2009年11月01日

相馬藩玉野村の境界争いはなぜ起こった?



●米沢藩が玉野村にかかわった由来

相馬市の玉野村は米沢藩と伊達藩と相馬藩の三つ巴の境界争いで有名である。
ここに相馬と伊達の境の桜がある。

伊達と相馬の境の桜 花は相馬に実は伊達に  相馬二編返し


天文の大乱の際、伊達稙宗の娘婿、相馬顕胤は稙宗の側につき、度々晴宗と合戦に及びました。それ以降は伊達氏と争うことが多くなり、天正十八年(1590)までの五十年間に三十数回もの合戦がありました。桜は、伊達と相馬の境界を定めた桜として植えられたもので、もともとは相馬街道(川俣町と飯館村)の境界、水境神社にあったものです。

川俣の方にあったとすると川俣の方で争いが激しかったのか、玉野村も米沢藩時代から境界争いの地だった。なぜ、米沢藩なのか、玉野村は最初横田大学という人が会津西部大沼郡金山谷の横田城から上杉氏に仕官した、それで上杉氏の城であった梁川城に配属された。そこに大学舘、大学曲輪(くるわ)と称されたとありそれだけ重きを成した人であった。相馬の城でも岡田館とかすぐそばにあるのと同じである。この時まだ伊達家の領地とはなっていなかった。その後伊達家が進出して領地化して玉野村にかかわることになった。最初にかかわったのは上杉氏であった。玉野村にはその後も伊達藩からも相馬藩からも入植がありともに住んだのである。上杉氏系統が一番古いのである。
tamanozu1.jpg

 
  1. 伊達義広 粟野大館(梁川城?)
  2. 伊達政依 梁川城?
  3. 伊達宗綱 梁川城?
  4. 伊達基宗 梁川城?
  5. 伊達行宗 梁川城?→霊山城伊佐城→梁川城?
  6. 伊達宗遠 梁川城?
  7. 伊達政宗 高畠城→赤館
  8. 伊達氏宗 赤館
  9. 伊達持宗 大仏城(後の福島城)→梁川城
  10. 伊達成宗 梁川城
  11. 伊達尚宗 梁川城
  12. 伊達稙宗 梁川城→桑折西山城丸森城(隠居)
  13. 伊達晴宗 西山城→米沢城→杉目城(隠居)
  14. 伊達輝宗 米沢城→舘山城(隠居)
  15. 伊達政宗 米沢城→黒川城(後の会津若松城)→米沢城→岩出山城→仙台城→若林城(隠居)

伊達政宗の前は梁川城を伊達氏は根拠としていた。

続きを読む
posted by 老鶯 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史(相馬郷土史など)

残る虫(2)


残る虫化石のごとく地名かな


今日も聞く小さきものや虫の声

晩菊や老人歩む孫を連れ


南相馬市の鹿島区の烏崎に「船着」「市庭」とあるのは一体いつの時代なのか、そこが海だった頃の地名であることは間違いない、しかし船が入ってきたとしてどういう船なのか?何かその船が具体的に浮かんでこない、鳥打沢が海に面していて鉄を生産されたところだがそこに大船という地名が残っているのも船が出入りしたからなのか、平安時代までは烏崎は入江だったのか?地名は化石のように古いのである。

2009年11月03日

石二つ(詩)


石二つ

 
 

雨の日も

風の日も

信頼を分かち合い

ただそこにある

そうしてともにあること

ただあること

それだけのことができない

疑念は常に起こり

信頼を失う時

二つの石は

ただともにあることができない

夫婦でも親子でも

信頼は失われる

雨の日も

風の日も

信頼しあいある石

今日は秋日和

日が石にさして憩う

人と人は信頼が大事

何事のなけれど

無言に信頼を分かち合う石

そこに安心がある

 
posted by 老鶯 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩全般

冬に入る(石と茶道)


石と石向き合いつつ冬に入る


winter comes
stone to stone
face to face


一服の茶をたて別る冬に入る

城内に井戸と茶室や冬に入る


手水鉢水透き通り冬に入る


 
 
自分の家の庭は石二つの庭である。石を見つめることは禅宗に通じていた。石は哲学的宗教的なのである。また庭の石は人間化された石になる。犬猫も人間に飼われると人間化した人間になっんた犬猫になり介護までして墓まで作られるようになる。野にある石とは違っている。自然も人間化しないかぎり意味を持たない、火星にある岩石はまだ人間化していないから人間的な意味をもたないのだ。「人間が考える葦」であるというとき人間が宇宙に対して弱いものでも宇宙に対して意味と価値を与えるものが人間だからである。石は単なるモノではない、人間的に意味づけられた石である。石はその時確かに一人の人間になっている。石と石が向き合う・・人間と人間が向き合うとなる。花の多様性は常にわかりやすいから意識化されるが石の多様性は意識化しにくいのだ。日本の文化に庭がある。ここの中心になるのが石である。石を人間化して石そのものの意味を与えた。石は外国ではやはり石の聖堂のように巨大な建築としての効用であり小さな石には意味を認めていないだろう。
 

