2011年04月07日

南相馬市原町区の北原や小浜の被害写真(20キロ内の立ち入り禁止地域へ)


kitahara.jpg
クリック拡大

obamamap1.jpg

KFBTELEBI.jpg

harabbbb1.jpg
兵庫からのボランティア

haratettou.jpg

haramichi.jpg

obamasaka1.jpg
obamasakaie1.jpg

takadai11.jpg
一番高い所にも津波が

obamasakakudaru1.jpg
坂を上りきって下る所-右側が小浜の部落


obamasakakudaru2.jpg

磐城大田の海を望む

obamanohiall.jpg
江戸時代の古い碑があった(この下は小浜部落)

ootamatu1.jpg

ootagawakawakekkai.jpg

ootagawamatu2.jpg

tachiirikinshi1.jpg

南相馬市原町区の北原や小浜の被害写真(20キロ内の立ち入り禁止地域へ)

今日は南相馬市の北原地区を回り海沿いを太田川が海にそそぐ小浜という村を回って20キロ の禁止区域の所まで行ってきた。ここはまだ原町区内であり小高区ではなかった。磐城太田駅がある地域だった。太田神社のある所であり太田川が海に注ぐ地域だった。北原で兵庫県から来たというボランティアの人が一人で泥を掘り返していた。はなまるホ-ムとあるから福祉関係の仕事の人なのだろう。ホ-ムペ-ジに兵庫県とでていたからそこのホ-ムの人なのか?
兵庫県というと神戸があるから震災の被害には同情するのである。ともかく全国から支援の人が入ってきている。

かなりの坂を上ってゆくがその坂の頂上まで津波が来たことに驚く。テレビで見ただけではこの高さがわかりにくいのだ。その高さにびっくりするだろう。こんなに高い所まで来たのかと信じられないのである。高台には松が残っていた。高台だからこそ残ったのである。その坂を越えて下ると磐城太田地域であり防波堤は崩れ海が入りこんでいた。津波が越えた崖の下は「小浜」という村だった。江戸時代の碑があったから古い部落である。ここで土地の人がいて聞いたら6人死んだという、死体を探している小沢地域では多く死んだらしい。小浜地区は直接海に面していないから被害が少ないと思ったが6人死んだ。やはり高く津波が来たので被害があった。


今日NHKで写していた白い防護服の人がこの地域で小沢地域で死体探しをするのを放送していた。小浜地域は坂を下りたところでありその向こうが小沢地域だった。そこは確かに20キロ圏内であり立ち入り禁止地域になっている。なぜそこでも白い防護服を着ているのか、そんなに放射能が危険なのか?あれを見たらいかにも放射能が強く危険だということを示している。でも車で来た人もいる、土浦の人とボランティアの兵庫の人は阿武隈高原の方を遠回りして来た。その人たちはマスクもしていない、仙台から来た人もマスクをしていない、放射能は別に恐れなければ恐れることはない、原子力発電所内で作業するのとは違っている。なのになぜあんなに白い防護服を着て死体探しをしているのおそらくそういう決まりだからそうしているだけなのだろう。そんなに危険だとは思えないのだ。

南相馬市の原町区は自主避難地域であるからややこしい。一度避難した人も長く避難所にいられないので帰ってきている。知人の夫婦は帰っていくが孫は学校に行けないということで避難している親戚の家からその土地の学校に通うそうである。だから両親は残っている。孫の夫婦はのこらざるをえない、でもその妻の夫は原子力発電所のある大熊のス-パ-で働いていたのである。その職も失った。今原町区で問題のはこうして職を失った人が多いことである。これは他の津波被害にあったところでも同じである。特に放射能の被害にあった地域はさらにひどいことになっているのだ。仕事がなければ住めなくなるのだ。そして小高区は立ち入り禁止であり小高区から原町区に避難して来た人がある。ホテルをもっていたので原町区に移った。でもそこも30キロ圏内であり30キロ圏内は避難指示にするという方針だと政府で言っている。とするとそこにも住めなくなるかもしれない、自分の住んでいるところは30キロから2キロ離れているにすぎない、避難地域を50キロまで延長するとも言っていたからそうなると本当に困る。人間長く住んでいたところに住めなくなるほど苦しいことはない、そんなことがありうるのかと今度の原子力事故でつくづく思った。チェルノブエリでは確かに30キロ圏内は立ち入り禁止となった。ここもそうなってしまうのではないかと浪江の人がテレビで言っていた。これは本当に深刻な問題である。
人間そんな簡単に今まで長く住んでいたところから移り住めないからだ。茨城県に移った人は住宅を与えられて中国人がいなくなった農家で農作業をして金を稼いでいる。中国人までいなくなるのか?中国人も放射能を恐れるのか、中国ではもっとひどい汚染がある地域がある。その中国人まで逃げているということがわからない、風評被害としか思えないのだ。

posted by 老鶯 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

八沢浦は八つの浦のことだった!(津波で元の海にかえった) 八沢浦は八つの浦のことだった!(津波で元の海にかえった)


