2011年05月04日

原子力事故で見えてきた権力の構図




原子力事故で見えてきた権力の構図
http://musubu.jp/jijimondai-41#atom3(時事問題の深層41)

今回の原発事故では権力の構図が否応でも見えてきたことは救いである。そうでなければ闇はさらに深い闇になり何がどうなっているのか不明のままで終わっている。戦争の敗戦のように何がこのような事態を作り出したのかその権力の構図が暴かれたのである。それぞれに出てくる情報がみんなかたよっている。それは必ず背後にそう言わせる組織がかかわっているからである。組織なしで発言することはできない,その組織がなかなか今回のような事故にならないと見えない場合がある。今回の事故はあまりにも深刻だったので隠すことができなくなったのである。それでも様々なかたよった見方はでてくる。それはやはり背後に大きな組織があり隠されるからだろう。個人が発言しているようでもある組織の不利になることは言わないとかある。マスコミでも言わせないということがある。そのために安全神話は作られたのである。この世が闇の主-サタンによって支配されているということはそのことである。闇の主は誰という特定のものではない、それは一般大衆の欲望であったりする。地元の人が双葉町の人はさらに7号8号機の原発を要求していたのだからその責任はある。原発利権が麻薬のようになっていたのである。そういう利権の構図がピラミッドとして形成され人災として事故になったといえる。
情報とは様々であり今回のような放射能騒動になるとますます混乱する。素人にはわからないし学者すら見解が分かれている未知の分野が放射線の問題にある。真実はかたよったところではなく中間にあるというのも真実なのだろう。ただ今までは全く安全を言うものしか出る幕はなく危険を言う人は表に出れない、出ていてもほとんど気づかないようにしか出れなかった。それでますます安全神話が強化されて見えないものとなってしまったのである。
posted by 老鶯 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

巨龍は千年海底深く眠っていた(大津波の詩)


巨龍は千年海底深く眠っていた(大津波の詩)

巨龍は大海深く眠っていた
その間に人はせせこましく
その上で暮らしていた
巨龍はそれらを知らず無視していた
海岸近くを田にして米を作り
松原を作り調和した美を作り出していた
でもそこはもともと海だった
人は人口が増えたためやむなく
そういう適地でない所に田を作りはじめた
それも千年巨龍は無視して眠っていた
そして田だけではない
人間は電気を発明して文明を作った
夜も皓々と電気の灯は地上を昼のようにしている
一千万の大都会の灯は宇宙からも見える
そのエネルギ-は莫大なものだった
その電気は危険な原子力から作られていた
そして遂に巨龍は千年の眠りから突然目覚めた
大津波は千年間に築いた人の暮らしの場に襲いかかった
一瞬にして海であった原始の状態に戻した
何万人の命は津波に一気にのまれた
その時海岸に電気の元の原子力発電所があった
そこが地震津波にやられ爆発して故障した
危険な放射性物質はまきちらされた
大都会の燎原のような電気の灯は
まるで一吹きで消され元の暗い闇に帰った
大地は沈下して陸はずれて動いた
その凄まじいエネルギ-に驚嘆するばかりだった
人間の力は小さい、文明も簡単に滅ぼされる
自然の神の力のとてつもない巨大さを見せつけられた
千年また巨龍は海底深く眠ってしまうのか
元禄と安政の津波を警告する碑は隅に忘れられていた
四五百年の時間がたてば忘れてしまうものなのか?
いつも人は目先のことで四苦八苦するだけである
人間がいくら科学者が合議しようが
自然の力には知恵にはかなわない
科学者よ、原子力の核など弄ぶな
神の力ははるかに人間の知恵を凌駕する
計り知れぬ宇宙、底知れぬ海、底知れぬ大地・・・
神は人智を越えてなおそこに住む
世界は決して人間の知と技で解明されない
故に神を畏れねばならない・・・
神は人間の奢りをたやすく打ち砕く
科学者の奢りも簡単に打ち砕く
今回の津波以上のものが襲いかかる
文明はそれで簡単に滅びるのだ
文明はアトランティスのように海の底に沈み
宇宙の伝説として語られる
この大津波により神話と伝説が復活した
自然のスケ-ル、神の力のいかに偉大なるか
非情の神を呪うとともに賛嘆する
文明は人の奢りの故の産物
そんなものは簡単になみすることができる
人よ、神を畏れつつましく暮らすが良い
文明は神の世界を地上を汚しすぎた
一挙に洗い流す大津波が大都会を襲う
恐るべき力を知るべしなり
再び原初の世界に戻す神の力を知るべし

