2010年03月01日

玉本あゆみ様へのコメント(死は愚かさの一つの終わり)

『死は一つの愚かさの終わり』から


しかし人間の愚かさは終ることがない
愚かさは人類が滅ぶまでつづく
一つの愚かさが終わり
さらに何万何十万何百万のの愚かさの始まり
ああ 人類はかくしてつづく・・・・』

http://musubu.sblo.jp/article/27303460.html


(玉本あゆみ様の文)
小林様は、とてもシビアに、神様が作られた現代社会に生きる人間の愚かさを直視しておられるのだと思います。人間は生きている間に、罪を悔い改めなければ、死しても罪に対する償いは残されているでしょう。私も職業柄、人の老いや死を真近かに拝見し、生きるとは何か、満足出来る老いとは…考えさせられます。一人では生きてはいけないから、誰かと共存していかなければいけません。メリットもあればデメリットもあります。
時代が変わっても罪びとは減少しません。
でも、自然界だけは人間の利己欲に破壊されながらも、忍耐強く姿や役割を変えません。与える事に徹し、死しても生き返る雄大な無限な命の展開を見せてくれています。自然界に学ぶべき事は、たくさんありますね。


 

・私も職業柄、人の老いや死を真近かに拝見
・し、生きるとは何か、満足出来る老いとは
・考えさせられます

私も今回は家族が認知症になったことは余りの衝撃でありそのことを延々と書いてきました。
未だに人間が認知症のようなもの痴呆になって死んでいったことが信じられない、何故なら
自分でも最後まで言っていたけど頭がいいし体力もあり他にも社会的にもしっかりした女性でしたから、看護婦から保健婦もしていた女性でした。それもあまりにも最後は無惨でした。


人間は愚かさ、罪、弱さを意識しない、そもそも自分で愚かだとか意識している、罪を意識している人は愚かでもないしまた優れた人でしょう、病気だったら精神病でも病識をもつと直りやすいとありますから自分が病気だと意識したとき回復する方向に向かっている。認知症の場合は最初自分が忘れたんじゃないかと言っていた、忘れることを意識していた、症状が悪化したら忘れたことを意識できなくなった、病識もない、自分が馬鹿に痴呆になったのにそう思わない、人間がこんなになってしまうことは信じられない、満足できる老いとかは認知症の人を見たら認知症にならないことです、痴呆にならなければ一応真人間として接してあの世に送ることができますが認知症になったら人間でなくなったのかということになりますから悲劇です

人間はいくら賢いと優れているとうぬぼれていても最後は認知症になったりするのだから人間の賢さなどあてになりません、神から見たら人間の賢さなどとるにたらない、人間が誇るべきものではない、人間はそして最後は老いは無惨です、結局は塵に帰るだけの存在です、これは延命治療とかいろいろしても無力です、人間は人間の力ではどうにもならない、最後は主・キリストを通じて神が支配しない限りどうにもなりません

・自然界だけは人間の利己欲に破壊されなが
・も、忍耐強く姿や役割を変えません。与える
・事にに徹し、死しても生き返る雄大な無限な
・命の展開を見せてくれています。自然界に
・学ぶべき事は、たくさんありますね。

忍耐強く姿や役割を変えません・・・・・・忍耐強くというとき石とか樹になるのですがこれも詩に書きましたが最近発見したことなのです、なかなか自然を理解するのはむずかしい、自然は長い時間をかけないと理解できない、老人になれば確かに自然をいくらか理解するようになる、それだけ奥深いのが自然だからです

看護婦(師)さんに病院で世話になりました、大変な仕事です、でも看護婦(師)さんの仕事はやはり女性が良かった。若々しい女性の声がきびきびして働く女性の声が元気を与えてくれた。
これは男性から見てそう思ったが女性からだとまた別になるのか?看護婦さんはやはり女性の天職なのでしょう。病院だと極自然に互いに患者同士がいたわり慰め合うことができた。そういうことも普通の社会生活ではない、競争社会ですから、
ともかくいろいろ経験しました、病院は看護婦(師)の役割が大きいです、ご努力ください。


コメント欄に書いたけど反映されなかった、実験したのでは新しい記事に反映していた
つづけて書いたのには反映されなかった、原因はわからない
だから改めてここに書いたのでご了承ください