茶というのが日本文化である。もてなしの文化である。茶室では上も下もなく平等だというとき将軍でも秀吉でも茶をたててもてなすというとき茶室での平等性が確保される。最近リホ-ム業者とかもてなしをしてきたのでもてなしに興味をもったのである。もてなすことも一つの仕事なのである。女性は絶えずもてなしをしてきたから女性的な仕事だともなる。武将がそうしたもてなしの文化を作ってきたことも不思議である。やはり戦場で人を絶えず殺し合うような世界で平和の空間を求めたのかもしれない、殺伐とした世界に一つの安らぎの空間を求めて茶道がはじまったのかもしれない、茶をたて茶をのみその時互いに安らぎの一時を持つことである。それはなんでもないことだがそのなんでもない平凡なことに意味を求めたのである。城の中には井戸と
茶室があった。その井戸から清水をくみだして茶をわかす、人をもてなす、そういう日が城の中にあった。江戸時代はそういう静かな日々があった。今は人間関係でもビジネスライクとか人と人が交わる濃密な充実した時間と空間がないのである。今では茶が別にコ-ヒ-でもいい、問題は茶というものではない、むしろ茶でもコ-ヒ-でも人間の潤滑油としてあり茶を通じて心が安らぐ、それなら水でも湯でも良いともなるかもしれない、別にもてなしに金をかける必要はないのである。

 
冬に入るにはまだ早いが今日は特別寒いからそうなった。石の特徴は信頼を示していることである。石はやはり冬にふさわしいのだ。
 

 石二つ(詩)
http://musubu.sblo.jp/article/33383314.html

2009年11月04日

晩菊(続)


石黙し塵なき庭や冬の月


the silenced stone
no dust in my garden
winter moon


晩菊や近くにあれかし医院かな

晩菊やシルバ-に金を払うかな

秋薔薇に午後の日あたり二輪かな

また来るいつもの池や群れる鴨

ヒヨドリの猛々しく鳴き北風の街に唸るや電線も鳴る
 
 
テレビでやっていたけど会津の天守閣から満月が見えていた。今日はここでは見えていない、雲に隠れている。昨日はきれいな満月だった。十三夜の月は満月ではなかった。会津の天守閣から月をながめたどんな気分になるのだろう。
 
この町の問題は歯医者が五軒あっても内科医が二軒しかないことである。これでは選べないからこまる。車がないと行けないから困る。老人が住みよい場所は医者の問題が大きいのである。医者に恵まれていなければいろいろ困る。だから医者とは何であれ仲良くしろというのもわかる。そうはいっても医者は傲慢な人が多いような気がする。あんなに持ち上げられる職業は他にないからだ。歯医者のようにもっとふえればお客さんになるからもっと増えればいい。
 

シルバ-センタ-に金を払ってきたがここも国から二割くらい援助されているとか60代では職安に行っても仕事がないからシルバ-に登録する人が増えたとか仕事がないとかで騒いでいる。
確かに仕事がここもないのだ。仕事したくても仕事がない、金が欲しくても金にならないとかどこも困っている。 老後はそんな心配したくないが高齢化社会の問題は先が長くても安心できない、年金も少ないし本当にもらえるのかとかなると安心できないから騒いでいるのだ。景気が良くなれば解決するがもうそんなに景気が良くなるようには見えないから安心もないのである。

 
今日もいつもの池により隣の市から帰ってきた。老人になるとゲ-トボ-ルとかいつもでなじみの人と出会うだけである。そういう暮らしになる。それが落ち着いていいともなるがやはり新しい刺激は常に必要だともなる。今は意外とインタ-ネットでも意外な人と出会いるかもしれない、こんな人といたのかとプログでしる、全国になるとやはり異才を放つ人はいる。思想的異端は出版の世界からは出ない、文学賞なんかも全く出版社によって売り出され人しかでない、インタ-ネットからはそういうのとは関係なく作品でも発表できるから変わった人でも出れるからいいのである。
 
no dust というとき英語では全く塵がない感覚になる。これはやはり砂漠のような光景がイメ-ジされる。砂漠なら全く何かがあるかないかでありあるようなないようなという感覚にはならない、あいまいな表現にはならないのだ。ノ-かイエスしかないのだ。そういう厳しい感覚が砂漠の光景なのである。最初にノ-かイエスからはじまる。コンピュタ-でも二進論である。コンピュタ-の原理も自分には理解できない、ただ原理がイエスかノ-からはじまっているのだ。仏教では空となっているのはあるでもないないでもないということとは違っている。

