2011年04月26日

原町区の病院に(桜も散ってゆく-津波で生まれた無数の物語の重さ)


津波にも残れる松の二本の長くもあれな春の日暮れぬ


原町を離れし人の多しかな松に寄りつつ花見るあわれ


たちまちに花の盛りはすぎにけれ人の命のかくもはかなき


思ほえず津波に死せる人あまた今年の桜を見ずして去りぬ


一瞬に津波に変わる景色かな昨日ある人今日はなしかも


一瞬に津波にのまれ帰らざる人となれるやその無情を誰に訴えむ

八沢浦に残った松の二本など今津波にも負けず残った松が各地に生まれた。今までは松はもともと多いし日本は松の国だった。松に一番親しみを感じる民族だったのである。だから松に関する伝承やら短歌は実に多い。そして今回の津波で松原として意識していたのが七万本の松原の一本だけが残った陸前高田の松とかが注目される。磯部にも一本だけ松が残っていた。それがなんとも心にしみる松なのである。今回の津波で失ったものが実に多い、貴重な松原は失われた。でも残った松が新しい名所になった不思議があるのだ。今回の津波で新しい伝説が各地に生まれた。一瞬のうちに街や村がポンペイ化したのである。そしてつくづく伝説といってもまだ余りにもその被害が生々しい、南相馬市の萱浜で屋根につかまり沖に流されて漂流して助かった人を取材に来たがその人は語りたくないと語らなかったという、やはりそんな簡単に笑って語られることではない重い体験でありだからこそ一人一人が語ることがずっしりと重いものとしてある。なかなかまだ他者が立ち入れることができない重いものを背負ってしまったのである。それでもだからこそその人たちの語ることが一つ一つ重いものとして後世に語られるものとなった。普通だったらそんなことを語りえないし一人一人のことは忘れられてゆくだろう。

例えば漁師仲間がヒデオは死んだよとか簡単に言うけど仲間だった一人が突然津波にのまれたことを語っている。その一言だけでも今は実に生々しいのである。実際に一人の死がそんな簡単に言えないのが普通だからである。普通の世界ではありえない話しでありそれがいたるところで語られているのだ。その事実としての重みがあるからこそ逆手をとってメモリアルパ-クとして残せというのも不謹慎かもしれないがまちがいなく観光的にも成功する、デズニ-ランドとはそのもっている重みが違う。何万人の命が失われたのだからまるで違ったものであり物見遊山とはならない、人々は真剣にその話しを聞くし語る人も語り部として価値ある存在になったのである。普通に生きていたらそうはならないのだ。


原町区で病院にゆくと必ず最近帰ってきて医者に来たという人が実に多い、今日は南相馬市立病院と耳鼻科の医院に行ってきた。耳鼻科の方は一週間前に開いていた。そこで会計のとき「30キロ圏内」ですか?と聞かれた。2、3キロ外ですというと会計どおりの金がとられた。どうも30キロ圏内は診療の金にも配慮されている。保証もあり一所帯百万もらえるとかある。でも30キロから2、3キロでも離れると保証は何もない、放射能の被害なら郡山市とか福島市の方が高いのである。公園で一時間しか遊ぶなという禁止令が出たことでもわかる。風の関係で飯館村を中心として郡山にも福島市にも放射能が多く流れたのである。南相馬市は低いのである。とすると保証も実際は中通りにもされるべきだが全くされない、ここは人口が多いからされないのである。保証の不公平があまことは確かである。同心円の30キロ圏内だけでは被害は決まらない、外で相当被害を受けた地域も多いからである。


原町は店が特にチェ-ン店が全く開いていないから淋しい。病院は開かないと帰ってきても困る人が多いから開いている。でも南相馬市立病院は治療できるようにはなっていない、だから不便でも相馬市立病院に移ることにした。二週間に一回ゆくだけだからなんとかなるだろう。
電車でも行けないから困るがなんとか電動自転車でゆく他ない、原町があのような状態になると不便である。