プログ主(小林)

インタ-ネットの匿名と実名の問題


インタ-ネットの匿名と実名の問題

インタ-ネットでは匿名が主流だから問題になった。今はかなり現実の社会が反映されて実名の人が多い。ただインタ-ネットでは同姓同名の人がかなりかならずいる。これは同一人物なのだろうかという問題も出てくる。匿名と実名の差は匿名だったら架空の人間と話しているのかとなる。対話してもその人間が実在しているのかとなる。例えば人と人の対話は生涯つづく場合もあるし死後までつづく場合がある。その人が匿名で架空だとするとその場その場の電子空間で消えてしまうものとなる。対話するにしても真剣味はなくなる。話す方にしても真面目に話する気にはなれない、実在しているかどうかわからないものに真剣さはないだろう。
では匿名がすべて否定されるものかといえばそうでもない、若いときはどうしても浅薄だから馬鹿な発言も多いからそれをいちいちとがめることもできない、議論の訓練として最初、パソコン通信は機能していたのである。だから匿名でも良かった。それがだんだんインタ-ネットが社会化してきたときやはり実名化がまたとりざたされた。匿名だと発言しやすいということで反応も見やすい、実名になればコメントも慎重になるからなるべくしないということにもなる。自分はこれまで一方的に書いてきた。でも誰かが読んでいることはアクセス解析でわかる。なぜ「古池や蛙飛び込む水の音-意味」この記事がいつも読まれてていることの不思議である。これだけは常時読まれているのだ。なぜこれだけがこんなに読まれているのか不思議である。どこか有力なサイトにリンクされているのか?不明である。ともかく記事が膨大だから何かは読まれている。
でもコメントはほとんどないから誰が読んでどう感じたかわからない、でも読まれていることは確かなのである。本を読んでもいちいち作者にコメントとか感想を書いて送ったりしないからそれと同じである。ただ読まれていることは確かなのである。

人間が本を読むにしても他者の意見に耳を傾けるにしてもメデアが何であれ対話が基調としてある。本であれある有力な人との対話は延々とその人の死後までつづいている。その対話に終わりがないのである。軽いものはその場で対話も終わるが重い問題となると延々と対話がつづく、残した文にそれだけの重みと深みがあるからそうなるのだ。芸術作品でも芭蕉の句でも延々と語られつづけているのはそのためである。誰とも直接対話しないにしろ人間は本質的に全く孤独から始める人はいない、必ず先人と先人の残したものと対話して文章を書いているのである。書くことはそもそも直接対話しないにしろそうした人類的な知的共同作業なのである。

ただ一人でも偉大なる師をもちその人との対話を基本にすることは自分を明確化しやすいのである。膨大な先人の偉人の残した本を師とするとき目がくらんでその人たちが本当に生きた人間なのか、ただ本の中にだけ存在するものなのかと具体性がなくなってしまうのである。
本だけではなく誰か生きた人間を生き生きとイメ-ジできると本に埋没することはないのである。キリストでも本当に実在したのか?そういつうことも生きた人間を通じて語り伝えられたのであり
聖書だけを本だけを読んでも実感しないのである。現実に今生きている人間から過去の人間を知る。そういうことを人間はくりかえしてきたのである。

インタ-ネットではそうした重みのある深みのある長い対話をするには向いていないのかもしれない、でも今や浅薄なものばかりかというとそうでもない、出版されない、本にならなくても重い内容のものも出ているのだ。これは本に出るような人だと思ったがやはり特異なところがあり出版されないのだろう。異端的なものは出版されないからである。だからインタ-ネットがすべて浅薄なものとは言えない時代になっているのだ。 でもそういうものを読むだけで必ず思想的に左右される。自然とそういう異端的思想でも左右される。だから時の支配者にとっては自由な言論の空間は常に危険視されたのである。出版界とかマスコミは権力で支配されるがインタ-ネットはされないから危険視されるのである。でもそうした自由な空間がないと新しい創造はありえない、だからいくらでも自由に発言できたり作品を発表できるインタ-ネットは今までにないものでありどう解釈していいかまだ不可解なものとなっているのだ。
posted by 老鶯 at 23:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月02日

聖なる調和する樹々


聖なる調和する樹々

枯木の枝と枝の影さしぬ

冬菜の畑に長く伸びにし樹の影

静謐な陽は移りもの音もなし

ここの樹々の列の心にしみぬ

日々ここを行きて何事もなし

しかし我深く思いぬ

樹は樹を傷つけることなし

人はいかに傷つけあうことか

樹は決して他を傷つけない

それが奇跡的である

樹は聖者なのかもしれない

樹は何を語ろうとしているのか?