2009年11月05日

山茶花


石にそえ山茶花咲きぬ昨日今日


紅の山茶花咲きぬ庭の奥我のみ見つつ人知らじかな

 
狭い庭の奥の方に紅の山茶花が咲いていた。これは見えにくいところに咲いていた。自分でも見えにくかった。木を剪定して短くしてしまったからだ。花が咲くとも見えなかった。もう一つの山茶花はどこにでも咲いている白い山茶花である。ちょっと花びらに赤味がさしている花でこれはどこにでもみかける。山茶花と石はあっている。冬に咲く花というと山茶花であり。侘、寂の花だからである。
今日は秋夕焼けが美しかった。あと百舌を見た。百舌も秋の季語だった。でも俳句はできなかった。百舌はなかなか見れない、冬の使者のジュウビタキも見た。季節は秋から冬へ移っている。

2009年11月06日

プログのコメント欄の問題


あるプログに長いコメントだったけど書いたがコメント欄に出なかった。前は二三回出たが出なかった。自分のプログの場合、一応即座にコメントしたものはコメント欄にでるようになっている。だからコメントが到達したことがわかる。そこのプログはまずコメントが到達したかどうかわからない、普通掲示板だと自分の書いたものが掲示板で即座に見れる、時々拒否されることがあるがそれもわかる、それは掲示板を主催する側でそうしていることがわかる。
プログではそういうことが不明確である。自分がせっかくコメントしたものが反映されないとがっかりする。それも到達したかどうかもわからない、一応コメントを読みましたが採用はとりやめましたとか反応があればいいがない場合どうしたのか確かめることもできない、つまりコメント欄はともかく到達したということを示すようにしていないとコメントする方も困ったことになる。

自分のコメントが確かに到達したのだと確認できないと機械の関係で到達しなかったのかとかそれとも主催者がコメントに問題があり事前に拒否したのかそういう点が不明になる。
メ-ルでも本当にメ-ルが到達したのかどうか問題になる。スパムのためにメ-ルは大事なものでも読みのがしていることがあった。メ-ルはスパムで使用できないことにさえなる。
フログのコメント欄だと一応必ず即座に反映されるようになっている。そのあとに主催者の意向で消すのは自由である。でも自動的にコメントが反映されていないとコメントが一体その人に到達したのかどうかもわからない、一旦ともかく自動的にコメントが反映される仕組みになっていればそういうことはないのだ。そうしないとコメントをそもそも受け付けないのかとも思われてしまう。

 

要するにプログでは普通の掲示板とは違う、発現の平等性は維持されていない、取捨選択は主催者に決められているからだ。だからそのプログの趣旨に反するものは拒否されるし反映されない、もし批判するとしたら自分のプログで批判するしかない、ただプログも公共性があり
何かしら社会に影響するとなるとコメントされたとき一応到達したかどうか即座に確認されるようにしておくべきである。あとでコメントを削除するなりできるからだ。それがいやでコメントを自動的に反映されず取捨選択するのもやむをえないのだがそれだとコメントしたことが確認できない、一旦一応コメントしたことが確認できればあとは主催者の意向で削除なり反映しないことはしかたないことである。

 

私のプログもずいぶん長く書いてきたがコメントはほとんどないから反応はわからない、結局
認知症の介護に追われてじっくり他者に反応できなかった。他者と会話することは疲れる、相当なエネルギ-が必要になる。ただ一方的に書いていれば楽なのである。ただそうなると一体自分の書いていることが何か意味があるんだろうかという疑問もでてくる。せいぜいキ-ワ-ドで反応を見ているだけになるからだ。

 
コメント→即座にコメント欄に出る→あとで削除、拒否 →一応到達した
コメント→即座にコメント欄に出ない→そのままコメント欄に出ない→到達したかどうかわからない
posted by 老鶯 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

冬の日(庭の石)

