植えされた水の中にいる。だからそこから蛙が鳴く声が聞こえるのが普通である。もちろん蛙は鳴いているが少ない、雲雀は普通に鳴いている。でも白鷺は見えない、白鷺は植田の蛙を食べる。その田が今年はないだから白鷺が見えないのである。白鷺は夏の季語である。日本的な夏の風景が失われた。こんなことは今まで一千年生きてもありえないことだった。田んぼは乾燥した土がむきだしになっている。もちろん減反の休耕田はそちこちあったがこういう光景はありえなかった。

だからこれは一体何なのだろう、今住んでいる場所は何になってしまったのだろうと絶えず考える。これまでの人間の営みがたたれた。つまり放射能汚染は人間の生活を根こそぎ破壊する。飢饉でもこういうことはなかったろう。放射能はなかなか消えないということも問題である。放射能汚染に日本は初めて経験することだった。原爆は落とされたがその時は都市であり田舎の農耕地に影響したことはない、今回の被害は東北を主にした第一次産業に津波でも打撃を与えたのである。その傷はあまりにも深い。手足をもがれた感じになる。放射能汚染の貴重な研究の場になるとか追跡調査されて福島の人は実験材料にされたとか言う人もいる。確かに放射能汚染は実際にどう人体に影響するか誰もわかっていないからだ。だから貴重な資料が得られるともなる。そんなことで重宝がられるのも悲惨なことである。


原発は事故を起こした後も影響しつづける。その処理に何十年もかかるとかなると廃炉にするのにそんな時間がかかるとするそこに働きつづける人が多数必要になる。チェルノブリでは今もそうである。福島原発も同じである。湯本は温泉郷であり今はその原発で働く人の宿泊所と憩いの場所になっている。千人もの人が常時はたらくとなると経済的にも以前として影響が大きい。経済的には原発は事故後も影響を及ぼすのである。でも実際はマイナスの影響が大きすぎた。鉄道は通れない、国道も通れない、ゴ-ストタウン化してゆく街が浜通りにできるとは想像すらできなかった。津波と同じように今来ていることは悪夢なのかと思う、すでに一身上のことで自分は認知症やら犯罪やら自らの病気やら災難つづきだった。その災難のつづきとして津波と原発事故が重なったのである。これほど悪いことが重なるのは異常である。悪夢としか思えない、地獄に突き落とされたとしか思いようがない、こんなことが人生にはあるのだと思った。戦争を経験した人は驚かないかもしれない、そこで何百万人も死んだのだから万単位で死ぬことに驚かないかもしれない、そういう経験をしないものはやはり今起きていることが何なのか?現実なのか悪夢なのかわからなくなる。頬をつねってみたらやっぱりこれは悪夢だった。夢だったと一安心するかもしれない、そういう感覚からぬけられないのだ。それは津波で家も家族も失った人もそういう感覚からぬけでれない人がいる。あまりに異常なこと異様なことは人間は受け入れられない、そこに今回の津波や事故から立ち直ることのむずかしさがある。

今や無数に悲劇の人がいる。一人一人をとても語りきれない無数の悲劇の人を大量生産してしまったのである。神戸の震災もそうだったが遠いので今回の東北の災害とはまるで違ったものとして見ていた。でも司会者が家事となった中で火にやけた骨を手にしていたときは驚いた。これも異様なことがであり普通にはありえないことだった。その骨は熱かったのである。人間にはそんな異常なことが起こりうる。地獄になることがありうるのだとつくづく思った。人間は60年生きていれば必ずそうした個々人的にも災難に出会い大災害にも遭遇する。それが人生というものなのだろう。戦後の焼け野原から60年の平和がつづき平和は満喫されたのだ。それがまた戦後の焼け野原のような光景が東北に再現されたのである。

posted by 老鶯 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

常磐線はいつ復旧するのか


常磐線はいつ復旧するのか

railjjjjjjjjj1111.jpg


福島第一原発から、常磐線の一番近いところで約3km圏内。
原子炉から燃料棒を抜き取り、廃炉までには最低10年間は掛かる見通しですから、常磐線の全通見通しは、放射線量次第ではありますが、まったく立っていないでしょうね。