樹に寄りて耳を傾けよ

その素直なる直ぐなる静粛なるもの

欲少なき簡素な質素なるもの

その下に憩え癒されよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も陽はやさしく静かに照っている

樹はそのやさしい光に欲している

神の愛のようなその冬の日の光

そして山脈に満足に陽は沈んでゆく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

樹は決して他を傷つけない

枯木の枝と枝の影さしぬ

そこにいかに深い平和のありしや

調和の日々はここにある

自然の限りなき静粛の平和を知れ

そを知らずして真の平和なし

その身近にそが探せし平和はあるべし

平和は叫ぶにあらじ沈黙の中にあり

欲少なき質素なる生活にあり

その歩む足音のひそけさよ

今日もゆくさし交わす枝の影の下を・・・


posted by 老鶯 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩全般

2010年03月03日

残る雪(高平の墓地二つ)


雉子歩む羽鮮やかに残る雪


墓代々孟宗竹や残る雪

探梅やまた知られざる墓地二つ

紅梅や原町に今日も買物に

山陰の隠れし所墓地ありぬ雪の残りて夕暮れにけり
 
 

昨日は寒かった。今日はそれほどでもない、今年は寒さがつづく、だからこの辺でも雪は少ないのだけど残る雪が見られる。原町駅から高平にゆく、鉄道沿いにまた墓地があった。こんなところにあったのかとも思った。そこに古い五輪塔があったが名前は記されていない、これも相当古いのかもしれない、江戸時代の墓もあったから昔からあった墓だった。それからすぐ近くの丘に上ったら孟宗竹が生え隠れるように墓地がまたあった。そこには雪が残り梅林があった。
つくづく墓地をいろいろ見てきたけどいかに墓地が多いか?知られない墓地が多いか?人間の行き着くところ墓なのである。生きている人は誰もそう思わないが今日も葬式があり必ず誰かが死んでいる。要するに最後は墓に納まる。そして誰かが今自分が郷土史を調べるため墓を調べているが同じ様に調べている人が墓を見ているのだ。実際墓に入る日もそんなに遠くないのである。最近身内を墓に納めたから余計にそういうことを実感するのだ。

 
あの辺に竹下という地名があったが竹下というのはどこにでもある。やはりそこには竹が生えていたのだ。川の側であり竹が生えやすい、そこから竹下という姓も生まれる。駅の近くに原町区のあの辺の墓地が江戸時代のものであり古い、あの五輪塔は誰のものなのか気にかかる。原町史を調べないとわからない、これも結構めんどうである。本もないし図書館で調べるのも今や手間なのだ。やはりこういう基礎資料は手元に置かないと調べにくいのだ。郷土史研究は資料を読むことが基礎としてある。高平村の歴史がどうなっているのか探るのは資料をどれだけ解読できるかにある。ただ新し始めるとなると手間がかかるのだ。郷土史など狭い地域と思っていても結構知らないことが多い、一番身近なのは墓地を調べるのが何か具体的でいいのである。だからまたあそこの墓地に行ってみよう。
 

2010年03月04日

夏の旅短歌十首(奥会津)

okuaizuuu111.jpg
 


     夏の旅短歌十首(奥会津)