 

八沢浦は八つの浦のことだった!(津波で元の海にかえった)


yasawaura22222.JPG
nikeshi111.JPG

hodota111.JPG
クリック拡大!

yasawaura8888.jpg
八沢浦の一つ(八つの浦の一つ)


●もともと海であり湿地帯の田は津波で海にかえった

八沢浦の名前は八つの浦があったからであった。回りに浦が入りこんんでいた丁度八つが浦になっていた。そこも田になったがその浦まで今回の津波で海水が入り込んだ。ええ、こんな奥まで海になっていたことに驚いた。日本海にある深い入江になっていた。前にもそのことを予想したことを図解したがその通りになった。八沢浦は思った以上一杯の海水にひたされた。奥の方まで相当奥まで海水が入り込んでいた。だからそきままだったら本当に美しい日本海のような入江になっていた。そして今まで注目していなかったが八沢浦は実は浦が回りに入り込んで八つの浦があった。その浦も海水が入り込んだ。その浦は奥になると高くなっているからその高いところは早くから田になっていたのかもしれない、つまり八つの浦の方に明治に干拓される前に人が住んでいた。それで八沢浦という地名は江戸時代からあった。地名にはその土地に根ざした古い根拠がある。そして今度津波や地震の被害が大きかったのは江戸時代であれ海岸の干拓されたような土地に集中している。千葉県の浦安の液状化した地域ももともと干拓された海岸の砂地であり沼地だったからである。日本はそもそも国土が狭いからもともと自然的条件の悪い所に田を作り住居を拡大化した。つまり自然条件に逆らい無理な開拓をしてきたのだ。それが今回の津波で大被害になった。

行方郡金沢村も古は大沼あり元禄15年に干拓して田地とした。
宇多郡程田村に山田の堤ができたがこれは大恚v芳が農民の用水に苦しむのを見て山田に土手を築き程田、神田、柏崎の三村を灌漑したものである。


こういう海側へ干拓したところは今回の津波で海に還ったのである。

●千年に一回来る津波に対処できなかった浜通り


八沢浦は海岸に接して三軒くらいしか家がないから被害が少なかった。もともと海だった所にも一軒くらいしか家がなかった。浸水しても家そのものは破壊されなかった。でも海老村とか烏崎村は海岸に接して集落化していたから壊滅した。不思議なのはなぜ日本人は海岸にじかに接して住んで津波の危険を考慮しなかったのか?三陸では津波があったが福島県浜通りとか宮城県から名取から相馬までの海岸線では大きな津波は起きていなかった。貞観津波は千年前の話だから実感がない、津波は来ないものと安心していたのである。相馬でも今回の津波は同じように相当奥まで津波は来ていたし今回の津波で実証された。千年に一回来るような地震とか津波は想定外になり油断になり今回の悲劇となった。自然のスケ-ルはそれだけ大きく人間の時間のスケ-ルと違っていた。人間の時間のスケ-ルは小さすぎるのだ。一年刻みであり百年後まで考える人もいない、それが悲劇を生んだのである。青松白砂の風景は人工的なものでありそれが日本の美となっていた。そこは開拓して塩害を防ぐために作られた危険な場所だったという認識をもつものはいない、それが今回の津波で一挙に破壊され原始状態に戻った驚きがあった。海側への開拓は危険なものだった。人間は縄文時代でも危険な場所には住まない、高台に住んでいた。ところが田を作るようになってからもともと海だったところまで住むようになったのである。八沢浦はあそこが元の入江に戻ったらどれだけ美しいとか書いてきたが今は水が引いてしまってない、写真をとったときええ、海水に満たされていたことに驚いた。
そして水が引いたあとに行ってみたら残雪の蔵王が眩しく光り見えた。それはやはり八沢浦八景の歌はここの実景を元に作られたと思った。


●八沢八景の歌はぴったりの歌だった


遠山の暮雪 高瀬さす八沢が浦の夕波に色を乱せる雪の遠山

雪の遠山とは蔵王しかない、八沢浦から蔵王がはっきりと見えるからだ。夕波というのもぴったりなのである。

yukizaouuu123.jpg
クリック拡大!

八沢浦の夜雨    磯桜八沢が浦の夜の雨に浪のうきねを明かしかねつつ


長岩の晴嵐     雲晴れて入日移らふ長岩の松にしぐれを誘ふ浦風

nagaiwaaaa.jpg

これが長岩か


わざわざ磯桜として浪のうきねというのも浦にふさわしい。旅してきたとき何か心も落ち着かなく浪がゆれた感じになっていることを経験している。この歌はかなりいい歌だったこともわかった。旅しているとなかなか眠れないことがあるからだ。これは明かに旅人の歌なのである。
京都から旅してきたとすれば旅人だからこういう感じはわかる。長岩というのは今も海だったころ露出した岩かもしれない、いづれにしろ信憑がある歌だったとなる。

(八沢浦が元の美しい入江に戻った!)-写真
http://musubu.sblo.jp/article/44114737.html

posted by 老鶯 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係