posted by 老鶯 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

世界的に注目される福島県-南相馬市 (自分のプログがノルウェ-語に翻訳されていた)


世界的に注目される福島県-南相馬市
(自分のプログがノルウェ-語に翻訳されていた)

nordst11111.jpg

原子力の事故の原因の一つ En av arsakene til atomulykker

http://translate.google.no/translate?hl=no&sl=ja&u=
http://musubu2.sblo.jp/article/44557564.html&prev=
/search%3Fq%3D%25E7%25A6%258F%25E5%25B
3%25B6%25E7%259C%258C%25E5%258E%259F
%25E5%25AD%2590%25E5%258A%259B%25E4%
25BA%258B%25E6%2595%2585%26start%3D10%26hl


(福島県の地形が意志疎通を阻(はば)んだ) (Barrierer a kommunisere topografien i Fukushima Prefecture (ikke hvis) jeg)


●ハマ、ナカ、アイヅに分断された福島県の地形 Hama ●, Naka, Prefecture ble Fukushima delt inn i terrenget Aidzu


地理はそこに住んでいるものさえわかりにくい、福島県は広すぎて山も多いからわかりにくい、まず会津は別の県として地形的にも地理的にとらえるべきである。 Geografi forvirrende selv de som bor der, Fukushima Prefecture fra mange obskure fjell for bred, er First Aizu menneskeheten geografisk ulike provinsene, sa vel som geografisk. 地形的にも会津は会津県なのである。 Aizu er ogsa et topografisk Aizu prefektur.


二本松、若松及 び 平 の 3 県 に統合された。 Nihonmatsu, integrert i de tre provinsene Wakamatsu og及.
しかし、 間もなく二本松県は11月14日 に福島県に改称、また、平県も同月28日 に磐前県と Men snart ble omdopt i Fukushima Prefecture Nihonmatsu 14. november, og Bandai den 28. september for fylket og prefekturs av

改称され、 更 に明治9 年 8 月21日には若松及び磐前の 2 県 は福島県に併合されるに至った。 Har fatt nytt navn, den 21. august 1876 til ytterligere to foregaende prefekturene og Bandai har fort til annektering Wakamatsu i Fukushima Prefecture.
会津は若松と言われていた。 Aizu Wakamatsu hadde blitt fortalt. 磐城は平であり平駅があった。 Rettigheter av stasjonen og hadde Zyou Iwao. この中に相馬藩は入っていない、相馬藩は福島県に入るのには地理的にも無理な面があったのだろう。 Soma klanen har ikke inngatt, a ga inn i klanen Soma, Fukushima Prefecture, var det et fly ville vare geografisk umulig. かといって伊達と争っていた歴史から宮城県に入ることもできない中途半端な地域になっていた。 Jeg var ikke engang halvveis inn i omradet i Miyagi Prefecture, var pa kant med historien eller Dato a si. 今でも地理的には交通的には福島市より仙台が近く感じられるし実際に仙台に勤めて通っている人も多いのである。 Geografisk og transport er fortsatt mange mennesker som arbeider gjennom a faktisk fole seg nar Sendai fra Sendai Fukushima City. 実際に新地は伊達藩の境にあり代々の武士の家系の古い家があり伊達氏に属していると言い張っていて相馬藩と合併することを拒んでいた。 Shinchi hadde faktisk nektet a fusjonere med Tei Souma klanen insisterer han tilhorer familiens gamle hus har en dato, en samurai klan fra generasjon til generasjon i grensen til Italia. それだけ伊達家への思い入れが強い家があったのである。 Familien hadde sterke folelser at mye av Date familien.