 
木陰なす樹影の深く奥会津杉の林に隠さる村かな

奥会津古沼にあわれ菖蒲咲き訪ねる人の心にしみなむ

奥会津倒れし墓や鬼百合の咲きて暑き陽山間に没る

十数輪鬼百合咲きていづこかな会津の村々巡り来たりぬ

断崖に激流ひびく奥会津鬼百合咲きて旅路ゆくかな

夏の日に尾瀬より流る水清し揚羽とまりて旅路つづきぬ

夏の日に聳え鋭し蒲生岳つばめの飛びて我が仰ぎさる

夏の日に会津の峰々競いつつ聳えけるかな清水手に飲む

はるけくも会津の境我が越えて越後に入りぬ夏の夕暮

小出にて只見を思う遠きかな夏の夕べの魚野川の岸


会津は尾瀬があり二三回自転車で旅しているけどどこをどういったのかもわからなくなった。山が多く坂が多いからふりかえるとその道のりがわからない、でも自転車とかで行った旅は体で記憶していることがある。それであとでどこだかわからないにしろふりかえり創作する。小出については書いたが小出からは必ず只見を思う、只見からさらに会津若松や喜多方は遠くなるのだ。実際その距離は遠いのである。ともかく本当に旅することは今は相当に演出しないとできない、無理やり不便な旅をしないと便利すぎるから旅にならないのだ。だからかえって時間もかかるし金もかかったりするのだ。何より自由な時間ないとできない、つくづく今旅ができなくなっていかに自由な旅をすることがぜいたくなことかわかった。普通の人は自由な旅はできない、わずかな暇をみて休養するだけだからだ。会社を一週間など休むことできないからだ。それだけ自由な旅をすることはぜいたくなことだったのである。でもこうした自由な旅をしないかぎり会津も広いから会津の地理もわからない、もし地理をわかろうとしたらこうした不便な旅をする、坂を越え坂を越えて旅するとある程度わかる。でも旅が終わって回想してみるとどこをどういったのかわからなくなっているのだ。車などだと余計にわからなくなる。それだけ旅したことを記憶することはむずかしいのである。
 

玉本様へのコメント(タンポポ(マウンテンバイクの記事から)

玉本様の(タンポポ(マウンテンバイク)の記事のコメント 


私も自転車が大好きです。
真正面から受ける風の気持ち良さは、何とも言えません。寒い冬でも、体がポカポカと温かくなりますので、自転車は心身共に健康的な乗り物です。今迄、ママチャリだったのですが、兄の形見でもある、前傾姿勢をとるスポーツタイプの格好いい、兄の体に合わせた大きな自転車が大のお気に入りで、大切に大切に愛用しております。乗りこなせるまでは、5回も転倒し2回怪我をして出血しました。そういえば、兄はバイクが大好きだったのですが、マウンテンバイクを乗りに行った事を楽しそうに話していました。私はバイクは嫌いなのですが、兄は車やバイクが大好きな人で、メカにも詳しい人でした。楽しそうに得意な話をしていた時の、兄のキラキラ輝いていた顔や話し方を今でも鮮明に思いだします。一生、大切な宝物です…。


プログ主(小林)のコメント


お兄さんは自転車好きでしたか、お兄さんには特別な思いがあるようですね、よそ様の家族についてはわかりにくいです、私が死別したのは姉ですが事情が複雑であり外から理解できないです。玉本様もそれなりのお年のようですがお兄さんがやはり精神の病で死んだことはショックだったことわかります。私の姉も優秀な女性だったから未だにあんなふうに痴呆になって死んでいったことが信じられません。死別の悲しみはなかなか癒されませんね、今は思い出を語るだけです。思い出を語っているとき死んだ人も活きてくる、お兄さんがどういう人かわかりませんが兄弟でもいろいろでありあるやはり人間はある人に特別な思いを抱くことはわかります、特にそういう人と死別すると悲しさもなかなか消えない、年をとると思い出だけが人生だとなってしまいます。それで自転車で旅したことを思い出してプログに書いています。

死んだ人にもう一度会いたいというのは本当に痛切なことです。いくら頼まれても相談されてもそれはできないことです。死別した人が集まって悲しみを語っているような掲示板あります、やはり若くて死別した人はなかなか忘れられないみたいです。一応天寿を全うした老人ならそれなりにあきらめがつくでしょうが若いとき愛する人と別れたらなかなか忘れられない、癒されないことわかります。

お兄さんについての特別な思いは伝わってきます、お兄さんが残した自転車に乗っているとお兄さんを思い出す、お兄さんもあの世から妹さんのことを見ているのかもしれません、
「あいつ、オレの自転車に乗っている、あの自転車にずいぶん乗ったな・・・」残された自転車を通じて死者との会話もあります、そんなにお兄さん思いの妹がいたことはお兄さんも幸せではないですか?兄弟でも姉妹でもその情はみんな一様ではないようですし外からみてそういうことわかりにくいですから・・・