双葉町とか浪江町とか他に住民が避難した人たちは一体どうなるのだろうか?あまりにもいろいろな問題がありすぎて考えるのも大変である。まず双葉町の人は10キロ圏内だからそう簡単には帰れないだろう。でももし一年であれ二年であれ帰れるのか?そうした見通しがない、それにしてもいつまでも避難しつづけることもできない、その先が一体どうなるのだろうか、双葉町の問題だけではない、常磐線も四倉までは通じたがそこから先は通じない、放射能汚染地域となり交通が閉ざされる。飼っていた牛をはじめとして20キロ圏内の立入禁止区域の生き物は殺処分になった。牛で生活していた人は生活する手段をたたれた。10キロ圏内は何十年も立入禁止区域となり人は住めなくなるだろうという人もいる。双葉町は結局消えてしまうのだろうか?
浪江町も消えてしまうのだろうか、小高町はどうなるんだとかこの先考えるとこの辺は一体どうなってしまうのだろう。いづれにしろ常磐線でも六号線でも簡単には通じない、大動脈がたたれる状態がつづくことは支障が大きすぎる。浜通りと中通りは交流が地理的にしにくいが六号線は国道であり東京と直接通じていた。常磐線も東京とス-パ-ヒタチなどで通じていた。それもたたれてしまう。

そして双葉町とかの歴史をふりかえるともともと相馬藩と磐城藩の境目であり未開の地だった。夜ノ森とは相馬藩主が余の森だとして磐城藩と境を争った所だった。だからこそ明治になって
森を切り開き開墾された所だった。大野とか広野とかあるのはまさに広い原野が広がっていたのである。


1900年(明治33年)農村開発のモデルケースとして新しい村づくりに理想を求めた相馬郡小高町出身の半谷清寿は、夜の森地内の共有原野4万平方メートルと大菅地内の1万2千平方メートル、併せて5万2千平方メートルを入手。
不毛の原野を朝日ヶ原と名付け、開拓にとりくむ。清寿は原野開拓記念に、宅地周辺に「染井吉野」桜300本植樹


半谷清寿まず、父の半谷清寿は安政5年(1858)に相馬藩小高郷大井の郷土の家に生まれ、幕末維新という激動期に育ち、福島の師範学校卒業後、小浜や二本松の小学校で教べんをとるその後、郷里小高に戻り21歳で酒造業を始める。
  明治26年、日本鉄道の磐城線(今の常磐線)の建設が始まると、世情に関心のうすい農民からの土地の買収が次々に行われ、これに義憤を感じた清寿は激しい抗議運動を展開、結果的には新価格での買収交渉が実現したが、反対派の告訴により8ヶ月も監獄生活を送ること
になった。


こういう歴史があった所である。そこが原子力発電でまた街は無人化して荒野に森に帰ってしまうのだろうか?チェルノブリは森におおわれたり原野化して今も立入禁止区域になっている。

双葉の長塚駅は昔の宿場町 その駅名の消えて 思い出語るもあわれかな
大野、夜ノ森 広野は 昔は未開の野なり 夜の森は相馬藩主の余の森なりしと
磐城藩との境をなして 鉄道は道を開きて 一路平へとつき進む
久之浜、波立海岸の岩礁に 白波よせて沖に船 鴎飛びゆく太平洋

railyonomori.jpg


そもそも南相馬市の原町区でも相馬市でも仙台方面と生活で関係が深い。原町区から仙台へは一時間おきとか電車が出ているがいわきの方へは二両くらいの電車であり乗っている人も少ないのである。新地に旧家があり武家であり新地が相馬市と合併しなかったのは伊達氏とのつながりがあったからだという、今でもその旧家は伊達氏とのつながりを強固に主張しているという。そういう歴史的なことが境にはある。夜の森もそういう地帯であり小良が浜(おらがはま)も境界だからおらの浜だと争った地域である。この辺はいわき市と相馬藩だった境目にあった。
それで未開発の地域として積極的に原発誘致した。前の平市に近いと人口が多いからめんどうになる。相馬に近くても同じである。立地的にはいい条件であった。


宮城県山元町の斎藤俊夫町長は17日、河北新報社の取材に対し、亘理駅以南が不通になっているJR常磐線の復旧について、町内では内陸部へ大きく迂回(うかい)するルートによる整備を、JR東日本などに要請する考えを示した。
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/05/20110518t13009.htm