福島県はハマ、ナカ、アイヅと三つの地域に分かれている。 Hama Fukushima, Naka, og er delt inn i tre regioner Aidzu. この三つの地域は気候的にも明確に違っている。 Disse tre omradene er ogsa klart forskjellig fra klimaet. 会津は雪がふっても浜通りはほとんどふらない海洋性の気候なのである。 Aizu sno som faller fra himmelen selv som stranden er litt Furanai havklima. 浜通りは気候的に本当に住みやすい場所だった。 Som stranden var virkelig et sted a bo klima. 福島県が最初二本松県であり若松(会津)と平県に分かれていたことが地理的にもそうなった。 Og Wakamatsu, Fukushima Prefecture, den forste Nihonmatsu (Aizu), sa var ogsa at det var geografisk delt inn i provinser og flat. 二本松のあの天守閣のあったところから回りを見回すとここが福島県の中心だったことが実感できるし十万石となるとその規模も大きいから歴史的にもそうだった。 Det gjorde historisk og fra en storre skala til hundretusen stein og kan fole at det var sentrum av Fukushima Prefecture, hvor rundt her og se deg rundt slottet som var Nihonmatsu. でも福島市の人たちから見ても浜通りの人たちから見ても阿武隈山脈、高原が横たわっているから交流も地理的にさえぎられるから少ない、磐城と郡山は鉄道が通っているが相馬と福島市には通っていない、交通的にも不便なところなのである。 Abukuma Fjell som folk selv fra stranden selv fra folket i Fukushima City, men ogsa mindre geografisk blokkert fra borsen fordi de lyver plata, og Soma har Kooriyama Zyou Iwao og jernbane gjennom Fukushima City, ikke gjennom, noe som gjor dem vanskelige er et sted for trafikk.
福島県はこうして地理的に隔絶されているから県としての一体感をもちにくかった。 Risen var hard, Fukushima Prefecture, fra en folelse av samhold er dermed geografisk isolert. 会津はさらに高い山々がありその地理はさらにわかりにくい。 Aizu er et hoyt fjell geografi som har enda mer forvirrende.


南相馬市の市長が窮状をyutubeで訴えて世界的な話題になった。原子力で福島県が実は世界的に注目されている。世界的に福島県の原子力発電のことは大きな話題になった。だから福島県は第二のチェリノブエリになったのである。福島県の南相馬市が有名になったのは野馬追いとかではない、原子力事故の被害のためである。津波も世界的関心だがこの原子力は世界的には関心が強い。何故ならどこの国でも原子力発電しているからだ。そこで関心が大きいのだがなかなかその土地の地理のことなどわかりにくいから自分のプログにアクセスしたのかもしれない、福島県の地理について書いたからである。

ノルウェ-語はデンマ-ク語から分離したものでありドイツ語が根幹にある。英語がわかるとドイツ語もわかりやすいのである。この訳をわからないにしても読んだら翻訳でも大意がわかるのかな、結構良く訳されているようだ。相当いい翻訳のソフトを使っているようだ。翻訳もかなり進んでいるからノルウェ-語にも訳せたのか、おそらく一旦英語に訳してそれからノルウェ-語に訳したのか?英語からだと欧米語ならかなりの精度で翻訳できているだろう。日本語となると翻訳はむずかしい。とにかくこういう時期だか福島県でも南相馬市でも世界から注目されていることは皮肉である。南相馬市長が一躍世界の十人にニュ-ヨ-クタイムズで選ばれたのもそのためである。インタ-ネットは世界とリンクしているグロ-バルなものだけどももう一つ利用していなかった。言葉の壁が大きいのである。いちいち翻訳していたら疲れるし能力がない、翻訳の機械化が進むから多少は改善されるかもしれない、世界的に発信するとなると英語になる、世界的に発信できれば凄いものになることは確かである。


 

posted by 老鶯 at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連