 

タンポポ(マウンテンバイク)
http://musubu.sblo.jp/article/28785624.html

この記事のコメントでしたがこれも反映されなかった、まずメ-ルでコメントは送られてくるから即座に反映されるからわかりやすい、プログにも即座に反映されるのでわかりやすい、でもさくらのプログはコメントがつづけて反映されないことがある、これは困ったことである。
反映されないものはまた新しく記事を作り直してアップするほかない、新しい記事の方を見てまたコメントしてみてください。

2010年03月05日

春の日八木沢峠を越えて飯館村へ

jisahoso123.jpg
iidatetantatenew11.jpg
tankkanew44.jpg
yagitanji11.jpg

 
 
春の暮別れる道の三つかな
 

three parting ways
in the evening of spring
in the distance


春日さし細枝の影交わりぬ橲原村の午後の静けき


橲原に春の日さして細枝の影交わりて墓の眠りぬ

午後静か春の木漏れ日苔にさし木の根露に流れひびきぬ

八木沢の峠に望む海なりき冬の名残りの雲棚引きぬ

二筋の滝のひびけり八木沢の峠を越えぬ春の日さして

春の鳥夕べ静けくなきにけり家のともしき飯館村かな

飯館の深谷淋しも一二軒ゆく人まれに春の日翳る

飯館の森に鳴きける春の鳥その声のみそひびき暮れにき

残雪の安達太良見えてなおはるか会津の方に春日沈みぬ

飯館に二本の木静かなり春の日影の移ろい暮れぬ

飯館の森に鳴きける春の鳥その余韻の深く静まり暮れぬ

飯館の深谷に入り春の鳥鳴くや静けく我が聞き入りぬ

飯館の森の広しも春の鳥また一羽鳴きひびき暮れにき

飯館の森の静けく春の鳥遠くにひびき友を呼ぶかも

飯館に心鎮めよ春の鳥森の深きに鳴きて暮れにき

飯館の池の氷も溶けにけり一本の松夕暮るるかも
電動自転車で午後から飯館に出かけて7時ころ帰って来た。八木沢峠を上ることができた。ここがやはり飯館には一番近道なのだ。この坂は長いから予備の電池をもっていってもやっとまにあうくらいだった。やはり坂だと電池をくう。でもこれだけの坂もスイスイ上れるのだから気持ちいい、眼下に太平洋が見えたが以前として冬の名残りの鈍い雲がなびいていた。阿武隈からここに出たとき海を望めるから海に出るという気分になるだろう。浜通りの人はここから見ると以前として冬の名残りの雲がたなびき山は閉ざされた感じになる。海はやはり解放する感じになるのだ。

飯館はいつ来ても何かしんみりとしてしずまりかえっている。街すらないのだから森が覆って家が点々と離れて置かれている。春の鳥の声だけが澄んでひびいてくる。あとは何も聞こえない、森閑として静まりかえっている。飯館だけは他の村とは違い特別に静寂につつまれている。
何も変わったものがないのだけと常に特別な静寂を感じてしまう。今どきこうした静寂境の村は貴重な存在だろう。電動自転車だと半日で来れるようになったから気楽である。深谷というところも何かその地名にあった場所だった。ほとんど通る人もいない、車も通らない、まさに谷はないが深い谷の感じである。その道をゆくと道は三つに別れていた。月館と霊山の方にゆく道である。春だからなんだか遠くに誘われてゆく・・・でも今はなかなか行けないのだ。とにかく電動自転車は役に立つものだった。気楽に飯館まで来れることは行動範囲が広まる。なんと言っても坂をスイスイ上れることが行動範囲を広めるのである。近くでも坂が多いからなかなか行けないところがかなりあったからだ。

 

短歌とか俳句はやっぱり縦書きがいい、縦書きだと頭に記憶されやすい、横書きは記憶しにくい、やはり日本人の文化は縦書きだから頭もそうなっているのだ。だから今度縦書きにして出してみる。
                                                                                      
 

posted by 老鶯 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 飯館村

2010年03月06日

神話の村 (飯館村の早春)

woodmusics111.jpg
shinwaiida1.jpg


 