今年の桜はあわただしく散った、津波だ原発だと毎日過ぎてゆく、今年の桜を見ずに死んだ人も多数である。原発だけは毎日かたずをのんで見ていた。自分の命ともかかわることでなんとかしてくれと祈る気持ちだった。だから科学的なことは苦手でも能力がほとんどなくても必死になってわかろうとした。人間はいくら能力も才能なくても自分の命になると真剣になるものである。放射線のことなど全くわからないにしても必死になってわかろうとした。細胞分裂が活発な子供には影響しやすいとかDNAを放射線が破壊するとか聞いてそういう危険なものかと怖くなった。ともかく注目したのはなんとか放射性物質出るのを抑えてくれということだった。やはり自分の命にかかわれば真剣になるし懸命に人は知ろうとする。そして素人でもそうなるとそうだったのかとわかることはありえる。いづれにしろ原子力がいかに危険で恐ろしいものか、おそらく作った人も専門家も今回の事故で知ったようである。意外と専門家も甘く考えていたし奢りがあった。人間には絶対に慢心が生まれる。それが今回の大津波で打ち砕かれたのである。
原子力事故は人類破滅に導く恐怖があった。そして今もとうなるかわからない、つまりあの原子炉4基が次々に爆発することがありえる、その時本当に関東、東北は死の世界になり住めなくなる、日本という国は滅びるということである。それほど恐ろしいものだったのである。そこまで専門家すら自覚していないのが原子力だったのである。


八沢浦に残った二本の松だけどその土地に住むことは長い時間で見ることになる。一時的な旅人が見るのとは違う。陸前高田に残った松は塩分でだめになからと手当てしたりするからあの松もそうしないと残らないのとか、心配する。長い時間で見て長くあることに意味が出てくるものがある。それでもう50以上になるとその土地と一体化して離れられなくなる。それを離れろというのは余りにも酷なのである。そこに長く住むことで安定があった。それが奪われることに耐えられないのである。それは単に金をもらって他に生活しろと言ってもなかなかできない、日本人は遊牧民じゃないからである。長くあってほしい、ここに故郷にいつまでもとなるのだ。ともかく今回の津波で残された松は明かに一つの名所になったことは確かである。

 

2011年04月27日

原子力の事故の原因の一つ (福島県の地形が意志疎通を阻んだ)

 

原子力の事故の原因の一つ
(福島県の地形が意志疎通を阻(はば)んだ)

●ハマ、ナカ、アイヅに分断された福島県の地形


地理はそこに住んでいるものさえわかりにくい、福島県は広すぎて山も多いからわかりにくい、まず会津は別の県として地形的にも地理的にとらえるべきである。地形的にも会津は会津県なのである。


二本松、若松及 び  平 の  3 県 に統合された。
しかし、 間もなく二本松県は11月14日 に福島県に改称、また、平県も同月28日 に磐前県と

改称され、 更  に明治9 年  8 月21日には若松及び磐前の 2 県 は福島県に併合されるに至った。

会津は若松と言われていた。磐城は平であり平駅があった。この中に相馬藩は入っていない、相馬藩は福島県に入るのには地理的にも無理な面があったのだろう。かといって伊達と争っていた歴史から宮城県に入ることもできない中途半端な地域になっていた。今でも地理的には交通的には福島市より仙台が近く感じられるし実際に仙台に勤めて通っている人も多いのである。実際に新地は伊達藩の境にあり代々の武士の家系の古い家があり伊達氏に属していると言い張っていて相馬藩と合併することを拒んでいた。それだけ伊達家への思い入れが強い家があったのである。