いづれにしろ亘理までは常磐線は通じるようになった。そこから相馬まではいつ通じるかわからない。その間に原発はないのだからやがて通じるのだろうか?それも先は長いだろう。交通的にも遮断されている。それよりこの先、移動した人たちは帰れるのかということがある。移動した先で若い人は定着したら確実に人口は減り老人だけの姥捨山のような街になったらますます常磐線でも六号線でも通らず過疎化がすすむ。文明時代から時代が逆戻りしていく感じになる。交通は遮断され原発があるところは昔の余の森に還ってしまうのか?そして不便な江戸時代のような生活を強いられるかもしれない、そこまでいかなくても交通的には過疎地域になってしまう。仙台まで通じれば新幹線で東京まで行けるから仙台まで通じればかなり改善される。
ただそれがいつになるのかわからない、やはりそれぞれの村でも町(街)でも道があって互いに通じて成り立っていた。小高でも浪江でも双葉でも欠けてしまったら鉄道だった利用する人がいなくなるのだから廃れてしまうのである。点々と村があり町があり市があり道があり鉄道があり社会が成り立っていた。途中がぬけることは歯がぬけると同じになってしまうのだ。回りが立入禁止区域になること自体、浜通り全体の破壊だった。その痛手は大きすぎたのである。結局
津波であれ原発事故であれ変わり方が激しいからそれぞれどうなるのだろうかという先が見えない状態に置かれている。



昨日は小便がまた出なくなって大変だった。南相馬市立病院は実際は医療は崩壊している。いろいろな科がなく機能していない、一カ所で応急措置しているだけである。それで相馬市立総合病院に移ったばかりだった。救急医療もできない、救急車呼ばないでタクシ-で行ったら往復9千円もかかった。原町より倍遠いからだ。電車は通らない、車はない、不便になってしまった。鹿島区では田植えもしていないが相馬ではしていた。南相馬市と相馬市では原発事故以来かなりの差がでたのである。南相馬市では学校にも行けないから鹿島区の学校に窮屈な教室で授業を受けている。やはり病気は一番困る。電車がないと車がない人はさらに困る。

相馬市>南相馬市(鹿島区)>南相馬市(原町区)の順に色分けされる。原町区は東電の保証があるからまた違っている。鹿島区はあいまいな区域であり相馬市は東電の保証がない地域と分かれている。常磐線も内陸を通すほかないのだろう。新地とか山下駅(山元町)が意外と海に近かった。その駅が根こそぎ津波でやられた。相馬地方は仙台とのつながりも深い。新地に伊達氏とのつながりがあり相馬市とは合併を拒んだというのもそのためである。相馬市立総合病院には東北大から来ている医者が多いのである。南相馬市立病院では福島医大であり東北大の医者は来ていない、相馬市はより宮城県と関係が深くなっているのだ。今回は地域によってその被害の差があった。30キロ圏から数キロ離れていたのもその一例であり地域によって運不運もあった。30キロ圏外は東電からの保証はどうなるのか、おそらくむずかしい面はあるが農家などは保証されるだろう。他は保証はむずかしいとなるかもしれない、被害を受けたのは30キロ圏内だけではない゛広範囲だからこの距離だけにこだわることはできないのだ。
自分の場合、自分自身も苦しいから他者を助けるということができない、自分のことで精一杯であり余裕がないと他者を助けることができない、実際に一か月後にまた入院になるとしたらそうである。こっちが助けてもらいたいとなるがそれもない、自分自身の問題で精一杯だとなる。

常磐線の復旧は相馬から仙台でもむずかしい。新地から浜吉田駅まで津波が押し寄せていた。新地とか山下駅は壊滅した。
新線を作ると同じであり今と同じル-トでは作れないとか開通の見通しは何もない、つまりこの先開通するかどうかもわからない、
ただパスは30分おきくらいに相馬から亘理まででている。その点は改善した。
原町から相馬までのパスの便は不便である。でも明らかなことはこれからどのくらいになるのか開通の見込みがたたないことを
覚悟してパス利用にするほかない、どうにもならいのだ。

浜吉田駅まで津波が来た
http://musubu.sblo.jp/article/45281722.html

posted by 老鶯 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層