神話の村 (飯館村の早春)

森に覆われ家のともしも

その静まる森の上に

その澄むみ空の中に

神の鳴らす弦の置かれみる

そこにただ妙なる楽を奏でる

オルフェスのそこに住むかな

美しき音色に鳴きつつ暮れぬ春の鳥

その声の余韻深まる森の静寂

新たな神話の村にこそあれ

人よここを乱すなかれ

その微笑みを池に写して

春の陽は輝き山間に没る

飯館村の紋章(3)
http://musubu.sblo.jp/article/36057011.html


posted by 老鶯 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 飯館村

飯館村の紋章(3)

woodscircle1122.jpg
 
woodscircle11.jpg
 
 
posted by 老鶯 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 飯館村

玉本様へコメント(認知症の暴力の原因)


認知症の暴力の原因(プライドを失わない)
http://musubu.sblo.jp/article/6623991.html

 
>認知症の高齢者は、皆さんプライドをお持ちです。それをポキ〜ンと折り曲げようとする言動は、
>余計に神経を逆なでてしまい、二次的・三次的被害が発生します
 
認知症の人に接して一番不思議だったのは自分が銀行からも金をおろせないとか記憶もできないとかいろいろ障害、できないことが多くなっているのに人に頼らざるをえなくなっているのにプライドは変わらずあるということ、これが認知症の一番の特徴だと思った。子供のときから知的障害の人にはプライドがない、認知症にはこれまで生きてきたことへのプライドは変わらない、痴呆になっても変わらないのです、だから今までと同じ様に接してもらいたい、尊敬されていた人はやはり演技でも尊敬されることを望む、これはみんななかなかできないことです、家族ですといろいろ家族に尽くしてくれた人だからとがまんして相手を馬鹿になってもたてることができるけど他人はそんなこと関係ないからたてることはむずかしい、単なる馬鹿になった人として扱いやすいでしょう、だからその人がどのうよに生きてきたか、家族がどういう家族なのとかは認知症になってからの介護に深く関係してきますね、介護する家族に恵まれていたら症状も緩和するでしょう。そうでないと認知症はかなり悪化してしまうみたいです。でも理想的に介護できる家族はまれでしょう。自分も代わりに介護する人がいない、一人だけだったから困りました。誰か代わりになる人がいれば楽でした。介護は一人だけだと重荷になり事件が起きたりしています、認知症は特にそうですね、認知症の介護は本当にむずかしいです
とにかく認知症の人にはこれまでしてきたことを思い出させてほめれば喜び症状が改善する。
でもなかなか馬鹿になった人をほめることはできない、家族だったら嫌でもいろいろしてくれた人だからやれるけど他の人はなかなかできない、それより馬鹿になったと今まで親しかった人も離れてゆくのが普通でしょう。特別世話になった人が演技してほめたりしていたけどその他はよりつかないし回りは偏見、差別ですから認知症についてはまだ回りでも理解がないです、病気がわかりにくいですから
 

反映されない自分のコメントについて 
 
マウテンバイクについての返答はつづいてできたが「認知症の暴力の原因(プライドを失わない)」は反映されない、即座にメ-ルで連絡がくるからコメントされればわかるのだ、自分のコメントもメ-ルで即座にくる、でも記事が多いし前の記事はかなりコメントがつづけて反映されない、最初のコメントは反映されても自分のコメントはつづけては反映されない、それでまた別の新しい記事としてアップするほかない、プログでもコメントとはほとんどないので気にしていなかったがコメントで応答するのにはさくらのプログではめんどうになる。できないことはないがつづけてコメントは反映されない、まだ一人ならなんとか応答できるがその他はむずかしくなるかもしれない、掲示板の問題は人が多いと互いに何を言いいたいのかとか混乱してわからなくなる。もし一人の発言を深く考察すればわかりやすい場合があるのだ。それとインタ-ネットは掲示板でも何でも自分なりに編集しないと見えないものがかなりあるのだ。いろいろな情報を編集すると活きてくるのだ。編集がないからインタ-ネットは情報のカオス、混乱になってしまいもったいないのである。
posted by 老鶯 at 20:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 福祉医療-老人問題