福島県はハマ、ナカ、アイヅと三つの地域に分かれている。この三つの地域は気候的にも明確に違っている。会津は雪がふっても浜通りはほとんどふらない海洋性の気候なのである。浜通りは気候的に本当に住みやすい場所だった。福島県が最初二本松県であり若松(会津)と平県に分かれていたことが地理的にもそうなった。二本松のあの天守閣のあったところから回りを見回すとここが福島県の中心だったことが実感できるし十万石となるとその規模も大きいから歴史的にもそうだった。でも福島市の人たちから見ても浜通りの人たちから見ても阿武隈山脈、高原が横たわっているから交流も地理的にさえぎられるから少ない、磐城と郡山は鉄道が通っているが相馬と福島市には通っていない、交通的にも不便なところなのである。
福島県はこうして地理的に隔絶されているから県としての一体感をもちにくかった。会津はさらに高い山々がありその地理はさらにわかりにくい。


こうした地理的環境が福島県としての意志疎通を阻み一体感をもちえないようにした。でも地形的には福島県は山あり川あり海ありで魅力的な所だった。浜通りから阿武隈高原だけでも高瀬川などの急流があり葛尾(かつろう)村や飯館村などの高原地帯の村があるなど魅力的だった。そこが原子力事故で立入禁止となりそこに住んでいた人も住めなくなるなどということになったことが信じられないのだ。こうしたいつも行っていたところが自由に行けなくなる。行けなくなるだけならいいが住めなくなるのだからこれほどの苦痛はない。県によっていろいろ個性がある。歴史的にもあり地形も様々である。でも福島県というとこうした地形的にも隔絶されていて一体感がもてない所では意志疎通もなかなかうまくいっていなかったのではないか?


●原発は双葉町と知事と東電の社長だけ決められた


今回の原子力事故でも原子力発電所そのものは双葉町が提供して福島県が許可を与え作られた。その時の知事が磐城出身の木村守江であった。今の原発の近くであった。その後に利権で渡部恒三が受け継いだ。


大合併で郡山市やいわき市を誕生させ、農村部への工業誘致、原発立地などで実績を上げた。


浜通りから出た知事が原発を誘致したことが納得がいく、そして双葉地方はもともと夜(余)ノ森地方であり相馬藩主が余の森だ、自分の森だとした磐城藩との境の未開の地だった。そうした地帯に原発が建てられた。原発は福島県の県民が全体で議論して建てられたものではない、原発がどういうものか知り得るものでもなかった。そして意外だったのは原発は事故を起こしてみて広範囲に影響する恐怖だった。南相馬市は遠いと思っていたが30キロくらいであり近かった。その距離感の目測も誤っていた。やはりここでも地理的なものが影響していた。福島県は広いから福島県に住んでいる人たちもみんな危険なものと思わなかった。中通りの人たちすらそう思っていなかったろう。阿武隈高原が壁となりさえぎるから放射線が影響するとは思わなかったろう。飯館村が一番影響したことでもわかる。そして県政の中心点の福島市が距離的に60キロ地点ありそれでも南相馬市よりずっと高かったのである。そして中通り公園が4マイクロシ-ベルトの放射線が検出されて一時間だけしか使用できないようにしたことでもわかる。放射線の影響は実は中通りも大きいものだった。事実須賀川の農家の人が風評被害で悲観して自殺している。中通りこれほど原子力が身近なものとしてあることに事故で気づいたのである。県庁のある福島市もそうである。もしこんなふうに影響あるものだったらもっと中通りの人も真剣に考えていた。


東電の原発は関東に置けばいいと言うが、そもそも誘致したのは福島県。
木村守江衆院議員(いわき市四倉出身、後に知事)が
仲のよかった木川田一隆東電社長(旧梁川町出身)に頼んだ。
当時の双葉地方は働くところがなく、出稼ぎも多かった。
そこで、木村は同郷の木川田に雇用の場をつくれないかと話を持ち掛けた。
それが原発。
木川田は木村と同じ医者の家系に生まれた。
本人は医者にならなかったが、東電の歴史に残る大物社長になった。