sidestonesss12.jpg


冬日さし所を得たる石二三


a suitable stone
at a ceartain place

in sunny days in winter

冬に入る石の寂けさ人は見ず

冬の日や日がな見つめる石いろいろ

主石に添え石二つ冬の日々

The main stone by two sidestones
day by day in winter


紅の山茶花静か奥の庭紅葉の木に添え隠れ咲くかな

momijisazanka123.jpg

石をわかるには年数が必要である。石は外面的形より内面的要素が多い、だから石は瞑想的であり哲学的だとなる。石の心は若いときはしりえない、石はやはり老人向きである。ただ「岩石は燃えている」というエッセイを上野 霄里 氏が書いたとき岩も躍動的なものとなる。つまり石でも岩でもその人の性格、心によってとらえ方が違ってくるのだ。静的な性格の人は石を静的なものとして極めてゆく、自分はそうである。今になるとある場所に落ち着き何かを回想したりじっと見つめるのが向いている。自分はもともとそういう性格だった。だから老人になればよりそうした性格が出てきやすかったのだ。俳句が写生だというときありのままをなるべく表現する。
庭作りでは主石がありその脇に添え石、控え石をおく、メインスト-ンとサイドスト-ンになる。構造的に基本は決まっている。 添え石は女性でありメインの石は男性ともなる。メイン石の男性に女性はつつましく控えている構図になる。石組みでも必ず人間的なものを連想するのである。
冬の日は石にふさわしい、今日はあたたいにしても日ざしは太陽は冬に入っている。冬の日なのである。いづれにしろ自分にはこの4年間石のような静かな日々がなかった。荒れ狂った日々だった。その余韻はまだある。認知症とか精神疾患の家族をもったら大変である。まともな生活は失われる。極当たり前に進行する生活が失われる。この状態は当たり前の状態である。そういう日が長くつづいたけど4年間は全く乱れの日々だった。その乱れは家族だけではない、外部からも乱れが闖入してきたし平穏な精神はかき乱された。普通の人と思っていてもその人が何か良からぬ念をいだいていたり良からぬことをしているとその念にまきこまれる。親戚にそういう人がいたからショックだった。今でもその人は悪いことをするのではないが何か良い念で動いていないのだ。だからそういう人とつきあっていると必ず影響を受ける。例えば他人の悪口とか愚痴ばかり言う人といるとこれも必ず自分とは関係ないと思っていてもその悪い念を知らず受けているのだ。その念にまきこまれるのだ。別にそれは犯罪になっていないし何でもないようでもやはりその影響は大きいものとなるのだ。必ずその時平穏な心は乱されてしまうのである。
nennnnenn1.jpg

 

 石と山茶花(詩)
http://musubu.sblo.jp/article/33465245.html

石と山茶花(詩)


石と山茶花


 

沈着静謐にして

石は今日もここにあり

ここにありて動かじ

静かなる営み

禍のなかれ

冬の日に安らふ

見えざる庭の奥

山茶花がひっそりと

人知れず咲いている

片隅に謙虚なる石

長年連れ添う

信頼の石

悪しき念は石よりい出じ

また受け取ることもなし

そこに安らぎがある

 
posted by 老鶯 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩全般

2009年11月07日

秋の林(鳥の声)


晩菊の色採りどりに夕日かな


八沢浦家の少なく残る虫

墓所静か木立に隠れ木の葉散る

故郷に老いてともにし過ごす人誰なるべしや秋深まりぬ

まれにして秋の林に鳥の合い鳴きかわしつつ飛び去りにけり


寂しさに堪へたる人のまたもあれな庵ならべむ冬の山里   西行

故郷に老いてともにし過ごす人誰なるべしや秋深まりぬ

本歌とりではないがこの二つを相通じるものがあった。 「庵ならべむ冬の山里 」とは老いてともに過ごす人だった。60すぎると今までとは違ってともに老いゆく友が必要になることがわかった。もちろん、夫婦であればそのまま老いをともにする、でもこれからの老いは子供と一緒に過ごすとは限らないしむしろ離れて住む人が多くなる。孤立している老人も増えてくる。


 
つづきはここで
 
 老いをともに過ごす人は誰?

http://musubu.sblo.jp/article/33486492.html
 



鳥が林のなかであい鳴くということこれは極自然なことである。でも人間を考えるときそうした極自然なことが人間にはないのだ。人間が挨拶するとき自然かというと自然ではない、それは実際は嫌々ながらしている。相手に悪いからとかつまり人間は自然な動作もできない、すべてが自然から離れて作られてきたものである。自然の中にあるものは要するに本当に作ったものがない、自然だからこそ気持ちいいものとなるのだ。ただ林の中で鳥が鳥と出会い鳴きあう、それは全く自然なことでありそれが秋の林ひびきあうのは気持ちいいのである。そこで上司にあいさつしたり力あるものにこびて挨拶したりと不自然なことがないのだ。人間の行うことが日々不自然なことであり自然なことが非常に少ない、また人間は機械を使うことでも不自然になる。車に乗るだけで人格も変わってしまう、早くせかされるとか車のリズムに移行するから自然的動作でなくなるのだ。鳥が飛ぶ時は全くその大気と森の枝々を渡るときも自然の中に全く調和している。それが当たり前のように見えても人間はそうなっていない、人間は唯一自然と調和していない生き物なのである。すべての生き物は自然と調和している。人間だけが調和していないから醜いものとしてある。人間の作ったものもやはり調和していない、高速道路でも自然をかなり破壊して調和を乱しているのだ。便利さを追求しても自然と調和しないとき醜いものとなるのだ。

 
 
飛ぶ原生の鳥の力 (詩の部)
http://musubu.sblo.jp/article/33490293.html