実は原発は福島県全体の民主主義合意討論の上に生まれたものではない、双葉地方の私的事情とか知事と東電の人脈から狭い範囲で決められた。コネで入社するとかそんなことだったかもしれない、これだけ大きなことが福島県の合意で決められたとはいえないのだ。40年前の話だから今とは事情は違うにしろその決められ方は非常に狭い範囲の中で決められた。それが今日の大惨事の基になっていたのである。それも全体的に見れば福島県が地形的にも一体感の持ちにくい事情があったのだ。会津だったら浜通りは遠いとなるし中通りから遠いという感覚でいたのである。それが放射能は福島県の中心地帯を最も人口の多い郡山から福島市に風の影響で大きかったのである。今になってこんなに放射線が影響するのかと震撼としているだろう。自分もそうだった。30キロしか離れていない、そして毎日恐怖におびえていたし今もそうである。福島県は民主主義がなかったからこそ恐ろしい原発も非常に狭い範囲や二人だけのトップで決められたりしていたのである。おそきにしていたのだが今ようやくその恐ろしさに気づきなぜなのかと底辺層まで怒り心頭になって声をあげている。住むところすら奪われ空気や水や土まで奪われたらどんな無関心派でも怒りにふるえるだろう。何事無関心なことは罪になり自らが害される。チェルノブエリも遠いから関心がなかったしそもそも日本の技術は優秀なんだということを信じていた人が多かったのである。その日本の安全神話は政治力や宣伝力などで作られたものであった。こんなに危険なものなのに安全に心血を注いでいなかったのである。民衆の無知、無関心は為政者にとって都合がいい、そして犠牲になるのは民衆であった。
福島県の県民は今犠牲者になってしまったのである。戦争の犠牲者もいろいろであり凄まじいが広島、長崎の犠牲者が原爆の最悪の犠牲者となった。そして今福島県が原子力発電の最大の犠牲者になったのである。


 

posted by 老鶯 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2011年04月28日

桜散る(鹿島区に仮設住宅建つ)

kasetu111.jpg
鹿島区千倉体育館の校庭

kisatten.jpg

六号線の喫茶店



我が近く仮設住宅芽吹きかな


花散りて電車来たらじ駅舎かな


チュ-リップ咲くも開かじ喫茶店6号線は原町とまり


あわただし今年の桜散りにけり季(とき)のうつりにうなる風かな

これほどの動乱を経験したことない、当たり前のことが当たり前に行われない、そして人の移動が激しいのだ。こんなに人が移動するのも経験していない、六号線の鹿島区の千倉体育館の校庭のところに仮設住宅がたつ、個数がどれくらいになるのか50個は越えているだろう。中はどうなっているかわからない、ここの規模は大きい、もう一つは西町にできる、あそこも50個以上は作るのか、避難所に収容していた人たちが今度は仮設住宅に移る。南相馬市で家をなくした人たちも何百所帯であ。原町区ではなく鹿島区に建てたのは原町区は緊急避難地域の30キロ圏内だからである。その原町から小学生が鹿島の小学校に通っている。それでYABUKIとバスに書いてある。矢吹町は西白河郡に属している。人もモノも移動が激しい。建設に携わっているのは群馬県の方なのか、みんな遠い所から来ている。ともかく人の出入りが激しいのだ。あそこにもし百人とか人が入ってくるとやはり影響があるだろう。一つの小さな村の人口くらいになるかもしれない、そんな経験もしてしいない、鹿島区では海老村とか烏崎村は壊滅した。他に原町区でも壊滅したところがありそういう人たちが入ってくるのだろうか?


六号線は小高区から南は立入禁止区域になったから当分通じない、電車も通じない、放射能汚染で当分通れない、それもどのくらいの時間なのか、何年にもなるのか?先が長いのである。原発の3キロくらいは永久に人は住めないとか言っている。鉄道とか六号線はその3キロ内を通過するとなるとそこを通るのはいつになるのだろうか、車なら迂回できるが鉄道はできないだろう。迂回するにしても相当不便になってしまう。そして困るのは六号線沿いの店である。東京まで通じていることで成り立つこともあった。六号線は東京まで唯一通じる道であった。だからいろいろ不便になる。通信販売なども30キロ圏内は正常化ししていないだろうし30キロ圏外でも六号線が途中遮断された東京からスム-ズに運べない、交通的にも不便な孤立状態化してしまったのである。鉄道も仙台まで通じるのはいつになるのかわからない、車もっている人はいいがもっていないとさらに不便になる。六号線は大動脈だった。それがきれると物流はとどこおる。ともかく原子力事故の影響は津波の影響よりも大きかった。これは復興するのに時間がかかるし先が見えないのである。


飯館村もテレビで大倉辺りのことを写していた。その辺の佐藤とか家も避難することで困ったとか報道していた。大倉は飯館村でもまた地形的に違っている。
真野川の上流であり飯館村の役所のある草野のにゆくのには山がさえぎっている。だからあそこは放射線量も低いと思うが飯館村全体が計画的避難地域なのである。飯館村はあれだけ広いのだから放射線量も違っている。でも浪江の近い方に放射線量が高いところがありそこから波及していた。山の方に放射性物質が堆積した。村の人が神社に集まって相談しているのを写していた。村ごとに結束の強い場所だからそうなる。北海道辺りでも村ごと移住した。それでそこに村の神社が移動して今も建っている。村ごと移住できるような所があれば土地があればいいのである。そして団地に住みたくないとか言っているというが確かにそうである。飯館村に行って見ればわかる、広々としたところで森につつまれ一軒一軒の家は離れて住んでいる。

人間としては自然と調和した理想的な住み方であった。だからそういう場所から団地のような所に住みたくないというのはわかるのだ。そして移動しても一体移動先で何をするのか、農業を土地と牛を相手にしていたような人がサ-ビス業などに移るのも簡単ではないだろう。保証金もらって暮らせばいいじゃないかとなるが人間は仕事がないとしたら生きがいもなくなってしまう。存在意義すらなくなってしまう。ともかくそうしたもろもろのことが問題になるし一か月とかの移動ならいいが一年とかになりそれ以上になるのか、計画的避難と言ってもそんな簡単にはいかないのだ。


今年の桜はあわただしく散った、ゆっくり桜も見ていられない、絶えず何かに追われている。動乱の世界である。自分自身もプログに書いて来たようにここ五年間は動乱がつづいてきた。そしてさらなる動乱になっているのだ。だから桜自体のどかに見ていた時代は終わった。
原子力も40年前に作られたのであり老朽化していた。40年くらいたつと変化が起きる、動乱が起きる。人間の社会は百年も何もない平和などありえなっかた。必ず自然災害であれ人災であり起こる。今やそれにふりまわされているのだ。

 

2011年04月29日

あくなき人間の欲望を追求するものとなった科学の危険 (原子力事故の恐怖)


あくなき人間の欲望を追求するものとなった科学の危険
(原子力事故の恐怖)
http://musubu.jp/jijimondai-41#atomic2(時事問題の深層41へ)

現代は科学が万能化して宗教化すらした。科学に成しえないものがない、限界もない、科学は無限に発展して人間の要望に答えてくれる。科学は現代の神であり科学者は神官である。
これほどまでに科学が大きな力を持った時代はない、それは何故なのか?丁度金がすべての欲望をかなえてくれる、金が万能の資本主義社会ともにている。これもやはり人間の欲望が金に象徴されるからである。科学はもともと錬金術のように石を黄金に変えるという深い欲望から生まれたのである。人間は自分たちの欲望を満たしてくれるものならあくことなく追求する。
人間には長く宗教が権威をふるった時代があった。宗教は人間に欲望を抑えることを教えた。
科学はその反対にあくことなき人間の欲望を具体的に追求してきた。病気にしても奇跡で直していた時代もあったがもはやそいういうことは通用しない、病気を追求するのは科学であり医学である。そこでも人間の欲望は無限に拡大化してゆく、制限がない、長寿を望み不老不死を望みそれさえ可能なのだと科学に望むようになる。科学は人間の欲望を何でもかなえてくれるから是認される。今は宗教すら科学であり欲望を肯定する。そうして結局欲望の歯止めがなくなる。


そして電気も無制限に使いそれがいかに作られるのかもわからず使っている。空気のように使っていた。そしてその人間の欲望に答えるために原子力に手を出すようになった。正に原子力は石を黄金に変える現代の錬金術だった。しかしそこに恐るべき危険が隠されていた。人間はやはり神から火を盗み錬金術で人間の欲望を達成しようとした。その罰がいかに過酷なものとなったかは今回の原子力発電の事故で自ら体験した。20キロ圏内はすでに永久に住めないとかなる。人間の盲点は制限する力がない、そこから人間は神のような力を持てるのだと錯覚する。人間にはまた減らす思想というのが欠けている。何でもとにかく増えねばならない、無限に経済も発展して科学も発展していかねばならない、そこに歯止めがないのである。歯止めをかけるものがないのである。そこに恐るべき危険がひそんでいたのである。

posted by 老鶯 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2011年04月30日

余花(浪江の人の原発からの逃避行を見る)

yoka12223.jpg
 

この道や行く人まれに余花ひそか

弘前の桜を見るや三陸の被災者あわれ生きむとするかも

桜も終わった。今年はゆっくり桜など見ていられなかった。実際に西町に仮設住宅がかなりの数がたつ、鹿島区には施設が何も建たないとか嘆いていたけど千人くらい住むようにならしい。千人という数はかなりの数である。人口が一挙に千人増えることなど今の時代にはありえない。原町区は緊急避難地域だから仮設住宅を建てられない、学生も鹿島区に通うようになっている。緊急避難地域という設定も変なのである。もし原子炉が爆発したら今度はみんなわかっている、80キロ圏外に逃げねばならない、大量に一時的に被曝する恐怖があるからだ。だから緊急避難地域は相馬市もそうだし80キロ圏内はみんなそうである。そして風向きにより福島市や郡山市が放射線量が高かったように20キロから30キロだけが特別危険でないことをみんな学んだのである。


桜前線は弘前まで到達した。それで三陸の被災者が弘前に招待された。その被災者が桜を見て生きていこうかなと言ったのをテレビで見ていた。今回は九州から奄美大島からまで全国の人の救援があった。こういうことも経験していない、一方で人間の暗黒面も露骨にでてくる。火事場泥棒とか弱いものを食い物にすることである。こういうことを経験しているからこれからも弱者を食い物にすることがでてくる。これは神戸の地震の時もいろいろと起こった。今になると神戸の地震もいかに大変なものだったか同情した。それで興味深かったのは浪江の人の逃避行のビデオである。新潟の方に避難したのだがホテルで7千円のところを1万2千円にふっかけられたとか放射能検査で差別されたとかその後大阪で用意された部屋には何もなかったとかいろいろ体験した。

特に私設の保育所でもしていたのか東電の奥さんたちと関係していた。
東電の子供さんはいち早く逃して自分たちも逃げたらしい、その時わからずに浪江の人は逃げていなかった。双葉の原子力発電で何があったか正確な情報が入らなかった。東電社員はいち早く危険を察したから逃げたのである。爆発したときは本当は相当危険だったのだろう。
もし原子炉が爆発したらチェリノブエリと同じになった。その時東電社員は放置して逃げる。放射能がとめられない、そこで誰か決死隊で放射能の拡散を防がねばならない、それを誰がやるのか?ロシアでは軍隊などがやった。そこで死んだ人が今もたたえられている。日本もそうなることがありえた。たまたま水素爆発して建屋が破壊されたからそうならなかったらしい、原子炉が爆発する寸前だったのである。今その恐怖を知らねばならない、そしてそのことは原子炉を作ったGEの技術者が原子炉が古く危ないから警告していた。その技術者はGEをやめていた。福島の原発はすでにいろいろな故障もあり危険は何度も警告されていたがそのまま何ら改善もされなかったのである。



浪江の人の原発からの逃避行
http://www.youtube.com/watch?v=EcF_75slgwk
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110429/dst11042903050002-n2.htm